夜のクアットロ・カンティとプレトーリア広場(1歳&5歳:子連れイタリア旅 ♯41)

プレトーリア広場のライトアップも素敵です(足をくじいている私はようやく立っているだけ)

【これまでの旅程】
0日目:金曜日の午後9時30分、東北地方の自宅をマイカーで出発。車中泊。

1日目:成田空港からモスクワ経由でローマ着。深夜12時過ぎにホテルにチェックイン。

2日目:ホテルでほぼ徹夜した後、ローマ観光。テルミニ駅でスリに遭う。

3日目:午前2時45分全員起床。午前中はバチカン観光。午後、特急列車でナポリへ。

4日目:ナポリ観光。夜行フェリーでシチリア島・パレルモへ。

5日目(今日):午前3時起床。朝から子どもたちが騒いで寝られません。船は定刻通り午前6時30分にパレルモ港に到着しましたが、豪雨で下船できず、しばし立ち往生。雨具を装備して豪雨を徒歩で強行突破、ホテルにチェックインしました。

午前9時に老舗カフェ「スピンナート」で朝食とジェラートを食べ、路線バスで世界遺産:モンレアーレ大聖堂へ。素晴らしいモザイク画を見学し、再びバスでパレルモの街に戻り、愉快なレストランで食事。午後、世界遺産:パラティーナ礼拝堂を見学しました。

夕方、世界遺産:カテドラーレへ。出発時、私が足をくじいて動けなくなってしまいました。

【18:00】鐘も鳴りやんだし、次の目的地、プレトーリア広場へ向かいます。

プレトーリア広場まではここから600m。徒歩で向かいます。

やや距離があるので、長女はベビーカーに、次女は抱っこ紐の中に入れました。

さて、出発! と思って歩き出した矢先・・・。

足をくじいてしまいました。

パパは最初、「足をひねったんだろう」くらいに思ったみたいですが、全く動けない私を見て、すぐに深刻な事態だと認識してくれました。

5分経過して、さっきまでの激痛は和らいできましたが、まだジンジン痛い。とても左足を地面につけそうにありません。

とにかく、まずはここから2㎞の位置にあるホテルに帰らなくてはなりません。

そして、今日はもう無理としても、イタリア旅行はあと丸2日間。日本への帰国まではあと4日あります。

明日はアグリジェント(シチリア島南部。パレルモから列車で片道2時間)で遺跡観光の予定。

明後日はチェファルー(シチリア島中央部。パレルモから列車で1時間)で街散歩の予定です。

明日以降、また歩けるようになるか。これでイタリア旅行はもう強制終了なのか。

そんなことより、空港まで無事行けるのか。子ども2人とスーツケース2つ+αの大荷物で、私が歩けない状態で、空港内での移動はパパ1人で大丈夫なのか。

帰りの飛行機は乗り換え2回です。ローマでの飛行機乗り換え、モスクワでの飛行機乗り換えは・・・。来た時のモスクワ空港では、気温マイナス28度、タラップは階段のみでした。

日本に、無事戻れるのか・・・。

いろんなことが、一瞬で頭をよぎりました。

【2017.1 子連れイタリア旅行:5日目その9】

イタリアのおばさん

私たちの旅行って、どうしていつもこうなるの・・・。

今回は、私がやらかしてしまうなんて・・・。

気温5度の中、座って足の痛みに耐えていると、イタリア人のおばさんがニコニコしながら近づいてきました。

おばさん:〇×△△〇〇 〇×△△〇〇 ~~!(心眼で訳:おや、かわいいね~~!)

足が痛くて、とても笑顔を返す余裕はありませんでした。

パパが笑顔でフォロー。

さっきカテドラーレの鐘の音で大泣きした次女は、泣き疲れて抱っこ紐の中で寝てしまいました。

イタリアの皆さんはとにかく陽気です。
ママ、大丈夫・・・?

