モンレアーレからパレルモへジャンプ!(1歳&5歳:子連れイタリア旅 ♯37)

野生の勘で、あっと言う間にパレルモまで戻って来ました!

【これまでの旅程】
0日目:金曜日の午後9時30分、東北地方の自宅をマイカーで出発。車中泊。

1日目:成田空港からモスクワ経由でローマ着。深夜12時過ぎにホテルにチェックイン。

2日目:ホテルでほぼ徹夜した後、ローマ観光。テルミニ駅でスリに遭う。

3日目:午前2時45分全員起床。午前中はバチカン観光。午後、特急列車でナポリへ。

4日目:ナポリ観光。夜行フェリーでシチリア島・パレルモへ。

5日目(今日):午前3時起床。朝から子どもたちが騒いで寝られません。船は定刻通り午前6時30分にパレルモ港に到着しましたが、豪雨で下船できず、しばし立ち往生。雨具を装備して豪雨を徒歩で強行突破、ホテルにチェックインしました。

午前9時に老舗カフェ「スピンナート」で朝食とジェラートを食べ、路線バスを乗り換え、お昼には世界遺産:モンレアーレ大聖堂に到着。素晴らしいモザイク画を見学しました。

【13:00】博物館を出てきました。外は、残念ながら小雨が降っていました。

あちゃ~~、雨かぁ・・・(^^;

さて、ここから8kmの、パレルモの街に帰らないと・・・。

あっ! そういえば、バス、75分に1本しかないんだった!

しかも、このバス、「お昼以降はがたっと本数が少なくなる」という情報もあり、そうなるとますますあてになりません。

来るときは、40分待ったあたりで無事にバスがやってきたんですが、帰りも多分同じくらいか、それ以上待つ可能性も大きいよね・・・。タクシーで行った方が無難かな・・・。

帰りのことまであまり考えてなかった。。。

しかも、あいにくの雨。。。

停留所、屋根なかったし・・・。

【2017.1 子連れイタリア旅行:5日目その5】

だから、雨なんです

【13:00】モンレアーレ大聖堂併設の博物館から外に出ると、駐車場の向こうでは目の前に絶景が広がっていました!

ただ、あいにくの雨(小雨)。

ベビーカーを雨用装備にし、長女を入れます。次女は私が抱っこ紐で抱っこです。

いい景色をちょっと見て、後にしました。

さて、パレルモ行きのバスは75分間隔の運行。しかも午後は便数が激減とか・・・。多分、3時間に1本とかなのでしょう。

どうしようか。。。

タクシーも考えましたが、とりあえずこの辺りには見当たらず。

今さっきまでいた博物館の人に、タクシーを呼んでもらおうか・・・。

私:パパ、帰りどうしよう?

パパ::う~~ん、とりあえずバス停まで行ってみるか!

私:わかった。

とりあえずバス停まで行ってみることにしました。モンレアーレのバス停までは、私たちの足だと10分。ちょっとだけ歩くんですよね・・・。

小雨の中、歩き始めました。

あいくにの小雨模様です。
モンレアーレ大聖堂から見た風景。この絶景、本当はゆっくり眺めていたいのですが・・・。

バス停の方向から、大勢の人が歩いてくる・・・

【13:10】来た道を戻ります。

広い道路に、広い歩道。街並みも、また風情があるんですよね~。

小雨の中歩いていると、向こうから、歩いてくる人たちが3人。

そして、その後にもう4人。

・・・・・。

大聖堂に来るときは、すれ違った人はいませんでした。

そして、さらに2人、向こうから歩いてきます。

今は小雨で、誰も出歩いていないような田舎の道路を歩く、数人の人々・・・。

全員西洋人でしたが、彼らは、ひょっとして、いや、間違いなく、観光客だ! そうに違いない。

観光客・・・。

観光客が歩いてくるということは・・・!!

パパ:歩いてくる人たちはバスの乗客だ! 75分間隔運行のバスが、今さっきモンレアーレに着いたんだ!!

私:そうかもね!! 急がないと!!

そうです、ここは思いっきりのローカル路線。きっとバスは「折り返し運行」でしょう。

急げ! ここで乗り遅れると、75分待ち・・・いや、3時間待ちです!!

