ドレスデンの中世の要塞「ケーニッヒシュタイン城塞」訪問記(2019.9 子連れチェコ・ドイツ旅 #43)

こりゃ本物だ(^^; ものすごいスケールです(^^)/

【13:06】Sバーンに乗ること6分。ケーニッヒシュタイン駅到着。

これから、ザクセンスイスに築かれた巨大な要塞、ケーニッヒシュタイン城塞に向かいます。ここからは、シャトルバスを2回乗り継ぐらしいのですが・・・。

【チェコ・ドイツ旅:5日目その4】

ケーニッヒシュタイン城塞は、12世紀に建造された山の要塞。第2次世界大戦時は捕虜収容所として使われたとか。何しろ巨大みたいです。

ケーニッヒシュタイン駅から出て、坂道を下ったところが街です。シャトルバスの乗り場も恐らくそのあたりでしょう。

またベビーカーに2人乗り。ラクチンラクチン(子どもは(^^;)。
駅前の道路は幹線道路。歩道がないのでやや危険。ゆっくり慎重に下り坂を下りて行きます。
※ちなみに、もう片側はさらに路肩が狭いです。
坂を下りてきた所。ここまでくれば大丈夫!
あれはどう見ても観光用のシャトルバスだ! あれが城まで行くに違いない!!

シャトルバスでケーニッヒシュタイン城塞へ

【13:20】シャトルバスは毎時0分と30分の運行。次の発車は午後1時30分です。

チケットは、運転手さんから直接現金で購入するようです。往復12ユーロでファミリーチケットを購入。これ1枚で、家族4人OKでした。シングルチケットは往復5ユーロ。

立派な2階建てのシャトルバス。ドイツ人は2階建て車両が大好きです。
2階席の先頭。バスが動き出しました。2階は空調はないようです。

このバス、結構飛ばします。山道なのでカーブも多く、2階席は揺れる揺れる。酔いやすい人は1階席のほうがいいです。

バスに乗ること15分ほど。

経由地でいったん降ろされます。2階建てバスはここまで。ここからは、小型の連結車両で向かいます。どうもここは駐車場のようです。マイカーで来た人はここに車を停めて、連結車両で城塞へ向かうようです。

おみやげ店や軽食店などもありました。

2台目のシャトルバスに乗車。切符は同じです。
風を切って進みます。歩いている人もチラホラ。駐車場から歩く人ですね。
ケーニッヒシュタイン城塞に到着!

エレベーターで城塞の上へ

【13:55】チケット売り場でチケットを買います。ファミリー券で30ユーロ。エレベーター利用料込み。カード支払い可。

チケット売り場脇の案内地図。ホームページで事前にチェックを。
チケット買ったど~~~(^^)/
チケット売り場のすぐ脇のエレベーターで上へ(離れた所にパノラマエレベーターもあります)。
エレベーターで車を運ぶんですね!

城塞の中には、村が!

【14:05】車両と一緒にエレベーターで上に上がると、城塞の中には村が! 村を探検するようなイメージです。

城塞の中へ到着! レストランが見えます。カレーのいい匂いがしました(^^)/

親子で楽しめる楽しい科学博物館

城塞のほぼ中央に博物館があるんですが、この博物館の展示が充実していて面白くて、大人も子どもも楽しめます。

次女はこの辺で電池切れ。ベビーカーで寝始めました。今日は山登りしたり、散々騒いだもんね。

展示施設の中。城塞の命、井戸のしくみを解説しています。精巧な模型で、楽しいです!
実際に使われていた井戸。深さは150メートル以上あるそうです。
投石器で城を攻撃するゲーム。面白くて何回もやってしまいました。難しいので大人がハマります。
メインの博物館の建物から。
こんなかわいい博物館です。

【15:00】ちょうど真ん中ほどにある、メインの博物館を出て来ました。どっちのほうに行くべきか迷いますが、とりあえず外周沿いに歩いてみます。

すごい景色です!
遠くに大砲が並んでいます。あそこへ行ってみよう!
ドイツ人の人が撮影してくれました(^^)/
どうも、大砲はこの建物の裏の辺りにあったぞ・・・。
博物館の建物を出ると、大砲に行けそうな階段が!
ものすごいスケールです。
大砲と一緒に。
パパが高い所から望遠で撮影しています。次女が寝ているベビーカーは下せないので・・・(^^;
パパもちょっとだけ下りてきました。長女とラブラブですね(^^)/
至る所に花壇が整備されていて、お花がとってもきれいです(^^)/

【15:40】もう少しゆっくりしたい所ですが、次があるし、そろそろ帰ることにします。帰る前にトイレに寄っていきます。帰りはエレベーターでなく、城塞内を通り抜ける下りのスロープを歩きます。石畳ですが、ベビーカーでも何とか行けそうです。

トイレから出てきた所。
ガタガタするので次女が落ちないように、逆方向にしてバックで下りて行きます。
またもラブラブの2人。
出口まで来てしまいました。次女はようやくお目覚め。
出口からシャトルバスの乗り場まで歩きます。大迫力の城壁!

