世界の車窓から~シチリア島南北縦断鉄道の旅~(パレルモ→アグリジェント)(1歳&5歳:子連れイタリア旅 ♯44)

シチリア島は、景色がきれいなんだよ!

【これまでの旅程】
0日目:金曜日の午後9時30分、東北地方の自宅をマイカーで出発。車中泊。

1日目:成田空港からモスクワ経由でローマ着。深夜12時過ぎにホテルにチェックイン。

2日目:ホテルでほぼ徹夜した後、ローマ観光。テルミニ駅でスリに遭う。

3日目:午前2時45分全員起床。午前中はバチカン観光。午後、特急列車でナポリへ。

4日目:ナポリ観光。夜行フェリーでシチリア島・パレルモへ。

5日目:パレルモ観光。モンレアーレ大聖堂、パラティーナ礼拝堂、カテドラーレの3つの世界遺産を観光。私が足をくじいてしまいました。

6日目(今日):朝5時30分起床。悩んだ挙句、捻挫した足を抱えてアグリジェント行きを決断。路線バスでパレルモ駅までやって来て、切符を買い、列車に乗り込みました。

【8:38】定刻通りに、アグリジェント行き普通列車、出発!

シチリア島の鉄道って出発時刻とかいい加減だって聞いていたけれど、そうでもないみたい・・・。

電車に乗り込むと、子どもたちはすぐに椅子で遊び始めました。

首尾よく買えたチケットを持って。これからアグリジェント行き普通列車に乗り込みます。

【2017.1 子連れイタリア旅行:6日目その2】

ガラガラの普通列車

シチリア島南部のアグリジェントまでは、2時間ちょっとの電車旅です。

朝、私の足の捻挫を押してアグリジェントへ行くかどうか悩みに悩んだせいで次官がなく、ホテルのレストランでビニール袋にパンを詰めて10分で出てきた私たち。

列車の中は、朝ご飯タイムです。

ただ、これってそれなりに賭けの部分があって・・・。

これまで、電車内でご飯を食べたのは、ローマからナポリへ向かう特急列車の車内。

ただ、これは、指定席の特急列車の話。テーブルがあるのも指定席を予約する時にイタリア国鉄のホームページで確認していました。だから、安心して車内でランチすることできました。

一方、今日乗るのは、普通列車。

朝8時38分発・・・。日本の地方都市だったら、まだまだ遅めの通勤客などで混み合う時間です。

列車がそんな状態では、とても朝ご飯なんか食べてはいられません。

大丈夫かな、と思って乗り込んだ列車でしたが・・・。

そんな心配は杞憂に終わりました。

この列車、ガラガラだったんです~~(^^)/ 最初こそ、そこそこ乗客がいましたが、5駅も過ぎればガラガラに。

そして、ローカル路線なのに、車両もとってもきれい。ゆったり作ってあって、椅子とか、日本の普通列車よりも間違いなく快適です。

アグリジェント行き普通列車、乗ってみると、とても空いていました(^^)/

窓がきれい

【8:50】列車が空いてて良かった~~。

この車両にも、私達の他に10人いないくらいです(そして今後さらに減る)。

ゆったりした4人掛けの席には簡易なテーブルもあって、何とも余裕があります。これが普通列車の車両なんですから。イタリア人の皆さんは、きっとコーヒー片手におしゃべりしながら乗車するんでしょうね。

私たちは、周囲に人がいないことをいいことにやりたい放題。

ホテルの朝食会場で盗んできたもらってきたパンやチーズ、ハム、ヨーグルトを出して、のんびり朝ご飯です。

パンに、ハムやチーズを挟んで・・・。

おいし~~っ(^^)/

ちなみに長女は、朝食会場で目ざとく大好きなイチゴを発見、イチゴを6~7個食べて来ていました。

座ってれば景色は流れて行くし・・・。電車の旅、最高(^^)/

それにしてもこの列車・・・、

窓がきれい!

おかげで、外の景色がよく見えます!

ローマからナポリへ向かうときに乗った特急列車の窓がすごく汚くて、ほぼ外の景色は見えないくらいだったので、イタリアの列車はみんなあんなのかと・・・(^^;

イタリアは、パンがおいしい!
長女は(ホテルの朝食会場から持って来た)ヨーグルトを食べています。
はい、長女にもパンあげる~~!
ぱくっ! おいしいね~~(^^)/
この列車、何がすごいって、窓がきれいなのがすごい! これだと景色がよく見えます。

次女の成長

1歳半の次女には、お茶を飲む時、こぼさないように「マグマグ」というストロー付き容器に入れて飲ませていました。

次女:ちゃっちゃ~~!(訳「お茶ちょうだい!」)

いつものようにマグマグを渡すと、手でマグマグを押し返す!!

