ナポリ:地下鉄とケーブルカーでサンテルモ城を目指せ(1歳&5歳:子連れイタリア旅 ♯25)

住宅街を結ぶケーブルカーに乗って、高台の城を目指します。

【これまでの旅程】
0日目:金曜日の午後9時30分、東北地方の自宅をマイカーで出発。車中泊。

1日目:成田空港からモスクワ経由でローマ着。深夜12時過ぎにホテルにチェックイン。

2日目:ローマ観光。ホテルでほぼ徹夜した後、バールで朝ごはん。サンタ・マリア・マッジョーレ教会、コロッセオ、パラディーノの丘、フォロ・ロマーノ、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂などを観光。ホテルへの帰路、テルミニ駅でスリに遭い、夕飯は食べずに就寝。

3日目:午前2時45分には全員起床。6時40分ホテル出発、テルミニ駅のカフェでバニーニ(サンドイッチ)を食べ、バスでバチカン市国へ。サン・ピエトロ大聖堂、サンタンジェロ橋を観光し、バスでテルミニ駅に戻って来ました。

ホテルで荷物をピックアップし、特急列車でナポリへ。昼食は、駅のスーパーで買ったものを車内で食べました。午後4時前にナポリ着。ホテルにチェックインしました。

私は連日の疲れと寝不足でダウン。パパは子どもたちを連れてホテル内を探検した後、長女と2人で夜のナポリ駅周辺へジェラートを食べに出かけました。その後2人はお菓子(パパはビールも)を食べ、早めに就寝しました。

4日目(今日):朝4時には全員起床、ホテルで朝食を摂り、午前8時にホテルを出発しました。

【8:10】ホテルを出発。

ナポリ駅までは徒歩5分。昨日の夜、パパと長女が歩いた道でもあります。

ただ、今は朝のラッシュ。道路を渡らなくてはならないのですが、交通量が多いのに信号がなく、向こう側に渡れない・・・。ベトナムみたいだな・・・。

ナポリ駅から地下鉄とケーブルカーに乗り、まずはサンテルモ城という、高台にある古城を目指します。昨日の夕方から夜にかけて行く予定にしていたものを、私が疲労でぶっ倒れてしまったので断念した所。

今日の午前に予定していたポンペイ遺跡観光を削っても、そこに行ってみることにしました。

【8:15】ナポリ駅着。

【2017.1 子連れイタリア旅行:4日目その2】

ナポリの地下鉄に乗車

ナポリ駅の構内を歩いて、地下鉄のナポリ駅「ピアザ ガリバルディ(Piazza Garibaldi)駅」に向かいます。地下鉄駅はすぐに分かったので、パパが券売機でチケットを購入。

ナポリの地下鉄は、90分で1.5ユーロ(ローマは100分)。子ども無料なので、大人分の2枚を購入。

券売機の前でパパが「う~~んと・・・」って感じで無事購入できました。

ホームに行くと、駅や列車が古くて汚い感じで、ローマとは違った印象。結構混みあっていたのでスリに最大限注意していました。

あとは、行き先を間違わないように・・・。

朝のナポリ駅。賑わっています。
地下鉄駅を探して、駅構内を進みます。
地下鉄の券売機。パパはスムースに理解できました。
何やら2人でモメています。

車内で席を譲ってもらう

【8:30】地下鉄2線に乗車。

結構混んでいたので、すかさず次女をベビーカーから出してベビーカーを畳み、最後に車両に乗り込みます。

みんなで立ち席。スリが怖いので、あえて次女を抱っこして壁を背に立ちました。

発車。私たちが降りるのは2駅先の「モンテサント駅」です。

すると、椅子に座っていた若い男性が立ち、次女を抱っこしている私を手招き。席を譲ってくれるのです(イタリア人は、この辺は日本よりも意識が高いと思います。台湾でも、必ず席を譲ってもらえるんですよね)。

うう~~ん、実は、わずかに2駅だし、抱っこしている状態だと立っている方が楽なんです・・・とは思いながらも、せっかく譲ってくださるのに厚意を無にはできません。お礼を言い、私と次女はその席へ移動。

地下鉄に乗っている間に、次女はぐっすり寝てしまいました。さっきからグズグズ言ってたのは、眠たかったからなんだね~。

見た感じですが、皆地元の人という感じで、観光客など皆無。そんなところもローマとは全く違うなと思いました。

地下鉄は混んでいました。
乗ったね~~!
私は席を譲られて、あっちのほうに(髪だけ見えます)

モンテサント駅で「全力バイバイ」

【8:40】乗車10分。モンテサント駅に到着。

混んでいる列車に疲労を感じ、ホームで少し休憩です。

パパたちは、走り去る列車に向かって「バイバ~イ!」。2~3人の人が、バイバイに応じて手を振ってくれたみたいです。

列車が走り去ると、向こうに停まっていた列車は新型車両。きれいでガラス窓が大きくて、今乗ってきたのと全然違う~~(^^;

パパは何か思いついたみたい。

パパ:長女、今度はあっちの列車にバイバイするか!

長女:わかった!

