エッゲンベルグ醸造所レストランでノンフィルタービールを飲む(2019.9 子連れチェコ・ドイツ旅 #56)

エッゲンベルグのノンフィルター生ビールを、グラーシュと一緒に。

【17:00】チェスキー・クルムロフ城を出て、城の入口の赤い門まで戻って来ました。

午後7時発のバスです。まだお腹は空いていませんが、早めに夕ご飯を食べに行きます。

夕ご飯は、当初から決めていた、チェスキー・クルムロフの地ビール「エッゲンベルグ」醸造所併設のレストランでいただきます。

【チェコ・ドイツ旅:7日目その4】

このレストラン、午前中、道に迷いながらチェスキー・クルムロフに到着した際に偶然前を通りがかったので、道はバッチリ。朝来た道を戻ります。

子どもたちが2人ともダウン・・・。

庭園から赤い門(城の出入口)までは、次女をベビーカーに乗せ、長女は歩きでがんばってくれました。しかし、「赤い門」まででグロッキー。眠いというので、長女をベビーカーに乗せ、次女は私の抱っこに切り替えました。

抱っこには、抱っこ紐を使います。

長女、次女ともにぐっすり。

【17:10】歩くこと10分。エッゲンベルグ醸造所のレストランに到着。

入る時に階段があったので、ベビーカーで寝ている長女をベビーカーから出してパパが抱っこして・・・と一苦労。何とか店内に入りました。

店内は広いんですが、奥の方の席は全部「予約席」。恐らくこれから団体客がドヤドヤと入ってくるのでしょう。私たちのような個人客は、店の入り口付近のテーブルに通されるようです。

エッゲンベルグ醸造所のレストラン。午前中に通り過ぎてからの、2回目の来訪です。

この臭いスープ、何だ・・・?

【17:20】長女はベビーカーで寝せながら、同じく爆睡中の次女は私が抱っこしながら注文。

実はこれまで、チェコ郷土料理のビーフシチュー「グラーシュ」を一度も食べていなかったため、ここでグラーシュ(175コルナ)を注文。

あとはお茶(30コルナ)と、パパはエッゲンブルグのノンフィルター生ビール500ml(45コルナ)を注文。

まだ時間が早いのであまりお腹は空いていないんですが、グラーシュだけというのも味気ないので、もう一品、スープを頼むことに。

スープは3種類。ビーフのスープ、ガーリックとポテトのスープ、そしてもう1つ、「Tripe soup」。トリペスープ? よし、よくわからないから、それにしよう! ということで、トリペスープ(40コルナ)を注文。

エッゲンベルグの各種生ビールが揃っています。パパはノンフィルター生ビールを注文。

【17:30】注文を完了してから3分後。

ティーが出てきました。

でかっ! ポットじゃなくて、大きいカップで出てきました。しかも、お湯とティーバッグ。自分で淹れるんですね。これは初めての経験です・・・(^^;

その1分後。グラーシュと、生ビールが同時に到着。グラーシュ早っ! 煮込み料理だから、大量に作ってあるんですね。パンとクネドリーキがついてきました。

そしてさらに1分後。謎の「トリペスープ」がカップに入って登場!

何と、注文してから5分で、全部出てきました(^^)/ これまでの海外旅行でのレストランで最速記録を更新です(^^)/

けれど、・・・何か変な臭いがします! このスープから臭うみたいだ・・・。

ん? これは、モツのスープだ! 牛モツかな? とにかくモツ。それにしてもこんなに臭いモツのスープは初めてです。材料が新鮮でないか、下ごしらえが不十分なのでしょう。

ゲロゲロ。こんな臭いの食べられないよ~~。お腹壊しそう。ペロッと味見だけして、テーブルの隅の一番遠いところに追いやりました(^^; おいしかったのかもしれませんが、味はわからず。何しろ強烈な悪臭で・・・(^^;。チェコ人、こんなの食べるのでしょうか。

