台北から野柳地質公園へ行く路線バスで、いきなり荷物を置き忘れる大ピンチ!(0歳&4歳:子連れ台湾周遊旅 ♯5)

【9:05】無事、野柳バス停でバスを降りることに成功した私たちでしたが・・・。寝てたのをたたき起こされて泣きべその長女(^^; 

9泊10日間の台湾周遊旅行の1日目、朝3時に起きて4時に家を出発、夜台北のホテルに到着後、夕食、交通カード購入、足つぼマッサージと、4歳の長女と生後6か月の次女を連れながら1日目からフル回転だった私たち。

子どもたちが寝たのは、午後11時30分頃。私たちが寝たのは午前1時過ぎでした。

【2015.11台湾周遊旅:2日目その1】

本日のプラン「台湾北部 ぐるっと日帰り路線バスの旅」のルート

旅行2日目の今日のプランは、まずは台北駅まで行き、路線バスで台北郊外の「野柳地質公園」へ。そこで昼食を摂り、また路線バスで屋外の彫刻の美術館「朱銘美術館」へ。そこからまた路線バスで台湾北部をぐるっと移動して、台北北部の夕日スポット、淡水へ。

その後、夜はMRT利用で台北北部の新北投温泉で入浴、MRTでホテルまで戻って来るというもの。

字で書くと大したことなさそうですが、地図で見るとこんな感じ。

日本語しか話せない私たちとしては、大胆なプランなような気がしていました当時は・・・。

台北から台湾北部をぐるりと回る、今日のコース。

朝のお支度

【5:30】私、パパ起床。

【6:00】子どもたち起床。

【6:00】子どもたち起床。長女もすぐに起きました。
次女はお風呂に入ったみたいに汗びっしょり(^^; 赤ちゃんはよく汗かきます。

昨日は夜遅くなってしまい、子どもたちはシャワー浴びてないので、まずシャワーを浴びせます。シャワーを浴びた後、長女は自分で服を着ます。

お部屋はスーツケース2つを広げられる広さがあります。
保育園年少組の長女は自分で服を着ます。えらいえらい(^^)/。

夜には温泉も行く予定なので、水着一式も持って行きます(台湾の温泉はキホン水着着用です)。

朝食会場へ

【6:35】出かける支度をして朝食会場へ。

半年前にも来ています。ここの朝食はおいしくて種類も豊富で申し分なし。長女もよく覚えているようです。

4歳:栗食べたい! 前来た時、栗あったよね!?

私:う~~ん、栗はないみたいだなぁ・・。

4歳:どうして今は栗ないんだろう・・・。この前はあったのに・・・。

栗か・・・。予想外の反応(^^;。

長女は無難にトーストと、黒糖まんじゅう。サラダ。黒糖まんじゅう(「黒砂糖味まんじゅう」の表記でした)は特に喜んで食べていました。

長女は、私が持ってきたドラゴンフルーツを指さして、

4歳:これ、こんにゃく?

フルーツに見えないみたいですね・・・。

私:梨みたいなフルーツだよ。食べてみて。ほら・・・(無理矢理口へ)

4歳:もぐもぐ・・・(微妙な表情)。りんごのほうがおいしい・・・。

ドラゴンフルーツはいまいちだったようです(^^;。

たくさんの料理が並びます。どれにしようかな~~。
手前は豆腐料理のようです。右上はドラゴンフルーツですね。
日本語表示がうれしい(^^)/ 中国語(台湾語)の表示はなくていいのかしら・・・。
【6:48】こんな感じに取って来ました。
私はお粥中心で。
長女に無理矢理ドラゴンフルーツを食べさせてみましたが・・・。

台北駅から、金山方面行き路線バスに乗車

【7:15】ホテル出発。徒歩5分で、MRT民櫂西路駅へ。

昨日ゲットした「悠々カード」を使い、文字通り悠々とホームへ。

【7:40】MRTで3駅目、台北車駅(台北駅)に到着。

MRT民櫂西路駅。重要路線が交わる便利な駅です。

バス停の位置は事前にネットで調べておきました。台北車駅の地下街出口Z3を出れば、すぐバスターミナルがあるのでわかります。

乗車するのは、「國光客運」の1815番のバス。台北から北東に2時間弱ほど行った「金山」方面に行くバスで、目指す野柳は途中にあります。

野柳までの乗車予定時間は1時間20分ほど。

國光客運のホームページでは、台北車駅A棟バスターミナルから10分~20分間隔くらいで、かなりの本数が出ているようです。無事運行さえしていれば、時刻を調べないで行っても大丈夫でしょう。

【7:50】果たして、行ってみるとすぐに乗り場もわかり、1815番のバスに乗り込めました。「悠々カード」利用で乗車(乗車時に機械にカードをかざす「上車収費」と、下車時にカードをかざす「下車収費」のバスがありますが、どっちだったかは忘れました(^^; 運賃は1人98元(380円)。

今は、台北など都心を中心に、乗車時と下車時の両方で払う(カードをかざす)「上下車収費」もあるみたいですね。どのみち、バスに乗れば電光掲示板などで大きく表示されています。

台湾では、5歳以下または身長115cm未満の子どもはMRT・路線バスともに無料のため、うちの0歳・4歳の2人はともに無料で旅行ができます。

【7:45】台北車駅の地下街出口Z3を出た所。
すぐ脇がバスターミナルです。8番乗車口から乗車(現在は5番乗車口に変更になったようです)。
次のバス停が、電光掲示板に表示されるので、路線図を押さえておけばOK!
台北市内は、しばらく渋滞でした。

1時間20分の路線バスの旅。何とものんびりです。

リュックは貴重品も入っているので足元に置き、貴重品が入っていないプール道具は網棚の上に置きました。

おわっ! 「野柳」は次だ!

