プラハ城で衛兵に追い出される(2019.9 子連れチェコ・ドイツ旅 #58)

聖ヴィート大聖堂の前でイってしまっているパパと子どもたち。

【9:40】プラハ城北門に到着。チケット売り場でチケットを購入します。

長女は調子が悪くベビーカーで就寝。次女は抱っこを強く要求し、私の抱っこ紐の中です。

【チェコ・ドイツ旅:8日目その2】

日本の扱いは韓国以下

チケット売り場はやや混雑。

10か国語で料金表示がありました!

10か国語の料金案内

さすがは世界遺産中の世界遺産、プラハ城。

チェコ語、英語。

ドイツ語、フランス語、スペイン語。

中国語、ポーランド語、イタリア語、ロシア語。

そして、韓国語。

以上で10か国。

日本はないんかい~~!

これは旧王宮の近くで撮影した同じもの。日本がないのは寂しいですね。

ちょっと待ってよ、日本って、世界第3位の経済大国だけれど、韓国以下なの・・・?

海外旅行に行くと、どこでも中国人をたくさん見かけますが、中国人ほどではありませんが、日本人よりも韓国人の姿を多く見かけます。日本人よりも韓国人のほうがここプラハ城を多く訪れるということなのでしょうね。ここに日本語の表示がなかったのは残念でした・・・。

私たちは、城内5か所を回れるショートツアーチケットのファミリーチケットを購入。大人2人+子ども2人の4人で500コルナ(2,500円)。大人1人250コルナなので、子どもの分が無料になる計算です。ちなみに、6歳以下の子どもは無料のようです。

他に、撮影料50コルナを申請して支払い。

8か所回れるロングツアーチケットもあり、そちらは大人1人350コルナでした。そちらは、ショートの5か所に加えて「プラハ城歴史展示」「火薬塔」「ローゼンブルク宮殿」にも入れますが、私たちは火薬塔は到着初日に訪れています。その時の模様は第8話で紹介しています。

荷物チェックを経て、城内に入場しました。

北門から入ったところ。

マティアス門へ

北門から入ってすぐとなりのブロックが、プラハ城の正門「マティアス門」です。

ここでは正午に衛兵交代式があるのでまたその頃来る予定ですが、ちょっと見てみます。

おおお~、さすがプラハ城の正門ですね! かっこいい!

すると、ちょうど音楽隊?の皆さんが行進して城内に行くのに出くわしました。ラッキ~(^^)/

マティアス門を見に来ました。
おや? 向こうから何やら歩いてくる集団が・・・。
音楽隊の皆さんでした!

パパがプラハ城の衛兵に追い出される

【9:50】ここでハプニングが。

マティアス門の様子をビデオ撮影していたパパ。正門前広場「フラチャニ広場」の景色を撮っておきたいと、正門からビデオを撮り始めました。

その際、1歩(60cm)外に出て撮影していました。

1分ほどビデオを回し、私たちの所へ戻ろうとするパパを城の衛兵が体でブロックして制止。「ここからは入れません」。

えっ? しまった、ここからは入れないのか! でも、1歩出ただけだぞ!

そしてパパが1歩はみ出してビデオ撮影する様子を、注意もせず見ていた衛兵。また、「EXIT ONLY」などの表示もありませんでした(入口が別に設けられていることを考えれば「ここからは入れない」ことは当然理解できますが)。

パパ:すみません、ちょっとビデオ撮ってただけなんです、通してください!

いじわる衛兵:ダメです、ここは通れません(ぐひひひひひ・・・。ひっかかったなこのアホが)。

パパ:私達、ファミリーなんです! 子どもの所に戻らないと! お願いします!(私と子ども2人を指さしながら)

いじわる衛兵:(にやにやしながら)ダメです、あちらへ行ってください(指をさす)

衛兵が指さした方向には、入口の荷物検査の長蛇の列

パパ:くそっ!

暇な衛兵たち、こうやってちょっとはみ出した観光客をブロックして、暇つぶしをしているのでしょう。

お城の前の広場には、食べ物の屋台がたくさん出ていました。
いじわるな衛兵。まさにパパを制止したところ。邪悪な心が顔ににじみ出ています。

仕方がない、あの長蛇の列に並びますか・・・。

こうして、パパは1人、マディアス門脇の入り口の荷物検査の列に並んだのでした・・・(チケットは再入場可)。

10分ほどして、怒り心頭でパパが戻って来ました。「ちょっとはみだしただけなのに戻してくれないなんて、これでうちらがはぐれたらどうするんだ!」

またもや、「いい勉強」をしてしまいました(^^;

この事件が、私たちが今回のチェコ・ドイツ旅行で唯一、不快だったできごとでした。

聖ヴィート大聖堂は午後からの入場

【10:00】気を取り直して、城内の見学を続けます。

入ってすぐ、プラハ城の一番の見どころ、聖ヴィート大聖堂があります。でもこの日は日曜日のため正午からのオープン。来てすぐ入るつもりでしたが仕方ない・・・。写真だけ撮って先に進みます。

それにしても大きいです。地面近くにカメラをセットして撮影します。

正面で。これぞ世界遺産って感じですね!
音楽隊が通ったと思ったら、今度は兵隊です。
次女は元気に起きてるんですよ・・・。もう、自分で歩いて~~~"(-“"-)"

「くさりかたびら」を持ちあげられないパパ

【10:10】聖ヴィート大聖堂を通り過ぎて進んでいくと、旧王宮の近くに、中世の武具を付けて写真を撮れるスポットが用意されていました。

パパが目を輝かせて突進します!

