8泊9日間の海外ツアー旅行に格安で行く方法

【ベトナム】アオザイを着て、ホーチミン市内を散策しました。

今回は、ちょっと昔の話を書きます。

「8泊9日間2か国周遊の海外ツアー旅行」って、いくらくらいかかるでしょうか?

それが1人8万円だとしたら、安いと思いますか?

今では英語話せないながらも何とか家族で海外個人旅行を楽しんでいる私たちですが、次女が生まれる前は、海外旅行へ行く時は夫婦で、または長女と親子3人で、ツアー旅行に参加していました。次女がもうすぐ5歳ですので、今から5年以上前の話です。

そのさらに前。

まだ子どもが生まれる前、今から9年ほど前の話。

夫婦2人で格安で9日間の海外旅行に行くため、こんなことをやりました。

英語できない人が9日間の海外旅行に格安で行く方法

お金に余裕のない夫婦が、9日間の海外旅行へ行くことを考えます。

どうして8泊9日間がいいのか?

私たちは地方都市に住んでいるため、成田空港まで車で片道7時間かかります。もう、成田空港まで行くのが国内旅行なんです。どうせ千葉県まで行くのだから、そして海外へ行くのだから、休みはフルに旅行に充てたい。

ちょっと想像してみてください。

(ご夫婦子どもなしの場合を想定)あなたがた夫婦は、そろって9日間の休みが取れます。

8泊9日間程度の日程で、大好きな海外旅行に、格安で行きたい。

英語は夫婦ともに全くダメ。

個人旅行なんてもってのほか。

行き先は、海外ならどこでもいい。台湾でも、東南アジアでも、グァムでも、ヨーロッパでも。

HISなどの旅行会社が安いツアー旅行を出していますが、格安なのはどれも2泊3日とか3泊4日。長くても4泊5日の日程。

8泊9日の日程だと、ヨーロッパではたくさん出ていますが、観光・食事込みだと1人20万円以上。夫婦で40万円以上。おみやげ代や国内移動費も入れれば50万円は超えてくるでしょう。そこまでお金をかけるつもりはありません。

4泊5日のツアー旅行を4日間延泊する方法もありますが、延泊は割高だし、延泊分の食事代や観光代は全て別途になり、「お得なツアー」ではなくなってしまいます。

そこで、9年前、私たち夫婦は考えました。

4泊5日間の超お得なツアー旅行に連続して行けば、9日間のお得な海外旅行になるじゃん!

成田乗り継ぎで!

よく、2か国を巡るツアー旅行でも、1都市目から2都市目を飛行機で移動することがありますが、その時に成田空港を経由するイメージです。

当時私たちが見つけたツアー旅行は、

1.HISの「4泊5日ホーチミン旅行」。日程の半分は観光・食事込みで3つ星ホテル宿泊で、1人4万円! いいね!

2.阪急交通社の「4泊5日北京旅行」。日程の半分は観光・食事込みで5つ星ホテル宿泊で、1人4万円! マジですか!

この2つのツアー旅行をはしごすれば、1人8万円、夫婦で16万円(もろもろ込みでも20万円超)で1度にベトナムと中国の2か国行けるし、家から成田空港までの往復も1回で済み、私たちにとっては大きいお金と時間の節約にもなります。

今では、家族4人になったので、ツアー旅行よりも個人旅行のほうが安く上がります。でも、夫婦2人だと、いいツアー旅行があればそれに参加したほうが、楽だし安心だし安く上がると思います。

ツアー旅行と個人旅行の経費比較については、こちらの記事をご覧ください↓。

2人の子連れ海外旅行は、個人手配がお得

「海外ツアーはしご」の注意点

海外ツアー旅行のはしごを行う上で、プランニング上の注意点はただ1つ。

成田空港(または羽田空港や関空などの乗り換え空港)での乗り換えの時間を十分確保すること。

通常のトランジットと違い、一旦日本に入国し、前期日程のおみやげをマイカーに収納し、コインランドリーで洗濯を行い、できればお風呂も入り、後期日程に向かいたい。

前期日程での帰国時間と、後期日程の離陸時間とでは、最低6時間は空けたい所です。

これだと、前期日程の帰りの飛行機が2~3時間程度遅れても、何とか対応できます。

私たちは、前期日程の成田到着日と後期日程の成田出発日で、10時間以上空いているツアー旅行を選択しました。

それでも、この「ツアー旅行はしご」のことを後期日程の旅行会社(阪急交通社)の担当者に言ったら、

何かあるといけないですから、やめたほうがいいですよ

と反対されました(^^;

反対を押し切って、自己責任で申し込んだんですが・・・。

確かに、悪天候などで飛行機が1日遅れることもありますからね。当日キャンセルだと当然返金は一切ありませんから、その辺のリスク(後期日程のツアー旅行に参加できなくなるリスク)は、自己責任でいくしかないですね。

2か国周遊8泊9日間1人8万円! 格安ツアーの旅行日程

私たちが行ってきた旅行日程はこちら。

【前期日程:ホーチミン旅行(HIS/現地係員の案内付き)】

ツアー名:メコン川クルーズなど充実の観光付! 満喫ホーチミン5日間<ドンコイ地区スタンダードホテル>/1人4万円(税込み)

