バルト海をフェリーでぐるっとまわり、ストックホルムに戻って来ました!(1歳&4歳:子連れスウェーデン・フィンランド・エストニア旅 ♯73)

ストックホルムの地下鉄の中心駅「ティー・セントラーレン(T.CENTRALEN)」で、ブルーラインに乗ります。

【これまでの旅程】
1日目:羽田から北京経由でスウェーデンのストックホルムへ

2日目:ストックホルム市内観光。その後、夜行フェリーでフィンランドのトゥルクへ

3日目:ムーミンワールドとトゥルク市内観光

4日目:トゥルクから特急列車でヘルシンキへ。午後はヘルシンキ市内観光

5日目:ヘルシンキ市内観光。世界遺産:スオメンリナ要塞島など。

6日目:国際フェリーでヘルシンキからエストニア:タリンへ。パパと長女でタリン観光。次女が40.4度の発熱、救急車で病院へ。

7日目:午前中はホテルで待機、午後にタリン旧市街観光。夕方、ストックホルム行きのフェリーに乗船。

8日目(今日):朝6時起床。船内で朝食。エストニア時間午前9時15分着かと思っていたら11時15分だとわかって船内でお買い物&船内探検をしました。

【10:10(エストニア時間11:10)】予定より少し早くストックホルム:バッタハムン港に到着。下船開始。

【10:20】私たちは最後の方に下船。

私にとってはふんだりけったりの乗船記になってしまいましたが・・・、タリン→ストックホルムのタリンク・シリヤ・ラインの豪華フェリー、エンターテイメントがたくさんで、とっても素敵な船でした!

次回があれば、私は絶対にお酒を飲まないようにしよう・・・(^^;

【2016.7 子連れ北欧旅行:9日目その2】

ストックホルムに戻って来ました!

※スウェーデンに着いたので、ここからはスウェーデン時間で書いていきます。

【10:30】バッタハムン港の長~い桟橋を進みます。4歳の長女が私のスーツケースを押してくれる「お手伝い」。長女がスーツケース1つ押してくれると、パパが押すスーツケースが1個に減ってパパがとっても楽なんです(^^)/

これ、いつもやって欲しいなぁ(そうは問屋が卸しません)(^^;

今日はまず、地下鉄を乗り継いで、ストックホルム市街のホテルに向います。初めのプランでは、ストックホルム中央駅まで行ってスーツケースを預け、すぐ観光に向おうと思っていましたが、ちょっと一息つきたく、いったんホテルまで行くことにしました。

スウェーデン時間で午前10時30分。長い桟橋を進みます。
長女、ありがとう~! マジで助かる!(私はスマホで写真を撮っています)
ビクトリア号、ありがと~~!
バッタハムン港の改札を出て来ました。
ここから街までは歩いて10分。私たちは20分です。
「ねぇねぇ、これ、保育園のかばんにつけるの~~」(フェリーで買ったツムツムの人形を持っています)
あれ? 長女、お疲れモードかな?
7日間でバルト海を一周して、再びストックホルムへ戻って来ました! いろいろあったなぁ・・・(^^;

1週間前に通ったルートで「T.CENTRALEN駅」へ

ここストックホルムは6日ぶり。ここ:バッタハムン港からストックホルム中央駅へのルートは、6日前に私たちが通ったルートと全く同じです。

どうして全く同じルートを以前通っているかと言うと、私たちはストックホルムからフィンランド行きのフェリーがこの港から出ると勘違いして、この港のすぐ近くのホテルを予約してしまっていたからなんですね(タリンク・シリヤ・ラインの運航便はこの港から出ます)。

実際は全然違う港から出港したので、その港までの移動で大変な目に合うのですが・・・。

徒歩で地下鉄「GARDET」駅に向かい、地下鉄(レッドライン)に乗ってストックホルムの中心駅「T.CENTRALEN」駅で乗り換えます。

【10:50】徒歩20分で、GARDET駅着(大荷物だから時間がかかります)。

【11:00】GARDET駅から地下鉄に乗車しました。

バッタハムン港を出てすぐの所。「これから、駅に向かって歩くぞ~!」
港の様子。
6日前に歩いた通りをなぞっていきます。長女はお疲れモード。
長女が電池切れで座り込んで動かなくなってしまったので、ベビーカーに乗せて進みます。
感心にも、重たいパパのリュックを持ってベビーカーに乗っています。
GARDET駅は、この地下道を抜けた向こうです。あと200mくらい。
地下鉄レッド・ラインの車内。

