ドロットニングホルム宮殿へのアクセスは、フェリーがオススメ(1歳&4歳:子連れスウェーデン・フィンランド・エストニア旅 ♯14)

フェリーで、ストックホルム:ドロットニングホルム宮殿に到着! 楽しかった~(^^)/

出航10分前にフェリー乗り場に行くと、すでに乗船の長蛇の列。私たちは最後の方になり、すでに席は満席。立ち席になってしまいました。トホホ。。。

【12:00】定刻通り、ストックホルム市庁舎の向かいのターミナルから出航!

ストックホルム市庁舎の向かいから出発します!

【2016.7 子連れ北欧旅行:2日目その7】

レストランの席を狙う

座れなかった場合は、船内のレストランに入って座るつもりでした。

けれど・・・。レストランを覗いてみますが、お客さんが誰もいません(^^;

あれ、やってないのかな・・・。それともコース料理限定とか・・・。

入口にメニュー表が出ています。

写真は撮らなかったですが・・・、ランチコースで300クローネ~。

300クローネというと、1人3,200円!!

いや、これは手が出ない・・・(^^;。

所要時間も50分でしかないので、急いで食べなくてはいけないし、レストランは見送り。

食事はしなくても、例えばビールとコーヒーとかの注文ではダメなのかな?

思案するより聞いてみろ。パパがカタコト英語で挑戦します。

パパ:ドリンクの注文だけではダメですか?(どういう言葉を使ったかは忘れてしまいましたが、伝わったみたい)

女性店員:今はランチタイムなので、食事オンリーになります。

そっか・・・。ちょうどお昼時だもんね・・・。

レストランは断念しました。

ストックホルムの旧市街を遠くに眺めて

フェリーの特等席は、先頭部の外部席。すでに満席ですが、立って風景を見てみます。

出発した場所は旧市街の目と鼻の先。歴史的建造物が立ち並び、いい景色です。

10分ほど、外に立って景色を眺めていました。

こちらが特等席の屋外前部。真っ先に満席になりました。
ストックホルム市庁舎。パパとケンカしましたね~(^^;
川幅が広くなってきました。

青年に座席を譲ってもらう

外は立っているスペースも小さいので、屋内へ移動。

席は満席ですが、子どもたちも立たせながら、傍らで立ちます。

すると、私たちを見た白人青年が、スッと席を立って外へ。

恐らく子連れの私たちに席を譲ってくれたのでしょう(^^)/

その両隣の人も少しずつ詰めて空けてくれました。

子ども2人と一緒に、遠慮なく座らせてもらいます。

ふ~~っ、やっぱり50分立ちっ放しはきつかったので、ほっとひと息。

ふ~~っ。ようやく落ち着きました。長女は早速リュックの中のお菓子を漁っています。
次女も上機嫌。盛んに運動したがります。

【12:20】しばらく乗船していると、時折、席の移動があることがわかってきました。

みんな観光客なので、今日はいい天気だし、外の景色も見たい。何割かの人は席を立って、わざわざ外に出て風を感じながら、立って船旅を楽しみ始めました。

私たちの席の向かいも空いたので、そこにパパが座ります。

結局家族4人で、向かい合って座ることができました。

パパはビールを購入

お昼時と言うことで、お腹が空いた長女は持ってきていたお菓子を食べます。

私たちは、朝食をお腹いっぱい食べたので、全然お腹が空きません。この分だと、お昼ご飯はお菓子とかでいいかも・・・。

パパは船内の売店でビールを購入。一番安いのにしたんですが小瓶で55クローネ(700円)。高いけれど・・・ここで飲まなきゃ男がすたる!(そんな男ならどうかすたってくれ)。

ビンのまま、グビッと。

パパは、おいしいおいしいと、とっても嬉しそうでした。

ラブラブな2人。

このフェリー、決して大きなフェリーではないので、川と言っても少し揺れます。

抱っこ紐から解放された次女が、そんな中を歩きたがって(^^;

手を離すと、船の中をトコトコと歩いて行ってしまいます。

揺れて頭をぶっても悪いので、あわてて確保(^^;

抱っこ紐から出れて、気持ちいい~!
ちょっと手を離すと、どこかに歩いて行ってしまいます(^^;

やっぱり、フェリー一択でしょ!

ここには地下鉄+バスでもアクセス可能です。所要時間はトータルで船と同じくらいですが、交通費が安いのが魅力。

けれども私はぜひこのフェリー利用をお勧めします!

ストックホルムは、まるで無数の湖の中にあるような「水の都」。

ここを、船で行くことは素晴らしい景観を見られるとともに、「水の都」ストックホルムを体で感じることができます。

フェリーの船体もオシャレで〇。

これだけで立派なアトラクションです。この滅多に来られない北欧旅行の機会に、多少お金がかさんでも、フェリーを利用しない手はないです。乗り換えもないですし。

行きは、だんだんと、遠くに宮殿が見えてきます。

帰りは、だんだん遠くにストックホルムの旧市街が見えてきます。

絶景ですよ~~(^^)/

※2016年当時、フェリーは5月~9月の運行(4月・10月も週末のみ運行)でした。利用される際は、最新の運行情報を確認してくださいね。

ドロットニングホルム宮殿が良く見えます。

ドロットニングホルム宮殿に到着!

【12:50】定刻通り、ドロットニングホルム宮殿の目の前に到着。

お世話になりました!
素敵な景観が広がっています。
うっ、砂利道はベビーカーにはキツイぞ・・・。少しでも端に・・・。
砂利道をガタゴト進んでいると、次女がずり落ちてしまいます。シートベルトを締め直し。
宮殿前に到着!

早速、ベビーカーを押して宮殿に入場します。

宮殿の2階を見学中に、係員に注意されて同行を促される次回に続きます。

私たちがどうして連れて行かれたか・・・。皆さんなら、わかりますよね(^^;。

↓ご訪問ありがとうございました(^_-)-☆ 私のブログが「参考になったよ!」という方は、ポチっとお願いします。

↓もし私のブログを応援していただけるようでしたら、お手数ですが、こちらもポチっとお願いいたします。


家族・子連れ旅行ランキング

※夏の北欧へ!子連れスウェーデン・フィンランド・エストニア旅の第1話はこちら

【その他の子連れ海外旅行記など↓】

インドネシア独立のために日本敗戦後にオランダ軍と戦った大勢の日本兵の話

台北で路線バスの旅に挑戦したら

航空券の予約ミスで、家族4人10日間の年末年始カンボジア旅行を全てフイにしました