パレルモ:イタリアの都市計画が生んだ絶景と、絶品!レモンのジェラート(1歳&5歳:子連れイタリア旅 ♯54)

プレトーリア広場で、裸体の彫刻に囲まれて(^^;

【これまでの旅程】
0日目:金曜日の午後9時30分、東北地方の自宅をマイカーで出発。車中泊。

1日目:成田空港からモスクワ経由でローマ着。深夜12時過ぎにホテルにチェックイン。

2日目:ホテルでほぼ徹夜した後、ローマ観光。テルミニ駅でスリに遭う。

3日目:午前2時45分全員起床。午前中はバチカン観光。午後、特急列車でナポリへ。

4日目:ナポリ観光。夜行フェリーでシチリア島・パレルモへ。

5日目:パレルモ観光。モンレアーレ大聖堂、パラティーナ礼拝堂、カテドラーレの3つの世界遺産を観光。夜、私が足をくじいてしまいました。

6日目:アグリジェント観光。街と神殿の谷。夜、パレルモのスーパーでおみやげ購入。

7日目(今日):朝5時起床。8時半ホテル出発。マッシモ劇場で英語ガイドツアーに参加しました。

【10:35】外に出てきました。

マッシモ劇場の正面の石段は、映画「ゴッドファーザ Part3」で、主人公が銃撃を受けた場所。

写真映えする階段でした(^^)/。

さて、次に向かうのは、パレルモの有名観光地、プレトーリア広場など。

その後、パレルモ駅から列車に乗って1時間ほどのチェファルーの街に、日帰りトリップをする予定です。

パレルモ駅まではここから1.5km。そのちょうど中間あたりに、プレトーリア広場があります。

予定では、ここからパスに乗ってパレルモ駅へ直行し、11時27分パレルモ発の列車に乗るはずでしたが、もう一度プレトーリア広場を見てみたくって・・・。

一昨日の夜も訪れたんですが、私は足を捻挫したばかりで、見学らしい見学はできなかったんですよね(^^;。列車は1時間おきくらいにあるみたいだし・・・。

【2017.1 子連れイタリア旅行:7日目その3】

真っすぐ過ぎる道路

【10:40】マッシモ劇場から、真っすぐな「マクエダ通り」を、広場に向かって歩きます。

ってゆーか、真っすぐ過ぎないこれ!!!

どこまでも遮るもののない、どこまでも続いて見える、直線の小路。

地平線も見えそう(^^;

小路の両側には、決して新しくはない建物群。これは、おそらく中世から続く、イタリアの都市計画の賜物なんでしょう。

ナポリにも、ナポリの街を真っ二つに分ける小路「スカッパ・ナポリ」がありますもんね!

それにしても、すごい風景。

絶景だ・・・。

街を歩いていて「絶景だ」と思ったのは、私は世界中で唯一ここだけです。

ご覧のとおりの「絶景」です! 通りはどこまでも真っすぐ続き、先が見えません。
キホン歩行者天国ですが、たまに横から車が入って来ます。
次女も自分で歩きます!
ベンチもたくさんあります。

初めてのチップ

通りを歩いて行くと、何やら優雅な音が・・・。

男性が、ハープを演奏しているのです!

これって、立ち止まるとチップをあげなくてはいけないやつだ!

・・・私たちは、思いっきり立ち止まり、演奏を堪能。

お兄さん、ちゃんとそれらしい恰好をして、街の景観づくりに貢献しています!

そして、初めて聞く、ハープの音色!!

すごく落ち着く、環境音楽みたいな音でした。

5分ほど聞き入って、私たちも時間がないのでそろそろ行かないと。

パパ:長女、このお金(2ユーロコイン)を、お兄さんの前に置いてある箱に入れておいで。

長女:え~~っ、やだ~~(^^;

パパ:えっ、できるでしょ!?

長女:じゃ、パパも一緒に来て!

パパ:しょうがないなぁ・・・。

かくして、パパと長女でお兄さんにチップをあげたのでした。

これが、長女の「初めてのおつかい」ならぬ、「初めてのチップ」。ま、1人では行けませんでしたが(^^;

お兄さん、にこっと笑ってくれました(^^)/

パパの付き添いで、「初めてのチップ」
チップ成功~!

絶品! レモンのジェラート

【11:00】マッシモ劇場から歩き始めてまだ100mほど。

ハープ奏者の次は、これに足止めされました。

それは・・・。

ジェラート屋さんです!

昨日、アグリジェントで遅ればせながらイタリア初ジェラートを食べた長女。

今は午前11時。マッシモ劇場で見学がんばったし、お昼まではもう少しあるし、おやつに今日もジェラートいきますか!