※私たちはホテルをスタンダードクラスからスーペリアクラスにアップグレードしたので、1人4.8万円でした。

1日目:17:50 成田空港出発(JAL759便)
2日目:メコン川クルーズとホーチミン市内観光
3日目:自由行動
    ※別会社で、クチトンネルへの日帰りツアーに参加しました。
4日目:自由行動と半日ホーチミン市内観光。夜の飛行機で成田へ。
5日目:朝7:35 成田空港着(JAL750便)

メコン川クルーズ。ホーチミン観光の定番です。

【成田で乗り換え作業】

・ベトナムのおみやげをマイカーに収納
・コインランドリーで洗濯
・日帰り温泉施設で入浴
・後期日程の旅行に向けた荷造り

成田市のコインランドリーで、ベトナム旅行での汚れ物を洗います。

【後期日程:北京旅行(阪急交通社trapics/現地係員の案内付き)】

ツアー名:【ANA又はJAL直行便利用】新世紀日航飯店に泊まる!!北京5日間/1人4万円(税込み)

※こちらは5つ星ホテル(デラックスクラスのホテル)なのでホテルはそのままに。

1日目:18:15 成田空港出発(JAL869便)
    ※この日は前期日程の「5日目」と同じ日
2日目:頤和園、万里の長城観光
3日目:天安門広場、故宮博物院、天壇公園観光
4日目:自由行動
    ※個人行動で、盧溝橋、北京動物園、景山公園に行ってきました。
5日目:朝7:35 成田空港着(JAL860便)

【中国】北京郊外、万里の長城にて。

この目論見は大成功!

お得に、9日間の海外ツアー旅行を楽しみました。

しかし、2つほど、事件が発生します・・・。

事件1:缶ビール破裂事件

前期ツアーとなるベトナム旅行からひとまず成田に帰ってきて、コインランドリーで汚れ物を洗濯すべく、スーツケースを開けた主人。

スーツケースの衣服が濡れています。

何だこりゃ?

匂いをかぐと・・・。

これは、ビールの匂いだ!

そうなんです、おみやげにと、コンビニで買ったベトナムの缶ビール「333(バーバーバー)」を、3つほどスーツケースに入れておいたら、気圧の変化で缶が損傷し、中身のビールがスーツケースに全て漏れてしまったのです!

パパのスーツケースから、たっぷりとビールのいい匂いが・・・。

濡れた衣服はどうせこれから洗濯するのでいいのですが、スーツケースの内側の生地がビールを吸ってしまっています!

私がコインランドリーで洗濯を待つ間、パパは30分かけてスーツケースの内側に沁み込んでしまったビールをティッシュでたたいて吸い出していたのでした・・・(^^;。

事件2:夫婦で食あたり事件

乗り継ぎ日、成田にて、午後、日帰り温泉施設に行きました。

北京行きの荷造りも終わり、お風呂に入って、また空港に行きます。

その温泉施設で。

まずは主人が「お腹が痛い」とトイレにかけこみます。

ひどい下痢のようです。

主人は、ベトナムの最後の夜、るるぶに載っている人気店だから大丈夫だろうとレストランで生野菜をたくさん食べていたから、多分野菜を洗った水にあたったのでしょう。

細菌性下痢でしょうから、全部出してしまえば、あとは自然に治るはず。

私は大丈夫・・・と思ってお風呂に入ろうとしたその時。

ピキキキ・・・。

私のお腹にも、痛みが走ったのでした・・・"(-“"-)"。

2人で、食あたり。全部出してしまえばお腹の痛みはなくなりましたので、軽い食中毒ですね。

2~3日は、消化のいいものを食べないと・・・。

私は翌朝には回復したんですが、主人は回復せず。

北京旅行でおいしいごちそうが出てくる中、主人は翌日中、食事を控えめにしなくてはなりませんでした・・・。

中国だからおみやげ店にも何かあるだろうと、万里の長城のおみやげ屋さんで薬を売っているか聞いてみたら(ガイドさんからお店の人に聞いてもらった)、何とおみやげ用に漢方薬も売っていて、下痢に効くというその薬を飲んだら翌日には全快(^^)/。

3日目以降は、主人も朝から旅行の食事を普通に楽しめたのでした。

海外旅行で食あたりにあったのは、新婚旅行で行ったエジプト以来、2回目。

10年前にベトナムで食あたりにあって以降は、これまで、1回も海外で食あたりにあったことはありません(私も主人も、お腹が丈夫な方ではありません)。

この旅行の特筆事項をもう1つ

9年前に私たちが行った、自作「ベトナム・中国周遊8泊9日1人8万円ぽっきりの旅(HIS+阪急交通社)」。2つの事件はありましたが、旅行のプランニングとしては大成功。

どこでもいいから、格安で9日間程度の海外旅行に行きたい、という方にはピタリとはまると思います。

実はこの旅行には、格安、2か国周遊、というほかに、もう1つ特筆事項がありました。

この記事冒頭の写真を見て、すぐわかった方もいらっしゃると思います。

この旅行に行った時、私は妊娠7か月だったのです。

【万里の長城にて】妊娠中の海外旅行。お腹の中には長女がいます。

次回、この旅行で行った所を写真で紹介します。

※トラブル連発!子連れインドネシア旅行記の第1話はこちら

※神秘の国を行く!子連れミャンマ―旅行記の第1話はこちら

※世界遺産満載!子連れチェコ・ドイツ旅行記の第1話はこちら