ここで、長女が目を覚ましました。ベビーカーから出して、一緒にグラーシュを食べました。

お茶を頼んだら、お湯とティーバッグが!
さすがに伝統料理グラーシュは外れなし。
ノンフィルタービールとモツのスープ(奥のカップ)。スープは悪臭です。
ゲロゲロ~~(^^; せめて臭いがなければ食べられるんですが・・・(^^; モツ好きはぜひ挑戦を!
注文して5分後のテーブル。全部揃いました(^^)/
長女もグラーシュはパクパク。

【18:15】店を出てきました。お会計は合計290コルナ(1,400円)。安いです。

不思議なもので、店を出たとたん、ぐっすり寝ていた次女が目を覚ましました。あ~あ、グラーシュ、おいしかったのに~~。

バスの出発は午後7時。あと40分くらいあります。これから、チェスキー・クルムロフに着いて間もない頃に気になっていたマカロン屋さんへ、おみやげを買いに行き、その後は来た道とは違うルートを通ってバスターミナルまで行こうと思っていました。この時は。

次女は元気みたいなので自分で歩いてもらい、ベビーカーに長女を乗せます。ここからバス停まではぐるっと回って1Km近く歩くので、子どもたち体力は大事に使っていかないと。

【18:30】歩いて10分。赤い門の近くのマカロン屋さんに到着。買い物の映像はありませんが、子ども2人が2つずつ、長女は白と黄色。次女は白とピンク。あとは袋入りのチョコ。合計172コルナ(860円)。

・・・さらにこの時、私たちはマカロン屋さんでマカロンを買ったつもりが、翌朝食べてみたら、マシュマロ屋さんでマシュマロを買っていたのだということが発覚! 見た目から、てっきりマカロンかと。。。(^^; 

「マシュマロ屋さん」というお店がこの世にあることに、思い至らなかったのです。

次女が目を覚ましました。おいしかった!
「マカロン買ってきたよ!」(買ってきたのはマシュマロでした)

3つの選択肢

【18:40】マカロン屋さんじゃなくてマシュマロ屋さんを出た時点で、すでに午後6時40分になっていました。バスの出発時刻まではあとわずか20分! バス停まで、ここから400m~800mもあります。

をさて、これからどうするか。私たちには3つの選択肢がありました。

1.通ったことのない道を通ってバス停に行く(さっきまで考えていたルート。800m)

2.近くのバス停に行く(400m。位置は午前中に確認済み)

3.元来た道を戻る(600m。長い上り階段あり。来た道なのでルートは確認済み)

<考察>

「1」については、最初は街歩きを兼ねて来た道と違うルートでバス停まで行くつもりでしたが、あと20分しかなくて800mとなると、道に迷ったら一巻の終わり。リスクがありますので取りやめます。

「2」については、バス停も確認済み、最終バスが午後7時5分発だということも併せて確認済み。午後7時にバスターミナルを出たバスが、7時5分にこのバス停に停車後、プラハに向かうということは分かりました。距離も3つのプランの中で最も近い。

しかし、バスが確実にこの停留所に寄るのか確信が持てません。私たちはバスターミナルからの切符を持っています。もし、この近くのバス停から乗車予定の客が1人もいなくてバスが満席だったら、バスはこのバス停には寄らないかもしれません。

「2」も、リスクを感じたのでパス。

一番確実なのは、距離もあって階段もあるけれど、来た道を戻る「3」。これしかない!

ここからは次女をベビーカー、長女は歩きで、ひたすらバス停に向かいます!

