ポツダムの街の人気ピザ屋さん「Pizzeria Melody」は驚異的なコスパ(2019.9 子連れチェコ・ドイツ旅 #25)

地元で人気の、ローカルピザ屋さんに行ってきました!

【13:20】世界遺産:サンスーシ宮殿から695番のポツダム駅行き路線バスに乗り、途中のバス停「Plaza der Einheit/WEST」で下車。

ここは、ポツダムの中心市街地です。お腹すきました。少し遅くなりましたが、ここでランチです。次女は観光馬車の最後のほうからずっとベビーカーでぐっすりです。

【チェコ・ドイツ旅:3日目その7】

ドイツのトラムに乗ってみる

目指すピザ店は、ここから通りを北に向かって真っすぐ歩くこと170mの場所。歩いてもいいんですが、ここからトラムに乗って1つ北の駅(Brandenburger Straße)で降りると、トラムでピザ店を通り過ぎる格好になり、そこからは歩いてピザ店まで50mになります。

トラムはひっきりなしに往来しているようでしたので、ここはわざわざトラムに乗って移動します!

トラムや路線バスのチケットは、私たちが持っているベルリン1日券(A・B・Cゾーン券)に含まれているので切符は不要ですし、なんてったって、ドイツでトラムに乗ってみたいんですもの!

そうと決まれば道路の反対側に移動し、北へ向かうトラムを待ちます。

トラムのプラットホーム。「Plaza der Einheit/WEST」はターミナル駅なので、立派なホームがあります。
来た来た! 1つ先の駅へ行くだけなので、路線番号は何でも良しです。
トラムの車内はこんな感じ。1駅なのですぐに降ります。

美しい、ポツダムの街

トラムで駅1つ移動し、ブランデンブルガー ストレイブ(Brandenburger Straße)駅で降り立つと、広く美しい石畳の道路にきれいな車両のトラム、かわいらしい建物が調和した、美しい街並みが広がっていました(^^)/

天気もいいし、これもテンションあがります!

やっぱりヨーロッパのきれいな街って、立ってるだけでいいですよね!

街がまるっと世界遺産のプラハ旧市街は圧倒的でしたが、あっちは観光客がたくさん。地元の生活が感じられる中でのこの街並みも、ものすごくいいです。ふらっと降りたところでこの美しさと清潔さ。ドイツの力を感じるわ・・・。(ちなみに、圧倒的なプラハの街並みはこちら)。

本当ならテラス席のカフェでお友達と4時間くらいおしゃべりしたいところですが・・・、私は子連れ旅行中の身。想像だけで断念。

立ってるだけで楽しくなる、ポツダムの街。あぁ!本当はあてもなく街歩きしたい!
こんなカフェでゆっくりしたいわぁ。ケーキ食べたりとか! 今回はかないませんでしたが(^^;
北方向の景色。遠くに見えるのは、「Nauener Tor」という、中世の門です。

どうしてドイツでピザ屋?

私たちはグーグルマップの約200人のお店評価で4.5点の高評価のピザ屋さん「Pizzeria Melody」を見つけていたので、そこを目指します。

どうしてドイツでドイツ料理を食べずに、ピザ屋さん行くの?

理由はいくつかあります。

1.子連れ海外旅行中の料理は名物マストではない(と私は思っています)

全く何でもいいというわけではもちろんなく、1日に1回は、その国の名物料理を狙います。が、その他はラフに食事予定を組んでいます。

今日は夜に、ベルリンでドイツ料理と地ビールのお店に行く予定にしていますので、ドイツ料理はそこでチャレンジします。

2.うちの子どもたちはピザが大好き

大好きなんです困るくらいに(^^;。ガストに行くとピザを注文します。

3.安い

これ大切。ちなみにここのお店は、超安いみたいです(^^)/

4.早い

これも大切。今日は日帰りベルリン・ポツダムで、夜の特急列車でドレスデンに戻らなくてはなりませんので、キホン時間がありません。

5.近い

お店はトラム駅から50ⅿ。食後、またトラムで1つ向こうの駅前のバス停から別の路線バスに乗り、ツェツィーリエンホーフ宮殿に向かうので、トラム駅から50ⅿという近さは最強のアドバンテージ。

以上、1~5の指針に基づいて分析すると、私たちにとってこのピザ店「Pizzeria Melody」が最適な選択なのです(^^)/

【13:30】バス停から歩くこと50m。お店はすぐに見つけることができました。この時撮ったのが、この記事冒頭の写真です。

ピザ屋さんでビールを飲む

外にテラス席も数席ありましたが、あまり大きくないのと直射日光は今日は暑かったので、お店の中に入ることにします。

お店を覗くとカウンターがあり、忙しそうにピザをこねるお兄さんが。「席はありますか?」と聞くと、「奥だよ!」言います。レストランとは全く違う、ものすごくラフな対応です(いやな感じの対応ではなくて、庶民的な対応という意味ね)(^^)/。

ローカルレストラン、わくわくしちゃいます! 

