ローマ:ジェラートのおつりをごまかす女の子の店員(1歳&5歳:子連れイタリア旅 ♯20)

ジェラートを買う時は、おつりのごまかしに注意してね! スモールサイズでこの大きさ!

【これまでの旅程】
0日目:金曜日の午後9時30分、東北地方の自宅をマイカーで出発。車中泊。

1日目:成田空港からモスクワ経由でローマ着。深夜12時過ぎにホテルにチェックイン。

2日目:ローマ観光。ホテルでほぼ徹夜した後、バールで朝ごはん。サンタ・マリア・マッジョーレ教会、コロッセオ、パラディーノの丘、フォロ・ロマーノ、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂などを観光。ホテルへの帰路、テルミニ駅でスリに遭い、夕飯は食べずに就寝。

3日目(今日):午前2時45分には全員起床。6時40分ホテル出発、テルミニ駅のカフェでバニーニ(サンドイッチ)を食べ、バスでバチカン市国へ。サン・ピエトロ大聖堂を見学しました。

【10:30】大聖堂を出て来ました。

大聖堂の中には、高さ120メートルの高さに上れるクーポラ(有料)や、隣には有名なバチカン美術館もありますが、私たちはどちらもパス。

今度、大きくなった子どもたちとの再訪の時のためにとっておきます(^^)/

これから、ここを起点に、ローマの街を歩きます。

ベビーカーを預けた所にトイレがありますので、まずはそこで長女のおむつを交換しないと・・・。

【2017.1 子連れイタリア旅行:3日目その3】

まずはトイレでおむつ交換

大聖堂正面入口を出て左手の方に、クロークルームとトイレがありますので、そこに向かいます。長女のおむつ交換もですが、預けたベビーカーも取りに行かないと。

朝から大聖堂で遊んでいたせいか、子どもたちはお疲れモード。長女はベビーカーに、次女は私の抱っこ紐に入ります。出口に向かって歩いているうち、次女はおねんねしました。

大聖堂、さようならです。
トイレで私と長女を待っています。奥に見えるのが、ベビーカーを預けた所。
出口に向かって歩きます。
大聖堂、すっごく良かったです(^^)/

日本へはがきを出す

サンピエトロ広場には、ポストカードを買ってそのまま出せる所(出張郵便局?)があります。ガイドブックで見て、私もやろうと思っていました。

出張郵便局の車は、あれだな・・・。入ってみます。

長女はベビーカーに座っていたいというので、パパと外で待っていてもらいます。寒いのに・・・。

何とかカタコト英語でやりとりして、ポストカード3枚に簡単なメッセージを書いて、日本に送りました!

自宅と、海外旅行好きの友達2人に。1週間後に私たちが帰国するより早く、日本に着いていました(^^)/

1通あたりいくらだったかは忘れてしまいましたが・・・、確か2ユーロくらいだたような・・・。高くなかったのは覚えています。

出張郵便局の車に入ります。
内部にはポストカードが売っていて、すぐ国際郵便で出せます。確か1通あたり2ユーロくらいだったような・・・(記憶あやふや)。
出口は反対側です。「ハガキ出してきたよ~~!」
おみやげに、ポストカードをもう3枚買ってきました。
長女は靴を脱いで足をブラブラさせていましたので、履かせます。

コンチリアツィオーネ通り

【11:00】サン・ピエトロ大聖堂を背に、真っすぐのびる大通り「 コンチリアツィオーネ通り 」を進みます。ここを700m進むと、サン・タン・ジェロ城があります。

今日は月曜日。サン・タン・ジェロ城はお休みのようですので、その前にかかる美しい橋「 サン・タン・ジェロ橋 」が次の目的地。目指すスペイン広場はそのまた1.2km先。その前に、ジェラート休憩をすることにします。

せっかくのアイスだというのに、長女もベビーカーで寝てしまいました(^^;

ま、しょうがない、大人2人でアイスだ!

特にお店は調べておらず・・・。通り沿いの、賑わっていたお店に入りました。

目抜き通りが伸びています。真ん中は歩行者専用。
この辺も人気の撮影スポットです。
ジェラート休憩にしよう!

