ローマ:サンタンジェロ橋からテルミニ駅へ戻る路線バスで券売機の罠(1歳&5歳:子連れイタリア旅 ♯21)

後ろがサンタンジェロ城。どうも今日、月曜日なのに開館しているみたいです。

【これまでの旅程】
0日目:金曜日の午後9時30分、東北地方の自宅をマイカーで出発。車中泊。

1日目:成田空港からモスクワ経由でローマ着。深夜12時過ぎにホテルにチェックイン。

2日目:ローマ観光。ホテルでほぼ徹夜した後、バールで朝ごはん。サンタ・マリア・マッジョーレ教会、コロッセオ、パラディーノの丘、フォロ・ロマーノ、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂などを観光。ホテルへの帰路、テルミニ駅でスリに遭い、夕飯は食べずに就寝。

3日目(今日):午前2時45分には全員起床。6時40分ホテル出発、テルミニ駅のカフェでバニーニ(サンドイッチ)を食べ、バスでバチカン市国へ。サン・ピエトロ大聖堂を見学しました。

午前11時20分、カフェでジェラートを買いますが、おつりのごまかし未遂に遭いました。

【11:40】ジェラートを食べ終わり、お店の前を出発しました。

【2017.1 子連れイタリア旅行:3日目その4】

屋台でおみやげを買う

サン・タン・ジェロ橋に向かう途中、おみやげを売っている屋台が気になりました。

キーホルダーやちょっとした置物など、ベタなものなんですが、んん?? 3個で5ユーロ!?

これ、安いじゃん!!

パパは立ち止まって、ローマって書いてあるキーホルダーを3個購入。パパと、子どもたち2人でそれぞれ1個ずつ分けました。パパは今でも家の鍵のキーホルダーとして大事に使っています(^^)/

たまに私がパパを撮ってみました。長女はぐっすり。
安い!
キーホルダー、5ユーロで3個買っちゃった! 私たちのおみやげはこんなもんです(^^;

サン・タン・ジェロ橋の風景

【11:50】サンタンジェロ橋に到着。美しい橋です。

橋の始点に位置するサンタンジェロ城、月曜日の今日は休館のはずだったんですが、どうもなぜか開いているみたい! 正面玄関も空いているし、上の窓からは観光客が顔を出しています。

う~~ん、行きたいけれど、時間がなくて行けない・・・。

橋を渡り、また戻って来ました。

後ろがサンタンジェロ城。どうも今日、月曜日なのに開館しているみたいです。
美しいと評判の、橋からの風景。のどかな感じですね。
この橋にも、すごい彫刻が何体も設置されています。
サンタンジェロ城の入口が開いています。
城の前から。天使の像がすごいです(^^)/
馬に乗った警察官がいました!
大道芸人さんでしょうか。よくできています(^^)/

方向転換を決断

【12:00】実は私たちは、ここである判断を迫られていました。

ナポリへ向かう特急列車の発車は、午後1時56分。テルミニ駅近くのホテルに荷物も取りに行かなくてはならないので、午後1時を目途に、テルミニ駅に戻りたい。

テルミニ駅までは、最寄りの地下鉄駅(徒歩20~30分)またはバス停(徒歩5分)から、乗車時間としては地下鉄で10分、バスで30分(ともに待ち時間としてさらに10分必要)。

当初予定していたのは、ここから1.2km離れたスペイン広場まで歩き、そこから地下鉄に乗ってテルミニ駅に戻るというもの。

スペイン広場に行くだけで30分。観光5分、地下鉄20分(待ち時間含む)、ホテルまでの徒歩5分で1時間。

ギリッギリで行けそうですが、ここで不安になったのが、道に迷ってしまうこと。もともとスペイン広場まで歩く予定で地図は持ってきていますが、私たち、スマホ使わないで旅行しているので・・・。

う~~ん・・・、1.2km先のスペイン広場に、時間がない中、今から向かうのは万一の時のリスクを感じる・・。

ここでパパが決断します。

スペイン広場をあきらめ、近くのバス停から路線バスでテルミニ駅に戻ろう!

そうね・・・。万が一にも、ナポリ行きの特急列車に乗り遅れるわけにはいかないですから。。。

ここは安全に、早めにホテルに向かうことにしました。

バス停のあるピーア広場へは、来た道を少し戻ります。
再び見えました、サン・ピエトロ大聖堂! 美しいですね~!!
サンタンジェロ城も、さようなら~。 いつか、絶対また来るからね!

路線バス券売機の罠

【12:10】少し戻った所にあるピーア広場のバス停に到着。

ここからテルミニ駅行きのバスが出ています。バス停の表示を確認すると・・・、確かに、テルミニ駅、と書いてある!

