高雄:六合路夜市で、こんなのない!奇跡の焼きとうもろこしを食べる(0歳&4歳:子連れ台湾周遊旅 ♯48)

六合路夜市の屋台で。もつのスープが意外においしい!

【18:40】高雄観光を終え、いったんホテルに戻って来ました。

籏津で海遊びをしている時に、長女の服が濡れてしまって。。。特に、その後ズボンは脱いだまま観光していましたので・・・。

【19:30】長女を着替えさせ、小休止してから、再びホテルを出発しました。

【2015.11台湾周遊旅:8日目その7】

台湾最大級の夜市:六合路夜市へ向かう

目指すのは、ホテルから歩いて5分の所にある台湾最大級の夜市「六合路夜市」。

広い道路の横断歩道を渡りますが・・・。台湾って青信号の時間が短くて、私たちの足だといつもギリギリ渡り終えるくらいになっちゃいます(^^;

【19:40】ほどなく、六合路夜市の入口に到着。300メートルにわたって、道の両側に飲食店などがひしめきあっていて、今日は土曜日ということもあってか、すごい人出です。台北の士林夜市よりも混んでるなこれは・・・。

ここで、屋台飯と台湾式足つぼマッサージにチャレンジする予定です。

マッサージ店、探すぞ(事前に調べてこなかった)!

大通りで普通に歩道を歩いていたら、私たちの後ろをバイクがかすめて行きました(^^;。
見てください、六合路夜市のこの賑わいぶり!

まずはスイカジュースを購入

ここで夕ご飯を食べたいのですが・・・、飲食店も下調べはしていません。適当に眺めながら歩きます。

まず、フレッシュジュースの屋台でスイカのジュースを売っていたので買ってみました。値段は忘れてしまいました。

オーダーすると、目の前でお姉さんがカットスイカをどんどんミキサーに入れ、ジュースにしてくれます。屋台なのにパッケージも完璧!

あっさり味で、とてもおいしかったです(^^)/

お姉さんが目の前でスイカの切り落としをジュースにしてくれます。
パッケージも完璧!
長女「すっごくおいしい!」

カラスミの味

歩いていると、高級珍味、カラスミを売っている屋台を発見(日本語で「カラスミ」と書いてあったのでわかrった(^^;)!

小さい串で、1本50元(200円)。200円なら試してみるかということで、パパが購入。パパは生まれて初めてのカラスミのようです。

生ネギと生の大根が一緒になって、爪楊枝に刺さっています。

カラスミのお味は。。。

おいしい!

タラの子の濃厚な感じで、おつまみ系の味だそうです。珍味と言うからどんなに微妙な味かと思っていたみたいですが、思ったよりも全然おいしい食べ物だそうです。

人生初のカラスミ。パパ「想像してたよりおいしい食べ物だ!」

こんなのない! 奇跡の焼きとうもろこし

次に私たちが目を付けたのが、焼きとうもろこし。

小さいのが安く売っていました。何か、お祭りみたいでいいな~~。

何気なく1つ購入。おいしいのかな・・・。

日本のとうもろこしは糖度が高く、甘くておいしいけれど、台湾のは甘くなかったりして・・・。きっと、おいしくないのに違いない。

でもま、長女、とうもろこし好きだし。

そんな感じで、全く期待しないで買った焼きとうもろこし。

色も、何だか日本のよりおいしくなさそう。身は白く、部分部分が赤身がかっています。

でも、長女、「おいしい、おいしい」と言って食べています。

おや?? 日本のとうもろこしと同じようにおいしい物なのかな?

私も一口。

ん!!! 何だこれ!!!! びっくりしました!!!

モチモチしているんです!!! おもちみたい!

え? こんなとうもろこし、初めて食べました! 日本のとうもろこしと、明らかに品種が違います。

味も、甘さは日本のスイートコーンのほうが上かもしれないけれど、何と言ってもモチモチとした粒感が、新食感! 味もとってもおいしい。

変な感じ~~~。これには本当にびっくりしました。

何気なく買った、焼きとうもろこしをパクリ。
おいしい~~~! イエィイエィイエィ!!!

うちの禰豆子

2020.10月の現在、劇場版:鬼滅の刃「無限列車編」が大人気。

私たちも鬼滅の刃が大好き(少し前から)。映画公開2日目に家族で映画館へ行って、煉獄さんの生き様を見て涙を流して帰って来ました(^^)/。

小学校3年生になった長女も、涙。

ふと、この台湾旅行のビデオを見返していたら、こんな所にも禰豆子がいるではないですか!

