路線バスでパレルモ駅へ。アグリジェントへ向けて出発!(1歳&5歳:子連れイタリア旅 ♯43)

パレルモ駅にて。長女の上着が面白いことになっています(上下逆にしてくるまっています)。

【これまでの旅程】
0日目:金曜日の午後9時30分、東北地方の自宅をマイカーで出発。車中泊。

1日目:成田空港からモスクワ経由でローマ着。深夜12時過ぎにホテルにチェックイン。

2日目:ホテルでほぼ徹夜した後、ローマ観光。テルミニ駅でスリに遭う。

3日目:午前2時45分全員起床。午前中はバチカン観光。午後、特急列車でナポリへ。

4日目:ナポリ観光。夜行フェリーでシチリア島・パレルモへ。

5日目(昨日):午前3時起床。朝から子どもたちが騒いで寝られません。船は定刻通り午前6時30分にパレルモ港に到着しましたが、豪雨で下船できず、しばし立ち往生。雨具を装備して豪雨を徒歩で強行突破、ホテルにチェックインしました。

午前9時に老舗カフェ「スピンナート」で朝食とジェラートを食べ、路線バスで世界遺産:モンレアーレ大聖堂へ。素晴らしいモザイク画を見学し、再びバスでパレルモの街に戻り、愉快なレストランで食事。午後、世界遺産:パラティーナ礼拝堂を見学しました。

夕方、世界遺産:カテドラーレへ。出る時、私が足をくじいてしまいましたが、だましだまし歩いてプレトーリア広場へ。夕食を食べずに、路線バスに乗ってホテルに戻って来ました。足を湿布と氷水でケアしながら、この日は早めに寝ました。

【21:00】ホテルの部屋で、今後のことについてパパと相談しました。

結論としては、

「明日のアグリジェント遺跡観光は徒歩が多いし、まず無理だろう。明日の朝、足の様子を見て、今日と何も変わらないようならアグリジェント行きは断念して、ホテルで過ごそう。足の調子次第では、午後からパレルモ観光に出られるかもしれないし。」

「足の痛みがひどくなるようなら骨折の可能性もあるし、どうせ観光に行けないのだからみんなでパレルモの病院へ行って診てもらおう。(これもドキドキですが。病院は半年前にエストニアでも行ってますし・・・)」

明らかに良くなっているようであればアグリジェントに行きますが、捻挫の場合、腫れが引くまで2~3日かかるということですし、厳しいな多分・・・。

せっかくシチリア島まで来てるのに、パパ、ほんとごめん・・・。

【21:30】私就寝。

【22:30】パパ就寝。

全ては明日の朝、私の足の状態での判断になります。

【2017.1 子連れイタリア旅行:6日目その1】

私たちの決断

【5:30】目覚ましで起床。パパも起きました。

まだ外は真っ暗。子どもたちもぐっすりです。

暗い部屋で、昨日の夜に話したことと同じようなことを話しました。

今日は病院に行こうか。イタリア語話せなくても、腫れているのだから見せればわかるだろう。ただし、レントゲンを撮って、ギブスで固めて、悪ければ松葉杖かもしれない・・・が、そうなったら帰国に支障がでそうだ(パパ1人で子ども2人と大荷物運びながら飛行機の乗り換えは非常に困難だから)。

とか。

医者に行かないで午前中はゆっくりして、今日は午後からパレルモ観光にして、明日、行けそうならアグリジェントに行くことにしようか。

とか。

でも、明日アグリジェントに行こうとすると明日行く予定のチェファルーには行けないし、明後日は早朝から帰国の途につくため、明日(チェファルーより遠い)アグリジェント行きは厳しい・・・。

