ベルリン中央駅でビール飲んでたら、ドレスデン行き最終特急列車に乗り遅れる(2019.9 子連れチェコ・ドイツ旅 #30)

ドレスデン行きの特急列車が50分遅れ。ベルリン中央駅のレストランでビールやコーヒーを飲んで待ちます。

この記事のタイトルだけ見ると「んなアホな」って感じですが、んなアホなことを、子連れ海外旅行でやってしまいました"(-“"-)"。経緯を詳しく書きますので、まぁお読みください。

そして、私達と同じ失敗は絶対にしないようにしてください!

【20:40】ベルリン大聖堂でパパを罵倒する事件を乗り越え、路線バスとSバーンを乗り継いで無事ベルリン中央駅に到着した私たち。

ベルリン中央駅から、午後8時59分発の特急列車で、ホテルのあるドレスデンに戻ります

【チェコ・ドイツ旅:3日目その12】

駅のおみやげ屋さん再訪は断念

もし時間があれば、朝立ち寄ったおみやげ屋さん「アンペルマン」でベルリンのマグカップを買おうと思っていましたが、そこまで余裕はないのでおみやげ屋さん再訪は断念。

朝のベルリン中央駅の記事はこちら

実は、朝立ち寄ったときにマグカップが気になりましたが、1個1,200円と私たちにとってはとても高かったので、買おうかどうしようか迷い、「もし夜に駅に戻ったときに時間があったら買おう、時間がなかったら買わない」ということにしていたんでした。

買わない運命だったのですね(この後、あっさり運命が変わるんですが)。

出発は1番線

Sバーンは16番線に到着しました。

私達の乗る特急列車は、「インターシティ1912号」。10号車の、子連れ優先席を4席ネットで購入してありますので、切符を買う必要はありません。

電光掲示板でホームを確認すると、1番線からの出発。おおお~、無数にホームのあるこのベルリン中央駅で1番線とは、何かいい感じです(^^)/

長女はぐっすりですので、ベビーカーに乗せて移動。次女は私が抱っこで運びます。

ベルリン中央駅の16番線に到着。
エレベーターのボタンがかっこいいです(写真手前)。ボタンがどこか、少し探しました(^^;
20:59発のドレスデン行き(下から2番目)は、1番線の出発です。

【20:49】広~~いベルリン中央駅をエレベーターを乗り継いで移動、1番線ホームに到着。発車10分前ですね。順調です。

ホームの電光掲示板にも、「ドレスデン行き:20:59」の表示がされています。

ドレスデン行き、20:59ですね。
車両の案内もあります。「2」が2等車。ホームのCの位置で待っているといいということです。
ホームにも特急列車別の車両編成表が掲示されていました。ふむふむ、インターシティ1912号は・・・。

私達の席は2等車。これまで、乗車してみたら1等車で列車内の移動で大変な目にあっていたりしたので、乗車前に列車編成などをチェック。もう、ドイツでの列車移動も慣れたものですよ

9月上旬と言えど、夜9時前の気温は15度くらい。上着がないと寒いです。

次女を抱っこしながら、ちゅっちゅごっこで時間をつぶします。

今日のベルリン・ポツダム日帰りトリップ。もう1日時間を取って、ベルリンを観光できればベストでした。ポツダムは予定していた所を全部回れましたが、ベルリンはブランデンブルク門と2階建てバス、それに朝立ち寄ったこの駅のおみやげ屋さんだけ。

世界遺産の博物館島やベルリンの壁など、見どころはありますので、将来夫婦2人でまたゆっくり来れたらいいな。

または、次女が中学生くらいになったら、また一緒に来ようか。その時はポーランドもまわりたいな。

そんなことを考えていました。

ベルリン中央駅1番ホームで、次女とちゅっちゅごっこ。幸せでした、この時までは。

定刻に列車が到着・・・。

【20:59】列車が到着しました。

入ってきた列車は、2階建ての列車。定刻通りですし、パパは今乗り込む所ですが、私にはどうも違和感がありました。

私達がドレスデンからベルリンに来る時に乗った特急列車とは、明らかに見た目が違うのです。

先頭が赤い機関車じゃないし・・・。

【20:59】定刻に、この列車が到着。

とはいえ定刻通りの入線。この列車がドレスデン行き特急列車で間違いはないのでしょうが、ちょうど列車の入り口に車掌さんと思しき男性が立っていますので、念のため聞いてみます。

パパ:この列車は、ドレスデン行きですか?

車掌さん:ハッ?

パパ:この列車は、ドレスデン行きですか? ドレスデン。

車掌さん:ハッ?

パパ:ドレスデン?

車掌さん:ハッ? 何を言ってるんだあなたは。

・・・どうも様子がおかしいです。私たちがいくら英語話せないと言っても、ドレスデン行きの列車の車掌さんに対して「ドレスデン」という言葉が通じないとは思えません

はっと思ってホームの電光掲示板を見ると、何と、ドレスデン行きの表示は2つも下に下がり、次の列車の所には別の行き先の列車が表示されているではないですか!

