ストックホルム:ガムラ・スタンその7 ~「モビッツ」でトナカイのステーキを食べる~(1歳&4歳:子連れスウェーデン・フィンランド・エストニア旅 ♯81)

最後の晩餐は、生ビール&トナカイのステーキです!

【これまでの旅程】
1日目:羽田から北京経由でスウェーデンのストックホルムへ

2日目:ストックホルム市内観光。その後、夜行フェリーでフィンランドのトゥルクへ

3日目:ムーミンワールドとトゥルク市内観光

4日目:トゥルクから特急列車でヘルシンキへ。午後はヘルシンキ市内観光

5日目:ヘルシンキ市内観光。世界遺産:スオメンリナ要塞島など。

6日目:国際フェリーでヘルシンキからエストニア:タリンへ。パパと長女でタリン観光。次女が40.4度の発熱、救急車で病院へ。

7日目:午前中はホテルで待機、午後にタリン旧市街観光。夕方、ストックホルム行きのフェリーに乗船。

8日目(今日):朝6時起床。船内で朝食。エストニア時間午前9時15分着かと思っていたら11時15分だとわかって船内でお買い物&船内探検をしました。スウェーデン時間10時15分にストックホルム着。地下鉄を乗り継いでホテルにチェックイン後に観光へ。

地下鉄で旧市街「ガムラスタン」へ。るるぶに載っていたレストランでランチの後、ドイツ教会、大聖堂、王宮とまわり、ノーベル博物館でアイスクリームを食べました。

地元のおじさんに声をかけられフィンランド教会を案内してもらった後、大広場で写真撮影を行い、夕食は結局お昼と同じレストランに入りました。

【20:15】レストランを探しながらウロウロしながら歩くこと10分。気が付けば、お昼ご飯を食べた「モビッツ」の前に来ていました。お昼に食べた2,300円のステーキ、おいしかったんですよね~~。

ここで、トナカイのステーキに挑戦します。

【2016.7 子連れ北欧旅行:9日目その10】

「SLEEPY」って何だ?

今日の夕ご飯は、レストランで食べるものとしては、10泊11日の北欧旅行の最後となる夕食。

最後の晩餐です(明日の夕食は機内食)。

地下のお店に入ると、昼間よりは若干お客さんが多い様子。にぎやかな話し声が店内に響いていました。

【20:20】お店に入る前にオーダーを決めていたこともあり、私はお昼に続いて2度目の来店であることもあり、すぐに注文。

夕食のオーダーは、

・トナカイのステーキ(320クローネ/3,840円)

・レッドアイステーキ(ビーフステーキ)(189クローネ/2,268円)

・生ビール(Krusovice 400ml)(60クローネ/720円)

・フレッシュオレンジジュース(30クローネ/360円)

以上、599クローネ(7,188円)です。

だったのですが・・・、レシートを見ると、

・SLEEPY(65クローネ/780円)

という、注文していないメニューが勝手に追加されていました。しめて663クローネ(8,000円)。

この「SLEEPY」、これだけ大文字表記だったので、恐らく注文していないメニューをお会計に加えるというイタリアの観光地なんかでよくあるプチボッタクリではなく、「夜料金」ということなのではないでしょうか。ランチの時はこんな加算はありませんでした。

それとも、プチボッタクリにあったのかな・・・。この「SKEEPY」料金について、現地の事情ご存知の方いらっしゃいましたら、コメント欄などで情報いただけると幸いです。

※これは帰国後に気が付いたことなので、レストランでは確認していません。

8,000円のディナーと言うと、私たちにとっては清水の舞台から飛び降りる感じの高額ディナー。ただ、今日は最後の晩餐だし、トナカイ食べるんだし、ここは北欧だし、豪勢にいきます!

