博物館のカフェで、ナポリ名物「ババ」を食べる(1歳&5歳:子連れイタリア旅 ♯28)

「ババ」とってもおいしいよ!

【これまでの旅程】
0日目:金曜日の午後9時30分、東北地方の自宅をマイカーで出発。車中泊。

1日目:成田空港からモスクワ経由でローマ着。深夜12時過ぎにホテルにチェックイン。

2日目:ローマ観光。ホテルでほぼ徹夜した後、バールで朝ごはん。サンタ・マリア・マッジョーレ教会、コロッセオ、パラディーノの丘、フォロ・ロマーノ、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂などを観光。ホテルへの帰路、テルミニ駅でスリに遭い、夕飯は食べずに就寝。

3日目:午前2時45分には全員起床。テルミニ駅のカフェでバニーニ食をべ、サン・ピエトロ大聖堂、サンタンジェロ橋を観光し、特急列車で午後4時にナポリ着。私は疲労でダウン、パパはホテル内を探検した後、長女と2人で夜のナポリ駅周辺へジェラートを食べに出かけ、早めに就寝。

4日目(今日):朝4時には全員起床、ホテルで朝食を摂り、午前8時に出発。地下鉄とケーブルカーでサンテルモ城へ。

【12:00】サン・マルティーノ博物館を出てきました。

お城と博物館を歩いて回って、疲れました。ランチにしてもいいのですが、ランチにはこの後、少し離れた所に行きたいお店があって・・・。

博物館にミュージアムカフェがありましたので、コーヒー休憩にすることにしました。

【2017.1 子連れイタリア旅行:4日目その5】

ナポリの名物スイーツ「ババ(baba)」

【12:05】カフェで狙うもの。それは・・・。

ナポリの名物スイーツ、ババです!

ババは、スポンジ生地にラム酒のシロップをたっぷりしみこませた、大人向けの焼き菓子で、ナポリの名物。ナポリのカフェやバール、お菓子屋さんならほぼどこでも置いていると思います。

いくつか食べ比べをしてみたい所ですが・・・、まずは、国立博物館でいただこう!

ガラスのショーケースにはおいしそうなババが。すごくノーマルかつ上品な感じだし、これは期待できそうです。

私たちのオーダーは以下の通り。

・モカチーノ2つ(1.5ユーロ×2個)

・ババ(1.8ユーロ)

合計4.8ユーロ(580円)。リーズナブルですよね! 日本のコンビニみたいな料金。イタリアは本当にコーヒーが安いです。

イタリア人は”ちょっと一杯”みたいな感じで、よくコーヒー(エスプレッソ)を飲むみたいですよ。

ドリンクは、1杯1杯、目の前で丁寧に淹れてくれます。1.5ユーロのドリンクを作る姿じゃないですよ・・・。

これぞ、イタリアの文化ですね!!

清潔な国立博物館のカフェ。ここなら、私たちの初ババにふさわしい!
専用の機械から「プシューッ」! という音がします。
ホットミルク&チョコレートにエスプレッソをゆっくり注いでくれています。1杯1杯、丁寧に淹れてくれます。とってもおいしそう!!
まずはカフェモカからいただきま~す! 苦くてほんのり甘くて、おいしい!!

ババ、子どももいけるか

ババのほうは、作ってあるものをそのままショーケースから出してくれただけでした。

ラム酒シロップをたっぷり沁み込ませたババが多い中、ここのはシロップの感じがあまりなく、これなら子どもも食べれそう。

特に加熱したわけではないけれど・・・、私がスプーンを入れると、中からほんわかした湯気が。中は温かいんですね!

私が次女に食べさせようとすると、パパの声が飛びました。

パパ:ダメダメ、一口目はママが食べて温度確認しないと! 中はチーズだから、意外と熱いかもだよ!

そうね・・・。私が食べると、あれっ、ほんとだ、こんなに熱いなんて!!

焼き菓子にチーズを乗せた感じ。チーズが風味豊かですごくおいしいです(^^)/

大人だとこのままいけますが、次女にはフーフーして。小さく取って、次女に・・・。

次女:(もぐもぐ・・・)

私:おいしい? おいしかったら、おいしいポーズして~。

次女:ああ!!(っと言いながらババに手を伸ばした)

私が期待した「おいしいポーズ」は、そうじゃなかったんだけどな・・・(^^;

こちらのババは、ラム酒の香りはほとんどしなくて、子ども向き。ほとんど子どもたち2人で食べました。

おいしいかな~~。わくわく。
大丈夫、熱くないよ~。
「ああ!!(もっとくれ!!)」と言って手を伸ばす次女。
長女もおいしいと太鼓判。
ババ、おいしいよ~(^^)/
イタリアのお菓子、おいしいね!