えっ! つい5分前に確認した時は、午後8時59分発ドレスデン行きが次発の表示だったのに!

この列車は、ドレスデン行きじゃない!

ドレスデン行きは、時刻の欄に「+50」との表示が追加されてています。50分遅れということです!

危なかったです! 定刻通りに来るものだから、違う列車に乗り込んでしまう所でした!

【21:00】ドレスデン行きが2つ下に下がり、「+50」の表示が・・・。

危ね~~~っ。夫婦2人で胸をなでおろしたのでした。

※この時は気づきませんでしたが、初めに16番線で見た電光掲示板にも、ここ1番線の電光掲示板にも、遅延の表示は小さく出ていました。これに気づけたらなお良かったんですが・・・。

駅のレストランへビールとコーヒーを飲みに行く

【21:05】さてと・・・。ドレスデン行きは50分遅れですので、午後9時49分の発車予定ですね。

あと45分ホームで待つにはあまりにも寒いです。どこか暖かい所に行こうということで、駅の飲食店街のレストランにビールを(私はコーヒーを)飲みに行くことにしました。エレベーターで3つほど上がったフロアに、レストランがたくさんあるのが見えていました。

長女が寝ているベビーカーを押しながら、レストランの並ぶフロアへと向かいます。

【21:15】ちょっと迷ったあげく、「バンピアーノ(VAPiANO)」というイタリアンレストランに入りました。

店内はとってもおしゃれ。おいしいパスタやピザを出すレストランのようです。あんまり子連れの親子が来そうな店ではありませんが、この時間は空いていますし、生ビールとコーヒーがあるのが確認できたのでここに。時間があれば、食事もしたんですけどね~~~(^^)/

パパは生ビール「Pils vom Fass 500ml」を注文。4.5ユーロ。

私はカフェラテ。2.95ユーロ。

ここは、ドリンクは入口のレジで注文するとすぐ出してくれ、自分で席まで運ぶシステムのようです(食事は不明)。この方式だとチップが不要ですので、気楽でますます良しです。

【21:20】ゆったりしたソファに座って温かいカフェラテ。何て幸せなんでしょう。

パパは今日2杯目のビールでご満悦。

私達、さっき、ベルリン大聖堂で危機的状況だったのにね。やっぱり余裕が大事です(^^)/。

入り口近くのレジで注文。飲み物はすぐに出てきます。
待望の生ビールにご満悦のパパ。うれしそうです。

お腹も空いているけれど、さっき買ったパンをここで食べるわけにはいきません。列車内まで我慢です。

さて、暖かい店内でほっとするのもつかの間、そんなに時間はありません。

発車10分前にはまたホームに行きたい。午後9時49分発だから、その15分前、午後9時34分に席を立とうと決めました。

【21:34】席を立ってレジでお会計。お店に入ってから15分。ほんの一時の休憩でした。

【21:37】お会計に3分かかり、午後9時37分、店を出ました。遅れている特急列車の発車まであと12分です。

あれ? ビデオがない!

【21:40】出発9分前。1番ホームに行く途中に電光掲示板がありましたので、そこで現在の運行状況を確認します。すると、1番ホームのドレスデン行き特急列車には(+55)の表示が。さらに5分遅れたんですね。

私:+55になって、さらに遅れてるわね。今日、来ない、なんてことはないわよね。

パパ:な~に、どうせ1時間以上遅れてくるのさ。すぐそこにトイレあるから、ちょっとトイレ行ってくる。

~パパ、すぐに戻って来る~

パパ:トイレ、有料だからやめた(^^; よく考えたら列車の中にもあるし(^^; 早めにホームに行っておこう。

私:そうね。このまま1番ホームに行きましょう。

パパ:トイレの入口の様子だけ、ビデオに撮影しておこう。日本と全然違うんだもん。(ごそごそ)。あれ?

私:どうしたの?

パパ:あれ? ビデオがない! あれ? あれ?

パパ:さっきのレストランに置いて来たに違いない! 俺、1人で取ってくる! 列車がさらに遅くなってて助かった!

何とここで、ビデオがなくなっていることに気が付きました! 買ってまだ1週間の、新しいビデオカメラです。

パパはものすごいスピードでエスカレーターを駆け上がって行きました。

【21:45】待つこと5分。パパが走って戻って来ました。何と、座っていたソファにビデオカメラを置いたままお店を出てきてしまっていて、まだそのままソファに置いてあったそうです。

良かった~~~。下手に店員さんに回収されたりしていたらちょっと面倒でした(というか、やり取りにもう少し時間がかかった可能性があるので)。

このトラブルのせいで、時間に余裕がなくなってしまいました。55分遅れになったと言えども、その午後9時54分まで9分。1番ホームに急がないと!