【16:10】シャトルバスの発着地点に戻って来ました。また、来た時に乗った連結車両に乗車します。

街へ向けて、出発~~。
パパ、早く戻らないと出発しちゃうよ~~~。

ホットドックがメチャクチャうまかった件

【16:20】パーキングでシャトルバスを降りましたが、次に乗る、2階建てのシャトルバスがまだいません。

実は私達、お昼前にアイスは食べたもののここまでお昼を食べていなかったので、ここで何か食べることにします。

見つけたのはホットドック屋さん。こんな食事もいいですね!

一つ3ユーロほどだったと思います。

食べてみると、とってもおいしい! カリーブルストといい、安くて大きくておいしくて、ドイツのこの類の食べ物はオススメです。それにしても、ドイツのソーセージはすごい。

お腹空いたから、何か食べよう!
駐車場のホットドック屋さんで。適当に指さし注文。
おいしい~~! 予想外のおいしさ!!!
ソーセージの大きさがわかりますか? 日本の倍以上。カリッカリで、絶品です!!

【16:30】ホットドックを食べていると、ちょうど食べ終わる頃に駅へ向かう2階建てのシャトルバスが入って来ました。サッと食べ切って乗り込みます。

お腹いっぱいで、休憩モードの長女。

【16:45】街へ到着。

最後にお世話になった2階建てバスと。

ケーニッヒシュタインの街をぶらり

【16:45】ここ、ケーニッヒシュタインの街もかわいらしくていい感じです。すぐに駅に向かうのはもったいないような気がして、少しだけ街並みを見ていくことにしました。

おしゃれなカフェもあり、のんびりできる場所です。

この辺は、雪の対策なのでしょうが、屋根に特徴があります。私たちは「目がいっぱいついてる屋根」と言って見ていました。かわいいような、不気味なような・・・。

おしゃれなカフェもあります。人気店のようでした。
めがね橋を渡ります。
欄干に飾られた花がとってもきれい。さすがは園芸国、ドイツです。
屋根に目がたくさんついています。み~て~る~ぞ~~~。

Sバーンで次の目的地へ

【17:00】ケーニッヒシュタイン駅に戻って来ました。Sバーンに1駅乗って、今日のザクセンスイス観光最後の目的地、バートシャンダウへ向かいます。

バートシャンダウは温泉地。温泉プールに入りに行きます。

ここで異変が。

何度か「疲れた~」と訴えていた長女が、駅のホームに入った瞬間、とうとうしゃがみこんでしまったのです。

次女は1時間以上ぐっすり昼寝しましたが、長女はここまでずっと動きっぱなし。無理もありません。

次女:長女~~、どうしたの?

長女:疲れた~~~。

パパ:わかった! じゃ、長女はこの駅で待ってて! パパたち、温泉入ってきて、すぐこの駅に戻って来るから!

そう言ったとたん、長女は猛スピードでこちらに走って来ました!

「疲れた~~。もう動けないよ~~。」
「じゃ、この駅で待っててね(^^)/」と言ったら、一目散に走って来ました!

また、ホームの向こうのほうに、ドイツの小学生の集団がいます。遠足の帰りでしょうか。

パパが、次女と一緒に構いに行きます。

パパ:次女~、パパと一緒にあっちまでスキップしよう~~。

次女:うん!

かくして、2人で小学生の集団目がけてスキップして行きました・・・。

よし、これから向こうまでスキップだ!

すぐに戻ってきた2人。

パパ:参ったぁ~~。俺、向こうまでスキップして行ったんだけれど、次女が途中でやめたの気付かずに、1人で小学生の所まで行っちゃった~~。恥ずかしかった~~。「チャイニーズ」と言って笑われたよ(^^;

あらら・・・(^^; 次女に裏切られたわね。

そうしているうちに列車が到着。乗り込みます。

今日の最終目的地、バートシャンダウ駅に到着!

【17:15】乗車5分で、バートシャンダウ駅着。

長女はお疲れのようですので、長女をベビーカーに乗せ、次女は抱っこでいきます。

ドイツの温泉プールは水着着用。サウナ併設。サウナは全裸だそうな。しかも男女混浴

うわさは本当かどうか、パパは確かめに行く気満々です(^^;

動機が不純な次回に続きます。

※神秘の国を行く!子連れミャンマ―旅行記の第1話はこちら

※世界遺産満載!子連れチェコ・ドイツ旅行記の第1話はこちら

※トラブル連発!子連れインドネシア旅行記の第1話はこちら