返金キターッ!新型コロナでの航空券キャンセル、返金連絡までは10週間でした(Mytrip/Gotogate)

3月19日にキャンセルし、10週間待って、ようやく待ちに待ったメールが来ました!

キャンセル時の説明では「返金までは3週間~5週間」だったけど

私たちは、今年のゴールデンウィーク出発の、家族4人分のスリランカ行きの往復航空券(中国国際航空便)を所持していましたが、新型コロナウイルスの感染拡大のため、3月19日、購入した外国の旅行会社「Mytrip」の東京の電話番号に電話(Gotogateと同じ電話番号)、日本語による国内通話で、無事キャンセルすることができました。

その時の記事はこちら↓

MytripやGotogateで予約した航空券を日本語でキャンセルできました(新型コロナウイルス関連)

私たちの航空券は、手数料無料で全額返金する旨、中国国際航空がHPで発表しており、キャンセル時の電話でも、全額返金(ただし、オプション料金、クレジットカード手数料を除く)になる旨を確認しました。

また、払い戻しまでは3週間~5週間かかるという案内でした(口頭、およびメールでの連絡)。

3月19日、キャンセルした日に受け取ったメール。

また、キャンセルから一週間後、このようなメールをもらいました。

【日本語訳(変な日本語お許しください。ほぼ翻訳サイトのままなので・・・(^^;)】

お客様へ
現在、Covid-19での異常な状況のため、予約がキャンセルされました。
払い戻し申請書はすでに航空会社に送信されており、承認されて航空会社から払い戻されたら、払い戻しを処理します。
   
一部の追加サービス(チェックインサービス、座席サービスなど)は返金されない場合があることに注意してください。
   
また、現在の状況により、払い戻しの処理に通常より時間がかかることをご了承ください。各航空会社も膨大な作業量を抱えているため、払い戻しの正確な時間枠を指定することはできませんが、もちろん、できるだけ早く払い戻しを受けるように最善を尽くします。払い戻しが処理されるとメールが届きます。そのため、電話、メール、またはソーシャルメディアでお問い合わせになる前に、そのメールをお待ちください。通常よりもはるかに長い時間がかかります。
   
宜しくお願いします。
旅行代理店

要は、忙しいから電話とかメールはしてこないでね、と言うことですね。

私は分別のある日本人(日本人の中では最低レベルですが)。

まぁ、私たちの所持しているのは新型コロナの震源地、中国の航空会社の航空券。キャンセル対応で大忙しでしょうし、最長の5週間待つ覚悟でした。

忙しいのわかってるのに、電話なんて、そんな野暮なことしませんよ。5週間はね。

5週間経過するも、全く連絡なし。

その後、待ちに待つこと、3週間、4週間、5週間、6週間・・・。

って、5週間経ってるじゃん!

自動送信のメールすら、全く連絡なし。

ヤバい、電話なりメールなり、何かアクションしないとヤバいかもしれない・・・。

お問い合わせをするべく、Mytripとgotogateのホームページを確認すると、このような表示がありました。

ん? 3週間から5週間だったはずが・・・。内容は「Mytrip」も「Gotogate」も全く一緒です。

「一部航空会社では、6~8週間いただく場合もございます。」

えええ~~~。8週間?? 

現在(この時は4月25日)のキャンセルだと、最悪8週間までかかることもあるみたいですね。

中国国際航空、どう思います?

「最悪の部類」でしょうかね~。それは覚悟しておいたほうが良さそうに思いました。

今のキャンセルは返金まで8週間までかかるのかもしれませんが、私がキャンセルした3月19日の時点では最長5週間という案内でした。消費者としての正しい行動は、「5週間経過したのにどうなんてるんだ」という苦情、というか確認の電話を旅行会社にすることでしょう。

でも、私は気が弱いため、このホームページの表示で納得することにし、ぐっと8週間まで、何もしないで待つことにしました。

中国国際航空のコロナキャンセルにかかる日本語情報が出てこない

私は、これまで5週間経っても返金の連絡がなかったため、gotogate/mytripと言うよりも中国国際航空の対応を不安に思い、他の人の例を検索してみることにしました。

