圧倒的なフラウエン教会(聖母教会)とドレスデンの美しい街並み(2019.9 子連れチェコ・ドイツ旅 #34)

フラウエン(聖母)教会。現れた時、「圧倒的」という表現しか思いつきませんでした(^^)/

昨晩知り合った見ず知らずの人に泊まらせてもらったベルリンのホテルを出て、特急列車で正午にドレスデンのホテルに戻ってきた私たち。

体力的も精神的にもダメージを受けていますが、ここでへこたれては、助けてくださった皆さんの親切を十分生かさないことになってしまいます。

元気を奮い立たせて、必要な支度をし、ホテルを出発しました!

今日は、ドレスデン市街地の1日観光の予定でしたが、ドレスデン帰着が半日遅れてしまったので、半日観光に切り替えます。

【チェコ・ドイツ旅:4日目その2】

まずは徒歩でドレスデン駅へ

【12:40】私の宿泊している「a&o ドレスデン ハウプトバーンホフ」からドレスデン駅までは500m。まずは徒歩で駅まで向かいます。

子どもたちは絶好調。大きな声で、次女が保育園で覚えた歌を歌いながら歩き出しました。

いや~~、太陽の陽射しが気持ちいいです(^^)/。

昨日なんて、朝5時30分に、ホテルからドレスデン駅まで家族4人で鬼気迫るランニングでしたもんね。

その時の記事はこちら(ドレスデンで、まさかの早朝親子ランニング)

歌を歌いながら、わざわざ細い荷物用スロープで下りる子どもたち。
ホテルの前で、ハイ、チーズ(^^)/

思えば、通行は3回目ですが、駅までの道を昼間歩くのは初めて。いろいろな発見があります。

変な看板などで写真を撮って遊びながら歩きます。

標識の基礎?が面白い。
裸で突入~~(^^)/
もうすぐドレスデン中央駅です。
4つ目信号。どういう意味なのか・・・。

ドレスデン駅前からトラムに乗って旧市街へ

【12:55】ドレスデン中央駅も、昼間に訪れるのは初めて。やっぱり昼間は人がいっぱいいるなぁ(^^;

しばし駅前広場をウロっとした後、トラムに乗って、旧市街へ向かいます。トラムチケットは、ドレスデン駅に着いた時にドレスデン1日ファミリーチケット(9ユーロ)を買ってあります。

狙うトラムは旧市街方面へ向かう3番か7番。駅に着くと、2~3分ですぐに3番のトラムがやって来ました。トラムはひっきりなしにやって来ます。

ドレスデン駅をバックに。
ドレスデン駅前のトラム駅はここです。
早速、3番のトラムが来ました!乗り込みます。
ドレスデンのトラム。静かでいいですよ~~(^^)/

橋の手前の駅「シナゴーグ(Synagoge)」に到着

【13:05】乗車すること10分。あっと言う間に、エルベ川手前のシナゴーグ停留所に到着。降りると、ホームにドイツ人の小学生くらいの子どもたちがリュックを担いでトラムを待っていたので、一緒に写真に写ってもらいました。

始め、みんなで撮ろうよ~みたいになったんですが、すぐ彼女達のお目当てのトラムが来てしまい、バイバイ~~(^^;

ここから旧市街はすぐ。歩いて向かいます。

ドイツの女の子と一緒に。学校の遠足でしょうか。

持っている情報は、「地球の歩き方」の地図のみ。まずはテキトーに歩きます。

わぁぁ・・・。ベルリンの街とは全く違う、中世の街並みの雰囲気。ここドレスデンは、第2次世界大戦で美しい街並みが空襲で破壊され、戦後は東ドイツに。その後、東西ドイツ統一を経て街並みの再建を進め、現在では美しい街並みを取り戻した街。

通りは広くて清潔感にあふれています。

ちょっと、美し過ぎる(整い過ぎている)気もしますが・・・、やはり再建された街だからかな?

とりあえず建物が大きく、メインのノイマルクト広場がどっちの方向かわかりません。

さらにテキトーに進んでいきます。

すると、建物の合間から、記事冒頭で紹介した、フラウエン教会の圧倒的な姿が見えました!

とても歴史を感じる街並み。ベルリンとは全く違います。
停留所から坂を下って来ました。
ベビーカーで遊ぶ次女。
わぁ、観光馬車が走ってる! ドレスデンはドイツ有数の観光都市です。
歩道は平らで、ベビーカーでもスイスイ。旧市街なのに奇麗すぎる気もしなくもないですが・・・。
こんな街並みだよ~~~(^^)/
電動で動く乗り物が並んでいました。

建物の間からフラウエン教会(聖母教会)が出現

【13:30】フラウエン教会をバックに、しばし写真撮影。それにしても美しい!

子どもたちも、コンパクトデジカメで思い思いに写真を撮り始めました。

さてと、フラウエン教会に入ってみますか!

教会の脇まで来ると、ノイマルクト広場の景色が広がります。

うわぁ・・・、という感じ。どれも重要な建物なんでしょうが、私たちはさっぱりわかりません。でも、すごい景色が広がっています。広場が広いので、街並みのスケールが大きいというか、遠くまで見渡せるので、すごいんだと思います。

まさに、ドラゴンクエストの城下町がそこに広がっています。

カメラを構える次女。
絶景をそっちのけで、2人でベビーカーに乗って叫びながら遊んでいます。
教会の周りには観光馬車や大道芸人などがいます。
遠くに見えるのは、タイルで描かれた壁画「君主の行列」と、レジデンツ宮殿ですね。

フラウエン教会に入ってみる

フラウエン教会、内部も、息をのむほどの美しさ!

1743年創建の、ドイツ最大のプロテスタント教会。第2次世界大戦で崩壊。その後1994年から再建開始、2005年完成。

新品だからか、とにかく白が白いんですよね。

内部も圧倒的です。
天井のドーム部分の絵をアップで。
フラウエン教会から出て、レストランを選びます。

ドレスデンの街並みに癒される

【14:00】30分ほど教会の中でのんびり過ごし、外に出て来ました。

さて、お腹がすきました。ご飯にしますか!

今日は当初の観光予定と全く違うスケジュールで動いていますので、予定していたレストランは、ここノイマルクト広場からはやや遠い場所。広場にあるレストランからおいしそうな所を選び、入ります。

今日、精神的な痛手が大きく、初めはホテルで1日休憩しててもいいなと考えていましたが、気合いを入れて出かけて来て本当に良かったです。今日動かずにいたら、この素晴らしい街並みを見れなかったのですから。

ドレスデンの圧倒的な景観に気分がアップしていきます。絵の中の街にいるうちに、昨日の傷も癒されていくような気がしました。

次回、絵のように美しいノイマルクト広場とオススメランチを紹介します。

※世界遺産満載!子連れチェコ・ドイツ旅行記の第1話はこちら

※トラブル連発!子連れインドネシア旅行記の第1話はこちら

※神秘の国を行く!子連れミャンマ―旅行記の第1話はこちら