小学校2年生が創作した「まもりがみ」を紹介します:その3(21作目~30作目)

まもりがみじてん(No.21~No.30)

今回は、長女が小学校2年生の時に創作した「まもりがみ」シリーズ、No.21からNo.30までの紹介です。

かけっこよりも、お絵描きのほうが好き

かけっこよりも、お絵描きのほうが好き。そんな長女が、小学校2年生の時から描きだしたのが「まもりがみ」。いろんなものに宿る精霊のような存在のようです。

妖怪ウォッチやポケットモンスターなどの漫画に影響されて、思いついたのでしょう。

3つ4つまで描いた頃は「へ~~っ」って感じでしたが、最近では累計30作以上。さすがにここまで続くと思わず、これはすごいことなんじゃないかと思い始めました。

「まもりがみ」は、アニメなどの影響は受けているにしても、長女の全くのオリジナル。小学校の友達と話しながら描いているようですが、少なくとも大人は全く関与していません。

まもりがみNo.1~No.10まではこちら

まもりがみNo.11~No.20まではこちら

怒りんぼには友達がいない

21.地球のまもりがみ「ギューラン」

地球のまもりがみ、さぞ崇高なキャラかと思いきや、まさかの怒りんぼ(^^;。いや、自由でよろしい(^^)/

友達が欲しいのなら、そんなに怒らなきゃいいのにね。

競馬じゃないよ、定規だよ

22.定規のまもりがみ「ジョッキー」

競馬のことは知らない長女。かぶっちゃいましたね(^^;

耳と、短い足がかわいいです。

かばんに財布を入れると出せなくなる、悪魔のかばん

23.かばんのまもりがみ「カック」

財布を入れると死ぬまで財布を出してくれないという悪魔のかばん。見た目がかわいいのが何とも・・・。

詐欺師ですな。

赤い目の超能力犬

24.犬のまもりがみ「ドルック」

強烈な怖さ。長女は犬を怖い動物だと思っているみたいですね。

小さい頃、吠えられたりしたっけな・・・。

まさかのお母さん登場

25.猫のまもりがみ「ニャックスー」

お母さんに叱られるというのが面白いですね。

通し番号は、まもりがみの番号じゃなくて、ページの番号だった・・・

26.「きみが一ばんすきなまもりがみはいたかな?」

これまで、私は1、2、3・・というのは、まもりがみにつけた通し番号だとばかり思っていました。それが、26ページ目にして、番号は「まもりがみの番号」ではなく「ページの番号」だということがわかりました・・・。

すごい発想力です(^^;!

ドルッペは、まもりがみシリーズNo.20の「どうぶつのまもりがみ」ですよ。ドルッペはこちら(一番最後)

季節で形態を変えるまもりがみ

27.ボールのまもりがみ「ボックル」

季節で形態が違うのは面白いですね。せっかくの春なのに丸くなっているんですね(^^;

デザインのやつもキタ~~ッ!

28.シマシマのまもりがみ「シルッタ」

シマウマじゃなくて、シマシマですよ。模様にまもりがみを設定するとは、なかなかの発想力。少なくとも私は思いつかなかった・・・。

水玉のまもりがみ、ヒョウ柄のまもりがみ・・・。あとは、迷彩のまもりがみとか・・・。

光速水泳で退学・・・

29.ペンギンのまもりがみ「ペクン」

100mプールを往復だから、0.3秒で200m泳ぐということですね。

速く泳ぐと退学になる制度、いいですね! 私は泳ぎが苦手なもので・・・(^^;

いかにも悪そうな奴だが・・・

30.マフラーのまもりがみ「マルック」

いかにも首に巻き付いて毒の牙で首筋にかみついたりしそうな外見ですが・・・。意外といいやつなのかも。

人間に髪の毛がないのが私は気になります。

ここまでで30体です。いろいろいますよね(^^;

次回、台湾周遊旅行記に戻ります。7日目、私たちは嘉義のホテルを出発し、列車で台南に向かうのですが・・・。

【その他の子連れ海外旅行記↓】

※トラブル連発!子連れインドネシア旅行記の第1話はこちら

※神秘の国を行く!子連れミャンマ―旅行記の第1話はこちら

※英語話せない人に絶対オススメ!子連れ台湾周遊旅行記第1話はこちら。