シチリア島が誇る世界遺産:神殿の谷で大ピンチ(1歳&5歳:子連れイタリア旅 ♯49)

世界遺産「神殿の谷」のメインの遺跡の1つ、ヘラクレス神殿にて。

【これまでの旅程】
0日目:金曜日の午後9時30分、東北地方の自宅をマイカーで出発。車中泊。

1日目:成田空港からモスクワ経由でローマ着。深夜12時過ぎにホテルにチェックイン。

2日目:ホテルでほぼ徹夜した後、ローマ観光。テルミニ駅でスリに遭う。

3日目:午前2時45分全員起床。午前中はバチカン観光。午後、特急列車でナポリへ。

4日目:ナポリ観光。夜行フェリーでシチリア島・パレルモへ。

5日目:パレルモ観光。モンレアーレ大聖堂、パラティーナ礼拝堂、カテドラーレの3つの世界遺産を観光。夜、私が足をくじいてしまいました。

6日目(今日):朝5時30分起床。悩んだ挙句、捻挫した足を抱えてアグリジェント行きを決断。ホテルでの朝食を10分で済ませて路線バスでパレルモ駅へ。列車に乗ること2時間以上、午前11時にアグリジェント中央駅に到着。街歩きをして、ジェラートとヨーグルトを食べました。

街歩きの途中で見つけたイタリアンのお店で私の海外旅行史上最高のランチタイムを楽しんだ後、午後3時、路線バスで世界遺産「神殿の谷」に到着。散策を開始しました。

【15:55】「神殿の谷」に到着してから、マップも持たずに一本道を進むこと45分。「ディオスクロイ神殿」からどこに向っているのかはわかっていませんが、とりあえず先に進みます。

今は1月。日没は午後5時過ぎ。

遺跡は日没前に閉場します。残された観光時間はあまりありません。

これだと、州立考古学博物館はカットしなくてはならなくなりそう・・・。

いや、そもそも博物館がどっちの方向かわからないし・・。

降り立ったバス停からここまで、800ⅿでした。

【2017.1 子連れイタリア旅行:6日目その7】

ヘラクレス(エルコレ)神殿を目指して

【16:00】一本道を進んでいくと、幹線道路を渡る橋がありました。

進行方向には、バスの車窓から見えた円柱形の遺跡が見えます。あれは、ヘラクレス神殿ですね。

私は捻挫した左足を引きずりながら、ゆっくり歩いていきます。

この時、私たちは一本道だと思って道路を渡りヘラクレス神殿に向かいましたが、重要な神殿「オリンピコ・ゼウス神殿」が道路の手前側にあることを見落としていました。決して一本道が一筆書きに各遺跡をつないでいるわけではないので、行かれる際は案内図をよくご確認ください。

少し高い位置にあるヘラクレス神殿へは、階段等でまっすぐ行くのではなく、ぐるっと回ってアプローチするみたい。

途中にあった木の柵で、子どもたちがぶら下がって遊んだりしました(^^)/

向こうに見える円柱の柱は「ヘラクレス神殿」の一部のようです。あそこを目指します。
木の柵に掴まって遊びだした子どもたち。
むむ、むむむむ~~!
2人で下をくぐって遊んでいます。
ゆるい坂道をぐるっと回って、神殿に近づいてきました。
ヘラクレス神殿、着いたど~~!
子どもたちを石の上に座らせて、記念撮影しようかな(^^)/

ヘラクレス神殿での勝負撮影

【16:10】このヘラクレス神殿は、円柱の柱が並び立つ、写真映えする神殿。

今日は天気もいいし、夕方の光がいい感じ。

この神殿をバックに、勝負撮影をすることにしました。

いい写真がいっぱい撮れました(^^)/

私たちの家族写真ですが、少しお付き合いください。

神殿の谷で元気いっぱい。
すごいでしょ~~っ。
私も後ろから顔を出しています。
長女を岩にのせて、下から撮影。
落ちないでよ~~っ(^^;
次女を、大きな岩に座らせてみました。
何気に長女もいい感じです! 雲一つない、真っ青な空が印象的な写真です。

コンコルディア神殿

【16:30】円柱がそびえ立つヘラクレス神殿では10分ほど写真撮影遊びをし、次に進みます。

この辺で子どもたちに疲れが見られます。

1.5km以上、ずっと歩いて来たもんね~!