ジェラート屋さんへ

【11:20】お店に入ると、おいしそうなジェラートがズラリ! 日本だと、ミルクとか抹茶とかフルーツとかですが、日本で見ないようなジェラートもあるようです。

様子を見ていると、1ついくら(どのフレーバーでも値段共通)で先にお会計をして、そのあとガラスケースの前で好きなジェラートを頼むシステムのようです。

パパが先にお会計。

私が頼んだのは「ヨーグルト&ピスタチオ」。

パパは「ヘーゼルナッツ&よくわからなかった物(アー、何とか)」

どちらも「スモールサイズ」で。

パパが頼んだ「ヘーゼルナッツ」、香り豊かでものすごくおいしかったです! ピスタチオもすごくおいしい。ナッツ系のジェラート、お勧めです(^^)/

いっぱいあるなぁ~! わくわく。
どれにしようかな・・・。よくわからないフレーバーもあります。
イタリア人の男性店員は声が大きくて、ラーメン屋さんみたいなノリです。「ピスタ~チオ一丁~~!」
おいしそうだぞ~~(^^)/
昨日に続き、1日1個、今日のジェラートはヨーグルト&ピスタチオです(^^)/
おいし~~っ。(寒いけど。今日の最高気温7度。今は陽が出てるから何とか。)

おつりごまかしの手口

実はこのジェラート屋さんで、おつりをごまかれそうになりました。パパの目が光り、私たちはごまさかれずに済みましたが・・・。同様の手口を日本人相手に繰り出していると思いますので、ここに手口を紹介します。

まず、ターゲットは、英語が話せなそうな人だと思われます。

対応したのは、20代前半くらいの若い女の子の店員。

私達のお会計はジェラート2つで7ユーロでした。

20ユーロ札を出したパパに向かって・・・。

若い女性店員:もう2ユーロありませんか?

パパ:(もう2ユーロ? コインが不足してるのかな・・・)(2ユーロコインを追加で出す)

この時点で、パパの支払は22ユーロ、代金7ユーロなので、おつりは15ユーロになります。

若い女性店員:ありがとうございます~。(レシートも出さずに10ユーロ札を出して、プイッと奥に行こうとした)

パパ:(この野郎、つり銭ごまかしをやる気だな!)もう5ユーロですよ。

若い女性店員:(振り返って)あ! すみません、間違いです。(そう言って手に持っていた5ユーロ札を出した)

パパ:(「あ! すみません」じゃねーよ。日本人だと思って、見え透いた手を使いやがって・・・)

これ、バリバリの日本人観光客なら、引っかかる人も結構いると思います。

値段を確認しないでジェラートを注文した場合、「はい」とおつりを渡されたら、(あれ、ジェラートって結構高いナと思いながらも)外国だからそんなもんかなと、そのままスルーして受け取ってしまいそうですよね。

また、できない英語でやりとりする中で、簡単な計算がわからなくなり、あれ・・・? と思えずにスルーしてしまう場合もあると思います(あるんですこれ! 私は特に!)。

彼女の手口の場合、この2つのどちらかにはまってしまうと、みごとにおつりをごまかされてしまいます。

バレても、たかが5ユーロ、英語話せない日本人相手なら「あ! すみません」で済みますし。リスクもほぼないです。

1日5人騙せれば25ユーロ(3,000円)。ちょっとした小遣い稼ぎになりますね~。

必ず値段を確認してから注文する。

おつりは焦らずゆっくりその場で確認。

観光地ではよく聞く話で、油断してるとやられます。皆さんもご注意を。

俺からおつりをごまかそうとするとは、いい度胸してるじゃねーかねーちゃん! 日本の皆さん、こちらのお店で、ドキドキワクワク「おつりごまかし体験」いかがですか? ジェラートもおいしいし、一石二鳥ですよ~(^^)/

今度はバスの券売機にやられる次回に続きます。

これは防ぎようがないよ・・・(トホホ)。

ご訪問ありがとうございました! もしよろしければ、ポチっと応援クリックしていただけると嬉しいです(^^)/↓

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

私のブログを応援してくださる方、お手数ですがこちらもポチっとお願いいたします(^^)/↓


家族・子連れ旅行ランキング

※冬の南欧へ!子連れイタリア・シチリア島旅行記を第1話から読む方はこちら(全て無料)

【その他の子連れ海外旅行記など↓】

【フィンランド】スウェーデンからフィンランドに向かう船が1時間早く着いて大慌て

【ミャンマー】夜行バスで9時間、早朝、なぜかバスが停車して・・・。

【創作】小学校2年生になった長女が創った神様「まもりがみ」30種