昨日夜更かしをしているし、今日も朝早かったので、初めはバスの中でお菓子を食べたりしていましたが、少ししたら私も子どもたちもぐっすり。

いい休憩になりました・・・。

パパは紙にプリントした路線図を見ながら、野柳で降り損ねないように起きていました。

1時間くらい乗ったでしょうか。そろそろ降りる支度を始めないとかな・・・と思ってぼ~っとしていたら・・・。

パパが叫びました。

パパ:野柳は次だ!

えっ!? 次? 

降りる支度をしなきゃ!

あわてて椅子の周りを見ると、長女の食べかけのお菓子や、かばんから出したおもちゃが。

しかも、長女は靴を脱いでぐっすり寝ています

実はパパ、所要時間を1時間30分だと思っていて、1時間10分経過後、今どこかな・・・と思って到着したバス停と路線図を照合したら、今、野柳の1つ前のバス停「仁愛之家」にバスがいることに気付いたのです。

「野柳」で降り損ねたら大変です。まず大慌てて長女をたたき起こし、靴を履かせ、お菓子やおもちちゃをカバンに入れ・・・。パパも大慌てでガイドブックや書類、カメラ、ビデオカメラをカバンにしまい・・・。

【9:05】そして、野柳のバス停に到着!

「降りろ~」って感じで、あわててバスを飛び降りたのでした・・・。

無理矢理起こされた長女は泣きべそ。この時の写真が、この記事冒頭の写真です。

でも、初めての個人旅行での海外旅行、バスを降り損ねなくて良かった・・・(^^;

野柳地質公園まではここから500mほどあるため、10分ほど歩かなくてはなりません。看板も出ているし、迷うことはないと思います。

私たちは、意気揚々と歩き始めました。

しまったぁっっっ!!!

歩き始めてすぐ、何かが足りないことに気が付きました。今日は、私、パパ、長女のそれぞれのリュックの他に、もう1つ荷物があったはずだけれど・・・。

子どものプール道具がない!

今日の夜、温泉に行くために持ってきたものです。

バスの頭上の網棚の上に上げて、そのまま忘れてきたことに気が付きました!

どうしよう・・。

ここは外国。日本と違って、バスの中の忘れ物なんて絶対に出てこないだろうし、言葉もわからないし。

そもそも、海外旅行で、普段持ち歩かないバッグを別に持つなんて、バスでなくたって必ずどこかに置き忘れるに決まっています。ここは、パパのリュックに何とか入れるかして、荷物をまとめておくべきだったのです。

あぁ・・・、甘かった・・・(^^;。

水着なくなっちゃったけど、温泉に行けば、子どもの水着が売ってるかもしれない。

赤ちゃん用の水遊びパンツはないかもなぁ・・・。

バスに忘れた子どものプール道具はあきらめ、野柳地質公園に向けて歩き始めました。

のどかな港町を歩きます。
漁船がたくさん停泊していました、「大漁旗」みたいな旗も。

パパが回収方法を思いつく

歩きながら、何やら考え事をしていたパパ。

300mくらい歩き、途中のお寺の辺りで、「電話してみよう」と言い出しました。

電話するったって、英語も中国語も話せないわよ・・・。

パパ:ホテルに電話して、日本語話せる人に変わってもらって、ホテルの人から國光客運に電話してもらえばいいんだ!

私:そんな、ホテルの人にそこまで頼むなんて、図々し過ぎるわよ・・・。

パパ:図々しいけどそれしかない! ホテルの電話番号ならわかるし。携帯電話、使えるかな? やってみよう・・・。

(パパ、るるぶの「電話のかけ方」を見ながら、適当に電話してみる)

(うちはWifiとか持ってないので、高額な電話料金がかるかもしれないけど、それはあきらめた)

~パパが、山水閣大飯店の人と日本語で会話。どうやら日本語で意思疎通できているみたい~

パパ:やった! ホテルの人が、バス会社に聞いてくれるって! 多分1~2時間後くらいに電話くれるって。もし見つかったら、ここからバスの終点の「金青中心」で受け取ることになるかもしれないな・・・。

私:すごい! あるといいわね!!

【9:15】バス停から200mほどの所にあるお寺「野柳保安宮開漳聖王」で。
お寺の前の塔。ここでホテルに電話しました。

いざ、野柳地質公園へ

【9:30】野柳地質公園に到着!

どんな所か全然わからないまま来ましたが、すでに観光バスが10台以上停まっていて、多くの人で賑わっています。路線バスで来た私たちは少数派・・・。みんな、中国語を話しています。台湾人なのかな、それとも大陸からの観光客の皆さんなのかな・・・。

日本語は聞こえませんでした。

混みあっているチケット売り場に少し並び、チケットを購入。大人1人80元(310円)でした。5歳以下は無料。

大勢の団体客に混じって、ゲートをくぐっていきました。

いろいろありましたが、無事到着!
思ったより混んでるぞ・・・(^^; すごい人気スポットのようです。

「台湾のカッパドキア」とも言われる野柳地質公園、奇岩だけでなく、漁師町に近いだけあっておいしい海の幸がたくさんありました。

仮に、台北で滞在時間が3日以上あって、野柳に行かないなんて、もしそうなら何ともったいない!

野柳で海の幸を堪能する次回に続きます。

【そのほかの子連れ旅行記】

※世界遺産満載!子連れチェコ・ドイツ旅行記の第1話はこちら

※妊娠中の海外旅行記第1話はこちら

※赤ちゃん連れ海外旅行についてのいろんな話はこちら