ストックホルム街歩き~ヒュートリエット、H&M、セルゲルガータン通り、セルゲル広場~からの大ピンチ(1歳&4歳:子連れスウェーデン・フィンランド・エストニア旅 ♯18)

セルゲルガータン通りのベンチで。通りと言うより広場みたいな感じですね(^^)/。

【これまでの旅程】
1日目:羽田からスウェーデンのストックホルムへ

2日目(今日):ホテルを出て駅のコインロッカーに荷物を預け、ストックホルム旧市庁舎(ノーベル賞晩餐会の会場)、ドロットニングホルム宮殿、ベーテ・カテン(カフェ)とまわってきました。

【17:05】ベーテ・カテンでおいしいケーキを食べて、これからフィンランドへ向かうフェリーに乗りに行きます。

【2016.7 子連れ北欧旅行:2日目その11】

これから、ストックホルム中央駅に行ってコインロッカーに預けてあるスーツケースをゲットしますが、それまで、ストックホルムの駅周辺の有名スポットを巡りながら行きます。

ティー・セントラーレン駅付近をぶらぶら

まずは、ストックホルムの地下鉄の中心駅:ティーセントラーレン駅の辺りから。何回か通っていますが、一直線に伸びた通りが圧巻ですね~。

青い連節バスが走っていて、オシャレな感じでした。

ずっと続く真っすぐな通りが圧巻!
ストックホルムに着いた昨日も乗ったライオンで。
青い連節バスがおしゃれです。

ヒュートリエットの市

【17:15】ヒュートリエット広場にやって来ました。ここでは普段は食品市が開催されていますが、今日は日曜日ということで、雑貨市・骨董市が開催されていました。

ちらっと覗いてみましたが、おみやげになりそうなものはなく・・・。

写真奥の大きな建物が、ノーベル賞授賞式を行う建物です。

市の向こうにあるのがノーベル賞授賞式を行う建物。この写真では光の加減で白く見えますが、青い建物です。
何か変な物(ガラクタという意味)がいっぱいある~(^^; 
4歳「ねえ見て! 変なヤカンがあるよ~!」 私には、変なのか壊れているのかわかりません・・・。
雑貨市・骨董市と言うより、フリーマーケットといった風情。
石畳が深く、ベビーカーにはキツイです(写真右側の部分とか)。ガッタガタです。

セルゲルガータン通り

【17:20】ヒュートリエットとセルゲル広場を結んでいるのがセルゲルガータン通り。ストックホルムの目抜き通りで、いろんなお店が並んでいます。

ここをセルゲル広場まで、しばし歩いてみます。

あれ、さっきも見たと思うけれど、ここにもH&Mがある・・・。こんなに近くにあって、経営大丈夫なのかな(^^;?(余計な心配)。

スウェーデンのH&Mは、婦人中心の店や子供服中心の店とか、他にもさまざま、お店によって品ぞろえに特徴があるようです。それぞれに、「私の好きなH&M」のお店があるんでしょうね。

ここでも長女に写真を撮ってもらいました。長女が写真を撮れるとなると・・・、今後は夫婦で写る写真をもっと増やせるかもしれないな・・・。

ここは歩行者天国です!
あれ・・・、これからH&Mに行くんだけれど、ここにもH&Mがある・・・。
セルゲルガータン通りのベンチで。4歳の長女撮影。
彫刻も点在。広場のような通りですね。
面白い像で。「銃器撲滅」みたいな意味かな・・・。「戦争反対」かな・・・。長女撮影。
遊びながら、ゆっくりとセルゲルガータン通りを進みます。

H&Mセルゲル広場前店

【17:30】このH&Mにちょっと入ってみます。

本場のH&M、どんな感じかな~~。

H&M、私たちは日本でもよく行きます(^^)/

店内に入ってビックリ。

日本のH&Mと同じ!!

ま、当たり前と言えば当たり前ですが、内装などは違うことを想像していただけに。

細部はいろんな違いがあるのだとは思いますが・・・。

これ、おみやげで買って行こうか!と思ったんですが・・・、近所のH&Mに同じものがあったらショックなのでやめてしまいました(^^;

セルゲル広場

【17:45】ヒュートリエット広場から10分かけて、セルゲル広場へ。私たちが行った時は何かの工事中でした。

ここは、ストックホルムを代表する広場の一つ。

残念ながら時間はあまりないので、記念撮影だけして、ストックホルム中央駅へと向かいます。

セルゲル広場の「ガラスの塔」(写真奥)。
座ってないで、もう行くよ!

北欧旅行一番のお気に入りをゲット

【17:50】セルゲル広場からストックホルム中央駅へ行く途中に、おみやげ屋さんがあったので覗いてみます。

いかにもといったベタなおみやげ屋さんですが・・・。

このお店、いいわ(^^)/

ここで、外に置いてあった、青いヴァイキング(海賊)の帽子が目につきました。角があってかわいい~~(^^)/

おみやげに購入。59クローネ(740円)でした。

おみやげ屋さんに入ってみます、
730円で買った帽子。この後、日本の冬で大活躍!

この帽子が、あったかくて、日本の冬で大活躍。

安かったしツノがかわいいし、次女の分ももう1つ買えば良かったと思うくらい。今回の旅行のおみやげの中で一番のお気に入りになりました。

ストックホルム中央駅でスーツケースをゲット

【17:55】おみやげ屋さんからストックホルム中央駅はすぐ。地下へ降りるエレベーターに乗れば、朝私たちがスーツケースを預けたコインロッカーコーナーです。

私たちはスーツケース2つを2か所のコインロッカーを使って預けていました。

それぞれ、受け取りの時に使う番号の書いたレシートをゲットしていますので、ロッカー中央のパネルに番号を打ち込むと・・・。鍵が開き、問題なくスーツケースの回収に成功!