こちらのお店だからこの位のお値段で済んでいるような気がします。同じものを他のお店で頼んだら、1万円を越えてくるんじゃないかしら・・・(推測です)。

メニューをめくって遊ぶ次女。ランチの時と同じメニューでした。

空飛ぶトナカイ

注文と同時に、子どもたちがウエイトレスさんから紙のゲームをもらいました。すごろく兼ぬり絵のようなもの。お昼に寄ったときはこんなサービスはなかったです。夜だけなのでしょうかネ。

長女は楽しく遊び始めました。

初めにドリンクが届きます。パパは生ビール、私と子どもたちはオレンジジュースを飲みながら料理を待ちます。フレッシュオレンジジュース、すごくおいしいのですが、果実を絞ったものは若干の酸っぱさがあって、長女はやや苦手だったみたいです。

フレッシュオレンジジュースなんて、飲んだことなかったもんね~~(^^;

私も飲んでみたら酸っぱく感じました。恐らく、体が疲れてるんだわ~~。

料理を待っている間に、長女とこんな会話をしました。

私:長女、明日、動物園にトナカイを見に行くよ。

長女:トナカイって?

私:サンタクロースのソリをひっぱってる動物だよ。

長女:ほんと!? あの、空を飛ぶやつ?

私:そうだよ~!

長女:すごい! 楽しみ~! 空を飛んでいるのを見るの?

私:ううん、動物園にいるのは、空を飛べないようにしてあるんだよ。空飛べたら、みんな逃げて行っちゃうでしょ。

長女:そっかぁ~!

私:そして・・・、これから、そのトナカイを食べちゃいま~す!

長女:そうなの?

私:そう。ここのレストランには、トナカイのステーキがあるんだよ。トナカイさん、おいしいかな~~!

長女:ううう~~(と言いながら後ろにひっくり返った)。

私:長女、起きて! 起きて!

ゲームをいじって遊ぶ長女
ジュースとビールが来ました。長女とパパで「かんぱ~い!」
夕飯時も空いていました(恐らく夏場in北欧は、テラス席のレストランが人気なのだと思います)
トナカイさんを食べちゃうの?(この後、後ろにひっくり返った)

トナカイのステーキのお味は

【20:45】待つこと25分。トナカイのステーキとビーフステーキが来ました。

まずはパパがトナカイをパクリ。

パパ:おいしい! ってゆーか普通においしい。やっぱり、ビーフよりもさっぱりした感じだね!

私はビーフステーキを。これはお昼に食べた通り、安定の味! 日本で食べるビーフステーキと同じ。赤身でさっぱりしていて、おいしい!! 

私たちは赤身のステーキが大好物なんです。

私もトナカイを食べてみます・・・。

トナカイのステーキはきのこのソースでした。

トナカイの方にはベリーをゼラチンで固めたようなソースも合わせてついていて、これを一緒に付けて食べるとすごくおいしい!

牛の赤身よりもさらに油が少なくさっぱりしているので、私達の好みの味。けれども、牛や羊にそれぞれクセがあるように、トナカイにも肉のクセを感じました(そんなに気になるものではありません)。鹿肉の味なんだと思います。牛肉とは味が違いますね。

ステーキの形も、足の部分だと思われ、ビーフステーキと比べると細長い感じです。

長女に、トナカイとビーフの両方を食べてもらい、どっちがおいしいか判定してもらいます。

トナカイの肉には若干警戒していた長女も、「普通のお肉だよ! おいしいから食べてみ!」の言葉で恐る恐るパクリ。

判定の結果は・・・。

やはり、長女的にはビーフステーキの方がおいしいそうです(^^;

ビーフは食べ慣れているし、ここのビーフステーキはすごくおいしいもんね!

私も、どっちがおいしいかと言われればビーフのほうかなぁ。ただし、トナカイのステーキもさっぱりしていてすごくおいしいので、行かれる方はぜひ試してみてくださいね(^^)/

長女にはビーフステーキを小さく切ったものもう少しと、付け合わせのパンとポテトを。お昼と同じになっちゃったけど、子どもにそんなのは関係ありません。おいしいお肉と大好きなフライドポテトで大満足。

ただ、お昼に出てきた、おせんべい状の固いパンがなくて、長女はそれだけが残念そうでした。

次女もフライドポテトとパンをパクパク。

お腹が空いていたこともあって、あっという間に完食しました。

トナカイのステーキ。みんなで食べてみます。
「ほら、トナカイのステーキ、食べてみて~~!」(警戒して、まず肉の匂いをかぐ長女)
長女の判定「トナカイもおいしいけど、私はビーフステーキの方が好きかな!」