ドイツのピザ屋さんって、どんな感じなんでしょうか!

入っていくと、レトロな音響装置などが棚に飾られています。店主の趣味なのかな?

お店の奥に入っていきます。

奥は広くなっていて、いくつかのテーブル席が。メニューはテーブルの上に置いてあります。

どうも、誰かが注文を取りに来るという風でなく、入口のカウンターに行って注文する方法のようです。

パパは今日最初のビール! 銘柄は「ベルリナ― ピルスナー(BERLINER Pilsner)」、2ユーロ。ベルリンの代表的な銘柄です。ベルリンと言ったらまずはこれですよ(パパ曰く)! ただしここは瓶ビールしかなく、入口のカウンター近くにある冷蔵庫から好きなものを取ってカウンターでお会計するシステム。

パパ:ドリンクのメニューはありますか?

お兄ちゃん:そんなのないよ! そこの壁に書いてあるから!

パパ:(なるほど! 瓶ビールを冷蔵庫から取って・・・)栓抜きとグラスはありますか?

お兄ちゃん:あぁ、あそこにあるよ!

と、栓抜きなどのある場所を指さしてくれました。お兄さんはピザを作っているので忙しいんです。

グラスには少し汚れが残っていたので、席まで持ってきてパパが拭きます。が、細長いグラスで下の方まで手が届かない(^^; ここは長女の出番です(^^)/

スプライト(2ユーロ)も一緒に買ってきましたが、ビールとスプライトが同じ値段とは・・・(^^;

細長いグラスを、長女が手を入れて拭きます。
ドイツビールを注いでご満悦のパパ。いくつか種類があったそうです。

気になる、こちらのドイツビールのお味は・・・。「苦みがあって、すごくいい! 日本のビールだと、何が近いかなぁ・・・。スーパードライともプレミアムモルツとも違うなぁ・・・。近いものが思いつかない。」とのことでした。

人気ピザ店の、驚異的なコスパ

私たちがカウンターで注文したのは、

・PIZZA Scampi 26cm(エビのピザ)・・・5.5ユーロ

・PIZZA Margaritha 26cm(マルゲリータチーズのピザ)・・・3ユーロ

・スプライト・・・2ユーロ

・ビール・・・2ユーロ

しめて、12.5ユーロ!(税込み表示。チップ不要)

ヨーロッパ旅行をしている皆さんならわかっていただけると思います。家族3人の食事でビール・ドリンク付きで税込みチップ込み12.5ユーロという価格が、どれほど驚異的であるかを!!

出来上がったピザは、お店の人がテーブルまで運んでくれます。

値段だけでなく、もちろん味も超本格的。カウンターで、お兄さんが生地を手ごねして作っています。

本物のチーズを使ってますから!

エビのピザは、大ぶりなエビがゴロゴロ!

超おいしくて、家族3人お腹いっぱいになりました。

ベビーカーで寝ている次女は無理に起こさず、起きたら食べさせる作戦でしたが、残念ながらずっと爆睡(^^;。起きたら何か食べさせることにします(おせんべいとかカロリーメイトとか)。

食後、酔っぱらって上機嫌なパパと長女が、ひとしきり下品な会話で盛り上がっていました。おしりとかちんちんとか・・・(^^;

【14:30】みんなでトイレに行き、ポツダムでの次の目的地、ツェツィーリエンホーフ宮殿に向けて出発!

お店から出てきました。

再び、路線バスで向かいます。

世界遺産にもなっているツェツィーリエンホーフ宮殿は、第2次世界大戦時、日本軍の無条件降伏など日本への戦争終結条件を宣言した「ポツダム宣言」を連合国の代表が一堂に会してまとめた舞台となった宮殿です。

日本の運命に深く関わったこの宮殿。ベルリンまで来た日本人としては、行かなくてはなりますまい!

次回に続きます。

※トラブル連発!子連れインドネシア旅行記の第1話はこちら

※神秘の国を行く!子連れミャンマ―旅行記の第1話はこちら