高雄:蓮池譚の客待ちタクシーは要注意~KRT新左営駅までみえみえの遠回りされる~(0歳&4歳:子連れ台湾周遊旅 ♯43)

蓮池譚の池の上の巨大像、玄天上帝神像をバックに(像から80mの地点で撮影)

【10:00】龍虎塔から、次の見どころに徒歩で向かいます。

蓮池譚には、「見どころ」が数か所あるので、湖沿いを歩きながら、それぞれ訪問する予定ですが・・・、途中、長女が電池切れでへたりこんでしまったので、パパの肩車で行きます。

【2015.11台湾周遊旅:8日目その2】

春秋御閣へ

【10:05】龍虎塔から北へ200mほど歩くと、「春秋御閣」という、龍の建物?がある所があります。ここも面白い~~。龍がとてもきれいで、コミカルな顔をしています。

龍の前には池があり、覗くと大きなカメがたくさん。カメさんに長女が反応し、肩車から降ります。しばらくカメを見て遊んでいました。

疲れたので、龍の中に入る前に、冷たい飲み物を飲んで休憩しよう~~(^^)/

次の見所にやって来ました!
躍動感たっぷりの馬の彫刻
なぜか数珠をくわえたトリが・・・。
こっちの龍もきれいです。中に入れるようです。

向かいの「嚮茶(Shiny Tea)」さんへ

春秋御閣のすぐ向かいはお茶屋さんだったので、事前情報はありませんでしたが飛び込み。

お茶屋さんに向かう途中、路上の屋台でソーセージを売っていました。「大腸包小腸」って書いてあります。どういう意味なんだ・・・。おいしいのかな・・・。

台湾や中国の加工肉は、癖のある調味料の物もあるので・・。

長女が「お腹空いた、ソーセージ食べたい」というので、恐る恐る1つ買ってみます。食べてみると、おいしい! これなら子どもも大丈夫。

大きなソーセージを1本、長女がすぐに食べてしまいました(^^)/。

ソーセージの屋台を発見! おいしいのかな・・。
ソーセージ屋さんの傍らで、フルーツも売られていました。

嚮茶にて。

私は、シークァーサージュース(微糖)を注文。

パパはオススメと書いてあった「アップルビネガー レッド(微糖)」を。

どっちも、蓋をして出してくれて、衛生的です。

「アップルビネガー レッド」を飲んだパパ、「ちょっと微妙~~」とのこと。どれどれ・・・、あ、これ、りんご酢ドリンクだ!

アップルと、ビネガーですもんね! パパは言葉の意味をよく考えないで頼んだようです。パパは酢があまりすきじゃないもんね。私的には、とってもおいしかったです!

ジュースを飲みながら、目の前の観光スポットにいる台湾人の若者たちを観察。それにしてもみんながみんな、キャノンかニコンの一眼レフカメラを首からぶら下げています。スマホのように、必須アイテムなんですね・・・。私たちも一眼レフカメラ、買おうかしら・・・(この時はまだ持っていなかったので)。

アップルビネガー(手前)と、シークァーサー(奥)
アップルビネガー、おいしいじゃない!
お茶屋さんから見える風景。定期的に塗装し直してるんだろうなぁあの龍・・・。

「ひや~~ん」ごっこ

少し飲んだところで、長女が何か思いついたようです。

長女:次女に「ひや~~ん」したい!

私:いいよ~~。

長女:(次女にジュースを触らせて)ひや~~ん! 気持ちいい??

長女:私にも「ひや~~ん」やって!

私:それ!(おでこに「ひや~~ん」

長女:冷たい~~!

パパ:次は、パパとママでひや~~んだ!

そんな感じで遊んでいました。

次女に「ひや~~ん」。冷たいでしょ~。
冷たい~~!
ダブルで来たぁ~~っ!
ジュース休憩で、すっかり元気になりました(^^)/

龍に入る

【10:30】お茶屋さんで冷たい飲み物を飲んで、すっかり復活した私たち。

よし、龍の中に入ろう!

