旅行中の大人のトイレ対策は、おむつで万全か?~オススメの大人用おむつは~

大人のトイレ対策研究に参加したおむつの面々

旅行中の小学生のトイレ対策

以前、「子連れ海外旅行、子どものトイレ必勝法~小学生のおむつは恥ずかしいことじゃない~」という記事で、海外旅行中、万が一の際のセーフティーネットとして、うちの子どもたちにはずっとおむつを履かせて旅行している話を紹介しました。

2019年秋のチェコ・ドイツ旅行でも、4歳(年少組)の次女はもちろん、小学2年生の長女もずっとおむつを履いていました。

街歩き中にトイレがなくて困る事態、ホテルでの万が一のおねしょ対策で。

結果として、今回もおむつで用を足さざるを得ない事態に陥ったのは、次女が1回、長女はなし。

【おむつの取れた次女が、海外旅行中にやむを得ずおむつでおしっこをした記事はこちら↓】

ポツダムで、世界遺産:サンス―シ宮殿を探検(おしっこシーンは記事の最後)

旅行中の大人のトイレ対策は?

これまで私たち夫婦はずっと普通の下着で旅行していますが、以前、スウェーデンのストックホルムで、日曜日の午前9時頃、私が用を足したくて焦っている時にやっとのことで駅の公衆トイレを見つけ、「やった~~~」と思って突撃したら扉に鍵がかかっていて、よく見たら「日曜日のオープンは午前10時から」と書いてあって絶望的な気分になったこともありました。

その時は、焦って近くの売店に頼んでも断られ、さらに絶望し、いよいよもう漏れる、少し漏れたかもしれない、というところで喫茶店に駆け込んでお店のトイレで用を足させてもらったけれどパンを不当に高く売りつけられた・・・なんて苦い思い出も。

その後、シンガポールの国境からクアラルンプールまで3時間トイレ休憩なし、というバスを経験。

また、ミャンマーでは10時間のバス移動を2回。その時は、2回しか途中休憩がありませんでしたが、たまたまおしっこ出そうにならなかったので助かりました。

ただし、長距離バス移動の際の万一のトイレ対策として、大人用おむつの着用が必要なんじゃないかと、ずっと考えていました。

今回、実際に大人用おむつを買ってきて、用を足してみたりして、旅行での実用性について検証してみました。

大人用おむつは、旅行中の大人のトイレ対策として最終的なセーフティーネットと考えられますが、絶対的な対策と言えるのでしょうか。

残念ながら、そういうことでもないようです。

おむつを着用しても絶対にバレません(デニム着用時)

まず第一に心配になるのが、「おむつを着用していて、他の人にバレたら恥ずかしい」ということ。万一のための対策と言えど、高齢者ではない私たちのような健康な40代夫婦、ましてや20代~30代の若者がおむつは、海外旅行と言えども格好悪い。

女の子ならなおさらです。

私は2種類の大人用おむつ(薄型の物)を買ってきて、それぞれ着用してみました。

検証結果は、少なくとも私が試した物は、デニムズボンを履いている限り絶対にバレない、ということ。

おむつ履いてスカートを履く挑戦者はいないと思いますが・・・。スパッツでも大丈夫だと思います。

大人用おむつ(薄型)を着用しています。全くわかりません。
かがんでも大丈夫です。普段からパンティラインが出てしまうような薄いズボンは当然NGです。

ただし、薄手のパジャマなどでは試していません。

パジャマは他人の前で着るものではないので考える必要はないと思いますが、例えば小学校・中学校・高校の修学旅行などで、万一のおねしょ対策でおむつを着用することを考えていらっしゃる方は、透けてしまうことを防ぐために濃い色のパジャマか、スウェットで寝るといいんじゃないかと思います。

※必ず実際に着用して、おむつが透けて見えないかご自分で確認してくださいね。

私が検証した大人用おむつ

今回私が買ってきて試してみたのは以下の2つの銘柄。どちらも人気商品のようです。

エントリーNo,1:リリーフ「超うす型 まるで下着(男女共用)」

まず、ネーミングに惹かれました(^^;

だって、「まるで下着」ですよ(^^;

「ヒップライン、きれい」という謳い文句もいいですね。履いてみたら、本当にヒップラインがきれいでした。※デニムの場合

吸水性能は300ml。おしっこ2回分となっています(1回あたり150mlで計算するようです)。

「消臭ストロング」と書いてあります。

高速バスなどでは前後左右に他の乗客もいるわけですから、消臭も大事ですよね!