30分位、話していたと思います。

【6:00】いろいろ話していてもしょうがない。

肝心なのは、私の足の具合なのです。

さて、どんな具合かな・・・。

恐る恐る、起き上がって、ベッドの下に足を降ろしてみます。

イタタタタ・・・。

幸い、昨日よりもさらにひどくなっているということはありませんでしたが、昨日と大差はない感じ。

ほんの少し腫れが引いたかなどうかな、という程度。

こりゃダメだ・・・。けれど、何とか靴は履けそうです。

昨日の夜のように、よちよち歩くことはできるかもしれないけれど・・・。やはり、郊外の遺跡観光となると厳しいか・・・。

今日の目的地:シチリア島南部のアグリジェント(パレルモはシチリア島の北部にあります)までは、イタリア国鉄の列車で2時間の旅。アグリジェント行きの列車は、朝8時38分パレルモ駅発です。

当初の予定は、午前7時45分ホテル発、路線バスに乗ってパレルモ駅到着が午前8時15分。駅で切符を買ってアグリジェントへ・・・というもの。列車は確か2時間に1本くらいの頻度だったと思います。

時間はもう6時30分近く。

行くにしろ行かないにしろ、このタイミングで決断しなくてはなりません。

私達の出した答えはこうでした。

パパと長女の2人で予定通りアグリジェントへ。私と次女はパレルモのホテルでお留守番。

明日アグリジェントに行くのは日程的に無理そうだし、シチリア島旅行は最初で最後になる可能性大だから、ここまで来たら予定していたアグリジェントには行きたい。

じゃ、パパと長女で行って来よう!

ということなのです。

これは、捻挫から5日後、腫れが引いた後の写真です。ひどい内出血でした。イタリアにいた時は、変色した部分が大きく腫れあがっていました。

長女、駄々をこねる

パパと長女の2人でアグリジェントに行きます。長女のお支度をさせます。

パパ:今日は、ママが足をくじいて歩けないから、パパと2人で列車に乗って出かけるよ!

長女:え~~っ、ママは行かないの?

パパ:ママは歩けないから、しょうがないんだよ。パパと2人で行くよ。

長女:やだやだっ!! じゃ、私もママとホテルでお留守番してる!!

パパ:そんな・・・。わがまま言わないで。せっかくここまで来たんだから、列車に乗って出かけよう!

長女:ママと一緒じゃなきゃ絶対ヤダ( ;∀;)。

長女がいったん言い出すと聞かないことはパパも重々承知。

それに、パパ自身、長女と2人だけで遠出はしたことがなく、長女が落ち着いてついてきてくれるか不安もありました。

そうよね・・・。

長女は、お姉ちゃんと言ってもまだ保育園年中組。やっぱりそうなるよね・・・。

私:パパ、私、ゆっくりなら歩けそうだわ。

パパ:大丈夫? 無理してひどくなって、帰国できなくなる事態は避けなければいけないよ。

私:わかってる・・・。けれど、大丈夫そう。今日は予定通りみんなでアグリジェントに行くだけ行って、遺跡観光は様子を見ながらするのはどう?

パパ:そっか、アグリジェントまで行って、調子が悪そうなら遺跡観光をあきらめて、街観光にしてもいいんだ! その手があったか!

パパ:よし、予定通り、みんなでアグリジェントに行ってみるか! そうと決まれば急いで子どもたちを起こさないと!

いったん光を失ったパパの目でしたが、再び輝き始めました。

列車の時間は8時38分。ここからパレルモ駅までは2kmほどあるし、駅へ行くバスがすぐ来るとも限らないし、駅で切符も買わなくてはいけないし・・・。

どんなに遅くとも7時45分までにはホテルを出なくてはならないでしょう。

もう、あまり時間がありません。子どもたちを起こして、急いでシャワーを浴びさせないとです!

私たちも身支度をしないと!

シチリア島の地図。これから、南部のアグリジェンㇳに向かいます。
朝5時30分。私も目を覚まし、パパといろいろ相談しました。

子どもたちの起床時間

【6:30】子どもたちを起こします。

今回のイタリア旅行中は、これまで子どもたちは3時とかに起きて活動しだして参りましたが、ようやくイタリアの時差に慣れ、人間らしい起床時刻になってきました。

これまでは、魚か鶏かという朝でしたから・・・。

食堂での極秘ミッション

【7:30】みんなで順番にシャワーを浴びて服を着て身支度をして・・・・とやっていたら、必死にやったのに時間はもう7時30分!!