こっちの龍は、いきなり階段で上って行きます。なんかコミカルな顔立ち。

入っていくと、神様の絵のようなものが両側にず~~っと。意味は分かりませんが面白いです。それにしても、意外と長いぞこの龍・・・。

けっこう歩いて、外へ。1分くらいかかったでしょうか。

ぱくっ! 怖くない龍です。
中はこんなトンネルに。結構長いです。
上がって下がって・・・。転ばないようにしないと。中は涼しいです。
外に出て来ました! 広い池が見渡せます。
湖には蓮が咲いていました。

龍の先の「五里亭」のBGMは、日本の演歌

【10:40】龍の先には、湖のほうへ長い橋が突き出ていて、先にはなにやら中国風のお宮みたいな建物が。100mくらいかな。とりあえず行ってみます!

これは「五里亭」という建物。2階建ての展望台になっていて、蓮池譚を見渡せます。

2階に上り、しばし休憩。何があるわけではないけれど、ゆったりした時間。ツアー旅行ではないよなこういうのは・・・などと考えていました。

音楽が流れています。

ん?? これ、どこかで聞いたようなメロディー・・・。

あ、「浪花節だよ人生は」だ!!!

こんな所で日本の曲、しかも演歌が流れているとはびっくり。次の曲も、細川たかしの、これまた聞いたことのある曲でした。

何だこれ、面白い~~(^^)/

演歌のメロディーを聴きながら、ふと抱っこしている次女を見ると、下の前歯が顔を出しています! 1週間前に台湾に来た時は完全に歯茎に隠れていたのに。台湾旅行中にみるみる歯が生えてくるなんて、赤ちゃんの変化は早いですよね~~~(^^)/

五里亭に向かって、橋を渡ります。
「五里亭」の2階。風が気持ちいいです。
あっ、下の前歯が生えてきました!
五里亭から、龍虎塔を望む。BGMは「浪花節だよ人生は」
あっちも何かデカいのがあるぞ・・・。あそこまで行ってみようか!

次は「玄天上帝神像」へ

【11:00】次は、ここから400m歩いた先にあった、あの大きな像に向かいます。ちょっと遠いけど・・・、がんばるぞ!

あそこまでは少し距離があるので、長女の体力温存に、パパの肩車でいきます。

よいしょ、よいしょ。長女は枝を触ったりしながら行きます。
途中から、長女の抱っこをパパと交代。パパいわく「絶対俺の肩車よりママの抱っこのほうを喜んでる」。
大きな像が近づいてきました。大きい!
到着! このあたりで、市民が青空カラオケをやっていました。
「よし、あそこまでパパとかけっこだ!(パパは次女を抱っこしながら走っています)」

こんな所にゲームコーナー

「玄天上帝神像」の少し手前の両側で、それぞれ左右方向に行けるようになっているんですが、そこにあったのは休憩所・・・でなくて、なぜかゲームコーナー(乗り物コーナー)!!

どうしてこんな所にゲームコーナーが(^^; 日本だったらあり得ないセンスです。

でも、長女は大喜び!

乗り物は全部1回10元(40円)。早速、2~3種類乗って遊びました。

わぁぁ、乗り物コーナーだ!!
10元って安いナ・・・(抱っこしていた次女を足に挟んでいるパパ)。
楽しいよ~~!
わお! 左右に傾きながら回ります。
ゲームコーナーから岸の方を見る

もう片方の乗り物は機械系

もう片方のゲームコーナーにもダッシュ! こっちにもある~~~!

もう片方のは、車や飛行機などの機械系。こっちでも2種類乗って、乗り物コーナーを堪能しました。

あっちにもある~~~!
乗りたいナ~~これも・・・。
ハンドルを握ってご満悦の4歳。1回40円だし、いくらでも(^^)/
何かここ、楽しい~!