すごい名称のおむつです!

【価格確認はこちら(リンクは18枚入り。お試しパック3枚入りもあります)↓】

エントリーNo,2:ライフリー「すっきりスタイルパンツ」

こちらは、値段が約2倍もする高級品。同じライフリーのものでも、この半値程度の商品もあります。

私は使うとしても普段使いでなく海外旅行の時だけですので、この高級品の実力を試してみることにしました。

こちらも負けじと「ヒップラインすっきり、後ろ姿キレイ」。履いてみたら、こちらも全くわかりませんでした(普通の下着と同じヒップラインでした)。※デニムの場合

吸水性能はこちらも300ml。おしっこ2回分とされています。

「パワー消臭 トリプル効果」の表示も。本当なんでしょうかね。消臭性能もチェックしますよ~~。

高級感があるパッケージ。実際に高級品です。

【価格確認はこちら(リンクはLサイズ。9枚入り。Mサイズや、男女共用の物もあります)↓】

番外:ユニ・チャーム「ムーニーマン スーパーBIG(女の子用)」

こちらは、子ども用おむつの最も大きいもの。以前掲載した記事のコメントで読者の方から情報をいただきましたので、早速買ってきました!

ただ、私も履けるかなと思って試してみたら、入らず(^^; 足の細い方小柄の方であれば、大人でもこれを使えると思います。

残念ながら、私は履けなかったので、今回の検証では対象外とします。

検証1:本当におしっこが漏れないのか

まずは吸水性能を試します。

上記2銘柄とも「おしっこ2回分」と書いてありますので、1回のおしっこは確実に受け止めてくれるとは思うんですが・・・。

私たちがおむつで用を足すシチュエーションは、以下の2つを想定しています。

1.海外の街中で道に迷い、どこにもトイレがなく、もうどうにもこうにもおしっこが我慢できなくなった場合<人がいる所で立って用を足す。しかも大量に。>。

2.長距離高速バスでの移動中、もうどうにもこうにもおしっこが我慢できなくなった場合<前後左右に他の乗客が乗っている所で用を足す。しかも大量に。>。

2については、日本の高速道路で渋滞にはまった時も同じような状況ですね。

皆さん、お気づきになりましたでしょうか。

私たちのおむつは、万が一の時のために装着するものですので、万一それを使わなくてはならなくなった場合とは、おしっこを我慢の限界まで我慢して、それでもトイレに巡り合えなかった場合、となります。

我慢の限界まで我慢したおしっこ。

さぞ巨大な湖を形成することでしょう。

今回の検証とは、その巨大な湖を、

1.立った姿勢で

2.座った姿勢で

それぞれ一滴も漏らさず吸収してくれるのか、という検証なのです。

なので、検証するにあたりまず必要なのは、ギリギリまでおしっこを我慢すること。

2つの銘柄で、それぞれの姿勢で排尿を試すのに、計4回実験。2日間かかりました。

もう、おしっこ我慢し過ぎて、膀胱炎になりそうでしたよ・・・(^^;

おむつでおしっこをするということ

「おむつでおしっこをする」。何十年振りでしょう。以前おむつでおしっこをした時の記憶はありません。

つまり、記憶上では、初体験

ドキドキ・・・。

おむつを履いてみると・・・。

普通の下着より暖かい

冬場はいいですが、夏場は暑いかもしれません。汗も吸収するから問題はないのかもしれません。

それではいきます。

まずは漏れにくいと思われる立ち姿勢から。

立ち姿勢は、ズボンを履いたまま靴下だけ脱いで、お風呂場で行いました。漏れた時にすぐ洗えるから・・・。

さぁ、おしっこしないと。

さぁ・・・。

早く・・・。

さぁ・・・。

思い切って・・・。

ほら・・・。

力を抜かなくちゃ・・・。

でも・・・。

あああ・・・。

んん・・・・ん・・・。

おしっこをギリギリまで我慢しているのですぐ出したいのですが、なかなかおしっこできません

おむつでおしっこって、こんなにも難しいものなのか・・・。

もう、死ぬ気で開放。

なぜか顔もゆがみます

すると、ダムを一気に開け放したように、ものすごい勢いでおしっこが!

じょぼじょぼじょぼ・・・・。

じょぼじょぼじょぼ・・・・。

じょぼじょぼじょぼじょぼじょぼじょぼじょぼじょぼじょぼじょぼじょぼじょぼじょぼじょぼじょぼじょぼじょぼじょぼ~~~~~。

まだ出る・・・。おむつ大丈夫か!?

