高雄:世界最大のステンドグラスアートのある駅:美麗島駅(0歳&4歳:子連れ台湾周遊旅 ♯47)

美麗島駅の「光之穹頂(光のドーム)」と、おむつ丸見えの長女(ズボンは海遊びでびしょびしょに・・・)。

【これまでの旅程】
1日目:朝4時に家を出発、成田から台北へ。夕食とマッサージ。

2日目:台北郊外観光。野柳地質公園、淡水。

3日目:台北郊外観光。十分大瀑布、十分で天壇上げ、平渓、九份。

4日目:台北郊外の烏來温泉観光。龍山寺、台北駅。

5日目:特急列車で台中へ。台中観光。特急列車で嘉義へ。

6日目:嘉義観光。森林之歌、阿里山森林鉄路車庫園区、檜意森活村、KANO記念館、関子嶺温泉。

7日目:快速列車で台南へ。保安駅で出会ったCさんの車で台南観光。その後、列車で高雄へ。

8日目(今日):朝7時起床。列車で左営駅へ。蓮池譚観光。龍虎塔、春秋御閣、嚮茶さんでお茶の後、玄天上帝神像へ。その後タクシーでKRT新左営駅へ向かうも、みえみえの遠回りをされてしまいました。

KRT西子湾駅下車、福泉でかき氷。その後、フェリーで籏津の港に到着。旗津海産店で海鮮料理をいただき、砂浜で海遊び、大道芸人や屋台、ゲームを楽しみ、フェリーに乗って戻って来ました。

今日の午後、籏津でおいしい海鮮料理を食べ、海遊びをしたり、露店でゲームをしたりして遊んできました。

これからいったんホテルに戻って夜市へと出かけますが・・・。

【18:15】KRT西小湾駅からKRTに乗車、美麗島駅で下車しました。この駅からホテルまでは私たちの足でも徒歩10分くらいです。

この駅をよ~~く見学してから、ホテルに戻ります。

【2015.11台湾周遊旅:8日目その6】

世界最大のステンドグラスアート「光之穹頂(光のドーム)」で渾身の撮影

こちらの美麗島駅、「世界で最も美しい駅ランキング」で第2位に選ばれたこともあるという、観光名所にもなっている駅。

駅なのでもちろん見学無料。高雄に来たなら、絶対に外すことができない見どころです。

目玉は、駅構内に入るとする目に飛び込んでくる、プラネタリウムのような巨大な丸い空間の屋根部分に張り巡らされた、世界最大のステンドグラスのアート。とても大きくて、圧巻です。

駅にこれを作っちゃうって・・・(^^;。

このブログで何度も言っていますが、台湾の人って、本当に芸術と言うか、こういう「プラスアルファ」にお金と手間を惜しみません・・・。こういうことを大事にする国民性を、旅行しているとあちこちでビシビシ感じます。

この記事冒頭で掲載した写真が、「光のドーム」の写真。パパが駅の床に寝転がって、渾身の撮影をしたものです(^^)/。

駅の構内で、寝たり座ったり、パパのような「渾身の撮影」をしている人多数(^^; 一般の駅の利用者からしたら邪魔でしかありません。混雑していない時間帯だからできることなのでしょう。

とにかく、すごいんです! 圧巻なんです! 言葉はいらないんです!

長女も、すごい~~、きれい~~、を繰り返していました。

スケールの大きさに圧倒されます。
「渾身の撮影者」多数!
「わぁぁ・・・、すごい・・・」
美麗島駅には、カフェや、こんな子どもの遊び場もありました。台湾新幹線で1枚。

美麗島駅から歩いてホテルへ向かう

【18:30】美麗島駅から大通りをまっすぐ歩けば、私たちの宿泊する、家族4人で1泊4,300円のきれいなホテル「高雄舜鈺商務旅館」です。

台南から高雄へ。高雄で1泊4,300円のきれいなホテル「高雄舜鈺商務旅館」

10分ほど、夜の高雄の街を歩きました。

美麗島駅の10番出口から出て来ました。
こんな、きれいな大通りを歩きます。
長女も元気に自分で歩いてくれました。涼しくて気持ちいいね。

ホテルの近くのジュース屋さんで飲み物を購入

ホテルの隣の隣がジュース屋さんだったので、飲み物を買って帰ります。

パパイヤミルクジュースと、グァバジュースを購入。ホテルに持ち込みます。

【18:40】ホテル着。

ふ~~っ、疲れた・・・。お昼ご飯が遅かったので、まだお腹は空いていません。ホテルで少し休憩してから、高雄最大の夜市:六合路夜市へ向かいます。

やっぱりホテルは落ち着く・・・。今日はこれでもう寝てしまいたいくらい・・・(^^;。

でも、明日の午後には帰国のため高雄空港に向かわなくてはなりません。高雄で夜市に行けるのは、今日の夜が最初で最後!

気合いを入れます。

ホテルの部屋に帰って来ました! パパイヤミルクでほっとひと息。しばし休憩です。

夜市の屋台飯に挑戦する次回に続きます。

※英語話せない人に絶対オススメ!子連れ台湾周遊旅行記第1話はこちら。

【その他の子連れ海外旅行記など↓】

※トラブル連発!子連れインドネシア旅行記の第1話はこちら

※世界遺産満載!子連れチェコ・ドイツ旅行記の第1話はこちら

※神秘の国を行く!子連れミャンマ―旅行記の第1話はこちら