長女はベビーカーに。次女は私が抱っこ紐に入れて移動します。

10分ほどゆっくり歩くと、次のすごい神殿、コンコルディア神殿に到着。

ここは、古代ギリシャ時代の神殿がほぼ建築当時のまま残っている、貴重な遺跡です。

いかにもギリシャ神殿って感じですね~。

神殿の周囲には柵が張られ、中には入れないようになっていましたので、近づいて写真撮影と見学だけ。

もう午後4時30分。

季節によっては夜間営業日もあるみたいですが、この日は午後5時過ぎの日没とともに閉場。帰りの時間が気になって来ました。

疲れの見えてきた長女はベビーカーに。たくさん歩いたね!
遊歩道のすぐ脇で、ヤギのような動物が飼われていました。
これって、ヤギかな? 山羊にしては大きいのですが・・。
ヘラクレス神殿からコンコルディア神殿までは、ご覧の通りの真っすぐな一本道(ずっとゆるい上り坂)。遠くにアグリジェントの町が見渡せます。
遺跡の入口からもう1.5km以上。次女を抱っこ紐から出します。
ベビーカーを遊歩道に置いて、コンコルディア神殿のほうに行きます。
転ばないようにね~(^^)/
コンコルディア神殿、すごい! ギリシャ神殿そのものです。
次女を持ち上げて。
さぁ、あまり時間もないし、次のところへ行こうか!
何やら土いじりをする長女。「行くよ~!」
向こうからくる集団は、帰り道の皆さんです。日没はもう間近です。
長女「パパ~ッ!」 パパ「こら、こっち来るんじゃない! 向こうに行くんだぞ~!」

ヘラ神殿(ジュネーノ・ラチニア神殿)

【16:45】 コンコルディア神殿から真っすぐな一本道をゆっくり歩くこと10分。

もうすぐヘラ神殿に到着です。

ここは、神殿の谷の東端。最後にここを見て、帰路につきます。

ここで一つ問題が・・・。

何と、長女がベビーカーの中でぐっすり寝てしまったのです(^^;

そして、もうすぐヘラ神殿ですが、ここから先は上り坂か階段。ベビーカーのままでは無理そうです。

さて、長女をどうするか・・・。

長女をパパが抱っこして連れて行けばいいのですが、パパはこんなことを言いました。

パパ:長女、寝たばっかりだから、ベビーカーに入れてここに置いて行こう。

私:置いていくなんてダメよ~。

パパ:だって、この先は上り坂だから次女は自分で歩くのは無理そうだし、俺は次女を抱っこしないと。ママも捻挫してるから、次女を抱っこで坂を上るのはつらいでしょ?

私:そうだけど・・・。万一のことがあったらどうするの??

パパ:大丈夫だよ。寝たばかりだから起きっこないし、ここは有料施設の敷地内だから、誘拐犯もいないだろうしさ。サッと見てすぐ戻って来れば、大丈夫だよ!

私:そうかな・・・。じゃ、すぐに戻って来ましょう。

そう言って、坂道の手前に、長女が寝ているベビーカーを置いていきました。

パパは次女を肩車して、私は捻挫した足で坂道をゆっくり上ること5分。

ヘラ神殿に到着。

ヘラ神殿までの500m、次女を抱っこしながらガブガブごっこ(次女の顔にかみつく遊び)をしていました。
ヘラ神殿までは、この階段か、もしくは少し先の土の上り坂。ベビーカーは無理そうです。

アルゼンチンから来た皆さんと

神殿の前には5~6人の家族連れが。イタリアの人でしょうか。

そしたら、彼らが話しかけてきました。

家族連れのパパ:すいません、写真を撮っていただけませんか(英語)?

パパ:いいですよ~。ママ、次女をお願い・・・。

(写真を撮ってあげる)

家族連れのパパ:ありがとうございました。どこから来たんですか?

パパ:日本からです。

家族連れのパパ:お~~! 日本ですか! 日本は大好きです。いつか行きたいですよ!

パパ:あなた方はどこから?

家族連れのパパ:アルゼンチンのカンティーノです。メッシと同じふるさとなんです。

パパ:へ~っ、アルゼンチンですか! お互い遠くから来ましたね(^^)/

(カンティーノの意味はよくわからなかった。)

私たちの英語はこの辺が限界。幸い、ここでお互いアハハと笑ってお開きになりました。

ふ~~っ、良かった会話になって・・・(^^;

アルゼンチンのご家族は坂道を先に下りていきました。

私たちもそれから3分ほど写真撮影して、下におります。

ベビーカーで寝ている長女、大丈夫かな~~(^^;

ヘラ神殿で出会ったアルゼンチン人の家族連れの皆さん。年頃の娘さんの3人姉妹を連れていました。
夕やけで1枚。
次女はまだまだ元気です!
次女はお姉さんたちに大人気(^^)/
アルゼンチンのお姉さんたちに、バイバーイ!
楽しいね~!
もうすぐ午後5時。そろそろ、下におりないと。

ポルトガル語で話しかけられ・・・

【17:00】坂道を下りて行くと、長女が寝ているベビーカーを、さっきのアルゼンチン人家族の3姉妹がのぞき込んでいるではありませんか。

ハハハ、長女の寝顔、かわいいでしょう・・・。

はっ!!

