ジョグジャカルタ郊外観光は、安価な日本語タクシーチャーターで決まり!(2018.8 子連れインドネシア旅 ♯5)

【写真】「ジョグジャカルタドライバー」の日本語ドライバー、ハリーさんと。いい人です(^^♪。

【インドネシア旅:準備編その3】

ジョグジャカルタ郊外の観光は、日本語タクシーのチャーターで決まり!

今回のインドネシア旅行のメインとなる、ジョグジャカルタ。

どうしてメインかって?そりゃ、近くに、世界遺産のボロブドゥール遺跡とプランバナン遺跡があるからです(^^♪

ジャカルタからも遠く、もう2度と来られないかもしれないので、私たちはジョグジャカルタに日数を割き、2つの世界遺産はもちろん、その他の郊外の見どころも観光に行くことにしました。

郊外の見どころへは、路線バスやローカル列車、それにタクシーを組み合わせて行く方法を検討していましたが、路線バスやローカル列車を使うと安く行けますがどうしても時間がかかるし、順調にいくとは限らないし、一方で旅行会社にハイヤーチャーターを頼むと1日1万円以上はかかる(と思っていた)し、どうしようかなと悩んでいた時、安価に日本語タクシーをやっている会社をネットで発見しました。

それが、私たちがお世話になった「ジョグジャカルタドライバー」です。

ここは基本、英語ドライバーの会社なんですが、1人だけ、ハリーさんという人が簡単な日本語を話せます。

それだけなら”ふ~ん”という感じですが、この会社のいいとこは、このハリーさんでも、

他の英語ドライバーと同料金なんです(2018年2月現在)!

しかも、私の知る所、ホテルで現地タクシーをチャーター(インドネシア語ドライバー)するのと比較して、この「ジョグジャカルタドライバー」が提示する料金は、

現地ホテルで手配するインドネシア語ドライバーと同じくらいなんです(あくまで私の知る所)!

私は、朝8時から夜8時まで、ジョグジャカルタ郊外のソロをいろいろ観光して、70万ルピー(当時のレートで5,600円くらい)でした。

12時間、日本語タクシーで5,600円ですよ?

このありえない価格、海外旅行に慣れている方ならわかるはずです。とにかく、普通、日本語ドライバーは高いんです。英語ドライバーの1.5倍なんてザラです。

しかも、この金額は、ホテルでインドネシア語のタクシーを外国人がチャーターするとの同じくらいの金額なんです。いや、ホテル手配のタクシーチャーターだともっとふっかけてきます(12時間だと120万ルピーとか)。

そんな価格で日本語ドライバーのタクシーをチャーターできる、うそのような本当の話を実現しているのが、この「ジョグジャカルタドライバー」なんです!

日本語タクシー1日チャーターは、様々なリスクの排除と時間の節約ができ(路線バスや現地タクシーに比べてタクシーチャーターが子連れ旅行にどんなにメリットがあるか、英語タクシーに比べて日本語タクシーはどんなに楽で安心できるかは、説明するまでもありませんよね)、英語話せない日本人の子連れ海外旅行において間違いなくベストな選択です。

私たちの依頼内容

私たちは、ジョグジャカルタ郊外を観光するにあたって、つぎの2つのルートを日本から事前予約しました。

ルート1.ジョグジャカルタのホテル→(ボロブドゥールの周辺を4か所観光)→ボロブドゥールのホテル
10:00~18:00(8時間チャーター)・・・50万ルピー(約4,000円)

ルート2.ジョグジャカルタのホテル→ソロ(カススナン王宮、マンクヌガラン王宮、レストラン)→スク―寺院→チュト寺院→ジョグジャカルタのホテル
8:00~20:00(12時間チャーター)・・・70万ルピー(約5,600円)

日本語タクシーをチャーターした2つのルート

ちなみに、「地球の歩き方インドネシア 2018~2019」の112ページに「タクシーのチャーターは1時間10万ルピーほどで可能」と書いてあります。上記の金額がいかに良心的かわかると思います。

ジョグジャカルタドライバーの依頼方法

ジョグジャカルタドライバーのホームページはこちら(英語)

私たちはオリジナルのルートでチャーターしましたが、ホームページを見ると、お決まりのルートであればさらにお得なようです。ぜひチェックしてみてくださいね。

まずは「contacts」のところからこちらのEメールアドレスを記載して簡単な訪問日程、チャーター時間と訪問先の希望を入れると、恐らく翌営業日にメールで連絡があり、金額を提示してくれます。金額の目安は左に書いてある通り。ハリーさんを名指し指名しましょう。日本語ドライバー指名だからと言って追加料金はありません。

ハリーさんと一緒にお昼ご飯を食べましょう

ハリーさんでも別の人でも、もし日本語タクシーをゲット出来たら、運転手さんに食事をごちそうして、一緒に現地のレストランに付き合ってもらいましょう。注文をしてくれますし、オススメ料理や、これは何かなど、日本語で教えてくれてとてもいいですよ。

現地の食堂であれば1食500円以下ですので、値段を気にしないで食事できます。

ハリーさんと一緒にローカルレストランでランチをした記事はこちら

もし、ハリーさんを逃してしまったら

ハリーさんも、必ず予約できるわけではありません。もしハリーさんを逃してしまったら、あなたが片言の英語ができる人ならそのままジョグジャカルタドライバー社の英語ドライバーでいいと思います。ホテルでインドネシア語のタクシーをチャーターするより確実に安いですから(^^)/

もし、どうしても日本語ドライバーが良ければ、「ジョグジャカルタドライバー」社よりかなり高いですが日本語で予約できる日本語タクシーの会社があるようですので、検索してみてくださいね。

また、一人旅やご夫婦2人旅とかであれば、現地手配でのジョグジャカルタ発の英語ツアーに参加するのも楽だと思います。ボロブドゥールはもちろん、いくつかのプランがあるようです。ジョグジャカルタのホテルや、ホテル近くの旅行社で取り扱っていて、多くの欧米人観光客(オランダ人が多い)が利用していました。

事前準備の話はとりあえずここまで。

次回は、地方都市から成田空港までの安価なアクセス方法を考えてみます。私たちはこれで費用を節約しています。

家族連れの方の参考になれば(^^)/

※世界遺産満載!子連れチェコ・ドイツ旅行記の第1話はこちら

※神秘の国を行く!子連れミャンマ―旅行記の第1話はこちら