だって、コロナ蔓延初期からキャンセル対応してきた中国の航空会社。

もう返金されている人もいるでしょうし。その時かかった日数など・・・。

インターネットで「コロナ 返金 中国国際航空 遅い」とかで検索しても、返金に実際どのくらいの時間を要したかという話が出てこないのです(2020年5月30日時点では、少し出てくるようです)。

JALとかANAの人の「返金来ました」という記事は出て来ますが・・・。

中国国際航空だって、「返金来ました」という記事がなくたって、「まだ返金が来ない・・・」という記事があっても良さそう。なのに、私がちょっと見た所、そういう記事も出てきません(がんばって探せばあったのかもしれませんが)。

みんなすぐ返金されているから、ネットで盛り上がっていないのかな・・・。

まさかの、中国政府による情報統制?

まさかね・・・。

ゾゾゾ・・・(もしそうならこんな記事を書いている私も危ない)

中国の航空会社には中国政府がバックについているから、JALをいったんつぶした日本政府と違って大丈夫なような気はしますが・・・(根拠はありません。イメージ的な物です。)

6週間経過後に送られてきたメール

キャンセルからちょうど6週間経過後の4月30日夜11時30分頃、Mytripから次のメールが来ました。

待ってたわよ~~~!!! 

「電話とかしないでね」のメールをもらってから、5週間ぶりのメールです。

しかも2通ほぼ同時!

6週間経ちましたし、「返金額のご案内」と、「案内より遅くなったお詫び」の文章ですね間違いなく!

メールの件名は「Important information about your cancelled flight booking」です。

「重要な連絡」ですよ。英語だから、翻訳サイトで訳さないと。

どんな内容かな。わくわく。

Covid-19の現在の状況により、払い戻しリクエストの処理時間が通常よりも長くなっていることをお知らせします。 払い戻しの申請はまだ航空会社から保留されていることに注意してください。

航空会社は膨大な作業負荷の影響を受けているため、支払い日を提供することはできませんが、できるだけ早く払い戻しを受けるように最善を尽くしています。

航空会社の承認があれば、払い戻しが処理されるとメールが届きます。 フライト業界のすべての人にとって現在の回答時間は通常よりも長いため、電話、電子メール、またはソーシャルメディアでお問い合わせになる前に、そのメールをお待ちください。

この困難な時期にご理解とご協力をお願いいたします。

一言で言うと、「航空会社から未だ返金がない」ということですね。

現在、Covid-19での異常な状況のため、予約がキャンセルされました。 払い戻し申込書はすでに航空会社に送信されており、承認されて航空会社から払い戻された場合は、払い戻しを処理します。

一部の追加サービス(チェックインサービス、座席サービスなど)は返金されない場合があることに注意してください。

航空会社は膨大な作業量の影響を受けているため、支払い日を提供することはできませんが、できるだけ早く払い戻しを受けるように最善を尽くしています。

払い戻しの処理が完了するとメールが届きます。そのため、航空業界の皆様など、現在の回答時間として、電話、メール、またはソーシャルメディアでお問い合わせいただく前に、そのメールをお待ちください。 通常よりもはるかに長いです。

一言で言うと、「いつになるかわからないけど、忙しいから電話とかメールとかしてくるな。大人しく待っとけ」ということですね。

大丈夫、耐えてみせます、私は忍耐強い日本人ですから・・・。

そうしてさらに2週間が経過しました。

8週間後に送られてきたメール

5月18日。とうとう今日でちょうど2か月

もう、こうなったら黙ってはいられない。多分、黙っていたら対応してもらえない

旅行会社から購入した航空券でしたので、旅行会社への連絡が原則ですが、中国国際航空に手続きの進捗状況、そもそも「Mytrip」からちゃんとキャンセル連絡が行っているか、直接確認する必要を感じました。

まさか、資金繰りが厳しいから遅いと文句言ってくるまで返金しない・・・なんて世界中で一般的によくある対応(私の認識)じゃないよね!?