時間に余裕はありません。私たちの旅って、どうしていつもこうなるのかしら・・・。またエッゲンブルグ醸造所の前を通り過ぎます。行ったり来たりで本日3回目。どうしてこう非効率な歩き方を・・・。全て、チェスキー・クルムロフに着いた時点で、プランと真逆の入り口から村に入ってしまったことに起因しています。

考えてもしょうがない! 今はバスターミナルに急がないと! プラハまではバスで3時間。このバスに乗り遅れたら、最終の午後8時発のバスはありますがすでに満席の可能性もあり、プラハに戻れない深刻な事態になる可能性がありました。

急げ~~! バスの出発まであと17分しかありません!
急ぎ足で世界遺産の街並みを進みます。
ここからは上り階段! 子どもたちは元気なので自分で上ってもらいます。

発車5分前にバスターミナルに到着!

【18:55】発車5分前! 何とかバスターミナルに到着。黄色いバスが、荷物の積み込み作業をしている所でした。乗り場は事前調査はしていませんでしたが、ここ7番線。バス停に「ナ・クニゼッチ」と表示されているので大丈夫、このバスに間違いありません。

運転手さんにバウチャーを見せてOK。

無事乗り込んで、まずは休憩。さっきのマカロン屋マシュマロ屋さんで買った袋入りのチョコレートを食べることに。おいしい~~(^^)/ 日本人が食べてもとってもおいしいです(^^)/

バスターミナルに着くと、荷物の積み込みが始まっていました!
プラハの「ナ・クニゼッチ」バスターミナル行きは7番線からの出発。
チョコレート、とってもおいしい! 次女は寝ていて夕ご飯食べられなかったもんね・・・(^^;
長女は早速ゲームで遊び始めました。

30分もすると外も暗くなってきて、私たちはみんなスヤスヤ。

【22:00】定刻通り、ナ・クニゼッチバスターミナルに到着。

午後10時、定刻通りにナ・クニゼッチバスターミナルに到着!

Andel駅、下りは階段オンリー!

さ、地下鉄に乗って、ホテルのあるチェスコモラウスカ駅に向かいます。地下鉄のチケットは持っていないため、この駅で買わなくてはいけません。

朝来た道を戻ると・・・、何と、エスカレーターは上りだけ! 下りは階段です。今は長女がベビーカーで就寝中、次女は私の抱っこ紐の中でぐっすり。チェコの地下鉄は核戦争に備えて地下深くに作ってるため、階段も長~いんです。

う~ん、この長い階段を、長女と次女を抱っこしてベビーカーをかついで降りたくないなぁ・・・。

きょろきょろしてみると「リフトは300m先」という看板を発見。とりあえず看板を信じて、矢印の方向に進んでみます。300mって、結構、いや、かなり遠いです。

おわっ! エスカレーターは上りだけ! 下りは階段のみです。
リフトらしきものは全然見当たりませんが、行ってみます。本当にこっちの方向でいいのかしら?

バスターミナルを抜け、普通の街に出ました。

本当にこの先に、駅のエレベータ―があるのでしょうか・・・(^^; 横断歩道を渡ります。

やけくそで街を歩いていると、ちょっとした広場みたいになっていて、そこに地下へ行くエレベーターがありました!

看板の矢印通り、こっちの方向で良かったのね!

エレベーターに乗ろうとしますが、明らかに挙動がおかしい。2基並んでいるんですが、そのうち向かって左側のエレベーターの回数表示が「0」と「-1」を交互に表示しているのです!

不気味~~(^^;。

奇跡的にエレベーターを発見!
左側のエレベーターは、「-1」と「0」を交互に表示。怖い・・・。

私たちは当然、正常に「0」を表示しているエレベーターに乗り込みました。

エレベーターを下りてわかりました。もう1つのエレベーターに「故障中、使用不可」の大きな看板がありましたので・・・。

ってゆーか、故障中の看板つけるのなら、上と下、両方につけてよ!!!

もう~~~。日本って本当にいい国です。

何だ! 地下に下りてみたら、片方は故障中じゃない!

切符の券売機はあったのですが・・・

エレベーターを降りると、地下の通路が続いていました。きれいな地下道です。地下鉄の駅に続いているに違いありません。それはいいのですが、私たちは切符を買わなくてはいけません。

少し歩くと、ありました、切符の券売機と、黄色い打刻機が! ここで切符を買えばいいですね。

そう思って機会をのぞき込むと・・・。

チェコ語オンリーかい!