思わずパソコンの画面を二度見してしまいました。

ん?? これは!!! まさか、うちの禰豆子!?
どっからどー見ても禰豆子です(当社比)。

台湾の屋台でテキトーに指さし注文してみたら・・・

【20:10】ここまでの飲食はジュースと焼きとうもろこし。屋台はたくさんあるけれど、どこがいいかわからない。でも、もう午後8時を過ぎ、そろそろご飯を食べにどこかに入らないと。

でも、台湾語分からないし、何が食べられるのかよくわからない・・・。

ええい、迷っていてもらちが明かない、よくわからないけど、ここはとりあえずどこかの屋台に入ろう!

そう思って、「肉饅頭」と書いてあった屋台に入りました。

肉饅頭とは、肉まんのことかな???

よくわからないけど、適当に頼んでみよう。

一つは肉饅頭。30元(120円)。

もう1つ、スープでも頼もうか。

適当に「四神湯」を注文。35元。4人の神のスープって何だ??? 何が出てくるかはお楽しみ。

そうして出てきたのは・・・とろとろのあんかけ肉ギョーザの大きい物のような「肉饅頭」。私の想像した肉饅頭とはずいぶん違いますが(^^; まぁ、とりあえず食べてみます。

ガーリックが効いてるな。トロットロ。おいしいと言えばおいしいけれど・・・という感じでした。

「肉饅頭」が登場。思ってたのと違う・・・(^^;

続いて、スープ「四神湯」が登場。

何だかと思ったら・・・、これは、「もつのスープ」だ!! ゲロゲロ、よりによってモツかぁ(^^;

多くの場合モツはクセや臭みがあり、子どもは苦手なことが多い食べ物。私もあんまり好きではありません。

これはパパが担当かな・・・。

パパ:ん?? これ、クセがなくておいしい!!

本当かなぁ。私も飲んでみます・・・。本当だ、臭みが全くない!

長女に食べさせてみると、熱い熱いと言いながら、おいしそうにモツのスープを飲み始めました。

あれ!? これ、意外なヒットかも!!

皆さんも、「四神湯」、試してみてくださいね(^^)/

「四神湯」って・・・。モツのスープだ!!
トロットロの「肉饅頭」。日本では出てこない食べ物。
モツのスープ、おいしかった!!

この屋台での飲食は、30元+35元でわずか65元(250円)! 恐るべきコスパでした(^^)/。

台南の名店:度小月の「擔仔麵」屋台を発見!

【20:40】さて、さっきの屋台、安くておいしいんだけど、何が出てくるかまったく想像つかないものを頼み続けるのはこの辺にしたいと思い、別の屋台を求めて再び夜市を進みます。

すると、思わず、見たことのある提灯を見つけました。

あ! あれは、私たちが台南で行こうと思っていたけれど行けなかった、麺の名店「度小月」の屋台ではないか! 高雄の夜市でも店を出していたんですね。「擔仔麵」という、香草を効かせたオリジナルの麺が人気です。

こんな所にも店を出しているんですね!

腹5分目位だった私たち。迷わず「度小月」の屋台の空いている席に座りました。

あっ! こんな所に台南の名店「度小月」の提灯が!
たまたま席が空いたので、すかさず座りました。

まず、パパと私の分ということで、2つ注文。いつもラーメンを頼むときは2つ頼んで、4歳の長女には私のを分けてあげますので・・・。

出てきたラーメンを見てびっくり。「るるぶ」の写真ではよくわからなかったけれど、小さい! 日本のラーメンの3分の1くらいの量。これだと、あっという間に食べれてしまいます。

味は、東南アジア系の、パクチーが少し効いた南国風の味。イケます! でも、日本のおいしい店のラーメンと比べると、日本のほうが上かな。

台南で食べれなかった分、高雄でリベンジできました。

台湾の屋台麺、ちょっと小腹がすいたら食べる、という立ち食いそば的なイメージなのかもしれません。

でも、長女に一口食べさせると、(南国風の味なのに)意外に気に入った様子。小さいので、長女用にもう一つ追加することににしました。

おいしい! 南国風のラーメン。
はい、あ~~ん!
ぱくっ!
おいしい~~~!!
食後に、お店の正面で1枚。

台湾足つぼマッサージに挑戦

【21:10】明日は帰国日なので、台湾で過ごす夜は今日で最後。

今日まで、台湾足つぼマッサージをまだやっていませんでした。私はマッサージが大好き。台湾式足つぼも楽しみにしていました。

下調べはしていませんでしたが、足つぼマッサージのお店を探しながら夜市を歩いていました。

度小月の目の前は、「30分300元(1,200円)」と大きい看板を出している、大衆向けの足つぼマッサージ店でした。

ここに入ってもいいのだけれど、せっかく来た台湾、もう少し高級そうなきれいな足つぼマッサージもいいのかな・・・と思っていると、オシャレ風のマッサージ屋さんを発見!

よし、ここに入ろう!