じょぼじょぼじょぼ・・・・。

じょぼじょぼじょぼじょぼじょぼじょぼ~~~~。

本当にこのおむつ、私の1回分の渾身のおしっこを受け止められるのだろうか・・・。すごく不安になります。そのくらい、おしっこの量が多いと感じました。

座り姿勢の時は、椅子に新聞紙とビニールを敷いて、万全の態勢で。高速バスの椅子を想定しているので、あえてソファで背もたれにおっかかった姿勢で用を足しました。

漏れないが、歩けず。必ず実験すること。

それでは、吸収性能について、私の2日間の成果をお知らせいたします・・・。

2銘柄とも、結果は同じ。

まず、立ち姿勢、座り姿勢でも、大量のおしっこが全く漏れず! 全て受け止めてくれました。

しかし、強く警告します!

警告1:おしっこは1回だけ

わたしの我慢の限界でのおしっこは、どう考えても1回の使用が限界。1回でもパンパンになり、絶対に2回目は無理という状態になりました。

後述しますが、パパは1回のおしっこでこのおむつを破壊(大量に漏れてしまう)しました。

だから、このような使い方(ギリギリまで我慢して開放する)を想定している場合は、

1.必ず実験してみることが必要

2.2回目は絶対無理

ということがわかりました。

警告2:やったが最後、普通には歩けません

もう1つ私が思ったのは、「もう普通には歩けない」ということ。

上記「限界おしっこ」をした後、おむつはパンパンに膨れます。

その時点でじっとしている分にはいいのですが、さぁ歩くぞとなった場合、着用していないことを周りに悟らせないことは非常に難しいと感じました。

デニムズボンを履いていれば一見わからないとは思いますが、その状態で歩くとなると・・・。

どうしても、おしっこでパンパンに膨れたおむつを自分の太ももで圧迫してしまうのを恐れて、少し足を開いての歩行になってしまうと思います。

長距離バスに乗っていて、降りたらすぐにトイレのあるような状況なら問題ありませんが、街中で用を足した場合、トイレは近くにないので、厳しい状況に陥ってしまうことが想像できます。

うちの場合、私はそこから動かずに、パパにトイレを確保しに行ってもらう、という手段を採りますね。

何らかの理由で団体旅行中におむつでの用足しをしなくてはならない方は、絶対に家でおむつで用足し、そこからの通常歩行、それでも漏れないかの練習と検証をする必要を感じました。

すみません、私はそこからの通常歩行、それでも漏れないかの検証はしませんでした(^^;

おむつとのサイズフィット、おしっこ量、歩き方は人それぞれですので、おむつ活用を検討される場合は自分自身で検証することが必要です。

臭いは大丈夫。さすが日本製!

臭いの検証結果も、私が試した上記2銘柄では同じ結果。

臭いは、どちらもほとんどしない(「全くしない」と言ってもいいレベル)です。

え? あれだけ大量のおしっこをしたのに、どうして臭いがしないの??

さすがは日本製!

本当に不思議なくらい、臭いがもれません。

長時間放置した場合はどうしてもいくらか臭いはしてくるのだと思います(その検証はしていません)。

それにしても、この2銘柄の消臭効果は本物だと思いました。

旅行にオススメの大人用おむつは

ここまで、2つの銘柄で良しあしを検討してきました。

私の検証結果は、2つとも基本性能に変わりがなく、どちらも優秀。

なので、どちらもオススメ! です(^^)/。

しかし! どちらもオススメながら、私が旅行用に友達にどちらか1つを勧めるとしたら、ライフリー「すっきりスタイルパンツ」のほうです!

どうしてかというと・・・、こちらのほうが、「履いた感じが、普通の下着にさらに近い」から。

製品を見ると、ライフリーのほうがヒラヒラがなくて、おむつっぽくないのがわかります(こんな説明しかできなくてすみません・・・)。スポーツ下着のような・・・。

ただし、値段は、リリーフ「超うす型 まるで下着(男女共用)」の2倍

どちらを選んでも間違いないと思います。

ただし、男性は要注意。以下の記事をご覧ください。

パパが大変なことに

私が一生懸命おむつの検証をしているのを見ていたパパ。

当然、

俺もやりたい

と言い出します。

永遠の子どもですから・・・(^^;。

大丈夫、リリーフ「超うす型 まるで下着」のほうは、男女共用って書いてあるから!