次女:ん~~っ、ちゃっちゃ~~!(ペットボトルのお茶を指さして)

えっ、これで飲みたいの!? こぼさないかな・・・(^^;。

椅子に座らせ、初めてペットボトルのままお茶を渡します。

初めは私が手を添えて飲ませましたが・・・、次は1人で飲むと・・・。

飲ませてみると、ゆっくりゆっくり、上手に飲めました!

私:次女、すご~~い! ペットボトルで飲めたね!

長女:すごいねぇ~!

次女もみんなにほめられて、大喜び。

次女:へっへ~!

またペットボトルでお茶を飲んでみせてくれました(^^)/

しばらくすると、今度はペットボトルの蓋をくるくる回してキャップも自分でつけたいと。

キャップも、うまく自分でつけられました!

「ちゃっちゃ~!(お茶ちょうだい!)」最初から、ペットボトルを指さしていました。
初めてのペットボトルでのお茶のみ。大丈夫かな・・・。
おっ! うまいうまい!!
上手に飲めたね~~(^^)/
きゃははっ! すごいでしょ~!
上機嫌の次女。今度は、ペットボトルの蓋閉めに挑戦です。
トンネルの中。急に暗くなって「あれっ??」

パパからの真剣な提案

【9:15】外には、きれいな山や、オリーブの木、大きなススキ、サボテンの木などが見えていました。へぇ~っ、シチリア島ってサボテンが生えてるんだね~~。

朝食を食べ終わり、一息ついた所で、パパから、今日の遺跡観光についての提案がありました。

パパ:今日の観光なんだけど、いい捻挫対策があるよ。

私は昨晩激しく左足を捻挫して、実は痛みをこらえて歩くのがやっとの状況ですので・・・。

私:何?

パパ:ママ、ベビーカーに乗って行こう。

私:えっ!? 冗談でしょ? 重いし、(おしりが)入らないわよ!

パパ:入らないかもしれないけれど、入るかもしれない。やってみるんだ。

私:ええっ、ベビーカーなんて絶対無理。車いすならまだしも・・・。動かないって・・・。

パパ:動かないかどうか、試しにやってみよう。それしかないって!

私:ええっ、いやいやいや・・・。

パパ:最初からあきらめるんじゃなくて、一度やってみよう。ママがベビーカーに座って、次女を抱っこしたら、次女も歩かせなくていいし。俺、真剣に言ってるんだよ。

私:わかるけどさぁ・・・。恥ずかしいよ・・・。

ぱぱ:恥ずかしいなんて言ってられないだろう。自分の不注意で捻挫したんだから。明日のチェファルー観光もあるんだから、今日はベビーカーに乗るんだ。やってみて、ダメならあきらめるからさ。

私:え~~~~っっ・・・・。

パパは真剣でした。15分位はこの件で相談していたでしょうか。

結局、いったんはウンと言ったものの、その後私がかたくなに拒否したので、「私がベビーカーに座れるかどうか」という実験はしませんでした(^^;。

ベビーカーに乗れたところで、重さで壊しちゃうでしょうし・・・(^^;

私は車窓から写真を撮っています。
きれいな山がありました!

電車が、もと来た線路を戻る!

ある駅に着き、再び列車が走り始めた時。

あれっ?? 来た方向に戻ってる!?

そうなんです、再び来た方向(パレルモ方面)に向かって走りだしたのです!

私:あれっ、パパ、列車が戻ってる!?

パパ:そうだねぇ。きっと、アグリジェント方向への線路が、こっち側からしか入れないのさ。だからスイッチバックして、折り返し運転みたいになるんだよ。

私:そういう線路もあるんだね~~。

パパ:山を登る線路なんかでそんな所もあるって聞いたことあるけれど、俺も乗るのは初めて。しかもここは平地だしね・・・。ま、イタリアだから(^^;

パパが解説してくれたので、安心しました。

またパレルモに戻るなんてことはないわよね・・・。

5分ほど走り、駅に着きました。

あれっ、この駅・・・!?

私:あれっ、この駅、さっきも止まったよね!!

パパ:えっ・・・、ほんとだ、さっき停まった駅だ!!

私:ってことは、駅1つ戻って来たってこと!?

パパ:そうみたいだ・・・。こんなこともあるんだね・・・。

私たちが列車の挙動をいぶかしがっていると、再び列車は発車。

何と、再び逆方向(つまり、最初来た時と同じ方向)に走り始めたのです!!!

これにはパパもびっくり。わざわざバックして戻ったのは、こっち方向からしか行けない分岐に入るためだと思っていたので・・・。

パパが進行方向を観察します。

パパ:今走っている方向から見て、左が海、右が山。アグリジェントは右の方向。大丈夫、この先に右に曲がる路線が見えるから、今度はそっちの方向に行くんだろう。

私:だったら、最初からその分岐の方に行けば早いのに!