自販機の表示はチェコ語だけ。しかもクレジットカードやお札は使えず、コインのみのようです。コイン、あんまりないんですよね(^^;

こうなったら仕方ない、とりあえず切符を買わずにホームまで行き、そこからAndel駅のメインの駅舎へ行くことにします。できれば、ここで明日の1日券と、明後日使う30分券も買ってしまいたい。

券売機を発見!
おい~~! チェコ語オンリーです(^^;
ちなみにコインしか入りません。

【10:15】無事、ホームまでやって来ました。切符を持っていないので、ここから、パパが一人で切符を買いに行きます。私は寝ている子どもたちと一緒にホームでお留守番。

待つこと10分。パパが切符を買って戻って来ました。今日と明日、明後日の分の3日分を買って、少し時間がかかったようです。その間に、次女が目を覚ましたので、抱っこ紐から降ろして自分で歩かせます。

このホームにもエレベーターはありましたが故障中。チェコのエレベーターの稼働率は8割以下です。

ホームのエレベーターも故障中だ・・・。

エスカレーターで上ったところにあった、Andel駅の券売機。これはカードも使える新型です。
パパ、おかえりなさい~~~!
よいしょ・・・。空いている時間帯なので楽です。
約20分間の、地下鉄の旅です。

【10:45】チェスコモラウスカ駅到着。徒歩でホテルに向かいます。

チェコの自動販売機でビールを購入・・・。

駅に自動販売機がありますので、ちょっと見てみます。ジュースに並び、ビールも! 硬貨のみの対応のようです。2台並んでいて、横にはカップ式のコーヒーの自動販売機も。

パパが、ここで今日の夜ホテルで飲む缶ビールを買って行くことにしました。

350m缶で38コルナ(190円)。まぁそんなものかな。

適当にコインを入れると・・・。ちゃんと出て来ました、お目当ての商品が!

エスカレーターの入り口に打刻機が並んでいます。
チェスコモラウスカ駅の券売機。新型です。
ビールを発見(注)! ドイツ製です。

ホテルの部屋でビール?を飲む

【23:00】ホテル着。

ホテル帰着は予定通りでしたが、早朝からの出発でやはり疲れました。

次女は元気に歩いてここまで来ましたが、ここで電池切れ。長女も一旦目を覚ましましたがまた就寝。

ゆっくり寝て、明日のプラハ観光に備えてね。

子どもたちのシャワーは明日の朝にします。

ここでパパに事件が。

さっき駅の自販機で買ってきた缶ビールですが、飲んでみるとノンアルコールビールだったことが判明! 確かに缶にはノンアルコールビールだということが書いてありました。

まいったぁ~~。チェコにもノンアルコールビール、あるのね・・・(^^;

パパ曰く、味は日本のノンアルコールビールのほうがおいしいそうです。

ホテルに着くと、子どもたちはすぐにぐっすり。
ビールかと思いきや・・・、ノンアルコールビールでした(^^;。
しかも、開けたとたんにプシュっと飛んで、パパのズボンに(^^;

【23:45】パパ就寝

【24:00】私就寝。

明日はいよいよ観光最終日。私たちの「チェコ・ドイツ旅行」もクライマックスです。

朝6時起床予定。カフカ像、プラハ城に、ストラホフ修道院やベトシーン展望台などプラハ城周辺の見どころを巡り、旧市街広場でこの旅行最後の晩餐をする予定です。

予定ね(^^;

1回別記事を挟み、次回に続きます。

※神秘の国を行く!子連れミャンマ―旅行記の第1話はこちら

※トラブル連発!子連れインドネシア旅行記の第1話はこちら

※世界遺産満載!子連れチェコ・ドイツ旅行記の第1話はこちら