ってゆーか、もはや「文句言って来てもコロナが収まって利益が出るようになるまでは返金しないと航空会社(と中国政府)が腹をくくってる」とか・・・(^^;

こちらは待つ身。いたずらに時間がかかればかかるほど、悪い可能性ばかり考えてしまいます。

航空会社への電話を検討していたまさにその時、私の心中を見透かすように、5月18日の午後5時30分、Mytripからメールが届きました。

いい内容だといいのですが・・・。

こ、この文面は・・・(^^;

こ、この文面は・・・。

6週間経過後にもらったメールと全く同一文じゃないですか!

恐らくこれから、2週間経過するごとに同じメールを自動発信してくるのでしょう。

人間が電話してくるならまだしも、こんな100年でも続きそうな自動発信メールには惑わされません。これは、詐欺師が逃げ切るときに取る常套手段です。騙す相手に連絡だけ欠かさず、その間に遠くに逃げてしまうという・・・。

もう8週間以上経過したし、何もしないわけにはいかない。

旅行会社と航空会社に電話する準備をし、電話する順番と内容を固め、まさに翌日にでもまず1回目の電話をしようと思っていたところ、

10週間と1日目の5月28日。午後8時過ぎ。

待ち望んでいた一通のメールが届いたのです!

この記事冒頭で掲載した、Mytripからの返金通知です。

泣き寝入りはしない、戦闘モードに入らなくてはならないと無理矢理スイッチを入れていた所だったので、ほっとしました(^^; 本当に、私の心を見透かされているようなタイミング(^^;

Gotogate/Mytripのキャンセル手数料は30ユーロぽっきり

今回の返金額は、購入金額よりも日本円にして約3,600円引かれた金額でした。どうやらこれは、GotogateやMytripが予約1件当たりのキャンセル手数料として徴収しているようです。

3月19日のキャンセル時に手数料の案内はなかったんですが、Gotogateのホームページ(Mytripのホームページも全く同じ内容)を確認すると、新型コロナによるキャンセル手数料についての記載がありました。

gotogateホームページより(2020年5月30日時点。Mytripのホームページも同じ内容)

Q:航空会社へ払い戻しを請求してもらえますか?

A:コロナウイルスの発生により、航空業界は、多数のフライトのキャンセルと保留中の支払いの払い戻しという異常な状況に直面しています。フライトの予約の変更またはキャンセルをご希望の場合は、航空会社にご連絡します。航空会社の規則は航空会社によって異なり、ご旅行の際にご利用になる航空会社がお客様の要求に応えることは保証できません。この異常な状況でも、私たちはあなたをサポートするために最善を尽くしています。

手動での手数料は、予約ごとに30ユーロに制限されています。

すべての払い戻しまたは変更リクエストは、受け取った順に処理されます。また、現在の状況とボリュームの増加により、予想される処理時間が通常よりも長くなることに注意してください。私たちはできるだけ早くあなたを支援するために最善を尽くしています。

いずれの場合も、航空会社に依頼して支援を求めることができます。航空会社に直接連絡して払い戻しまたはチケットの変更をリクエストし、航空会社がケースを処理する場合、払い戻し額をお客様に転送するための料金は請求されません。弊社がお客様に代わって航空会社との連絡を処理する必要がある場合のみ、料金を請求します。

変更または払い戻しの処理が完了すると、メールが届きます。連絡する前に、メールで詳細情報をお待ちください。

「30ユーロに制限されています」というのが気になる言い方ですが、何となくわかります。

以前、Gotogateで航空券をキャンセルした時、手数料が8,100円×4人で32,400円かかりましたので、その通常キャンセル料金と比較して、1予約あたり30ユーロ(3,600円)というサービス価格で対処してやってるんだ、ということが言いたいのでしょう。

以前、Gotogateで航空券をキャンセルした時の記事はこちら↓

キャンセル不可の航空券を自己都合でキャンセルした時の返金額

私たちはまだラッキーな方だったのかもしれない

返金連絡を待っている間、中国国際航空については実際どのくらいの時間がかかっているかの情報は見つけられませんでしたが、ANAやJALはやはり1か月程度での迅速な対応をしているようで、やっぱり日本の航空会社はいいな~と思っていました。

一方、gotogateのサイトで、新型コロナの航空券払い戻しの件で次のような案内が掲載されている事に気が付きました。

このページからは「6週間~8週間かかる場合があります」という記載は消えました(2020年5月30日)。ただし・・・。
ん? 払い戻しの待ち時間に関して詳しく書かれているぞ・・・。

Q:払い戻しを待っています。待ち時間はどれくらいですか?

