0歳児の赤ちゃんと海外旅行の記録1~韓国:済州島編<後半>~(長女生後3か月半)

韓国:済州島を巡るツアーバスの中で。ご機嫌ですね(^^)/。長女3か月半。

前回の記事「0歳児の赤ちゃんと海外旅行の記録1~韓国:済州島編~(長女生後3か月半)<前半>の続きです。

生後3か月半の長女を連れ、海外3日間を含む7泊8日の旅行をしています。

5日目:韓国・済州島ツアー3日目

あっという間のツアー最終日。夕方の飛行機で成田に帰ります。

ホテルをチェックアウトするところ。
仲良くしてくれたお姉ちゃんとも、今日でお別れだね。
朝食風景。「ウニわかめスープの朝食」でした。朝食がレア感があり、すごくポイント高いです。
三姓穴のある公園に到着。
三姓穴からすぐ、東門市場。魚だけでなく、鶏や豚のすごいのも売っていました。
こんな物を買い食い。何だったけな・・・。
ツアーバスで寄ったアメジスト店。アメジストのネックレスをパパが買ってくれました。2万円くらいのものですが、うれしかったです(^^)/(旅行会社の思うつぼ(^^;)
アメジスト屋さんでのおむつ替え。お店の人が手伝ってくれました。
さぁ、ツアーバスに戻ります。
昼食は「海鮮トクペギ」。辛くておいしい! 私は韓国料理が大好きです。
レストランの顔だしで「ばぁ」。
同じツアーの皆さんが長女を囲んでいます。ツアーの参加者はほとんどが女性でした。
なぜかロッテホテル庭園散策がツアーに入っていました。今後ロッテホテルに泊まってね、というPRなのだと思います。豪華で立派な、洋風のホテルでした。
狭才窟(ヒョプチェグル)にて。広い洞窟です。
かなり奥まで進みます。ソフトな洞窟探検が楽しい!
公園の案内図。私たちは洞窟だけ行きましたが、優に半日は遊べる広い公園です。
帰りの機内で。あっという間の日本帰国です。
帰りもバシネットを利用しました。

6日目~8日目の国内旅行

【6日目:銚子観光】

千葉県内を観光しました。

ゆっくり寝た後、イオン銚子店、大衆割烹香海(ランチ)、ヒゲタ醤油工場見学、ヤマサ醤油工場見学、銚子電鉄犬吠駅、犬吠埼灯台、犬吠埼京成ホテル(温泉)、回転寿司島武、車中泊。

ヤマサ醤油にて。醤油ソフトクリームを食べながら。
この駅の売店でお菓子を買いました。
犬吠埼灯台付近の粗々しい海岸。

【7日目:鹿嶋、行方(なめがた)、潮来(いたこ)観光】

港公園展望塔(神栖市)、鹿島宇宙技術センターの宇宙通信展示室、鹿島神宮、ミニ博物館ココシカ、神鹿(しんろく)屋(ランチ)、カシマサッカーミュージアム、潮騒はまなす公園、水郷硯宮神社、愛友酒造の酒蔵見学、行方市観光物産館、四季好紅(夕食)、茨城県内で車中泊。

港公園展望台から。絶景です! オススメ!
鹿島神宮。健やかに育ちますように・・・。
カシマサッカースタジアム内の「カシマサッカーミュージアム」にて。

【8日目:大洗観光】

霞ヶ浦大橋、茨城空港、大洗駅、阿字ヶ浦温泉のぞみ(露天風呂)、小舟(ランチ)、那珂湊おさかな市場(おみやげ購入)、大洗磯前神社、大洗マリンタワー、大洗港フェリーターミナル、めんたいパーク、海鮮処森田(回転寿司)、そして帰路。

東北地方に入ると雪が。雪の中、家に着いたのは深夜12時前でした。

茨城空港の、ファントム戦闘機の展示と。かっこいいですね(^^)/
大洗マリンタワー。タワーに毎日登る私たち(^^;。
那珂湊おさかな市場で。今日帰る日なので、おみやげに鮮魚をたくさん買いました。
「めんたいパーク」にて。おさかなさん、わかるかな?