1番ホームがわからない!

1番ホームの表示を探しますが、見当たりません。

えっ! 1番ホーム、どこだったっけ?

ベルリン中央駅、とにかく広いのです。

レストランに行くときは1番ホームからまっすぐお店に行きましたが、今は途中に電光掲示板を見つけて違う場所に来てしまったため、1番ホームへの行き方がわからなくなってしまいました。

これは大ピンチです"(-“"-)"

今はもう、来た道をまた戻る余裕なんてありません。とにかく1番ホームの表示を探します。パパがダッシュで周囲を探索します。

あっ、あそこに、「1番~4番はこっち」って矢印がある!

私達はその矢印の方向に一目散に駆け出しました。

今、長女はベビーカーで爆睡。次女は寝ていて、私が抱っこしています。

【21:47】矢印の方向に行くと、1番ホームはさらに奥、という表示が!

ヤバい、1番ホームはもっと奥だ! こんな遠かったっけな? とにかく走ってその方向へ向かいます。

【21:48】出発6分前! この階段の下が1番ホームだ! 何とか間に合った!

ってゆーかエスカレーターが故障中!? エレベーターは? どこにもエレベーターが見当たりません。階段しかありません。子どもは2人とも寝ていますので、この状況ではベビーカーで階段は降りられません。

1番ホームの列車

見下ろすと、1番ホームには列車が停車していました

50分遅れの案内が55分遅れに修正された位ですので、出発6分前にホームに到着していることは考えにくいです。また、他の列車が停車しているのかもしれません。

でも、何かいやな予感がしました。

私達の乗る特急列車、あれなんじゃないか

ドレスデンからベルリンまで乗ってきた特急列車にどうも似ています。

50分遅れを55分遅れに修正したけど、やっぱり早く着いた、とか。

パパも同じことを感じたのか、急ぐぞ! と叫ぶやいなや、ベビーカーで寝ていた長女をがばっと取り出して抱っこ。私と次女に構わず、一目散に階段を駆け下ります!

もしあの列車がドレスデン行きの列車だったら、あれに乗らなくてはなりません! パパは先に行って列車のドアに半身を入れつつ、私を呼び寄せるつもりなのです。

私は急いで寝ている次女を起こして立たせ、ベビーカーを畳んで担ぎます。眠ったばかりの次女は寝ぼけながらも自分で立ってくれました。

パパが階段を駆け下り始めたその時!

1番線の列車が発車しました

ゆっくりとした発車ではありません。猛加速していきます

パパが階段を下り切ったときには、すでにかなり加速していました。

パパが1番線ホームの電光掲示板を見ると、

「ドレスデン行き:20:59(+55)」と表示されていました。現在時刻は21:49でした。

私が何とか次女と手をつなぎながらベビーカーをかついで階段を下りたのが1分遅れの午後9時50分。しばらくすると、電光掲示板の表示は消えました。もう、ここ1番線から発車予定の列車はありません。

やはり、先ほど走り去ったのが、私達の乗る予定だったドレスデン行きの特急列車、インターシティ1912号だったのです。

何と、午後9時54分発車予定の列車が、5分早く発車したのです!!!

閑散としたホームに、パパの「くそっ!!」という叫び声が響きました。

この特急列車はドレスデン行き最終列車のため、後続の列車はないのです。

私達の過ち

私達は、「20:59(+55)」という表示を、午後9時54分と理解してしまいました。そしてここは先進国ドイツ。日本同様、表示の時刻は正確なんだろうと。でもおそらくこれは、「午後8時59分発、遅れの目安は55分前後」というくらいの意味だったのでしょう。

遅れの時間はあくまで目安。早く着けば、その分早く出るのでしょう。

私達も時間ギリギリにホームに来るつもりなど毛頭ありませんでしたが、ビデオカメラの紛失、その後1番ホームを探して迷ってしまって時間ロスが重なり、最後の階段でトドメ。この時刻になってしまいました。

絶対に乗り遅れてはいけない最終列車。50分遅れと言われたって、あらゆるリスクを想定し、50分間寒いホームに立って待っているべきだったのです。完全に自分たちで招き入れたトラブルです。

【22:00】ベルリン中央駅のホームの時計が、午後10時を指しました。

ベルリンで急きょホテルを探し始めた私たち。ベルリンのホテル情報は皆無。大ピンチです。

これから、「大ピンチ」では済まされない、これまでの旅行人生最大の試練が訪れるのでした。

1回だけ別記事を挟み、最悪の次回に続きます。

※トラブル連発!子連れインドネシア旅行記の第1話はこちら

※神秘の国を行く!子連れミャンマ―旅行記の第1話はこちら

※世界遺産満載!子連れチェコ・ドイツ旅行記の第1話はこちら