再出発・・・できるか

【18:15】15分経過。

痛みも初めにくらべれば随分マシになってきました。

ひょっとして、立てるかも・・・。

パパに掴まりながらくじいた左足を地面につけてみます。

イタタタタ・・・。

痛くて動かないけれど、左足は下につくだけなら、なんとかゆっくり歩けそう・・・。

3歩、5歩、10歩・・・。

いける。

ゆっくりなら、動けそう。

パパ:大丈夫、痛くない?

私:痛いけれど・・・、ゆっくりなら動けそう。

パパ:次女、俺が抱っこしようか?

私:いや・・・、抱っこ紐の中でぐっすり寝てるし、いい。転ばないで行けると思う。

パパ:この辺にはタクシーもいない(全く車も通っていない)し、休みながらゆっくり進もう。プレトーリア広場まで行けば、近くにホテルの方向へ向かうバス停があるから。

痛い左足を引きずりながら、ゆっくり、ゆっくり歩きます。

もし、もう一度同じ所をひねってしまったら、今度こそ立ち上がれなくなるでしょう。

足をひねらないように・・。慎重に・・。

ここで無理をして歩いてしまって、明日に向けて、回復していけるか。

それとも、この歩行がダメ押しとなり、明日以降全く動けなくなるのか。

どちらの可能性もある中で、賭けでした。

くれぐれも無理をしない、転ばないように・・・。

ゆっくり、ゆっくり、足を引きずりながら半歩ずつ進んでいます。
ゆっくり、ゆっくり。今度つまずいたらもうおしまいだ・・・。

ヴィットリオ・エマヌエーレ通りを歩く

【18:25】ゆっくり歩くこと10分。途中にある、カール5世の銅像に到着。

小休憩。

ふぅー。300mくらい歩いたかしら。力の入るのは右足だけですが、どうにかなるもんだな・・・。

再びゆっくりと歩き始めます。

途中、お店のディスプレイなどを眺めながら、何とか、有名な交差点「クアットロ・カンティ」にたどり着きました。

カール5世の銅像に到着! 行程の半分まで来ました。
すごいなぁ・・・。ライトアップがきれいです。
寒い中、長女が元気なのが幸いです。
ヴィットリオ・エマヌエーレ通り。目指す プレトーリア広場はこの先にあります。
途中にあったおみやげ屋さんのショーウィンドウ。変わったものがたくさんあります。
これは何だろう・・・。シチリア島の神様かな・・。インパクトあります。
こんなのも。長女5歳「何と言っても、頭に足があるのが不思議だ・・・。(録音ママ)」
興味深いものがたくさんあったんですが、この時は心に余裕がなくて、お店の中には入りませんでした(^^;

クアットロ・カンティ

【18:35】 「クアットロ・カンティ」 に来ました。目指す「プレトーリア広場」はすぐそこに見える位置です。

この交差点、四つの角がそれぞれナナメになっていて4つの噴水が据えられている、美しい場所。噴水の後ろには、多くの彫刻を携えた歴史ある建物が控え、素晴らしい風景になっています。

夜はこの交差点もやわらかくライトアップされ、素敵・・・。

「噴水」とは言いますが、派手に水が吹き上げるようなものでなく、チョロチョロと水の流れる音がするというレベルでした。

景観は二重丸です!

着きました~~! クアットロ・カンティ! 素敵な交差点です。
角の4つの建物には、どれも彫刻がたくさんあしらわれています。
こちらにも・・・。
何とか着きました~~!
フラッシュを使用。昼間の写真みたいになってしまいました。
長女「パパ、何であそこにハテナが描いてあるの~?」
パパ「どれどれ・・・。ん、これはパパにもわからないや・・・」
細いですがにぎやかな「マクエダ通り」。歩行者天国みたいです。