大好きなビール、じゃなくて、第3のビールって言うんでしたっけ、安いビールもどきを大量に飲み、ギリギリまでおしっこを我慢。

ババの場合、ビールを飲めば1時間でギリギリの状態にできるため、3時間あれば3回のおむつ検証実験が可能なんですよね!

しかもうちのパパ、チェコ・ドイツ旅行で合計13.59リットルのビールを飲み干してケロッとしているほどの酒豪。

きっと、ものすごい勢いで、大量のおしっこを製造することができるでしょう。

これもうちのパパの1つの才能ですね(^^)/

ド素人が選ぶ!チェコビールランキング1位は「ピルスナー・ウルケル」(パパが飲んだ13.59リットルのビールの内訳を最後に掲載しています)

パパのおむつに興味津々の子どもたち。何だこの異様な盛り上がりは・・・。

パパの初おむつはトイレで

パパは、初めてのおむつおしっこ体験はトイレで行いました。

私は立ち姿勢から入りましたが、パパにそのことを言うと、

パパ:だって、街中で本当にいざとなったら立ちションするから、俺は立っておむつは使わない。

ということです。

なるほどね・・・。男性ならではの意見ですね!

一応、皆さんお分かりかと思いますが、おことわりを2つ記載しておきます。

注1:立ちションが犯罪になる国はたくさんあります。

注2:主人は、海外旅行中に立ちションをしたことは1度もありません。

パパのおむつ使用上の想定は、長距離バスでの万が一の事態。

そのため、座り姿勢でのみ検証を行いました。

ギリギリまでおしっこを我慢した後、私や子どもたちが見守る中、運命の放尿を行います。

パパ:いくぞ~~!

じょぼじょぼじょぼ・・・。

子どもたちが歓声をあげます(うちの教育、これでいいのでしょうか・・・)。

パパ:熱い! おしっこって、こんなに熱いんだ!

じょぼじょぼじょぼ・・・。

じょぼじょぼじょぼ・・・。

第3のビールが効いているのでしょう。ここから、パパが本領発揮します!

じょぼじょぼじょぼじょぼじょぼじょぼじょぼじょぼじょぼじょぼ~~~~~。

じょぼじょぼじょぼじょぼじょぼじょぼじょじょぼじょぼじょぼじょぼじょぼじょぼじょぼじょぼじょぼじょぼじょぼじょぼじょぼじょばじょばじょばじょばしゃ~~んじょば~~~~~ばしゃばしゃ~~ん!!!

すごいおしっこの量です!

これもパパの才能

まだまだ出ます!

さすがうちのパパ。人間離れしたおしっこの量です。

素敵!(すみません、ウソです)

この野獣が!!!!!(これ本音)

パパ:「え? なんか、おしっこが上まで(陰毛のあたりまで)上がって来たけど、ママもそうなった?」

私:「私はそんな風にはならなかったわよ・・・。」

パパ:「見て! すごい、おしっこがおむつの中で湖みたいになってる!」

私:「ほんとだ・・・。許容量を超えてるんじゃ・・・」

パパ:「あっ! 下から出てきた!」

そしてあっけなく、リリーフ「超うす型 まるで下着(男女共用)」は、パパの才能の前に敗れ去ったのでした・・・。

直下のトイレに、少なくない量の尿がじょぼじょぼと溢れだしたのです!

トイレに座った状態でのこの漏れ方。椅子に座った状態ではもっと吸収力が落ちますので、問題になりません。

この、リリーフ「超うす型 まるで下着」をはじめ、給水量300mlのものは、パパを支えきれないということがわかりました。

パパの勝利です!

憤慨してトイレから出てきたパパ。「何が2回分吸収だ!!!」

最強おむつ登場

パパ:何だこの腐れおむつ! 何がおしっこ2回分吸収だ! ウソ書きやがって!

と怒り心頭のパパ。局部をお風呂で洗い、近所のドラッグストアで最強アイテムを購入して戻って来ました。

パパ用に、検証に急きょ参加したのがこちらの銘柄。

ライフリーの「長時間安心うす型パンツ スルッとはける」です。これは何と「おしっこ4回分吸収」と豪語しています。これなら、ひょっとすると、パパの1回分のおしっこを吸収できるかもしれません!

パパ:「スルッと履ける」し、これがいいに違いない!