【21:45】お店を出ます。クレジットカードで支払い。

外に出ると、外はまだ夕方でした。日没は午後10時、まだまだ明るいです。

お腹いっぱいになって、子どもたちは2人ともぐっすり。時間も遅いしね。

長女をベビーカーに乗せて、次女は私の抱っこ紐に入れて出発です。

地下鉄でホテルへ

【22:00】地下鉄ガムラ・スタン駅着。

【22:15】地下鉄レッドラインで1駅、T.CENTRALEN駅へ。ブルーラインに乗り換えて1駅。

【22:30】フライドヘムスプラン(FRIDHEMSPLAN)駅着。

午後10時半ころはまだ薄明るく、真っ暗になる前にホテルに戻れて良かったです。

【22:45】駅から徒歩で600m、「コネクト シティ ホテル」に戻って来ました。

ホテルに着いて、さぁエレベーターで3階の部屋へ・・・と思ったら、3階の所を押してもボタンが反応しません。

あれ? あれ? エレベーターの故障かな??

私たち、ベビーカーだから、階段は厳しいんだけれど・・(^^;

あれっあれっと言っていると、後から乗り込んできた中央アジア系の外国人の方(カザフスタンとか、そんな感じ)が、身振り手振りで「ルームキーをここにかざしてから押すんですよ!」と教えてくれました。

なるほど~~! 宿泊階にしか行けないようになってるのね!!

お昼にチェックインした時は、誰か他のお客さんがいて一緒に乗っていたので、この仕組みをわかっていませんでした(^^;

ガムラスタン駅で地下鉄の切符を買っているパパ。1時間券で大人1枚36クローネ(440円)。これを2枚購入します。子どもは無料です。
ガムラスタン駅が騒がしくなり、20人ほどの警官がダダダッと走っていきました! 今日は土曜日の夜。酔っ払いのケンカか何かでしょうか。
これから地下鉄に乗車します。
午後10時半の フライドヘムスプラン駅。ここからホテルまで歩いて行きます。まだ少し、夕方の明るさが残っています。

最終日へ向けて

今日も疲れました。

午前中はフェリーでストックホルムについてホテルにチェックインするだけで終わったので、観光は午後からでしたが、ずっと徒歩観光だったもんなぁ。

本当はこれからシャワーを浴びたり明日の支度をしたりするところなんですが、体力切れ。今日はこのまま寝て、明日の朝に全てをかけます。

ただ、次女のおむつ替えと、エストニアの病院でもらった薬(抗生物質)を飲ませるのだけはやらないと・・・。

明日はいよいよ日本に帰る日。午後7時離陸の便で、その3時間前にアーランダ空港に着きたいので、遅くとも午後3時を目途に観光を終了しなくてはなりません。

これから6時間寝て、朝5時に起床することにします。それからシャワーと帰国の荷造りです。

できるだけ早く朝食を摂って出発したい所ですが、帰国の準備があるのでなかなか時間かかりそうです。本当は朝4時起きで支度するくらいがベストなのですが、朝5時起きが限界だ・・・。

明日は、午後3時まで、「スカンセン野外博物館」という、中世の暮らしを体験できる、日本で言えば江戸村みたいな博物館に行く予定です。

とは言え、どうなることやら・・・(^^;。

疲れた~~。帰国の準備は明日の朝やることにして、今日はこのまますぐ寝ます。

【23:10】私・パパ、倒れるように就寝。

T.CENTRALEN駅で絶体絶命の危機を迎える次回に続きます。

ご訪問ありがとうございました! もしよろしければ、ポチっと応援クリックしていただけると嬉しいです(^^)/↓

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

私のブログを応援してくださる方、お手数ですがこちらもポチっとお願いいたします(^^)/↓


家族・子連れ旅行ランキング

※夏の北欧へ!子連れ北欧旅行記を第1話から読んでみる方はこちら(全て無料)

【その他の子連れ海外旅行記など↓】

【インドネシア】パパとマジはぐれして激怒

【スウェーデン】パパとマジはぐれして無視開始

【ベルリン】パパを怒鳴りつけた