パパが「長女、ジェラート食べる?」と聞くと、目を輝かせてウンウンうなづく長女。何せ長女は私の後継者「アイス星人2号」ですから(^^;

お店の名前は「Don Gelato & Coffee」。

街の小さいジェラート屋さんという感じ。

長女はここでも「レモンのジェラート」を選択! よっぽどおいしかったんだね、昨日のレモンのジェラートが(^^)/

ジェラートは2ユーロ! コーンの上にたっぷり乗せてくれました!

長女:もんげ~おいしいずら~~!(妖怪ウォッチの真似)

パパはイタリア人の真似をして、エスプレッソを注文(1ユーロ)。

紙のカップで提供されましたが、カップが超小さい(^^;

私は朝ご飯を張り切って食べたせいでお腹いっぱい。何も注文しませんでした。

それにしてもレモンのジェラートがおいしい。

レモンの味が効いてるんですが、いやな感じは全くなくて、すっきりさわやか! 甘くないんです。大人向けのジェラート。

イタリア人のおじさんとかがジェラートを食べるの、わかります(^^)/

長女が食べ終わる頃、パパもたまらずレモンのジェラートを買ってきました。

パパは、コーヒーをトッピング。どうも、トッピング1種類まではサービスのようです。

台湾に行ったとき、街歩きの途中に飲むフレッシュジュースがものすごくおいしかったですが、イタリアでは街歩き+ジェラートですね!

いろいろある中で、長女は一見地味な「レモンのジェラート」をセレクト!
はいっ! このお兄さんが気さくですごくいい感じでした(イタリア語で何か言っていましたが全くわからず)! カラフルなチョコチップをトッピングしてもらいました。
エスプレッソのカップ、超小さい!
レモンのジェラート、おいしい!
何でこんなにおいしいのかな、レモンのジェラート・・・。酸味があって、さわやか! レモンの味が効いてて、大人向けのジェラートです(でも長女はお気に入り)!
パパがジェラートをもう1口もらおうとしますが・・・、長女は渡しません!
普段はアイスを食べないパパも、たまらず自分のレモンのジェラ―トを注文! この大きさでトッピングもついて2ユーロです。
安くておいしくて、イタリアのジェラート最高!

このブログのプロフィール写真の所

【11:25】ジェラート屋さんを出て、マクエダ通りを真っすぐ歩いていきます。

この、直線道路で地平線まで見えそうな景色・・・。

この時に撮った写真が、今から3年前、私がこのブログを立ち上げた時にプロフィール記事で使った4枚の写真のうちの1枚です。

プロフィールページと言えば、おそらくこのブログに少しでも興味を持った人が必ず見る場所。

もちろんこのブログでも、累計No.1の閲覧数になっています。

1枚目は、ミャンマーのザガインヒル。

2枚目に選んだのが、この時のパレルモの街の写真なんです!

ちなみに3枚目はフィンランド:トゥルクの公園、4枚目は、インドのタージマハールでした。

そのくらい、パレルモは、私の経験の中で素晴らしい景色だったのです。

どこまでも一直線の道を進みます。
かわいらしいピザの看板で(^^)/
このあたりが、プロフ写真の場面ですね。
マクエダ通りは歩行者天国。大勢の人で賑わっていました。
途中から、次女はパパの肩車です。

昼間のクアットロ・カンティ

【11:35】芸術的な交差点、クアットロ・カンティに到着。

ここまで来ればパレルモ駅まであと900m、プレトーリア広場はすぐそこです。

一昨日の夜、私が捻挫したばかりの足を引きずって来た所ですね。

交差点の4角の建物にはみな、彫刻と噴水があります。
やっぱり素敵ですね~(^^)/
次女はパパの肩車から、私の抱っこへ。
長女はまだ、コーンの端を食べずに持っています。

昼間のプレトーリア広場

【11:45】プレトーリア広場に移動しました。

一昨日は、私は足が痛くてずっと階段に座っていただけだったんですよね・・・。今日はまだ痛いながらも歩けるので、裸体の彫刻で囲まれた噴水を堪能します!

また、夜に来た時はフェンスが閉まっていて、噴水を囲むフェンスの中に入れなかったんですが、フェンスの扉が開いていました。

昼間はフェンスの中に入れるんですね!

夜もライトアップが素敵でしたが、やはり昼間は周囲の建物の色もよくわかり、夜とは全く違う雰囲気です。

来て良かった~(^^)/

長女は、いろんな裸の彫刻に大興奮。

5歳:あっ! 見て見て、あの女の人、おしっこ出そうなのかな!?

5歳:あっ! 男の人にチ〇チ〇ついてる!!!

5歳:あっ! パパ、こっち来てみて! おしりたくさん見える~~!