スルッと履けるみたいです。

【価格確認はこちら(リンクは20枚入りMサイズ)↓】

パパは早速、おむつと一緒に買ってきた第3のビールをぐびぐび。

つまみまで一緒に買ってきました。

パパ:チクショー、さっきはリリーフにやられた・・・。俺はライフリーに賭ける・・・。

つまみの「あたりめ」をかじりながら、おしっこを充填。

戦いには、それなりの準備が必要なのです。

ついに、時が来たようです。

パパ:よし、エネルギー充填120%! おしっこの実験するぞ! みんな集まれ!

子どもたち:わ~~い(^^)/

パパ:いくぞ~~!

かけ声と共に、容赦のない量の放尿を開始したパパ。

これでもかというくらいの長時間の、無慈悲な放尿の結果・・・。

ライフリーの「長時間安心うす型パンツ スルッとはける」は、スルッとはけたにも関わらず、パパのものすごい量のおしっこを受け止め切ってくれたのです!

やった! これならいけるかも!?

でも、まだ合格ではありません。

トイレでの実験は第1関門に過ぎません。

実際に高速バスで使うには、想定する使用条件と同じ条件で実験しなくては意味がないのです。

ソファでの最終試験

続いて、最終試験。ソファに座っての実験です。

第3のビールを十分に補給した後。

新聞紙とビニールを敷いた万全の態勢で、高速バスを想定して背もたれにもたれかかりつつ、ものすごい量のおしっこを放射します!

パパ:拡散波動砲だ!(パパ曰く、40代男性ならわかるワードだそうです)

子どもたち:し~ん(ゲームに夢中で、すでにパパには興味がない)

私が見守る中、長時間の波動砲が続きます。さっきよりもさらに多いと思われる、ものすごい放水。

これではさすがに・・・。

パパ:うわっ、後ろに寄りかかっているから、おしりの穴が水浸しだ!

パパ:これはさすがに漏れているかも・・・。

パパは、この最強おむつでさえ初撃で退けてしまうのか・・・。

すぐに立ち上がることは危険と判断。その姿勢でじっとすること3分。30分とも思える長い長い3分が経過したのち、パパがゆっくりと腰を上げてみると・・・。

何と、

一滴、

一滴も漏れていませんでした!

パパの渾身の一撃だったのに!

パパはなぜか悔しそう(悔しがるトコじゃないと思うんですが・・・)。

ただし、大量のおしっこを吸って、おむつは膨れ上がり、足の間に垂れ下がっています。これでは通常歩行は厳しそうです。

でも、パパの場合、使用の想定は長距離高速バスまたは渋滞中の車内のため、「おしっこした状態での歩行」はする必要がなく、これがあれば大丈夫だとの結論に至りました。

結論:おむつをしていれば万事大丈夫というわけではない

一連の検証の結果、大人用おむつで、私が使えるもの、パパが使えるものがわかりました。

次回の海外旅行ではこれを持って行き、ヤバそうな動きをする日があれば、万一に備えて事前に着用しようと思います。

ただ、同時に、おむつをしていれば万事解決、と言えるほどのものではないことも分かりました。吸水・臭いについては確認できて、成果がありましたが、「おしっこをしたら、普通に歩けなくなる」というのは問題です。

やはり、こまめなトイレに勝るものなし、なのかな。

病気や何かで、少しおしっこが漏れてしまうという方でしたら、歩行に支障はないでしょうし、臭いもしないですし、おむつ最強だと思います。

【パパが海外旅行中に才能を発揮した記事はこちら↓】

ベルリン中央駅でビール飲んでたら、ドレスデン行き最終特急列車に乗り遅れる

次回は、小学校高学年から中学生・高校生まで使えるおむつについて紹介します。

【その他の子連れ海外旅行記↓】

※トラブル連発!子連れインドネシア旅行記の第1話はこちら

※神秘の国を行く!子連れミャンマ―旅行記の第1話はこちら

※世界遺産満載!子連れチェコ・ドイツ旅行記の第1話はこちら

【こちらも人気記事↓】

人気記事:家族全員「姓名逆(氏名逆)」で航空券を手配してしまい、成田空港で搭乗拒否され崩れ落ちる

人気記事:家族4人9泊10日インドネシア旅行の総費用は35万円

人気記事:子連れチェコ・ドイツ旅行で行ったところをサッと紹介(前半:ドイツ編)

人気記事:バガンのホテルのプール遊びはちょっとエッチだった

人気記事:子連れ北欧旅行で行った先を写真で紹介~ストックホルム、トゥルク、ヘルシンキ、タリン~