2人の子連れ海外旅行は、個人手配がお得

【写真】フィンランド/ヘルシンキの公園でお菓子を食べる 2016年7月

あなたはツアー旅行派?個人旅行派?

「英語できないし、万一何かあったときに添乗員さんや旅行会社の方を頼りにできるから、海外旅行はツアー旅行(添乗員同行ヨーロッパ1週間とか、往復航空券+ホテル+1日観光付きで東南アジア3泊4日現地係員対応とか)を利用しています」という方も多いと思います。

私も、英語ができない私みたいな人、そして小さい子連れ海外旅行には、ツアー参加のほうがいろいろな意味でリスクを抑えられていいと思います。私もパパもツアーに参加する形での旅行も大好きですし、うちの子どもたちも旅慣れていることもあって、例えば1週間のツアー旅行への同行も全然問題ないと思います。

でも、私は、ツアー旅行でなく、個人手配で海外旅行をしています。

どうしてリスクを取って個人手配の旅行にしているのか。それは、2人の小さな子連れ+私たちの旅行日程だと、ツアーより個人手配のほうが・・・、

ゆったり余裕を持ったプランにできます(^_-)-☆!
自分たちの行きたいところに行けます(^_-)-☆!

ってのは建前で、本当の理由は、

個人旅行のほうが安くあがっちゃう(ことが多い)からなんです。

私たちはお金に余裕がないので・・・。経済的な理由は大きいのです。

私たちの旅行日程の基本は「8泊9日間以上」

私たちには、「限られた休みを使って旅行に行くのだから、できるだけ遠くに行きたいし、どうせ遠くに行くのだったら滞在先で少しでも長く過ごしたい」、という、夫婦揃っての価値観があります。

夫婦揃って仕事のほうはなんとか段取りをして上司に了解を取り、後ろめたい思いをしながら不退転の決意と決死の覚悟で月曜から金曜まで1週間の休みを取るわけです"(-“"-)"。

私も、最低賃金で働くパートでしかないし、そもそも採用面接の時に「年1~2回、家族旅行のため1週間休みますが、それでも大丈夫でしょうか」と言って採用してもらっているのですが、同僚の手前、1週間の休みを取るのは気が引けますし、毎回パートの更新打ち切りを覚悟して休みを申請しています。

8泊9日間でのツアー旅行の費用

8泊9日の日程でかかる費用を計算してみると、

・韓国、台湾、東南アジアなどの「近場」では、8泊9日間のツアー旅行はほとんどなく、延泊プランのあるツアーだと(大体は航空券+宿泊+空港送迎のみ)、最低でも延泊1日あたり家族4人で2万円はかかります。

⇒例えば3泊4日で食事付き1人4万円のツアーでも、家族4人で5日延泊すると・・・16万円+10万円=26万円也。延泊分に昼食や夕食は含まれていないので、食事とおみやげ代などを入れると余裕で35万円は超えてくると思います。チャリーン。

・添乗員同行のヨーロッパなどのツアーでは2歳以下は参加できないツアーが多いうえに、3歳以上の子ども料金はほぼ大人と同額です。

⇒8泊9日でヨーロッパ15万円程度の格安ツアーでも、家族4人で参加すると60万円。おみやげ代を入れた総費用は70万円~80万円といったところでしょうか。チャリーン。

「2人の子連れで9日間」だと、ツアー旅行のほうが高くなることが多い

私たちは格安航空券を利用し、家族4人で8泊9日以上の日程で東南アジア3都市くらいを周遊して、おみやげ代も入れた総費用で35万円~40万円、ヨーロッパでは50万円~60万円くらいで節約旅行をしています。

大きなお金ですが、一人あたりにすると、東南アジアで9万円~10万円、ヨーロッパで12万円~15万円ということです。おみやげ代や地方都市にある自宅から成田空港までの往復交通費など全て含めた9日間以上で使う総額で、この金額です。

夫婦+小さい子ども2人で旅行する場合、航空券の値段次第では、ツアーに参加するより個人手配のほうが費用を低く抑えられるのです。

これが、夫婦2人+子ども1人の場合は、費用の面ではツアー=個人手配くらいになるので、いいツアーがあればツアーも積極的に検討したほうがいいと思っています。私も、子どもが長女だけの時は、親子3人でツアー旅行を利用していました。

台湾や香港、1歳11か月の長女を連れてインド8日間とか(^^♪。

【インド】ベナレス/ガンジス川のガートにて 2013年7月

理由は、海外のホテルの宿泊料計算方法にあり

「8泊9日間の2人子連れ海外旅行に関して言えば個人手配のほうが安くなる」理由は、旅行期間が長くなればなるほど、ツアー旅行に比べて宿泊費を抑えられるからです。

多くの外国では、宿泊費が「1人あたりいくら」、でなく「1部屋あたりいくら」で計算されていて、家族4人で3つ星~4つ星ホテル(中級ホテル)の朝食付き3人部屋(国やホテルによりますが、子連れだと3人部屋を4人で利用できる場合が多いです)くらいだと、1泊あたり5,000円(物価の安いインドネシアやマレーシアなど)~15,000円(物価の高いスウェーデンなど)程度で宿泊できます。

一方、日本の旅行会社が手配するツアー旅行では、物価の安い国でも中級ホテルで「延泊1日につき1人5,000円~(家族4人だと1日につき20,000円~)」、物価の高い国では「延泊1日につき1人10,000円~(家族4人だと1日につき40,000円)」という料金システムなので、長く滞在すればするほど、個人手配のほうが旅行代金が安くなります。

自分たちに最適な格安ツアー旅行を組み立てるイメージで

旅行費用をトータルで抑えることができるほか、やはり自分たちに最適な旅行プランにできるのも個人手配の醍醐味です。

東南アジアで8泊9日で私たちの予算内で私たちの好みに合う(世界遺産とかをまわる)ツアーなんて多分販売してないですし。結局、ないから自分たちでオリジナルのツアーを作っている、というイメージです。

準備に時間がかかるので、準備に時間を使えない方は厳しいかもしれません。

ツアー旅行には「知らない土地で、効率的にいろいろ連れて行ってくれる」「トラブルのリスクを減らしてくれる」「準備がほぼいらない」というすごく大きなメリットがあります。旅行会社の添乗員さんや現地係員さんの存在は、何より精神的な余裕を与えてくれます。

子どもたちが大きくなって宿泊料でのメリットが少なくなれば、またツアー旅行にも参加してみたいなと思っています。

私たちと状況と好みが似ている(幼い子どもが2人、1週間以上の日程でいろいろ見て回りたい、少しでも旅行費用を節約したい、準備に時間をかけてもいい)方には、個人手配をお勧めします!
英語ができなくても、旅行の準備をしっかりやれば大丈夫!

【エストニア】世界遺産:タリンの旧市街地を歩く 2016年7月

そのへんのノウハウは、記事の中でどんどん紹介していきたいと思います(^_-)-☆

※トラブル連発!子連れインドネシア旅行記の第1話はこちら

※神秘の国を行く!子連れミャンマ―旅行記の第1話はこちら

※世界遺産満載!子連れチェコ・ドイツ旅行記の第1話はこちら