たまに育児するパパ

普段、家事・育児はまるでしないパパですが、子どもたちにババを食べさせていたので、ブログ読者の方に興味はないと思いますがその様子を紹介します。

たまにパパの写真も載せないとね(^^;

モカチーノ、体が温まります。
ぱくっ! おいし~い!
次は次女の番だよ~~。パパはアホみたいにうれしそうな顔をしています。娘の結婚式で号泣する姿が今から目に浮かびます。
パパ「はい、次は長女だよ~~。」 長女「うふふふふ・・・」
私たちもババをいただきます。「このババは子どもでも食べられるね!」

ケーブルカーと地下鉄でスパッカ・ナポリを目指す

【12:30】ミュージアムカフェを後にしました。

これから、世界遺産:ナポリ歴史地区(ナポリ旧市街)のど真ん中、スパッカ・ナポリを目指します。

スパッカ・ナポリとは、ナポリの街を2つに分断している細い小路。この小路の周辺には、歴史的建築物やおいしいお店がたくさんあるんです。

サンテルモ城の屋上からの眺め。赤い矢印がスカッパ・ナポリ。あそこに行きます。

ここからはスムースな移動。私たち、1度通った道には強いんです(^^)/

まずは来た時のように、10分歩いて、ケーブルカーのモルゲン駅へ向かいます。

【12:40】モルゲン駅着。切符を買って乗車。

【12:45】ケーブルカー発車。

【12:55】モンテサント駅到着。徒歩5分で、地下鉄モンテサント駅へ。

【13:00】地下鉄モンテサント駅着。切符を買ってホームへ。

【13:07】ナポリ中央駅方面行き2線に乗車、発車。

【13:12】1駅だけ乗り、ナポリ ピアザ カバー(Napoli Piazza Cavour)駅で下車。

【13:15】地上へ。

地元民並みの移動スピードだったと思います。

モルゲン駅。パパが券売機で切符を買おうとしていたら、有人の窓口に案内されました。切符は無事購入。
復路のケーブルカー。
次女は抱っこで。ババを食べて、お腹いっぱいになったかな。
長女は、昨日デジカメで自分で撮影したサン・ピエトロ大聖堂の写真を見ています。
ケーブルカーで、ふもとの駅に到着!
地下鉄はそれなりの混み具合。1駅なので立って乗ります。
地下鉄2線で、ナポリの街に戻って来ました。

ナポリ市街地の中心に顔を出す

【13:15】地下鉄を降りて地上に出たはいいものの、ここからは初めて見る風景。

道路が大きく、交通量も結構ありました。

さて、「スパッカ・ナポリ」の小路はどっちの方向だろう・・・。

キョロキョロすると、案内地図の看板を発見! ふむふむ、道路を渡った向こう側に「スパッカ・ナポリ」の小路があるのね・・・。

案内板の示す通りに向かうと、それらしい門を発見。ここが「スパッカ・ナポリ」に違いありません。

かわいい電話ボックスがありました(^^)/
地下鉄駅から出た所の風景。旧市街地はどっちの方向だろう・・・。
ここは、ナポリのメイン通りの1つですね。
スカッパ・ナポリの入口を発見!

【13:20】カフェでババは食べましたが、お昼はまだ。お腹空きました~。

けれども、私たちが目指すピザ屋さんはもうすぐ。

アメリカのクリントン大統領がイタリア訪問時に食べに訪れた、1枚1.5ユーロ(180円)の、激安激ウマ本物立ち食いナポリピザのお店は、ここからすぐなのです。

次回、クリントン大統領が食べたピザを紹介します。

ご訪問ありがとうございました! もしよろしければ、ポチっと応援クリックしていただけると嬉しいです(^^)/↓

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

私のブログを応援してくださる方、お手数ですがこちらもポチっとお願いいたします(^^)/↓


家族・子連れ旅行ランキング

※冬の南欧へ!子連れイタリア・シチリア島旅行記を第1話から読む方はこちら(全て無料)

【その他の子連れ海外旅行記など↓】

【台湾】若者と写真バトル

【ドイツ】男女混浴全裸サウナを目指す

【子育て】4歳になった次女の面白エピソード10選