プレトーリア広場

【18:40】 クアットロ・カンティのほど近く。プレトーリア広場に到着。

私、がんばった・・・。

カテドラーレから600m歩いた・・・。

ゆっくり歩行にも慣れてきましたが、やっぱり足が痛い。これ以上歩いてはさらに悪化させそうだし、この辺でやめておいた方がどう考えても無難です。

記念撮影だけした後は、ベンチに座ってプレトーリアの噴水を眺めながら休憩します。

それにしてもすごい彫刻です。裸の彫刻多数。

数といい、美しさといい。思っていたよりすごかったです。

パパと長女は噴水のすぐ近くまで行って、彫刻を見学してきました。また、夜も遅いですがせっかく来たので、パパが1人で隣の教会もサッと見て行くことに。

素敵な噴水広場です!
次女は寝ているので、まずはパパと長女で。
ビデオカメラのバッテリーを交換するパパ。
これは、ライオンの像かな?
プレトーリアの噴水全容。一つの大きな芸術作品です。
プレトーリア広場からクアットロ・カンティ方向を望む。
パパが気合いを入れて一眼レフで長女を記念撮影。よく撮れていますね。
タテでも・・・。
今度は女子2人で。
こちらはプレトーリア噴水の一番高い所にある彫刻。柵の外から望遠で撮影。

教会だと思ってパパが入った所は・・・

帰国後にわかったことでしたが、パパが1人で入ったのは教会ではなく「プレトーリア宮(市役所の庁舎の一部)」でした。

日本の市役所とは違った全然感じで、内部には彫刻が飾られていて、美術館みたいだったそうです(入ってもいい場所。見学無料)。

私と長女はここで休憩してるから、パパ、教会見て来て~。
パパが教会と思って入った建物は、市役所の庁舎の一部でした。見学無料で、彫刻の展示がたくさんあります。
あれ・・・? 教会にしてはドライな建物だナ・・・違和感を感じるパパ(だって教会じゃないもん)。
上を見上げてみます。何らかの行政庁のような・・・。それにしては彫刻の展示多数。
階段の壁も、何だか中世のお城みたいになっています。
長女「パパ、お帰り~~! 教会どうだった?」
長女「ママ~っ! パパが戻ってきたよ!」

101番の路線バスでホテルへ

【19:00】外は寒いし、私の足の具合も確認しなくてはならないし、早々にホテルを目指します。

私達の泊っているホテルは「ローマ通り」沿いにあります。そして、ホテルの目の前はバス停。

ローマ通りは一方通行なんですが、方向的に、ホテルに帰るには都合のいい方向。

つまり、ここからローマ通りに出て、たくさん走っているメインの101番のバスを捕まえれば、ホテルの目の前に着くという寸法です。

ゆっくり歩いて5分。ローマ通りに出ると、すぐにバス停を発見。101番と書いてあります。これに間違いありません。

そして、待つこと5分。パレルモ駅の方向から、101番のバスが首尾よく来着。バス停の名前はわかりませんが、ホテルの目の前なので、そこで降りれば大丈夫。

朝食を食べにカフェに行く時にローマ通りを歩いてもいますので、「もうすぐホテルだ」ということもわかります(バスを降りる前にちゃんとボタンを押すことも大丈夫)。「香港」と書いた派手な看板があったから、間違えようもない・・・。

【19:15】かくして、101番の路線バスに揺られること5分。それはそれは順調に、ホテルの目の前のバス停で降りることができたのでした(^^)/。

けれど、安心してばかりもいられません。すぐに部屋に行き、捻挫した私の足の状態を確認しないと。

そして、明日のため、最善を尽くさないと。

そして、夕食は・・・。

順調にホテルに帰って来ました! 一時はどうなることかと・・・(^^;
ロビーの椅子に座って一息。
部屋の鍵、私が開けてあげるね!

パパがホテルのフロントで寸劇を行う次回に続きます。

ご訪問ありがとうございました! もしよろしければ、ポチっと応援クリックしていただけると嬉しいです(^^)/↓

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村

私のブログを応援してくださる方、お手数ですがこちらもポチっとお願いいたします(^^)/↓


家族・子連れ旅行ランキング

※冬の南欧へ!子連れイタリア・シチリア島旅行記を第1話から読む方はこちら(全て無料)

【その他の子連れ海外旅行記など↓】

【インドネシア】源泉かけ流しのローカル温泉プールに入った

【スウェーデン】公衆トイレの悲劇

【台湾】夏の甲子園で台湾代表が準優勝した実話