芸術的な「地下鉄ブルーライン」

【11:10】ストックホルムの中心駅「T.CENTRALEN」駅着。地下鉄の路線を乗り換えます。

大きい駅内をホーム移動して、ブルーラインへ。

ストックホルムの地下鉄は構内や駅が芸術的だと評判なんですが、特にこのブルーラインの各駅はデザインが美しいと言われています。

なるほど。。。ここ「ティー・セントラーレン(T.CENTRALEN)」駅も、ブルーラインはかっこいいかも・・・。

【11:35】乗車10分。フライドヘムスプラン(FRIDHEMSPLAN)駅に到着しました。

ブルーラインのホームに向かっています。洞窟のような、独特の建築ですね。香港の地下鉄みたい。
地下2階にあるブルーラインの5番ホーム。日本の地下鉄駅とは全然違いますよね。
空いている車内で。駅からホテルまでの行き方をチェックするパパ。

「コネクト・シティ・ホテル」にチェックイン

【11:35】フライドヘムスプラン(FRIDHEMSPLAN)駅から、「コネクト シティ ホテル」までは徒歩で400m。日本で印刷して来た地図を片手に、スーツケースを押して向かいます。

【11:50】「コネクト シティ ホテル」着。

まだチェックイン開始時刻前でしたので、いったん荷物だけ預かってもらうつもりが、部屋は開いているのでもうチェックイン可能だとのこと。チェックインさせてもらいました。

グーグルのコメント欄には「スタッフが態度悪い」みたいなことが書かれていましたのでちょっと緊張しましたが・・・、全然そんなことはありませんでした。

こちらは2010年にオープンした、まだまだ新しい3つ星ホテル。DeNAトラベルで予約して、カードで前払い済み。「エコノミー4人部屋(朝食付き)」で11,000円でした。

物価の高いスウェーデンにおいては、部屋もきれいだし、コスパのいいホテルだと思いますよ(^^)/

部屋に入ってみると・・・。

暗い!

暗いんです!

別の言い方をすると。。。「ムーディー」かな?

部屋はとてもきれいで、この価格にしては広くて、申し分なし! シングルベッド×2と、2段ベッドがあります。

おしゃれなんですが、オシャレ過ぎて、うす暗い・・・。電気を点ければ明るくなりますが、照明もおしゃれで、普通のシーリングライトとか、ないんですよね(^^; ダウンライトとスポットライトオンリー、みたいな。

こんなおしゃれ? なホテルは初めてだったので、ちょっと新鮮でした。

フライドヘムスプラン駅で降りて、ストックホルム市街地を歩いています。この辺は観光地ではないですね全然。
「お部屋に着いたから、抱っこ紐から出してあげるね~!」
お部屋のベッドの上でちょっと休憩です(^^)/

【12:30】ホテルで一息ついて、ストックホルム観光に出発します。

次女の体調は、今日は朝からずっと平熱、異状なし。

今日は、ストックホルム随一の観光名所、ガムラ・スタン(旧市街)に向かいます。6日前にストックホルムにいた時は行かずに、敢えて今日のために取っておいたんですよね~(^^)/。

旧市街の名物レストランに入る次回に続きます。

※夏の北欧へ!子連れ北欧旅行記を第1話から読んでみる方はこちら(全て無料)

【その他の子連れ海外旅行記など↓】

【ヤバい!】1歳2か月の次女が、ヨーロッパ出発前日に38.4度の熱で保育園から帰された!

【ヤバい!】1歳2か月の次女が、フィンランドで39.2度の熱を出した!

【狼狽・・】1歳2か月の次女が、エストニアで40.4度の熱を出した