パレルモ:イタリアンレストラン「プリマベーラ」のディナーセットが超お勧め(1歳&5歳:子連れイタリア旅 ♯59)

パレルモの人気レストラン「プリマベーラ」のディナーセット(何と12ユーロぽっきり)。

【これまでの旅程】
0日目:金曜日の午後9時30分、東北地方の自宅をマイカーで出発。車中泊。

1日目:成田空港からモスクワ経由でローマ着。深夜12時過ぎにホテルにチェックイン。

2日目:ホテルでほぼ徹夜した後、ローマ観光。テルミニ駅でスリに遭う。

3日目:午前2時45分全員起床。午前中はバチカン観光。午後、特急列車でナポリへ。

4日目:ナポリ観光。夜行フェリーでシチリア島・パレルモへ。

5日目:パレルモ観光。モンレアーレ大聖堂、パラティーナ礼拝堂、カテドラーレの3つの世界遺産を観光。夜、私が足をくじいてしまいました。

6日目:アグリジェント観光。街と神殿の谷。夜、パレルモのスーパーでおみやげ購入。

7日目(今日):朝5時起床。8時半ホテル出発。マッシモ劇場で英語ガイドツアーに参加し、その後ジェラートを食べて、クアットロ・カンティ、プレトーリア広場を観光。

正午頃、午後から行く予定にしていたチェファルーをやめて、パレルモ観光に変更。ベッリーニ広場の脇で勧誘していた観光馬車に乗車したら、降車後に倍の金額を請求されました。その後、サンテ・カタリーナ教会、バッラロ市場を散策し、午後2時30分、バールでアランチーニの昼食。

マルトラーナ教会、サン・カタルド教会を見学した後、ホテルに戻って帰国準備。近くのレストランに夕食を食べに出かけました。

【19:40】午後5時10分にホテルに戻ってきてから2時間半。ようやく帰国準備(今日できる部分)が全て完了し、夕食を食べに、近くのレストランに向かいます。

いや~っ、2時間あればできるかと思ったけど・・・遅くなっちゃった(^^; 子どもたち、ごめんね~~。

パンやコーラ、ウィダーinゼリーを与えておいてよかった(^^;

ということで、ようやく夕食です。

私:私はリゾットが食べたいなぁ・・・

パパ:俺は、やっぱりパスタかなぁ。

夕食はここから徒歩10分以内の、安くておいしいと評判のレストランに向かいます。「安くて」と言ったって、私たちにはべらぼうに高いのでしょうが。。。

ここはヨーロッパ。それは仕方がないです。

いいんです、最後の晩餐ですから(^^)/。

【2017.1 子連れイタリア旅行:7日目その8】

旅行最終日にして、初めての「夕食」

【19:50】ホテルから夜の街を歩くこと10分。目指すレストラン「プリマベーラ(PRIMAVERA)」に到着。

歩いている途中に、次女は抱っこ紐の中で寝てしまいました。

これから夕ご飯なのに・・・。

広いレストランに入って行くと、お客さんはまさかの私たちだけ(^^;。

あれ、もうすぐ夜8時なのに・・・。今日、お店やってるんだよね(^^;

お店の人が座っていて、「どこでも好きな所へどうぞ」と(ジェスチャーで理解)。

適当なテーブル席に座ります。

実は、この日の夕食、今回イタリア旅行7日目(そして観光最終日)にして、初めての「ちゃんと食べる夕食」だったんです!

【イタリア旅行での「夕食」】

1日目の夜(ローマ):予定していたレストランが休みで、そのまま疲れてホテルで寝た(※)。

2日目の夜(ナポリ):私が疲れでダウンして、夜に外出できなかった。

3日目の夜(フェリーの中):船のレストランに食べに行くはずが疲れて寝てしまった。

4日目の夜(パレルモ):足をくじいて食べに行けず。

5日目の夜(アグリジェント):遺跡散策でくたくたになって、夕食を食べに入らずに、帰りの列車を1本早くして乗車。電車の中で持っていたパンを食べる。

6日目の夜(パレルモ):今。初めての「夕食」。

※イタリアへ来るのに2日間かかっていますので、「イタリア旅行2日目の夜=イタリア1日目の夜」となります。

グーグルマップの口コミではいい評判だったのに・・・。大丈夫かなこのレストラン。

こんなに広くて、きれいなのに・・・。

まさか、ぼったくりの店とかではないよね?