券売機もありますので、バスの切符を購入します。

券売機は2台並んでいました。

100分券が1.5ユーロですので、大人2枚で3ユーロですね。子どもは無料です。

昨日も使ってますし、今日も朝使ってますし、パパはもはやイタリアの券売機操作のプロフェッショナルです。

どうも、2台のうち1枚は起床画面の表示が消えていて、故障中のようです(「故障中」の張り紙等はありませんが)。

じゃ、もう片方の券売機を使います。

プロが、操作しますが・・・。

あれ? 画面を操作(欲しい切符と枚数を確定)した後、3ユーロ(2ユーロコイン+1ユーロコイン)を入れても、ウンともスンともいいません

あれっ! 確かにコイン入れたのに??

パパは、追加で2ユーロコインを投入

しかし、ウンともスンともいいません!

あれ~~っ! 確かにお金入れてるのに・・・。

パパが悪戦苦闘していると、バスを待っていたイタリア人女性から声がかかりました。

イタリア人女性:その券売機、壊れてるわよ!

パパ:えッ! ありがとうございます!

何と、券売機は2台ありましたが、両方とも壊れていたのです!

当然、そんな表示はどこにもなし。

くぅぅぅ、パパが券売機に投入した5ユーロは、飲み込まれてしまいました"(-“"-)"

覚悟の無賃乗車

パパは怒り心頭です。

パパ:何だこれ!! 5ユーロも払ったし、俺はもう1ユーロも払わない! このままバスに乗るぞ!

私:・・・・・(大丈夫かな・・・)。

イタリアのバスは、日本のバスみたいに降りる時の運賃支払いはなく、信用商売。

お客は好きなバス停で乗って好きなバス停でチェックなく降りますが、万一車内検札があった際、無賃乗車は高額な(1人50ユーロらしい)罰金が科せられるというシステム。

そこをパパ、切符無しに乗り込もうというのです!

【12:20】そんなことを話しているうちに、テルミニ駅行きのバスがやって来てしまいました! 特急列車まで時間の余裕も全くないし、切符を買う術はないし、乗車します。

考える時間もないまま、賽は投げられました!!

バスの車内で切符は買えないと思っていました。運転手に車内で聞いてみるという手はありますが、やぶへびになる(=即罰金を申し伝えられる)心配があったので、聞きませんでした。

※当時は車内では買えないと思っていましたが、今調べてみると、割高だけれど車内で買える場合もあるようです。

もし検札があったなら、いくら私たちがピーア広場の券売機全部故障と5ユーロ支払いを主張したとしても認められないでしょう。

バスが停留所に止まるたびにドキドキ・・・・。途中の停留所から検札員が乗ってくる場合もあるように思われ・・・。

35分間、ずっとドキドキしていました。

【12:55】無事(どういう意味だ(^^;)、テルミニ駅前のバスターミナルに到着!

やった 検札なしでたどり着きました!

この時、無賃乗車の罪悪感は全くありませんでした。達成感のみ。だって私たち、本来3ユーロの所、5ユーロも払っているんですから! 

ぼったくりですよ!!(注:裁判では負けると思います)。

駅に入り、駅の様子を少し確認。

特急列車は午後1時56分発ですので、あと1時間です。急いでホテルに荷物を取りに行きます!

バスに無賃乗車中。ドキドキ・・・。切符が買えなかったんだから仕方ない、とパパは言いますが・・・。
無事、テルミニ駅前に到着! 検札はありませんでした。
テルミニ駅に向かいます。
戻って来ました! 悪の巣窟、テルミニ駅に!
駅の中の様子をうかがいます。
次女が目を覚ましました(^^)/
長女も起床。「あれ? ここどこ?」

ホテルで荷物をゲット

【13:05】ホテル フェニシアで無事荷物をゲット。ここで手間取ったらどうしようかと思っていました。

スーツケース2つを押し、ベビーカーを押し、再びテルミニ駅に向かいます。

これが、私たちの荷物です(+子どもたち)。

駅のスーパーでお昼ご飯の買い出し

【13:10】テルミニ駅着。

スペイン広場をカットしたおかげで、少し時間に余裕があります。

けれども、ランチをしている時間はない・・・。

私たちは、駅のスーパーで総菜を買い込み、特急列車の車内でお昼ご飯にすることにしました。

ドイツのように、特急列車に食堂車があるかどうかはわからなかったので、買っていくことにします。ちなみに、ナポリまでの所要時間は約2時間です。

スーパーに行ってみると、パン、ハム、チーズ、サラダ類、いろいろ揃っていました! 時間がないので目につくものを次々と買い物かごに入れていきます。

パパはもちろんイタリアの缶ビールも(^^;

しめて、33.3ユーロ(4,000円)のお買い上げ。

急ぎ、ホームへ向かいます。

駅のスーパーは、清潔で、品ぞろえもバッチリ!
イチゴが1パック5ユーロで売っていました。これ買っていこう!
袋サラダが各種いろいろ。これ、そのまま食べていい物なのかわからなかったけれどいくつか購入。

特急列車の発車番線が表示されない・・・

【13:35】テルミニ駅の電光掲示板の前に来ました。発車20分前です。

良かった~~! セーフ!! 順調です!

