ストックホルム中央駅のコインロッカーにスーツケースを預ける方法(1歳&4歳:子連れスウェーデン・フィンランド・エストニア旅 ♯10)

10分間の格闘を経て、駅のコインロッカーにスーツケース2つを預けることに成功しました!

【これまでの旅程】
1日目:羽田から北京経由でスウェーデンのストックホルムへ。アーランダ国際空港で数々のトラブルに見舞われながらも、鉄道と地下鉄を乗り継ぎ、ホテルにチェックイン。

2日目(今日):深夜2時30分起床。ホテルのレストランで朝食を摂り、午前8時前にホテルを出発。地下鉄で、ストックホルム中央駅までやって来ました。

【7:50】ストックホルム観光へ向けて、バッタハムン港脇のホテル「スキャンディック・アリアドネ」を、スーツケース2つを引きずりながら出発!

最初の目標は、ストックホルム中央駅のコインロッカーに、スーツケースを預けることです。

【9:00】面白エレベーターやくっさいエレベーターなどの関門をくぐり抜け、ストックホルム中央駅までやって来ました。

【2016.7 子連れ北欧旅行:2日目その3】

すぐにコインロッカーを発見

地上からエレベーターに乗って地下階で降りると、そのすぐ前がコインロッカーでした。

ラッキー!

見ると、スーツケースが入るような大型のもあります。

早速、開いている大型のロッカー2か所に、スーツケースをそれぞれ格納。扉を閉めます。

さて・・・、ここからどうするか。

ロッカーの中央にタッチパネル形式の操作盤がありますので、見てみます。

うわっ、スウェーデン語だ(^^;

落ち着け落ち着け、ほら、左にイギリス国旗の絵があるじゃない。これを押せば英語になるんだな・・・。

ポチっとな・・・。

ポチっと・・・。

ん? 

英語に切り替わらない!

え、英語でも怪しいのに、スウェーデン語なんて絶対無理!

そう思ってあわて出すと、数秒遅れて、画面が英語表示に切り替わりました。

良かった~~(^^;。

コインロッカーは、地上からのエレベーターを降りたすぐ前でした。
こちらと、隣のロッカーの2か所を利用。
イギリス国旗を押しても、なかなか英語に切り替わらないんだもん。焦りました(^^;

コインロッカーの操作方法

【9:05】画面に表示されている英語の案内を読み解きます。

1.Store you luggage in a vacant locker.

→まずは、荷物を、空いているロッカーに入れろということですね。「Store」がよくわからないけど。「ストア」って、お店のことじゃないのか。

2.Turn and hold the handle down for 3 seconds.

→ハンドルを回してホールドダウン? 3秒間。雰囲気で理解。とにかくそれらしいことをやってみよう。

3.Pay the fee at this paypoint.

→お金を払うのですね。

4.Save the reciept-the code opens your locker.

→レシートを大事に持っていて・・・開けるための番号が書いてあるから。なるほどなるほど。

【Press here to collect luggage】

→ん?「コレクト」って何だと思いましたが、「コレクト」は、「コレクション」の動詞形のような気がするぞ・・・。預けた荷物を受け取る時はここを押して、という意味かな多分。

料金は、24時間で小70クローネ(860円)、大90クローネ(1,100円)。

4時間だと、小60クローネ(740円)、大80クローネ(980円)。

私たちは夕方6時頃に荷物を取りに来る予定なので、24時間を選択。大2つで2,200円の出費は痛いですが、致し方なし・・・。

初め、「ハンドルを回して3秒間ホールドダウンする」ということが具体的にどういうことかわからなかったんですが、何回かやって、「そういうことか!」と理解。

ハンドルを回して押さえた状態で3秒以上経過すると、ウィ~ンとロックがかかります。

そして、すぐ上の支払い機で支払い。クレジットカード専用ですね。1か所ずつ支払います。

ここでカードをはじかれたらやだなと思いましたが・・・、エネオスVISAカードはここでも通用しました(^^)/

開けるときに使う数字が画面に表示され、紙のレシートも出て来ます。

私は念のため、スマホで画面を撮影。レシート無くしたら一巻の終わりですもんね。

私たちはスーツケース2つ預けるのにロッカーを2か所使いましたので、上の流れを2回繰り返しました。

夕方荷物を受け取る時、「レシートの番号を入力しても扉が開かない」といったトラブルに遭う確率も0.1%くらいあるんじゃないかな・・・などと思いつつ(^^;