パパ:恐らく、この先の駅が少し大きい駅で、いったんそこに寄りたかったんだろう。そう思うしか・・・。

見ていると、無事、列車は分岐を右の方にそれ、山の方へと向かいました。

列車に乗って、同じ区間を行ったり来たり・・・。

新鮮な体験でした(^^;

あれ・・・、列車が元来た方向に戻って行くぞ・・・。
長女が、指人形で車窓の風景を紹介しています。「(農作業中の人を見つけて)あそこにイタリア人がいますね~。すごいですね~!」
次女は、私の眼鏡で遊び始めました。壊さないでよ~~(^^;
「なかなか、いい景色ですな・・・。」
田舎の無人駅に到着。

列車探検

【10:00】パレルモを出発してからもうすぐ1時間半。

椅子に座って遊んでいるのに飽きてきた子どもたち、列車内を探検したいと言い出しました。

そうね、それもいいかもね~~!

列車の揺れに注意しながら、探検の始まりです!

探検してみると、やっぱりお客さんが少ない(^^; 各車両に5人ずつくらい。おかげで私たちは伸び伸びできますが・・・(^^;

途中、トイレに行ったり、窓が大きくてちょっと変わったシートがある車両があったのでそこで座って景色を見たり、写真を撮ったりしました。

ずっと座ってたから、歩きたくなってきたみたい。
てくてく・・・。上手に歩きます。車内はとてもきれい。
湾曲している面白いシートで。ちょっと、外の景色を見てみようか
高原地帯を走っています。今は1月。山の上には雪が見えます。
いい景色だね~。
「抱っこ、抱っこ!」
何かの農場でしょうか・・・。外国の田舎の風景を見るのも楽しいですね~(^^)/

ひとつ前の駅で降りそうになる

【10:49】定刻通り、アグリジェントに到着!

着いた~と思って外に出ると、駅員さんが何やら話しかけてきました。

ん。何だろう・・・??

駅員さん:ノーアグリジェント! ネクスト!(アグリジェントはココじゃないよ! 次の駅だよ

私たち:えっ! サンキュー!(あぶね~~~っ!)

駅名を確認すると、「アグリジェント・バッサ(Agrigento Bassa)」駅。危ない危ない、定刻通りだったし、アグリジェントと名前がついたから終点のアグリジェントかと思いました(^^;

駅員さんが機転を利かせて話しかけてくれなかったら、ヤバかったです~~(^^;

着いたから、降りよう~!
危ない危ない、ひとつ前の駅で降りる所でした(^^; いったん席に戻って来ました。元気いっぱいの次女は、抱っこ紐から出たくて仕方ありません。
今度こそ、もうすぐ終点:アグリジェントです!
アグリジェント・セントラル駅。ここです!

アグリジェントに到着!

【11:00】午前10時49分着の予定でしたが、10分ほど遅れて、午前11時に終点:アグリジェントに到着!

列車から見えた海がきれい~。

世界遺産の遺跡で有名な街です。

とってもいい天気。絶好の観光日和です。

来て良かった・・・。今朝、私と次女はパレルモに残るつもりになっていました。あの時長女が駄々をこねなければ、私はここまで来ていませんでした・・・。

長女、駄々をこねてくれてありがとう!!

私の足の具合はというと、小康状態! 

昨日の痛みから言えば、歩き方に慣れてきたのもあり、ゆっくり歩く分には多少痛いくらいで、問題なさそう。

これなら、私がベビーカーに乗る実験をしなくても大丈夫かも!

まずはもうすぐお昼なので、アグリジェントの街を見て歩き、お昼ご飯を狙います。

パパと長女はごきげん。

だって、ローカル列車に乗って、シチリア島の南までやって来たんですから!

そして、神様がくれた、この天気!

アグリジェントの駅から出ると、パパと長女は地面に寝っ転がって写真を撮りだしました。

捻挫で諦めないで、ここまで来て本当に良かった! 私もテンションが上がります(^^)/

ホームがワイルドな、アグリジェント中央駅です。
着いたぞ~~!
改札を出ると、いかにも田舎の列車っという古い車両が。鉄道大好きなパパは、テンション上がっています。
アグリジェントにやって来たぞ~~! 同じような写真、結構いろんな所で撮っています。

シチリア島の名産と言えば・・・、○○○です!

〇〇〇のジェラートに大感激の次回に続きます。

ご訪問ありがとうございました! もしよろしければ、ポチっと応援クリックしていただけると嬉しいです(^^)/↓

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村

私のブログを応援してくださる方、お手数ですがこちらもポチっとお願いいたします(^^)/↓


家族・子連れ旅行ランキング

※冬の南欧へ!子連れイタリア・シチリア島旅行記を第1話から読む方はこちら(全て無料)

【その他の子連れ海外旅行記など↓】

【台湾】子連れ旅行に超オススメの太鼓ミュージアム

【ドイツ】ベルリンでマジ泣いた話

【0歳児】赤ちゃん連れ海外旅行、いい所もあります