ローマ:テルミニ駅からコロッセオ駅へ向かう地下鉄B線車内でスリに狙われる(1歳&5歳:子連れイタリア旅 ♯12)

テルミニ駅から地下鉄でたった2駅、コロッセオ駅に着きましたが・・・。怖かったぁ"(-“"-)"。

【これまでの旅程】
0日目:金曜日の午後9時30分、東北地方の自宅をマイカーで出発。車中泊。

1日目:朝6時過ぎに起床、PAを出発。3時間運転して、午前9時40分に成田空港民間駐車場に到着。午前10時10分成田空港着。

10時間半のフライトを経て寒波到来中のモスクワへ。気温マイナス28度の中、歩いて連絡バスに向かいます。空港でビールを飲んだ後、再び極寒の外を歩いて搭乗、4時間弱のフライトでローマに到着。レオナルド・エクスプレスの最終列車でテルミニ駅着、深夜12時過ぎにホテルフェニシアに到着。

2日目(今日):真夜中じゅう子どもたちは元気いっぱい。午前8時30分、ほぼ徹夜の状態でバールで朝ごはんを食べ、徒歩でローマ4大大聖堂の1つ「サンタ・マリア・マッジョーレ教会」へ。ちょうどミサをやっていました。

午前11時前、テルミニ駅近くのピザ屋さんで早めの昼食。子どもたちは2人ともぐっすりでした。

【11:30】休憩十分、そろそろ、テルミニ駅前のピザ屋さん「Sfizio Pizzeria」を出て、コロッセオに向かいます。

予定では、午前9時にコロッセオ着だったんですが・・・。プランの破綻具合が激しいです(^^;

出発の時、抱っこ紐の中の次女が目を覚ましました。パパに預けたりまた抱っこ紐の中に入れたりしたから、起きちゃったかな・・・。

まだコロッセオにつかないから、まだ寝てていいのよ・・・。

抱っこ紐に入れて歩いているうちに、次女はまたすぐに寝ました。

【2017.1 子連れイタリア旅行:2日目その6】

地下鉄のテルミニ駅へ

地下鉄のテルミニ駅は、鉄道のテルミニ駅と違う所から入ります。テルミニ駅を出ると右側の方に赤い「M」の字(メトロ)の看板が見えます。

地下鉄の入り口はあそこだな~~。べビーカーを押して向かいます。

向こうに見えるのが、地下鉄のテルミニ駅です。
こんな道を進みます。
地下鉄A線、B線の表示がありますね。

地下鉄の切符を買うのにひと苦労

【11:35】券売機で地下鉄のチケットを買います。

え。。。。と。。。。

どうやるのかな?

子どもは無料みたいなので、買うのは大人のチケット2枚。1枚1.5ユーロの「100分券」を2枚です。

券売機にはわかりやすい表示が。

1.ボタンを押してね

2.お金を入れてね

3.受け取ってね

よし、だいたいわかったぞ。

「2枚」のボタンを押しますが・・・、「決定」ボタンがどこかわかりません。

あれ・・・、決定ボタンは・・・。

お金入れればいいのかな?

紙幣を入れようとしますが、入ってくれません。

ん?? お金が入らない・・・。やっぱりどこかに「決定」ボタンが・・・・。

パパは苦戦中。

ひょっとして、この機械、壊れてるんじゃ!!!

隣の券売機に移ってボタンを押し、紙幣を差し入れると・・・・。

機械が反応してお札を吸い込み、切符が2枚出て来ました!

やった、買えました!!!

やっぱり隣の機械、お札を入れる所が壊れてたのね~~(^^; 

壊れてるなら「壊れてます」と貼っておいてよ・・・(^^;

もう、何をするにもいちいちスムースにいきません。

あれ?? 紙幣を入れようとしても、反応しない。何かボタン押すのかな・・・(単に機械が壊れていただけ)。
地下鉄のホームに下りてきました。

地下鉄でスリに遭遇

コロッセオ駅まではB線で2駅。テルミニ駅には地下鉄A線とB線が乗り入れていますので、そこは看板を確認してB線のホームへ。

地下鉄は満員ではないけれど、結構な混み具合。ベビーカー押して乗れるかな・・・と少し心配になりましたが、乗車は大丈夫そう。

椅子は空いていなくて、長女が寝ているベビーカーを2人でよいしょと入れ、パパと私は立って乗りました。

日本の地下鉄より駅がやや暗い印象です。

【11:45】地下鉄、発車。

ゴトン・・・ゴトン・・・。

2駅だから、すぐですね。

ゴトン・・・ゴトン・・・。

<バシッ>

パパはズボンのポケットに何かが当たるのを、かすかに感じました。

ん??