済州島旅行も国内旅行も大成功

リスクの大きい海外旅行部分は3日間に抑え、残りは悠々自適の国内車中泊旅行。初めての子連れ旅行としては大成功でした!

韓国・済州島は素晴らしかったです。自然の見どころがたくさんあるのはもちろん、何が素晴らしいって、ソウルに比べ、居心地の良さ、日本人に対してやさしくしてくれるように感じたからです。

東南アジアの都市に行くとどこでも日本語の看板を見かけますし、日本車がたくさん走っていますし、中国はそうでもありませんが日本製品に対するリスペクトを感じます。

一方、ソウルに行くと、街中でほとんど日本語の看板を見ません。走っている日本車は少ないし、中国や東南アジアで感じるような、日本製品へのリスペクトも感じません。

私たちが済州島に行った2011年12月14日は、ちょうどソウルの日本大使館前の歩道上に「例の像」が行政の許可なく設置された日。ウィーン条約で禁止されている「外国公館の威厳の侵害」は明白な、とんでもない無法行為です。

当時は、こんな不法物、いくら法より世論が優先する韓国といえども、国際社会の手前、すぐに韓国政府が撤去するだろうと思っていました。この時、日本は覚悟を持って徹底的に対抗すべきでしたし、国際社会に韓国の無法行為をもっともっと訴えなくてはならなかったのですが、日本側も腰砕けの対応。

近年は、さらに釜山の日本総領事館前にも・・・。国内法はもとより、国際条約よりも反日を優先する国。彼らの反日は、残念ながら本物です。

ただ、少なくとも8年半前当時、済州島の雰囲気はソウルとちょっと違いました。観光で成り立つ島ということもあるのでしょうが、歴史的に朝鮮の流刑地として朝鮮本土からの差別があった島ということで半島とはちょっと違ったメンタリティーを持っているからなのか、日本排除を感じないというか・・・。街中で日本語の看板があったり、スーパーでやさしくしてもらったり。

ソウルでは、観光地を外れると結構緊張感があったので・・・。ポジティブサプライズでした(^^)/。

ツアーで一緒になった皆さんもいい方ばかりで、楽しく過ごせました。長女は泣き叫んで止まらないようなことがなく、泣いてもおっぱいをあげればすぐ泣き止む赤ちゃんだったので、周りに迷惑をかけることもなかったはずです。

あと、私たちについてくれた韓国人ガイドさんがとてもいい方で、すごく好印象でした。歳がたまたま私と一緒で、美人なのに飾らない感じで、日本語も当然堪能。

済州島、また行かれてない方は、子連れ旅行先として手軽でオススメ。2泊3日のツアー、済州島の見どころは半分くらい押さえているので、とても良かったです。韓国料理はおいしいですし。

実はこの他にも、済州島は見どころがたくさん。こんなに見どころがたくさんある島も珍しいです。済州島だけで、5日間~1週間程度の個人旅行の日程も組めると思います。

日韓関係が過去最悪と言われている昨今、私は、もし韓国へ行くなら、いろいろな意味でソウルや釜山よりも済州島をオススメします(^^)/

私は、日韓関係が改善したら、10日間くらいで韓国の地方都市を回る子連れ韓国一周旅行をぜひやってみたいですね。韓国なら英語もよく通じそうですし。

次回、この2か月半後、生後6か月になった長女と行った香港・マカオ旅行を紹介します。

赤ちゃんって、2か月半の違いでも顔が全然違ってくるから面白いですよね(^^)/。

↓ご訪問ありがとうございました(^_-)-☆ 私のブログが「参考になったよ!」という方は、ポチっとお願いします。

※トラブル連発!子連れインドネシア旅行記の第1話はこちら

※神秘の国を行く!子連れミャンマ―旅行記の第1話はこちら

※世界遺産満載!子連れチェコ・ドイツ旅行記の第1話はこちら