列車が出発すると、走り出した向こうの新型車両に向かって、パパと長女が全力で「バイバ~イ!」

すると、何と、ざっと20人以上の乗客が、気付いてこちらにバイバイを返してくれたのです!

すごい、イタリア人・・・!!!

改めて、イタリア人の皆さんの人懐っこさというか、コミュニケーション力を感じたできごとでした。

古い列車でした。
走り去る列車に手を振るパパと長女。
向こうに出現した新型車両。「全力バイバイ」すると、20人以上が手を振り返してくれました!
寝てしまった次女はベビーカーに入れます。
モンテサント駅に到着!
さて、地上に出ようか。長いエスカレーターを2本クリアしました(写真は、エスカレーターとエスカレーターの間)。

リアル住宅地を歩く

【8:55】地上に出て来ました。

ここから5分ほど歩いて、ケーブルカーの駅に移動するんですが、特に看板を見つけられなくて・・・。どっちだろう・・・。とりあえず、列車を降りたみんなが足早に歩いて行った方向に歩きます。

みんなが歩いて行った方向がケーブルカーの駅の方向だと仮定して、地図を確認。

ここはナポリの住宅地の駅という感じ。ちょっと汚れたアパートが並んでいて、ちょっとした広場にはハトがたくさんいました。

ちょっと歩けば、落書きだらけの通り・・・。

これがナポリなんですね!

写真を撮りながらゆっくり歩くこと10分。無事、ケーブルカーのモンテサント駅を見つけました。

駅から地上に出て来ました。
ハトがたくさん!
みんなが歩いて行く方に向けて進みます。
落書き?っていうにはちゃんと描いてあります(^^;
ケーブルカーの駅はこの先です。
緩い上り坂。よいしょ、よいしょ・・・。
街の掲示板? きったな~い(^^;
ケーブルカーの駅に到着!(駅舎は写っていません。右手に駅舎があります)
駅前広場の街路樹に、イルミネーションの照明がセットされています(^^)/

ケーブルカーに挑戦

【9:10】ケーブルカーのモンテサント駅は、ガラス張りの近代的な建物。地下鉄とはちょっと違う雰囲気です。

中に入るとすぐに券売機が。運賃は、片道1人1.1ユーロ(子ども無料)。地下鉄の切符と共通ではないので、ここで別に買わなくてはいけません。

また、ここは鉄道駅も兼ねており、1階が鉄道駅、2階がケーブルカーの駅になっていました。鉄道駅のホームにはものすごい落書き(ここまで行くともはや「落書き」ではない!?)の列車が停車していました。

【9:20】ケーブルカーに乗車、出発。ふもと駅(モンテサント駅)と、高台の頂上駅(モルゲン駅)を結んでいます。目指す「サンテルモ城」は、頂上のモルゲン駅から徒歩10分。城へ向かう観光客も他にいてもいいように思いますが、外国人は恐らく私たち親子だけ。

市民の足、といった感じのケーブルカーでした。

【9:30】途中で駅に停車しながら、10分ほどで、高台の上の「モルゲン駅」に到着。

パパが券売機に挑みます。ケーブルカーのチケット2枚、購入成功。
鉄道駅のホームにて。すごい落書きです。
もはや芸術! ナポリの列車。
ケーブルカー、発車! 結構混んでいます。
途中駅で結構な人が降り、人が少なくなりました。私たちは終点まで乗ります。

高台の住宅地を歩く

【9:30】地下鉄駅から外に出ると、清潔な住宅街という感じ。

どうも、この高台の方が高級住宅街、ふもとのほうは普通の住宅街らしいです街並みからして。

目指す中世の城「サンテルモ城」まで徒歩10分。駅を出てすぐの所に案内板があったので、そこで城までの道も確認。歩き出しました。

途中は、何の変哲もない住宅街。こんな所に、中世の城なんてあるのかしら・・・。

高台の上は、きれいな住宅街です。
駅前のバス停。ナポリ駅から、バスでアクセスすることもできそうですね。
かわいい時計で。
ごみ箱からごみがあふれてる~~(^^)/
この日の気温は7度くらいです。結構寒いですよ~。
歩道の段差がけっこうあり、途中からパパにベビーカーを交代。ババは器用にベビーカーを押して段差をクリアしていきます。
高さ20m以上あります! 巨大な城壁!

【9:45】ゆっくり歩くこと15分。住宅地の切れ間から、巨大な城壁が姿を現しました。サンテルモ城(セイント エルモ城)です!

次回、ナポリの絶景を紹介します。

ご訪問ありがとうございました! もしよろしければ、ポチっと応援クリックしていただけると嬉しいです(^^)/↓

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

私のブログを応援してくださる方、お手数ですがこちらもポチっとお願いいたします(^^)/↓


家族・子連れ旅行ランキング

※冬の南欧へ!子連れイタリア・シチリア島旅行記を第1話から読む方はこちら(全て無料)

【その他の子連れ海外旅行記など↓】

【台湾】水着で泥の温泉へ

【インドネシア】ありえない展望台

【チェコ】変なエレベータ―