A:現状、返金処理に通常より時間がかかりますのでご了承ください。 払い戻しの正確な時間枠を指定することはできません。これは、各航空会社も大きな作業負荷をかけているためですが、できるだけ早く払い戻しを受けるように最善を尽くします。

航空会社からの遅延に応じて、航空会社への申し込みが行われた後、払い戻しプロセスには2週間からほぼ1年かかります。 航空会社から資金を受け取り次第、送金します。 しかし、パンデミックのために私たちが扱っている払い戻しの量が多いため、残念ながら、私たちの側のプロセスも数週間かかることがあります。

払い戻しが処理されると、メールが届きます。 現在の回答時間は航空業界のすべての人にとって通常よりも長いため、電話または電子メールまたはソーシャルメディアでお問い合わせになる前に、そのメールをお待ちください。

払い戻しに、「2週間からほぼ1年」・・・。

少し前は、「航空会社によっては6週間~8週間かかる場合もある」という書き方でしたが・・・。

さらに旅行会社側の手続きにも数週間・・・。

状況はますます厳しくなっているんだなと実感しました。

10週間で無事返金連絡が来た私たちは、それでもラッキーな方だったのかもしれません。

航空券予約から返金までの顛末

私たちの2020年ゴールデンウィーク「子連れスリランカ旅行」の顛末はこちら。

1月16日:日本初の新型コロナ感染者確認(武漢からの帰国者)

1月23日:中国政府が新型コロナ感染拡大で武漢を封鎖

1月26日:スリランカ行き往復航空券購入(Mytrip)

3月11日:WHOの事務局長「新型コロナはパンデミックと言える」発言

3月19日:航空券をキャンセル(Mytrip)

5月28日:返金連絡(Mytrip)

6月上旬:実際の返金(予定)

そしてゴールデンウィークは外出自粛生活(^^; 

散々でしたが、お金が返ってきて本当に良かったです(^^; 

未だ返金待ちの方、不安かと思いますが、10週間待ちはもはや普通です。参考になれば幸いです。

重くなりました。次回、気分を変えて、台湾周遊旅行記に戻ります。

本来、記事はここで終わるはずでした。

不穏な足音(6月4日夕方追記)

しかし、6月4日(木)夜7時の時点でもまだ、大事なものが来ないのです。

そうなんです、5月28日(木)夜に「返金連絡」をいただいてから、未だに、クレジットカードへの返金が確認できないのです。

この記事冒頭のメールの文章をご覧ください。

「3営業日~5営業日以内に、返金があります」と書いてあります。

5月28日(木)から初日不算入で数えて、本日6月4日(木)で5営業日目。

1日遅れて、明日クレジットカードへの返金があるくらいならご愛敬で全然いいのですが・・・。

mytripさん、gotogateさん、最後まで徹底的にじらすタイプなんですね・・・。

やめたほうがいいですよ、お客さんをじらすのは。

進展がありましたら、またこのページに追記します。

まだ確認できず(6月8日(月)夜追記)

現時点でも、クレジットカードへの返金は確認できず。これで7営業日、返金が確認できないことになります。

WEBで確認してるんですが、すぐにはWEBページに反映されていない可能性もあります。

変化がありましたら、またこのページに追記します。

確認できました!(6月9日(火)夕方追記)

6月9日(火)夕方、クレジットカードへの返金を確認しました!

良かったです~~。返金連絡から8営業日目でしたね。

返金待ちに苦しむ方の参考になればうれしいです( ;∀;)

ううう・・・長かったよおおおお・・・・(うれし泣き)。

【その他の子連れ海外旅行記↓】

※世界遺産満載!子連れチェコ・ドイツ旅行記の第1話はこちら

※トラブル連発!子連れインドネシア旅行記の第1話はこちら