まずは値段と施術内容の確認。おしゃれな店舗での全身マッサージで、60分で800元(3,200円)。安くはないですが、台湾で最初で最後のマッサージということで、やや高級なお店もいいかも。

そう思って、支払いにカードが使えるか聞いてみると、「クレジットカードは使えません」とのこと。えっ!?観光客も来るだろうに、カードが使えないとは・・・。

実は私たち、明日が帰国日だから台湾元を残さず使ってしまおうということで、2人合わせて現金を500元しか持っていませんでした。これでは、お金が足りなくて受けられない・・・。泣く泣く断念しました。

こうなれば、安い大衆マッサージ店でいいや。これも一興。「度小月」の前のマッサージ店に入ります。私は30分300元の足つぼマッサージコースを注文。多少のチップをあげても、持っている現金で十分足ります。

途中、長女を抱っこしながら施術してもらったり。

もう、足の裏中痛くて、声を出していました(^^;

「度小月」の屋台の前の大衆マッサージ屋さん。
開放的な店内は混雑。夜市の人気のマッサージ店です。
長女が無理矢理私の上に乗って来ました。イタタタタ・・・。痛気持ちいい、いや、やっぱ痛い・・・。
終了後。長女はウトウト(今は寝てるフリ)。
マッサージ店を出るとき、イチゴ味のあめをもらいました。
もうすぐ夜の10時。そろそろホテルに帰ろうか。

台湾で焼き鳥体験

【22:00】もう夜の10時。そろそろホテルに帰ります。

帰る前に、パパが台湾の焼き鳥(1本30元(120円))に挑戦。おいしいかな・・・。

「七里香」という屋台で購入。

日本の焼き鳥に比べ、台湾のは単に鳥を焼いているというようなシンプルな味。焼き鳥の味としては、日本の焼き鳥に軍配が上がったようです。

1本10元の焼き鳥。シンプルでおいしいよ!
蛇料理のお店がありました。今度高尾に来た時は入って見ようと思います。

ホテルで「ケロケロごっこ」「橋遊び」

【22:20】夜市から徒歩10分。ホテルに戻って来ました。パパは近くのコンビニでビールを買ってホテルへ。

ホテルの前で横断歩道の信号を待っていると、ベトナム顔負けのバイクの集団が走っていて、びっくりしたようでした。

ホテルに戻る、私と長女。
ホテル前。すごい数のバイクが走っていきます。

【22:30】ホテルの部屋では、パパがコンビニで買ってきたチョコレート(日本の「小枝」)を早速食べ始めました。

長女は籏津でのお昼寝が効いたのか、まだ目がランラン。パパとおしゃべりしたり、「ケロケロごっこ(カエルの真似をしてぴょんぴょん跳ねて何かしゃべる)」や「スイートプリキュアごっこ」、「橋ごっこ」をしたりして遊んでいました。

「橋ごっこ」とは、ベッドとベッドの間に長女が横たわり、その上をパパの指人形が渡るというもの。渡る特に、くすぐったい所を触ったりしていたずらしながら渡るのが面白いところ。

小枝を開ける長女。もう寝る前ですが・・・。
「ねえパパ、橋ごっこしよ~~(^^)/」
橋になったよ~。渡って~~。
むにゃむにゃ・・・。寝る前に、お風呂に入らないと!

お風呂で号泣

【23:00】寝る前に、シャワーを浴びます。

昨日はパパとご機嫌でお風呂に入った長女。どっちと一緒に入る? と聞くと、「パパとがいい!」と言うので、パパもよしきたとばかりに裸になってお風呂へ。

この日は時間がないのでシャワーだけ。

でも、入るなり、「パパの洗い方が下手くそだ」と言って長女が泣き出します。昨日は喜んでパパと一緒にお風呂に入ってたのに・・・。パパも、普通に洗ってるだけなんですが・・・。

夜遅くて、もう眠たかったのだと思います。

泣くので、さっさと終わらせようと半ば強引に長女の頭を洗うパパ。

さらに泣く長女。

もう、号泣。

パパ、とんだ災難でした(^^;。

延々とギャン泣きが続く、地獄のお風呂(結構辛いんですよね・・・)。

【23:30】長女就寝。

明日は帰国日なので、スーツケースの荷造りを行いました。

【24:30】私・パパ就寝。

明日は午前中だけ観光し、午後は帰国のため高雄空港へ向かいます。

次回、1回だけ別記事を挟みます。

※英語話せない人に絶対オススメ!子連れ台湾周遊旅行記第1話はこちら。

【その他の子連れ海外旅行記↓】

※赤ちゃん連れ海外旅行についてのいろんな話はこちら

※妊娠中の海外旅行記第1話はこちら

※コロナに気をつけて行く! 2020.7宮古島旅行記の第1話はこちら