7時45分ホテル発は絶対です。

やばい、せっかくアグリジェントへ行く決心をしたのに、これでは列車に乗り遅れちゃう!!

パパ:朝ご飯を食べる時間はないから、レストランへ行って、パンやチーズやハムをこの袋の中に〇〇〇来よう!

問題:丸の中に入る言葉はなんでしょう。

1.パンやチーズやハムをこの袋の中に入れて来よう!
2. パンやチーズやハムをこの袋の中に隠して来よう!
3. パンやチーズやハムをこの袋の中にインして来よう!

<答え:全部正解>

【7:35】1階のレストランに行くと、大勢の宿泊客が朝ご飯を食べていました。

出発までわずか10分! 

時間厳守です!

私:長女! 時間ないから、食べたいもの2つだけ持ってきて、すぐ食べよう。ミニトマトとか、ヨーグルトとか。パンとハムはパパとママが持ってきて、電車の中で食べるから!

長女にそう指示し、私たち夫婦で袋に入れられそうなパン・ハム・チーズを持って来ては、こっそりビニール袋の袋の中へ。

許して~~、時間がなくて、こうするしかないの!

別に、お昼ご飯を持って行くわけではないから!

ホテルに事前に頼んでおけば、朝食を箱に詰めて持たせてくれるとは思うんですが、それをお願いする時間もないほど、朝は準備にバタバタしていました。

5分で、主食はゲット。

私もパパも、残りの5分で若干のサラダを食べ、熱いコーヒーを一気飲みしたところでタイムアップ。

【7:45】アルテミシア・パレス・ホテルを出発!

何とか予定時間に出発しました。

慌ただしい朝食(の確保ミッション)を終え、出発!
7時45分にホテルを出発しました。これで列車に間に合うはず・・・。

バス停で、忘れ物に気付く

ホテルからパレルモ駅までは、昨日の夜に乗った101番の路線バスに乗るのですが、パレルモの街は一方通行が多く、同じ101番のバスでも、上りと下りは全然違う道路を走っています。

駅からホテルへ来るバスはホテルの目の前に止まるんですが、駅へ行くには、ホテルから300mほど行ったバス停「ポリテアーマ」から乗るのがいいみたい。

【7:55】痛めた足をまたひねってしまわないように慎重に歩行し、バス停に到着。

うん、痛いけれど、マイペースで歩けば何とかなりそう!

アグリジェント行きの列車は8時38分発。ここからパレルモ駅まではバスで10分。15分以内にはバスが来るとして、駅まで所要25分。

今7時55分だから、何とか間に合いそうです。

ここで私が、あるものをホテルに忘れてきたことに気が付きました。

私:あぁっ! レストランの椅子の所に、「地球の歩き方」を忘れたっ!

パパ:何っ! あれがないと、アグリジェントの情報はまるでなくなっちゃう! 俺、走って取って来る! ここで待ってて!

私:ごめん"(-“"-)" 気を付けてね!

まごまごして列車に乗り遅れては、早々にプランが崩壊してしまいます。ここはがんばり所! パパは一目散に元来た道を駆け戻って行きました。

【8:02】10分かからないでパパが帰って来ました。さすがはパパ。

「地球の歩き方」は、置き忘れたままの状態でレストランの椅子の上にあったということ。あって良かった~~(^^)/

パパを待っている間、パレルモ駅行きの101番のバスが1台行ってしまいました。私がレストランの椅子に本を忘れなければ、さっきのバスに乗って行けた・・・。それなら万事OKだったのに・・・。

次のバスは、いつ来るだろう?

アグリジェント行きの列車は8時38分発。バスが20分来なければ、もうタイムアップ。列車の本数はあまりない(確か2時間に1本ほど)ので、「次の列車で行こう」という風にはなりません。

ここでまさかの20分待ちとか、やめてよ~~(ドキドキ・・・)

不安に思いながらバスを待つこと何と3分!