私たちが乗る特急列車は、列車番号8877番、フレッチェビアンカ(特急列車)、レッジオ行き(ナポリ方面)。チケットはネットで購入済み。午後1時56分発。

電光掲示板で該当の列車は見つけましたが・・・。

あれ? 発車番線がまだ出てない・・

テルミニ駅では、発車番線の表示が遅くなることがあるという情報はありました。な~に、まだ発車20分前。あと5分くらいしたら出るのでしょう。それか、電車が遅れているか・・・。

のんびり待つことにします。ここはイタリアですし。

のんびり。

のんびり待ちますよ~。それにしても遅いな・・・。

電光掲示板だけを見てはいけない。スリに注意しないと・・・。

あいつ、さっきからこっちのことちょくちょく見てないか? 何か怪しいナ・・・。

昨日、スリに2回遭っているため、みんなスリに見えて仕方ありません(^^;

【13:46】って感じで待つこと11分。

おいおい、まだ出ないぞ・・・。もう発車10分前なのに・・・(^^;。

テルミニ駅はイタリア最大の駅。東京駅みたいなもんです。ざっと案内表示を見ただけで、29番線まであります。

1~8番線はここの正面みたいですぐ行けそうですが、9番線以降は「あっち→」と看板が出ています。

私たちは、大きなスーツケース2つ、大きなカバン1つ、夫婦2人でリュックをかつぎ、私は寝ている次女を抱っこし、長女が寝ているベビーカーもあります。

9番線以降がどのくらい離れた場所にあるのかもわからないし、同じフロアかもわからない(エレベーターとか経由するかもしれない)し、初めて行くのだから迷ってしまう可能性だってあります。

10分前になっても、出発ホームが出ないなんて・・・。

そこから、さらに2分が経過。出発8分前。

まだ出ない!

【13:49】出発7分前! まだ出ない・・・。

【13:50】出発6分前。電光掲示板を睨んでいると、このタイミングで表示が出ました!

何と、10番線!!

ええっ!!!

9番線以降だ!!!

とりあえず右の方向だ!!!

列車遅延の表示もなく、いきなり表示された「10」の番号。ひょっとして遅延じゃなくて、定刻通りの出発なのか!?

私はベビーカーを押し、パパはスーツケース2つを両手で転がしながら、とにかく矢印の方向へ進みます。

10番線を探せ!!

こんなんで特急列車に乗り遅れるなんて、冗談じゃない!!

私はベビーカーを駆け足で押しますが、スーツケース2台を押しているパパはどうしても遅れます。ここは、私ががんばらないとだ!!!!

2分経過。駅構内をかなり進みましたが、まだ10番線はありません。

あった! 10番線! あそこだ!! 見えた!

振り返ると、パパは10メートルほど後方。やはり駆け足は無理なようです。

10番線ホームに入りました! 

発車3分前!! 

長~い編成の列車が停まっています。この列車に乗るのです。列車が停車している位置まで30メートル!

私が背中にリュックを担いで前に子供を抱っこしながらベビーカーを押して駆け足で近づいていくと、ホームに車掌さんが出ていて、「早く! 早く!」と私を手招き。

発車まであと2分!!

振り返ると、パパがいません! まだ10番線ホームまで来れていないのです!!

私がこの列車を止めてみせる!!

1番線~8番線まではこの正面みたいですね。
午後1時47分、発車まであと9分。未だに発着ホームが発表されません。
13:56発なのですが・・・。遅延や故障の表示もなし。
スリに注意しながら立ち続けます。
午後1時49分。もう出発7分前なのに。まだ出発ホームが出ない・・・。

特急列車がピッタリ定刻通りに発車する次回に続きます。

ご訪問ありがとうございました! もしよろしければ、ポチっと応援クリックしていただけると嬉しいです(^^)/↓

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

私のブログを応援してくださる方、お手数ですがこちらもポチっとお願いいたします(^^)/↓


家族・子連れ旅行ランキング

※冬の南欧へ!子連れイタリア・シチリア島旅行記を第1話から読む方はこちら(全て無料)

【その他の子連れ海外旅行記など↓】

【台湾】親切な台湾人に日本酒(小パック)をあげたらこうなった

【ドイツ】特急列車の食堂車で、値段が大変なことに・・・

【病気】小学1年生が12日間入院した時の自己負担額