もう午後8時になろうというのに・・・。お客さんは誰もいませんでした(^^;。

注文は3品

【19:55】メニューは英語併記。

ただ、写真がありません

う~~~~ん、ここはテキトーに注文だ。どうしようかな・・・。

どうも、「ディナーセット」が数種類あり、それがお勧めみたいだけれど、何かシチリアらしいものも食べてみたい・・・。パパは、パスタが食べたいと言っていたし・・・。

注文時に、「フィッシュ&ミート」のページを開いて、思い切って「オススメは何ですか?」と聞いてみました。すると、お店の人はこれかな・・・という感じで、1つのメニューを指さし。18ユーロの、イカの何か、でした。

よし、それを注文だ!

私たちのオーダーは次の通り。

・イカの何とか(お店の人のオススメメニュー) 18ユーロ

・ディナーセット 12ユーロ

・何かのパスタ 13ユーロ

・ビール大瓶 4.5ユーロ

・ミネラルウォーター 2.5ユーロ

しめて50ユーロ(6,000円)です!

私たちは小食なほうなので、ディナーセットとパスタだけで、子どもたち2人を含めてちょうどいいのは間違いないんですが、最初で最後のディナーだということで、そこにお店の人のオススメメニューを1つ追加で頼んだ感じ。

食べ切れないかもしれないけれど・・・。

3人分のメニューとビールを頼んで50ユーロって、ヨーロッパのレストランでは間違いなくリーズナブルな方だと思います。

「う~~ん、どれがいいのか全く分からない。お店の人に聞いてみよう!」
すぐに、パンとビールが来ました。パパは早速乾杯です。

劇ウマ! イタリアン

【20:10】注文してからわずか10分。あっという間にたくさんの料理が運ばれてきました。

お客さん、私たちだけだしね(^^;

前菜。

よくわからないけど、単品で前菜は頼んでないので、ディナーセットについてきたやつですね。

ってこれ、1人前???

前菜だけでも食べ応え十分!!

そして、パスタのお皿に、3種類の料理が乗ったプレート。

パスタは、トマトとナスに、白身魚のソテー、そして餃子みたいなパスタが入ったもの。餃子を割ってみると、中には肉と野菜の具材が。これは、まさしくパスタで作った餃子!

パパが何だかよくわからないパスタを注文していましたので、恐らくこれがパパが注文したパスタでしょう。

この餃子みたいなパスタ、超おいしい!

パパ:想像していたパスタと全然違ったけど、この餃子みたいなパスタ、超おいしい!

長女も「餃子パスタ」、おいしいおいしいと大絶賛です。

ディナーセットの3種類のおかずは、1つが小タコのトマト煮込み、1つが小タコの唐揚げ、1つがナス料理。

クリームコロッケの中身を焼きナスで巻いたような料理でした。

これのどれもがおいしくって!!

小さいタコが使われているため子どもにも食べやすく、長女も喜んで食べました。

これだけで、もう2人でお腹いっぱいになりました。

私たちが食事していると、午後8時30分頃から、2人、4人、2人・・・と、次々とお客さんが。あっという間に店内は大賑わいに!

イタリア人の皆さん、夕食の時間が遅いんですね(^^;

セットの前菜。私、これだけでお腹いっぱいになる自信があります。
パパが頼んだパスタ。一見パスタには見えませんが・・・。
セットのお料理。タコのトマト煮、タコの唐揚げ、ナスと何かの料理。
餃子状のパスタをナイフで切り分けて与えます。長女「これ、おいしい~~(^^)/」
次々とお客さんが入って来ました。
パパにビールのおかわりを注いであげます。
タコのトマト煮も、おいしい!

最強ディナーセットの全貌

【20:40】食事を始めて30分。出されたものを食べ終えた頃、追加のメニューが届きました!

2種類のパスタ(ナス&トマト、ポルチーニ&クリーム)と、「イカの何とか」です!