ま、この辺のことは、心配していたら何もできないですね。

ただ、一応、万に一つの可能性として頭に入れておきます。何事も想定しておかないと、いざというときにもっと慌ててしまいますから・・・(万一そんなことになったら、夕方出発するフィンランド行きのフェリーには間違いなく乗り遅れます)。

この画面とにらめっこしながらやっていました。
支払機はこんな感じ。1か所ずつ支払います。
画面に表示された番号を、念のためスマホ撮影しました。
4歳「終わった?? じゃ、遊びに行こ!」

スウェーデンの「のび太くん」を発見

【9:15】無事、荷物を預けられたので、ストックホルム中央駅をちょっと覗いてみます。

昨日の夜も、空港からいったん来ているんですが、何しろ昨日はホテルに急ぐあまり、駅の見物なんてする余裕がなく・・・。

1階の待合フロア、高い天井で、解放感あふれる明るい空間でした。ヨーロッパの駅って感じ~~。

素敵だなぁ~~なんて思って見ていると、階段の近くに帽子をかぶった子どもがいるのが目に入りました。

ん?? 帽子の上についている、プロペラみたいなものは・・・。

あ、あれは、タケコプターだ!!

「ドラえもん」、スウェーデンでもやってるのかな??

嬉しくなって、近くに一緒にいたお父さんにカタコト英語で頼んで、長女と一緒に一枚記念撮影させてもらいました。

長女は半ば無理矢理写らされたので、しかめっ面。

男の子、せっかく写ってくれたのに、ごめんね~~(^^;

ストックホルム中央駅の待合フロア。ゆったりした造りで素敵です(^^)/
おや?? あの男の子の頭の上に乗っているのは・・・!!
スウェーデンののび太くんと。小学校1年生くらいかな。長女は4歳(もうすぐ5歳)、保育園年中組。

ノーベル賞の舞台「ストックホルム旧市庁舎」へ

【9:30】目指すストックホルム旧市庁舎までは、ストックホルム中央駅から徒歩5分。るるぶの地図を見ながら向かいます。

大人の足で5分。私たちで10分というところです。

ストックホルム中央駅を出た所。高層ビルが少なく、私はどこかホッとする風景。
寝ていた次女が起きました。代わりに長女が眠くなってベビーカーです。
連節バスが走っていました。
陽射しが暖かくて気持ちいい! 7月ですが涼しく、直射日光が暑いという感じはないです。
ここも信号機の位置が低く、青信号の時間は短いです。
もうすぐ旧市庁舎です。こんな街並みを歩きました。

【9:40】ストックホルム旧市庁舎着。

すごく素敵な・・・という表現では収まらないくらいに素敵な場所でした。

旧市庁舎、着きました!
天使の像かな?
旧市庁舎の敷地に入っていきます。
お天気もいいですね!

内部の見学は、英語のガイドツアーのみ。

参加者みんなが笑えば私たちも笑う次回に続きます。

結構辛いんですよねこれが・・・。

※夏の北欧へ!子連れ北欧旅行記を第1話から読んでみる方はこちら(全て無料)

【その他の子連れ海外旅行記など↓】

※世界遺産満載!子連れチェコ・ドイツ旅行記の第1話はこちら

インドネシアで子連れ寒中水泳

0歳児連れ北海道車中泊旅行