ようやくメインへ

【11:30】ようやくメインの像へ。

私たちにとっては、完全にさっきの乗り物がメインでした(^^; でも、一応、このでっかい像にも入ってみます。とにかくデカい。高さは10mくらいあると思います。

像が立ち並ぶきれいな橋です。
玄天上帝神像。とにかくデカい!
像の中。お参りができるようになっています。踊りながら歩きました。

「入るまで占う」

【11:40】像の前に、占いコーナーがありました。見るからにやり方は簡単。

狙う壺に、コインを投げて、入れば願いが叶うのでしょう。

「学業進歩」「招財進賽」など、いろんな壺があります。

私は、お金がたまりますように、「招財進賽」だ!

10元玉を投げたら、何と1発でイン! やった!!

それを見たパパ。俺は・・・と、子どもたちの「学業進歩」を願って、10元玉を投げますが、外れ。あれ・・・、こんなはずじゃ・・・。

くやしかったのか、すぐ2回目にチェレンジ。すると、何と、また外れ!!

あちゃ~~、うちの子どもは学業の運がないのかな・・・(^^;。

パパ:あ、今投げたコインがそこに引っかかってる

パパ、引っかかっていたコインを拾って、3たびのチェレンジ。そしてようやく、入った~~(^^)/

次は、次女の分・・・(まだやるのかパパ・・・)

長女を抱っこしてコインを投げたら、今度は一発で「学業進歩」に入りました。

しつこくコインを入るまで投げ続ける・・・。もはや占いでも何でもありませんね(^^;

コイン投げの占い、やってみよう!
入るかな~~。
いろんな願い事の壺があります。
長女を抱っこして、パパが投げます(パパ4回目)。
今度は一発で入った!
入ったぞ~~(^^)/
楽しかった蓮池譚玄天上帝神像を後にします。

タクシーに見え見えの遠回りされる

さて、駅へ向かい、次の目的地へ移動します。

ここからKRT新左営駅までは約1km。歩けないこともないですが、今朝の左営駅から始まって、龍虎塔、玄天上帝神像と、ここまで優に1km以上は歩いています。この先も観光はあるし、ここから駅まではタクシーで行くことにします。

すぐ前に、客待ちをしているタクシーが1台。ちょっといやな予感はしましたが、1台しかいないし、このタクシーにお願いすることに。メーター走行です。

「KRTのステーション!」「OK・・・」そう言って走り出したタクシー、KRTの駅へ行くには駐車場から右折して1kmなのに、おもむろに左折するタクシー。蓮池譚をわざと逆回りで走り出したのです! 池を逆回りで回ると、KRTの駅までは2kmになります。

あああ、日本人観光客だと思って、見え見えの遠回りだよ~~~"(-“"-)"。

ドン引きでしたが、まぁぼったくりタクシーに比べればかわいいと、そのまま大人しく倍の距離を乗ってお金(125元/500円)を払ったのでした・・・。ま、500円だし・・・(^^;

多分、今の私たちなら、「そっちじゃないわよ、こっちでしょ! ふざけてるの、すぐ引き返して!」と大声で騒いでいたでしょう(^^;

とことん面白い台湾

【12:00】KRT新左営駅着。ここは、新幹線の駅でもあります。

ここからKRT(高雄版MRT)に乗って、途中の美麗島駅で乗り換え、終点の西子湾駅で下車、そこからフェリーに乗って、海沿いの籏津半島へと向かいます。

4歳:ねぇ、見てあれ!!

駅前にまたもや変なモニュメント発見。台湾の人って、ほんとユーモアを大事にしますよね~。新幹線の駅の駅前に、コレですから・・・(^^;

な、なにあれ~~!!
踏切の警報器をぶっ刺したモニュメントです(^^;
かっこいい駅名表示で、パパと。台湾って本当に面白い(^^)/

海風に吹かれる次回に続きます。

※英語話せない人に絶対オススメ!子連れ台湾周遊旅行記第1話はこちら。

【その他の子連れ海外旅行記↓】

※コロナに気をつけて行く! 2020.7宮古島旅行記の第1話はこちら

※トラブル連発!子連れインドネシア旅行記の第1話はこちら

※世界遺産満載!子連れチェコ・ドイツ旅行記の第1話はこちら