いかの何とか、何と、大きなイカに何かを詰めてそのままこんがり焼いた、巨大な一品!

ヤバイ、食べ切れるか・・・!?

私と長女はすでにお腹いっぱいです。全てはパパ次第。

それにしても、私が頼んだ「ディナーセット」、前菜5種に、煮込み料理など3種、2種類のパスタに、実はレモンのジェラートまでついて、これでたった12ユーロ!!

これで12ユーロですよ!!!

ヨーロッパの外食は日本より高いですが、この内容で1,450円なら、日本でも十分通用するコスパです。小さい子ども連れなら、このディナーセット2人分の注文で全員お腹いっぱいなこと間違いなしです。

そして、この2種類のパスタがおいしかった! 

イタリア最高~~(^^)/

私はお腹いっぱいだったので味見程度、ほとんどパパが食べてくれました。

パパが頼んだイカ料理、ものすごくパリッと焼かれていて、これもすっごくおいしかったです。パパは、おいし過ぎてしばらく沈黙していました(^^)/

お腹いっぱいでしたが、パパは「何としても全部食べてやる」と宣言。時間をかけてゆっくり食べ、ビールを飲みながら、今回のイタリア旅行であったできごとなどを話しながら、1時間かけて完食

途中、ディナーセットのデザートも出てきたので、私と長女でいただきました。

それにしても、最後のディナーで出てきたデザートが思い出の「レモンのジェラート」なんてね。

長女はシチリア島に来てから3回目の「レモンのジェラート」でした。

【21:50】午後7時50分に入店してからたっぷり2時間。イタリア最初で最後のディナーをゆっくり楽しみ、店を出てきました。

外は小雨が降り始めていました。

ディナーセットのパスタは何と2種類! おいしそうです!
「すごいねこれは・・・。完全に注文し過ぎた・・・。」イタリアのボリュームに絶句するパパ。
「これ、メチャクチャおいしい!!」
カリッと焼き上げられています。ビールのつまみに最強。パパ「絶対に全部食べてやる!」
午後9時過ぎ、店内はほぼ満席になりました。イタリア語が飛び交い、とってもにぎやかです。イタリア人の高齢女性4人組が来て、1人1枚ずつ大きなピザを頼んでいたのでびっくりしました。
ディナーセットのデザート、レモンのジェラートをパクリ。
ホテルへは徒歩で帰ります。外は小雨が降っていました。

明日の帰国計画

徒歩でホテルに向かいます。

【22:00】ゆっくり歩くこと10分。ホテルに到着。

酔っぱらってお腹いっぱいのパパはすぐに就寝。長女も30分ほどで寝ました。

結局、次女は目を覚ますことなく、そのまま朝までお休みです。

明日は、朝3時45分にホテルを出発しなくてはなりません。

朝3時にスマホのアラームをセットします。すぐ出発できるように準備は終わっていますので、歯だけ磨いてすぐに出発です。

明日は日本への帰国日。

まず、朝一番のアリタリア航空便で、パレルモからローマに向かいます。それから、アエロフロートロシア航空便で、モスクワ経由、成田へ。飛行機を2回乗り継ぐ必要があります。

2回乗り継ぎは、私たちは初めてでした。

【明日の帰国スケジュール】

3:30 起床

3:45 ホテル出発。徒歩で400m先のバス停へ。

4:15 空港行きシャトルバス出発(所要30分)

4:45 パレルモ空港着(離陸1時間40分前)、チェックイン

6:00 搭乗開始(アリタリア航空AZ1778便:ローマ行き)

6:25 離陸(所要1時間)

7:30 ローマ(フィウミチーノ空港)着

9:00 出国手続き

10:45 搭乗開始(アエロフロートロシア航空SU2403便:モスクワ行き)

11:10 離陸(所要3時間45分)