若者ならではの視点で、芸術鑑賞を楽しんでいました(^^)/

右の建物が、一昨日パパが内部を見学したプレトリア宮、奥がサンテ・カタリーナ教会。歴史的建築物で囲まれています。
階段がある、立体的な噴水です。
どこを撮っても絵になりますね(^^)/
次女を噴水の淵に立たせて。
男性の彫刻には立派なものがついています。子どもは大盛り上がり。「あっ、ち〇ち〇ついてる~!」
長女「ねえねえ、あの女の人、おしっこ出そうなのかな?」
ちょっと不自然なポーズですよね・・・(^^;
一眼レフとコンパクトデジカメの二刀流で撮影しています。
サンテ・カタリーナ教会をバックに。

馬車の勧誘

【12:00】歴史的建築物で囲まれているプレトーリア広場。

その裏には、さらに、マルトラーナ教会、サン・カタルド教会の2つの有名な教会がありますので、行ってみます。

この辺、ほんの100m四方に、教会が10個以上あるんですよね・・・。

それぞれ宗派とかあるのかしら(^^;。

教会ばかりそんなにたくさん。誰がお金を出してるんだろう・・・。

中でもこの2つの教会はガイドブックで特に紹介されています。

教会前のベッリーニ広場を歩いていると、若い男性が英語で話しかけてきました。手にはラミネートしたパンフレットを持っています。

男性:馬車乗りませんか? 1時間で40ユーロだよ!

私:時間がないので・・・。

男性:40ユーロで、パレルモの見どころを回るよ。お得だよ~!(手に持ったパンフレットの写真を見せながら)

私:いや、大丈夫です・・・。

男性:30ユーロでどう?? 大サービス!!

今、通りに立派な馬車が2台待機しています。お客さんいないのかな・・・。

私:いや、時間がないので・・・。

男性は残念そうに去っていきました。

30ユーロだと、日本円にして3,600円くらい。ヨーロッパで1時間の観光馬車としてはお得な金額と言えるでしょう。

魅力的な話でしたが、何しろこれから列車に乗ってチェファルーに行くわけですから・・・。

教会はお昼休み

【12:00】マルトラーナ教会、サン・カタルド教会(2つの教会は一体的な造りになっています)に行ってみると、今はお昼休憩のようで、入れませんでした。12時ですもんね・・・。

サッと見学してパレルモ駅へ向かおうと思ったんですが、失敗。

今日はこれからチェファルーへ行く予定ですので、この教会の見学はできなそうです。

マルトラーナ教会、今の時間は入れませんでした。
パパが広場から望遠で撮影。
マルトラーナ教会の前からサンテ・カタリーナ教会を写した写真。とにかく教会がたくさんあります。
とりあえず広場に下ります。

予定変更!

教会に入れなくて、階段を下りて、教会前のベッリーニ広場へ。

さ、900m歩いてパレルモ駅へ行きましょうか、という所で、パパから提案がありました。

パパ:さっきの観光馬車、乗ってみない? 30ユーロなら妥当な金額だしさ・・。イタリアで馬車に乗るなんて、いい思い出になるかもよ!

私:そうだけど・・・、1時間馬車に乗るとなると、さすがにチェファルーはあきらめなくちゃだよ?

パパ:今12時でしょ。これからチェファルーに向かっても、多分着くのは2時頃。それからお昼を食べて、3時。午後5時10分発の列車でチェファルーから帰る予定だから、今から行っても観光時間はわずか2時間しかないんだ。

私:そうか・・・。私はどっちでもいいよ。明日は朝早いし、今日はこのままパレルモで過ごす?

パパ:よし、決まり!

何しろ明日のホテル出発予定時刻は朝の3時45分。帰国のため、朝イチの飛行機でローマに向かうため、この出発時刻は絶対です。

なので、今日は早めにホテルに戻って休む必要があるのです。

ってことで、ここで予定変更!

チェファルー行きをあきらめ、観光馬車と教会見学に切り替えます

チェファルーを出るのを午後5時10分発の列車より遅らせれば、十分に行ってくることはできたように思いますが、この調子で行くとどんどん時間が遅れてしまいそうで。帰国前日でしたので、無理したくないという思いが働いたんですよね・・・。

さっきの男性がまだ勧誘していますので、こちらから話しかけます。

パパ:1時間、30ユーロ、OK?

男性:OK! どうぞどうぞ!

パパ:私たちはベビーカーがありますが、馬車に乗れますか?

男性:大丈夫です!

男性は満面の笑みで私たちを通りに停めてある馬車に案内します。

次回、バトル勃発です。

ご訪問ありがとうございました! もしよろしければ、ポチっと応援クリックしていただけると嬉しいです(^^)/↓

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

私のブログを応援してくださる方、お手数ですがこちらもポチっとお願いいたします(^^)/↓


家族・子連れ旅行ランキング

※冬の南欧へ!子連れイタリア・シチリア島旅行記を第1話から読む方はこちら(全て無料)

【その他の子連れ海外旅行記など↓】

【チェコ】超~~狭い階段

【インドネシア】タクシーで命の危機

【子育て】3歳の時に、自転車の前に買うといいもの