剣や盾を持って、「写真撮って~~」と自らポーズ。保育園児かお前は(^^;

パパが、鎖の塊を手にしました。これは「くさりかたびら」と言って、鎖で作った鎧とのこと。ドラゴンクエストに出てくるそうで、「初めて本物見た~~」などとパパはテンション上がり気味。

パパが「よし、くさりかたびらを着てみよう」と意気込んで、持ち上げようとしますが・・・。

重い!

着るどころが、重くて全部持ち上げられない!

パパが持ち上げようとしても、服を立ち上げるところで精いっぱい。上まで持ち上げることができません。間違いなく20kg以上はあると思われました。

これを「着て」、ましてや「戦う」など、とても不可能な代物です。

昔の人はすごいですね~~。

パパの楽しそうな姿を見ていた次女。初めは興味なさそうでしたが、「私も持ってみる!」と言い出してくれました。

やった~~、抱っこ紐から出てくれるのね! でかしたわパパ!

私も次女と一緒に剣を持ってみましたが、重いのなんの! 「日本刀は時代劇のように振り回せない」と聞いたことがありましたが、まさにそんな感じ。本物の剣って、重いんですね~~~!

盾も超重。「皮の盾」は私でも持てました(^^)/

中世の衣装を着て、学生アルバイトさんががんばっています(^^)/
パパが兜をかぶって剣を物色中・・・。
子どもに混じって喜々としてポーズするパパ。パパは、永遠に子どもなのかもしれません。靴下はいつも脱ぎっぱなしですし・・・。
くさりかたびら、超重い!!
次女もがんばって剣を持ちあげました! 重い!

旧王宮は夫婦で交互に

【10:20】旧王宮に入場します。

ここで私たちに問題が。

旧王宮内は、ベビーカーは入れません。長女がベビーカーで寝ています。そして私たちの持っているチケットは「ファミリーチケット」1枚。

旧王宮の入口(写真右側)。長女はぐっすりです。

このチケット、5か所の見どころに1回ずつ家族で入れるというチケットで、入場するごとにチェックが入ります。

入り口で、「子どもをここに置いて行っていいですか?」と聞いてみましたが、係員さんの返事はNO。まぁ、当然ですよね。仕方ない、夫婦で代わりばんこに入るしかありませんが、チケットは1枚。パパが先に入ればチェックが付いて、私が入れなくなります。

この状況を、英語話せない私たちが身振り手振りとメチャクチャなジャパニーズ英語で説明。何て言ったか自分たちでも覚えていません、

ともかく状況は伝わり、「1枚のチケットを2回使っていいですよ、2回目は声をかけてください」と言ってもらえました(^^;。

旧王宮入口。

まずはパパが1人で入場。

15分後、私が入場。

旧王宮と言うには質素な内装。でもエレガントで、私は大好きです。2階も見て回れます。次女が自分で歩いてくれたので助かりました。

旧王宮の出口で合流。

※旧王宮内は、写真撮影禁止でした。残念。

ここで、長女が目を覚ましました。やった!

すぐ向かいの、聖イジ―教会に入ります。ここからは長女・次女共に自力歩行です。やれやれ・・・。

入口と出口は違います。出口でパパ・長女と合流。ここで、長女が目を覚ましました。

聖イジ―教会

ここからはみんなで歩いて行きます(^^)/

【11:00】聖イジ―教会入場。ショートチケットで入場できます。

ようやく長女が元気になりました。
かわいらしい外観。
長女が元気だと、次女も元気になります。
教会探検中~(^^)/
まだ修復されていない、メインの部分。
こちらはきれいな部屋。多くの観光客(団体客)がいます。
次へ行こう!

プラハ場内を歩く

【11:10】聖イジ―教会をサッと見て、とりあえずプラハ城の東の端まで1回行ってみます。その後、正午からの衛兵交代式を見に、西の端のマティアス門まで戻りますか。

下り坂を下りて、東門へ。何と言うことはなく、入口があっただけでしたので引き返します。この辺に、ショートチケットで入れる「黄金小路」と「ダルポリカ塔」があるんですが、正午まで時間がないので午後にまた来ることにします。

写真を撮りながら、マティアス門まで戻ります。

城の中に坂道があります。
この辺は人が少なめ。
聖ヴィート大聖堂前の広場。大勢の観光客であふれています。
子どもたちが起きたので、大聖堂で1枚。
入ってきた、北門近くの噴水にて。

【11:35】パパが衛兵に追い出されたマティアス門から今度は意図して退場。衛兵交代式の正午までは時間がないですが、目の前のフラチャニ広場に並んでいた屋台でサッとランチできないかな。

15分で食事を済ませて衛兵交代式見学・・・などという芸当は、日本以外の場所で私たちができるはずもなく・・・。

でも、衛兵交代式を見るのに25分前から集まっている観光客は誰もいない・・・。

おいしそうな屋台のお肉を前に、全てを忘れてしまう次回に続きます。

※トラブル連発!子連れインドネシア旅行記の第1話はこちら

※神秘の国を行く!子連れミャンマ―旅行記の第1話はこちら

※世界遺産満載!子連れチェコ・ドイツ旅行記の第1話はこちら