長女が起きてる!

遠目に見ると、長女は起きて、しくしく泣いている様子。そんな長女に、アルゼンチン人のお姉さんたちがポルトガル語でやさしく話しかけているような状況だったのです。

あちゃ~っ(^^;

私:すみません~~!

お姉さん:ほら、パパやママが来たからもう大丈夫だよ~(ポルトガル語)。じゃあね~!

女の子たちは私たちが近づいていくと、長女にポルトガル語で何か言って、私たちにニコッとした後、足早に去って行きました。

お父さんとお母さんはいなかったので、私たちが坂を下りてくるまで、3姉妹が残って長女をみていてくれたんですね(^^;。

私:長女、ごめん~~、いつ起きたの?

長女:うううっ、うううっ。

私:お姉さんたちと何話してたの?

長女:うううっ、うううっ。

私:起きてから、どのくらい待った? 起きてからすぐママたち来た?

長女:うううっ、うううっ。

・・・長女に悪いことしました"(-“"-)"

この時は状況を全く説明できなかった長女ですが、1時間後、落ち着いてから聞いてみると、目が覚めたのはこの時の10分前くらいだったみたい。

目が覚めてから、私たちがいないのに気が付きしくしく泣いていると、しばらくして(多分5分くらいして)お姉さんたちがやって来て、やさしく話してくれたけど、何を言ってるか全然わからなかった(ポルトガル語だから)。

「でも、もうすぐママが来るからね~」って言ってると思った、とのこと。そして3分ほどして、私たちが到着、という流れだったみたいです。

次は、寝ていても抱っこして連れて行くね~(^^;

反省しました"(-“"-)"

坂を下りて行くと、ベビーカーで寝ていた長女が目を覚ましていました!
「うううっ、うううっ・・・」何をきいても長女は泣くばかりで、これまでの状況を全く説明できませんでした。

東のゲート

【17:10】ここは神殿の谷の東端。100ⅿ程の所にゲートがあり、行ってみると、ゲートの外には道路が通っていました。

ここまで、降り立ったバス停から歩くこと2.2km・・・

片足を捻挫した状況で、よくやった私・・・。

ここから帰りのバスに乗れるのでしょう。

ちょっと待てよ、アグリジェントの街は、どっちの方向だろう? 来た時は山を登ってきたのだから、山を下る方向がアグリジェントの街の方向ですね多分。

ま、いいか、バスの運転手に「アグリジェント?」と言って聞いてから乗ればいいのです。

バスのチケットは往復分を来る時に買ってあるので大丈夫。

もうすぐ閉館時間の日没です。

ん~~、バス停を探してみますが、バス停らしきものはありません。

あれ・・・、バス停はないけれど、ゲートの前を通る道路はここだけ。バスは来るんだろうか・・・。

しばらく待ってみましたが、バスも通らなければ車さえも通らない。

このままバスが来ないまま日が暮れてしまうと、施設は閉館、あたりは真っ暗闇、街もどっちの方向かわからず、取り返しのつかないことになる予感がします。

パパがゲートの係員に話しかけました。

パパ:ここから、アグリジェント行きのバスに乗れますか?

男性係員:ここにはバスは来ないよ。バス乗り場はず~~~~~っと向こうのゲートだよ!

そう言って男性係員が指さしたのは、これまで私たちがひたすら1.5km歩いてきた、真っすぐの一本道。

えええっ!!!!!

まさか!

まさか!!

まさか!!!

今から、来た道を1.5km戻らなきゃなの!?

子どもたちはさすがに電池切れでもう歩けません。さらに私は左足を捻挫しているため、抱っこやおんぶがいつものようにはいかないのです。

そして、日はもう半分暗くなっています。

完全な日没(=真っ暗闇)まで、あと・・・20分くらいか!?

バス停まで1.5㎞!!

途中で日が暮れたら、私たちどうなるの!?

まさか・・・、この山中の遺跡から街までの帰りのバスがなくなるなんてことは・・・。

どうして私たちっていつもこうなの・・・"(-“"-)"。

死にもの狂いの次回に続きます。

ご訪問ありがとうございました! もしよろしければ、ポチっと応援クリックしていただけると嬉しいです(^^)/↓

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

私のブログを応援してくださる方、お手数ですがこちらもポチっとお願いいたします(^^)/↓


家族・子連れ旅行ランキング

※冬の南欧へ!子連れイタリア・シチリア島旅行記を第1話から読む方はこちら(全て無料)

【その他の子連れ海外旅行記など↓】

【ミャンマー】札束21冊を持って歩く

【台湾】高校野球の甲子園で準優勝した台湾代表

【子育て】次女4歳の面白エピソード