子連れに絶対オススメ!馬車でバガン遺跡観光(2018.2 子連れミャンマー旅 ♯45)

「Tha Beik Hmauk Gu Hpaya」というパヤーに着いたところ。サンセットの時間はもうすぐです(^^)/

【16:30】イケメンJJの馬車に乗って、サンセット観光に向かいます。

【ミャンマー旅行5日目:その6】

馬車でバガンのパヤー観光

私たちは、夕日鑑賞スポットとして人気のシュエサンド―・パヤーをリクエストしましたが、そこは混んでいる、他にいい場所がありますよ、とのことで、JJおすすめの場所に連れて行ってもらいます。

日の入りは午後6時。それまで少し時間があるので、途中、2~3のオススメパヤーに寄ってくださいとお願いしてあります(^^)/

パッカパッカと、軽快に進んでいきます。
日本から持ってきたゼリーを食べながら、馬車のドライブ。

Kyan Sit Thar Umin(発音不明(^^;)

のんびりと馬車に揺られること10分。最初のパヤーに到着です。

こちらのパヤー、何て言うパヤーだろう。特に大きな看板は出ていないようで、わかりませんでした。帰国後に調べてみたら、有名なシュエズィーゴン・パゴダのすぐ近くの「Kyan Sit Thar Umin」というパヤーでした。

パヤーですので、裸足になって進みます。

変な形の門が印象的です。
中に入ってみよう~~(^^)/ 奥の現地の方は、顔にたっぷりタナカを塗っています。
簡単に見学して出てきました。
多少、おみやげ屋さんも出ていました。
馬車に乗り込んで、次のパヤーへ出発です(^^)/

【17:00】次のパヤーに向けて出発!

Bulethi stupa(すみません、発音不明)

馬車に揺られること10分ほど。舗装された道路から外れ、土の道に入ってきました。

ここは、またもや発音不明ですが・・・、荒野に中小のパヤーが点在して、見渡すととても美しいパヤー群です。

それぞれ小さいパヤーなので、中を見学するという感じでなく、この景観を楽しむ、という感じ。上に登れるパヤーもあり、サンセットのスポットでもあるようです。

バガンの原風景、といった感じですね!
風が気持ちいいよ~~(^^)/

日も傾いてきました。気温は下がり、25度くらいでしょうか。快適です。

【17:20】馬車で、さらに奥へと進みます。

Tha Beik Hmauk Gu Hpaya(ってゆーか、発音不明)

お、開けた場所に来ました。ここがサンセットの見物スポットのようですが、いったん通過します。

馬車に揺られて10分ほど。サンセットの見物スポットと思われる場所の横を通り過ぎます。日の入りまではまだ少し早いので、この先にあるパヤーを見に行きます。

そのパヤーが、「Tha Beik Hmauk Gu Hpaya」でした。有名なスラマニ寺院の近くにあるパヤーです。

JJに、家族4人で記念写真を撮ってもらいました。

思いっきり逆光ですが・・・。これはこれでいい写真だと私は思います(^^)/

こちらはある程度の大きさがあり、状態も良くていい感じです。建物のシルエットなんて、シンデレラ城のようではないですか。

ここは中を見学できますので、子どもたちにライトを持たせ、中を探検します。

ライトを持って、中を探検だ!
入口にて。大きくてきれいなパヤーです(^^)/
LEDライトで照らしながら、パヤーの中を探検します(^^)/
壁面内部に絵が描かれています。陽が横から入って、何とも幻想的!
メインの仏像のようです。大きくて、保存状態も良好。
パヤーの入口にあった番号表示。ん
?299番? いやいや、ミャンマー語で、これは「744」のようです。
外の石板に、「744」とありました。

バガンには意外と蚊がいない??

私たちが日本を出る際に警戒していたのが「蚊」です。発展途上国ミャンマーには、さぞ多くの蚊がいるんだろうと・・・。

蚊と言えば、暑い昼間はあまり行動しませんが、涼しい夕方に活発に活動するもの。半そで半ズボン・スカートで行動する私たちは格好の餌食かと思い、虫よけスプレーをしていたんですが・・・。

このあたりに、蚊はいないようです。

もちろん、虫よけスプレーで準備しておくことは大事ですが、蚊を感じずに観光できるのはポジティブ・サプライズでした。

※この後訪れるレストランや村では蚊に刺されます。水場のあるようなところにはやはり蚊がたくさんいるようです。あくまでも、荒野のパヤーには蚊がいなくて良かった、という話です。

サンセットを見に

【17:45】いよいよ日没の直前です。パヤーを出て馬車に乗り、来た道を少し戻れば、サンセットの見物場所です。

今日回ったパヤーはどれもマイナーなパヤーばかりで、「地球の歩き方」では紹介されていませんでした。「歩き方」でもバガンだけで30以上のパヤーや僧院が掲載されていますが、その他にも、このようなパヤーが数百存在するのがバガンです。

当初、有名なパヤーに上ってサンセットを見ようと思っていた私たち。思わず、観光客が集まる丘みたいなところに連れて行かれました(今から思えば、「Nyaung Lat Phet Viewing Mound」というサンセットスポットだったようです)。

そこで私たちが見た風景。

次回へ続きます。