よっしゃ! 私たちの旅は順調です(^^)/

スーツケースをゲットしたこれからは、気を引き締めて、フィンランドへ向けての移動モード。

フィンランドへ向かう国際フェリーには確実に乗船し損なえば、今回の旅行日程の全てが崩れてしまいます。

このフェリー乗り場も、何と出発前日まで、全く違う港から出ると思っていたんですよね。いや~~、本当に危なかったです↓。
あぶねー記事

地下鉄でスルッセン駅へ

すぐさま、パパがスーツケース2つを押しながら、徒歩5分の地下鉄駅「ティー・セントラーレン駅」へ移動。これも、朝通った道なので、スムースに移動成功。

【18:10】そのまま、流れるように地下鉄に乗車、2駅先の、フィンランドに向かうフェリーターミナルの最寄り駅であるスルッセン駅に到着。

【18:15】スルッセン駅到着!

港での乗船集合時間は午後7時(午後7時30分乗船締め切り)ですので、集合時間まであと45分あります。

順調!

列車は空いていて、スーツケース2つ+ベビーカーでも全く問題なし! ここが若干不安だったのでホッ。
ヴァイキングの帽子を買ってから25分、流れるように、スルッセン駅まで到着!

あれっ・・・、港はどっち・・・。

スルッセン駅で地下鉄を降り、地上に出て来ました。

港に近い駅のはずなのに、「港→」みたいな案内が全く出てないなぁ。

ここは、地図上、ヴァイキング・ラインのフェリーターミナルの最も近い位置にあった地下鉄駅。

でも、地図で見ても1kmほど離れています。

スーツケース2つを引きずりながらなので、ここから徒歩で20分、いや、30分かかることは想定済。

道がわからなければ、駅のタクシー乗り場でタクシーに乗ってもいいと思っていました。

ですが、決定的に認識不足でした。

ここは小さい地下鉄駅。タクシーは1台もいません。流しのタクシーを捕まえようとしても、子ども2人(本当は子ども2人ともチャイルドシートも必要)と私たちの大荷物では、恐らくタクシー2台必要です。

また、別に、港へのアクセス駅でもないのでしょう、どこにも港への看板はありません。

ここは、港から1km離れた所にある、単なる小さい駅だったのです。

人に聞こうにも、英語やスウェーデン語が・・・(^^;。

私たちはスルッセン駅の駅前で、スーツケース2つとともにしばし立ち尽くしてしまいました。

スルッセン駅の駅前。道案内は全くなく、タクシーはいません。

顔面蒼白

【18:20】気を取り直して、少し移動し、周囲の様子を確認します。

眼下に広がる風景を見て、愕然としました。

ここは、高い・・・。

ここは、小高い場所だったんです(注:ビルの5~6階レベル)。

るるぶやグーグルマップの地図を家で見ていても気が付きませんでした。

そういや、「遠くに見えるガムラスタン(旧市街)の景色がきれいです」とかのコメントを見たような・・・(^^;

「景色がきれい」=高度がある。気付けよ私・・・(^^;。

そして・・・、方角がわからない。

縦横無尽に走っている道路・・・。

周囲のあちこちにある水面・・・。

持っている「るるぶ」の地図を見ても、まるでわかりません。もっと詳細な地図でないと・・・。

※私たちはwifiを持っていないので、スマホでマップを見れません。

※今、改めて「るるぶ」の地図を見ても、(スルッセン駅周辺については)まるでわからない代物です。

果たしてここから道を間違わずに行けるのか、フェリー乗り場に!

フェリーの集合時間(チェックイン時間)は午後7時。

もう40分後に迫っています。まっすぐ歩いても恐らく30分。

道を間違えれば、もう終わり

川を渡るフェリーに乗ろうというのではないのです。スウェーデンからフィンランドに渡る、国際フェリーに乗るのです!

地図で見て、港から直線距離で1km離れた所にあった地下鉄駅で降りて、そこから歩いて港へ行けばいい??

あまりにも、簡単に考え過ぎていたのではないのか。

私たちは、すでに取り返しのつかないミスを犯してしまったのではないのか。

とにかく、カタコト英語で人に聞くか!

でも、地元の人がヴァイキング・ラインの出発港なんて知らないこともありえます。私たちだってついこの間まで違う港だと思っていた位です。その人がテキトーな道案内をしたら??

地下鉄の駅員さんに聞くか!

いや、地下で駅員に聞いたって、ルートを正確に聞き取れる自信は全くありません。

とにかく、スーツケース2つに幼い子ども2人連れた状態で、標識の全くない中で1km先の目標を目指して歩いて、その道が間違っていたら、もうタイムアウトなのです!

乗船の集合時間まであと40分。現在の状況を正しく理解し、心臓がバクバクしてくるのが自分でもわかりました。

パパを見ました。

パパのこの表情のことを、「顔面蒼白」と言うんでしょうね。

次回に続きます。

※夏の北欧へ!子連れ北欧旅行記を第1話から読んでみる方はこちら(全て無料)

【その他の子連れ海外旅行記など↓】

台湾の奇岩風景

妊娠中の海外旅行のリスク

ベルリンでビールで大失敗