次のバスがやってきました!

【8:05】101番のパレルモ駅方面行きのバスに乗車。

ホテルに「地球の歩き方」忘れた! パパは一目散にこの道を駆けていきました。
時間はもうすぐ8時になります。こんなことしてて、8時38分発の列車に間に合うのか!?
ホテルから300mほどのバス停「ポリテアーマ」。ここから駅方面のバスに乗ります。
首尾よくバスに乗れて、ホッと一息。次は、確実に「パレルモ駅」で降りることです。

パレルモ駅へ!

【8:15】101番のバスに揺られること10分。パレルモ駅に到着しました。

降り損ねたりするのが恐かったですが、英語で「パレルモ ステーション」と案内していたので、非常に分かりやすかったです。

よし! 発車の18分前に駅到着! 

間に合った!

ってゆーか、あれがパレルモ駅かぁ・・・(^^)/ 

あれは、駅なのかな・・・? 日本にはない感じの、素敵な駅です!

入って行くと、切符売り場は有人窓口のみ。

売り場の係員は、おばさん。果たして私たちのカタコト英語、通じるかな・・・。

ドキドキしながら行き先と人数、往復の旨を伝え、無事、切符の購入に成功!

アグリジェントまでは、大人1人片道9ユーロ。往復18ユーロ。子どもは無料でした。大人2人分の往復で、36ユーロの支払い。クレジットカードも使えました。

パレルモ駅。アナウンスがなければ、あれが駅だと思わなかったかもしれません。

切符売り場は、まさかの有人窓口(=イタリア語)オンリー!
これから列車に乗ると張り切っている長女。
電光掲示板の前で。私たちが乗るアグリジェント行き普通列車は、4番線からの出発です。
切符を買えたので、パレルモ駅前を少し見ていくことにします。
朝は寒いね~。
駅とは思えない、風情のある外廊下。教会みたいです。

乗車準備は万端

【8:30】ホームに出ると、朝日が差してすごく眩しい!

私たちの乗るアグリジェント行きの普通列車は4番ホームからの発車。今正面のホームが7番ホームだから・・・、4番ホームは左の方かな。

間もなく4番ホームを発見。ホームの電光掲示板で、アグリジェント行きの列車であることも確認。

「アグリジェント行き」の列車だから、終点アグリジェントまで、ゆっくり乗っていられます。

アグリジェント行きじゃないと大変なのよね・・・(^^;。間違って手前の駅とかで降りてしまいそうで(^^;

さて、乗車前に、チケットに打刻をしなくてはなりません。

ホームに打刻機があるのがわかりましたが、切符は映画のチケットのように大きなもので、この大きな切符をどうやって打刻機に通せばいいのだろう・・・。

ちょうど前に打刻する女性がいたので、その様子をうかがって、真似して打刻に成功!

陽射しが眩しい! 逆光で前が見えません。
切符はこんなに大きい物。どうやって打刻をすれば・・・。
4番線から出発します!

【8:38】定刻通りに、アグリジェント行き普通列車、出発!

シチリア島の鉄道って出発時刻とかいい加減だって聞いていたけれど、そうでもないみたい・・・。

電車に乗り込むと、子どもたちはすぐに椅子で遊び始めました。

キャハハハッ! 椅子に立ったり座ったりして遊び始めた2人。

次回、「世界の車窓から~シチリア島南北縦断鉄道の旅~」です。

ご訪問ありがとうございました! もしよろしければ、ポチっと応援クリックしていただけると嬉しいです(^^)/↓

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

私のブログを応援してくださる方、お手数ですがこちらもポチっとお願いいたします(^^)/↓


家族・子連れ旅行ランキング

※冬の南欧へ!子連れイタリア・シチリア島旅行記を第1話から読む方はこちら(全て無料)

【その他の子連れ海外旅行記など↓】

【インドネシア】ぼったくりポーターをパパが成敗

【インドネシア】世界遺産でパパとはぐれる

【北海道】赤ちゃん連れ北海道ドライブ旅行のようす