~その後、モスクワで乗り継ぎ~

翌3:40(日本時間11:40) 成田着

【23:00】私就寝。4時間半後に起床です。

小雨の中、ホテルに向かいます。
ホテルに到着! 結局、次女はずっと抱っこ紐でぐっすりでした。

この計画のリスク

この帰国計画には、結構なリスクが3つあると考えていました。

朝3時45分ホテル発という時点で、すでに無理がありますよね(^^;。

1.アリタリア航空が遅延するリスク

ローマを午前11時10分に出発するモスクワ行きの飛行機。これには絶対に乗らなくてはいけません。

問題は、パレルモからローマまでの移動。

朝一番の飛行機を使っても、ローマでの乗り換え時間は3時間15分。飛行機の遅延さえなければ、問題ない乗り換え時間(フィウミチーノ空港は巨大なので最低2時間以上必要。3時間以上推奨というのが私の認識です)です。

遅延さえなければ。

そのため、格安航空便も出ている中、イタリアでは最も定時性が高いと言われるアリタリア航空便をわざわざ選択しました(アリタリアとアエロフロートで、「つなぎ」のチケットにできました)。

とはいえ、イタリアでは飛行機の遅延など日常茶飯事のようです。

前日にローマ入りするのがベストなのですが、旅行日程上それができなかったので、飛行機の遅延=帰国赤信号に直結します。

2.深夜、バス停にたどり着けないリスク

パレルモ空港への送迎バスの始発は朝4時15分。

今は冬。

パレルモの日の出時刻は朝7時35分。朝4時は真夜中です。

真夜中、パレルモの街を、寝ている子ども2人+大型スーツケース2つ&大きなおみやげバッグを運びながら、ホテルから400m先のバス停まで徒歩で向かいます。

道路は、石畳。

バス停の確実な位置と発車時刻は、パレルモに着いた日にパパが現地確認しています(インターネットの情報では朝4時発が最初と書かれていたが、4時15分だったことも確認)。道路の石畳も、そこまでひどくはないことも確認済み。

しかし、何があるか分かりません。

途中でスーツケースの車輪が破損したり、強盗が出たり・・・。この状態で、真夜中に400m歩くことのリスクは感じていました。

タクシーを2台使いでということも検討しましたが、シチリア島でタクシー2台がちゃんと真夜中にホテルに来てくれるのか信用できず・・・。わずか400mだし、自分の足で歩くのが一番確実という結論に達しました。

空港までタクシー2台でというのは大変費用がかさみそうで、選択肢から除外しました。

3.空港送迎バスが来ないリスク、バスに乗れないリスク

「空港行きバスが来ないリスク」もあると考えていました。

ここはイタリア。何があるかはわかりません。

「運転手が風邪を引いた」とかさ(^^;

バス停で朝4時15分始発、次発は4時45分発と言うことは確認しましたが・・・。

ただ、本当に明日、この時間に来るのか。

このバス停がフェイクでないことは、今朝、パパがバス停まで行って確認済み。確かに空港行きのバスが来て、切符は運転手さんから購入可能なことも観察。

わざわざ運転手さんに話しかけ、明日は朝4時15分始発で間違いない旨も確認。

けれど、この運転手がいい加減な返答をした可能性も残ります(神様の声「お前、どこまでイタリア人を疑えば気が済むんだ・・・」)。

また、この空港バス、インターネットでの座席予約ができるようなのです。私も日本でインターネット予約をしたかったのですが結局やり方が分からず、断念していました。

なので、バス停まで歩いて行ったはいいものの、まさかすでに予約で満席だった・・・という可能性もあるように思います。その時は4時45分発の次発のバスを待たずにホテルに戻ってタクシーを2台呼んでもらい、空港までタクシーで向かうしかなさそうです。

私たちの帰国計画は機能するのか。

それとも、イタリアの高い壁に跳ね返されてしまうのか。

別記事を1つ挟み、勧誘の次回に続きます。

ご訪問ありがとうございました! もしよろしければ、ポチっと応援クリックしていただけると嬉しいです(^^)/↓

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

私のブログを応援してくださる方、お手数ですがこちらもポチっとお願いいたします(^^)/↓


家族・子連れ旅行ランキング

※冬の南欧へ!子連れイタリア・シチリア島旅行記を第1話から読む方はこちら(全て無料)

【その他の子連れ海外旅行記など↓】

【台湾】川辺の無料露天風呂に突撃

【フィンランド】普通の公園が普通じゃなかった

【国内旅行】夏の子連れ宮古島旅行、ベストな日程