早足でバス停に向かうと・・・。

いました!! 75分間隔で訪れる、幻のバスが!!!

まさに今、絶賛乗車中。

ありえないグッドタイミングです!

ベビーカーを畳み、停まっていたバスに乗車しました。

バスのチケットは、帰りの分もスピンナート(朝食を摂ったパレルモのカフェ)で購入していました。

【13:15】私たちが乗り込んで、わずか5分。バスは発車しました。

来るときは上りでしたが、帰りは下り道。絶景を見ながら、バスは平地へと下っていきます。

バス停にむかっている途中で。モンレアーレ、さようなら~~。本当はモンレアーレの街も少し散策したかったです(^^;

バスの中の珍事

このバスの中で、びっくりしたことが1つ。

走り始めて5分くらいだったでしょうか。立っていた男性客の1人が運転席の隣に歩いて行って、運転手さんと大きな声で何やら話し始めました。

ん?? 運転に特に問題はないようだけれど、運転手さんに苦情を言っているのかな??

運転手さんも大きな声で応じています。

3分くらい、ずっと話していました。

そのうち、別の男性客がもう1人、運転席の近くに歩いて行って、今度は3人で話し始めました。

ん??? 

運転手に苦情を言ってるんじゃないみたいだぞ・・・。

これは・・・。

運転手さんと、ずっと世間話をしてるんだ!!!

おじさんが3人、楽しそうに・・・。

もちろん路線バスはパレルモに向かって営業運転中。

おじさん2人はおそらく毎日のようにこのバスを利用していて、運転手さんとはすっかり友達なのでしょう。

帰りは早く、20分で、パレルモのインディペンデンツァ広場に到着しました。

運転手さんは、ずっと3人で楽しくおしゃべりしていました(^^)/。

日本ではありえない光景ですね~~(^^;。いや、日本でも田舎のバス路線だと、そんなこともあるのかもしれませんね・・・(でも、「ず~~っとおしゃべり」はしないと思いますが)。

その辺はイタリアはルーズだとも思いますが、それよりも、「おしゃべりが大好き」というイタリア人の国民性が出ているんだな~と感じました。

とにかくイタリア人は、私たちのようにいかにもイタリア語通じなさそうな相手にもよく話しかけてきますからね~~(^^)/

パレルモに向かう、389番のバスの車内。景色がきれいです。
パレルモの街に入ってきた所。少し渋滞中。運転手さんはず~っとお客さんとおしゃべりしていました。

シチリア島の大衆食堂

【13:35】 インディペンデンツァ広場に到着。

ここで、事前に調べておいた近くのローカルレストランでお昼ご飯にし、その後、パレルモの見どころ、パラティーナ礼拝堂、カテドラーレと巡る予定です。

【13:40】日本で印刷してきた地図を見ながら行くこと5分。目指すレストラン「Trattoria Familiare da Michele & Jolanda(直訳:ミケーレ&ジョランダによる家族のトラットリア)」に到着。

口コミを見ると、個人経営の安価でおいしいレストランと言うことです。日本で言えば、親子丼などを出す大衆食堂と言った位置づけになるでしょうか。

ここで間違いないのですが、カーテンで、お店の中の様子が見えません(^^;。

営業中かな・・・。のれんはないけれど・・・(ここはイタリアだ)。

ちょっと不安に思いましたが、思い切ってパパがこの扉を開けます。

扉を開けると、そこは。。。

目指す、イタリアの大衆食堂に到着! 店の中が見えませんが・・・(^^;

日本の大衆食堂とは目指す方向が違う次回に続きます。

ご訪問ありがとうございました! もしよろしければ、ポチっと応援クリックしていただけると嬉しいです(^^)/↓

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

私のブログを応援してくださる方、お手数ですがこちらもポチっとお願いいたします(^^)/↓


家族・子連れ旅行ランキング

※冬の南欧へ!子連れイタリア・シチリア島旅行記を第1話から読む方はこちら(全て無料)

【その他の子連れ海外旅行記など↓】

【ドイツ】深刻な危機

【台湾】台北から九份へ、観光しながら行く方法

【宮古島】神級ビーチの景色