小学生・中学生でもはける旅行用おむつはコレ

中学生でもはける旅行用おむつ

前回に引き続き、おむつに関する記事です。

前回は大人用おむつについて考察しましたが、何らかの事情で、小学生や中学生で、尿漏れやおもらしで悩んでいる方もいると思います。

今回は、そんな方の一助になればと、この記事を書きます。

私は海外旅行の時、小学生にもおむつを履かせています。それを紹介した記事はこちら↓。

子連れ海外旅行、子どものトイレ必勝法~小学生のおむつは恥ずかしいことじゃない~

小学生・中学生のおむつ

内容が内容なだけに、オープンに語られることが少ない「小学生のおむつ」や「中学生のおむつ」(高校生はサイズ的に大人用で大丈夫ですね)。

まず、小学生以上でおむつを使うことを、みんなためらいますし、恥ずかしいですよね。

家で普段、おねしょ対策、おもらし対策で着用していたとしても、修学旅行などで使うのは(使わなくてはいけないのですが)ためらわれるし、バレないか・大丈夫かという緊張感もあるでしょう。

一方で、いろいろな病気があり、何らかの事情で筋力が衰えて尿が漏れてしまう、意図せずおしっこをしてしまう小中学生や、大人の方もいるでしょう。

もしそれが小学6年生の修学旅行の日に起きてしまったら、中学や高校の修学旅行の日に起きてしまったら・・・と思うと、恐怖でしかないと思います。

解決策は、万一に備えてのおむつの着用です。

今は、中学生でも着用できるサイズのおむつがたくさん売られています。

夜のおねしょ対策

あなたが小学生~高校生くらいだとして、夜のおねしょを心配しているのであれば簡単です。

おむつを履いて寝ましょう。

そして、おむつを履いていることが周囲にバレないよう、スウェットのパジャマを着て寝ましょう。

そして、寝る前に必ずトイレに行きましょう。

そして、事前準備も必要です。

家で、おむつで横になって、寝ながらおしっこをする実験をしてみましょう。※お風呂で実験するのがオススメ

横になって(横向きの姿勢で寝て)実際におしっこをしてみて、横から漏れなければ、そのおむつで大丈夫です。

「横向きになって寝ておしっこしても一滴も漏れない」。それを自分でやることで、ものすごい安心感が得られると思います。安心するためにおむつをはくので、おむつを信頼できなければ(=使用した実績がなければ)意味がありません。

その安心があることで、精神的にもいい影響があるでしょう。

昼のおもらし対策

昼間のおもらし対策は、おねしょより厄介です。

なぜなら、おしっこをしてすぐ、おむつを交換できないことが多いからです。

団体旅行中であれば、おむつでおしっこをした状態で、がんばって歩かなくてはなりませんが、おむつでおしっこした後に普通に歩くことは困難です。

※その辺は前回の記事で紹介していますので、ご覧ください。

修学旅行中の場合で近くにトイレがない場合、具合が悪くなったと言ってどこかの部屋で一人にしてもらい(できれば先生におむつを替える必要があることを正直に言い)、サッとおむつを替えるのが現実的かと思います。

使用後のおむつを入れる厚手のビニール袋複数枚の用意も必要ですね。

小学生以上でもはけるおむつ

小学生以上でもはけるおむつを紹介します。

小学校1年生といえども、おむつを使っていた3歳頃と比べて体格は全然変わっています。

マミーポコ「ビッグより大きいサイズ」 対象体重:13~26kg

長女が小学校2年生の時、「チェコ・ドイツ旅行」中に万一の備えのために履かせていたおむつがこちら。長女は小柄なため、小学校4年生までは余裕でこれでいけそうです。

【価格のチェックはこちら↓】

ムーニーマン「スーパーBig」 対象体重:18~35kg ウエスト47~68cm

体重21kgの長女に履いてもらうと、これは少し大きい、とのこと。私も履こうとしましたが履けなかったことから、小学校高学年~中学生、及び高校生以上でも小柄な人向けと言えると思います。

長女が試しにおしっこしてみましたが、吸水性能や消臭性能に全く問題はありませんでした。

長女が今のマミーポコが入らなくなったら、海外旅行中のおむつはこちらに移行することにします。中学生くらいまでこれで大丈夫かな(入れば、大人でもこれでいいと思います)。

【価格のチェックはこちら↓】

大人用のおむつのSSサイズ・Sサイズ

大人用おむつ(写真はMサイズ)

大人用のおむつを各社出していますが、SSサイズ、Sサイズ、Mサイズ、Lサイズ、それ以上といろいろあるようです。Sサイズ以下は取り扱いが少ないですが、中学生・高校生にちょうどいいサイズなのではないでしょうか。

SSサイズの対象ウエストは、45cm~60cm。

Sサイズの対象ウエストは、50cm~70cm(または55cm~75cm)。これが業界標準のようです。

上のムーニーマンで入らなければ、コレですね。

このおむつの吸水性能等については、前回の記事で、私たち夫婦が総力を挙げて検証実験をしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

これより大きいとなると、もう大人用のMサイズですね。

【価格のチェックはこちら(リンクは別銘柄のSサイズ)↓】

おむつはあるけれど

おむつを着用する目的・用途は人それぞれかと思いますが、もし旅行中のトイレ対策でおむつを考えているなら、重要なのはおむつをいかに使わないようにするか、ということに尽きると思います。

楽しい旅行のため、できればおむつは使わないでいきたい。

おむつでおしっこすると、いろいろ面倒なことになります恐らく。

おしっこしていない間は普通の下着と変わりませんが、いざおむつでおしっこしてしまって以降は、漏れないか、歩き方等でバレないか、おむつを交換するまで心配で、きっと旅行どころではなくなると思います。

おむつを着用しながらも、行く先々でトイレ、トイレ。とにかくトイレ。

それが大切かと。

皆さんの旅行が、大成功にいくことを陰ながら祈っています。

次回は、9日間の海外ツアー旅行に格安で行く方法について紹介します。

【その他の子連れ海外旅行記↓】

※トラブル連発!子連れインドネシア旅行記の第1話はこちら

※世界遺産満載!子連れチェコ・ドイツ旅行記の第1話はこちら

※神秘の国を行く!子連れミャンマ―旅行記の第1話はこちら

↓ご訪問ありがとうございました(^_-)-☆ 私のブログが「参考になったよ!」という方は、ポチっとお願いします。

【こちらも人気記事↓】

人気記事:コロナにならない家族旅行を考える ~私の宮古島旅行でのコロナ対策~

人気記事:子連れ台湾旅で、個人手配での海外旅行に初挑戦

人気記事:日本のパパよ!低くなれ!!~子連れ旅行の写真をうまく撮ろう~

人気記事:私が思う、子連れ海外旅行の「メリット」

人気記事:子連れ海外旅行、大荷物で行く方法