パパはズボンのポケットに財布を入れているんですが、その財布を下から強く突き上げるように、何かが勢いよく当たったのです。

混んでいる電車で、誰かの手やカバンが当たることはよくあります。

でも、下から突き上げてくることはありません。

あれっと思うと、間髪入れずにもう一度!!

<バシッ>

これ、何者かが、財布をズボンのポケットから飛び出させようとしているのです!!

スリだ!!!

財布を盗ろうとしてる!!!

危険を察知したパパは取り敢えずズボンのポケットに手を入れ、財布を手でギュッと掴みます。

大胆なスリ

初撃と第2撃が不発に終わり、危険を察知したパパが防衛体制に入りました。

もう大丈夫でしょう。

パパが狙われていることに気が付いたことは、パパの反応から、スリ犯も気付いたはずです。

気付いたはず・・・。

<バシッ>

えっ!? また!??

ポケットの財布をしっかり手で握りしめてガードしている状態なのに、再度強く下から突き上げる動き。

えっ!!

その気になれば、スリが誰か特定もできそうですが、怖くてそれどころではなかったようです。

スリって、「いつの間にか取られる」ことを言うんじゃないのか!?

気が付いているのに、まだやる????

実は、こんなこともあろうかと、パパのポケットに入れていた財布は当座の現金5,000円分ほどだけ入れた「サブの財布」。メインの財布は、リュックの中に厳重に入れてありました。

(ひょっとして、ズボンの財布を狙うのは陽動で、俺が注意を取られている間にリュックを狙う気なんじゃ!?)

複数犯かも!!

パパ:ママ、スリがいるみたい! 俺の(背中の)リュック、よく見てて。

私:えっ、スリ!? わかった!

私が、パパがスリにアタックされているのを知ったのはこの時。

パパは、コロッセオ駅に着くまでの5分間、ずっとポケットの財布を握りしめていました。

パパはズボンのサブ財布をガード(と言うかしっかり手に掴んで)。私はパパのリュックを見張ります。

パパが私に大きな声で日本語で話しかけて以降、アタックは止まったみたいです。パパはパパで、私のリュックを警戒します。

そうして、警戒を続けること5分。コロッセオ駅に到着しました。

【11:50】コロッセオ駅に到着。

ここで油断はできません。

ホームに降りるとき、体勢が変わる時、人が流れる時もスリのチャンス。細心の注意を払わなくてはなりません。

パパ:あわてて降りるんじゃなくて、最後に降りよう!

私たちはすぐに動かずに、一通り周囲の乗客の下車が終わって空いたタイミングで、長女が寝ているベビーカーを2人で持って外に出します。

パパはズボンのポケットの中に注意しながら・・・

無事、下車に成功。財布も私の荷物もパパのリュックも無事でした"(-“"-)"。。

コロッセオ駅のホームで

パパ:びっくりした!! 俺の財布が狙われた!

私:気が付いて良かったね!! どうしてわかったの?

パパ:俺のズボンのポケットに入れた財布を、下から突き上るのがわかったから・・・。

私:下から突き上げる? まさか子ども?

パパ:いや、子どもはいなかったと思う・・・。手も見えなかったし、何かの道具を使ってたのかも。。。3回やられた。

私:気が付いて良かったね・・・。イタリア初日でいきなりスリか・・・。恐ろしい・・・(^^;

パパと話していると、あっと言う間にホームには誰もいなくなりました。

未遂に終わったといえ、スリに遭遇したのは私もパパも生まれて初めて。これまで20回の海外旅行でも初めてのことで、ちょっとショックを受け、しばらくホームに立っていました。

コロッセオ駅のホームで。気分はすっかり「SOS」ですよ・・・(^^;

芸術的な落書き?

ホームで話をしていると、早くも次の電車が入って来ました。

さっきはよく見ていませんでしたが、電車にすごい落書き・・・(^^;

ここまで来ると、落書きではなく、立派な芸術です!

あまりに完成度が高いので、ひょっとして落書きでなくて公認なのかも・・・。

いや、窓にも色塗ってるし、やはり公認というわけではないか・・・。

次の列車がやって来ましたが・・・、先頭からすごい落書きです(^^)/ こういったデザイン、のようにも感じます。
すごい落書き・・・。もはや、落書きのレベルじゃないような・・・(^^;
すごいね! これ、本当に落書きなのかな??

駅にエレベーターがない!

スリのショックが冷めやらぬ中、そろそろコロッセオに向かいます。

いやいや、ベビーカーで長女がぐっすりだし、長い階段は無理。ここはエレベーターを探して。。。

エレベーターを・・・。

エスカレーターでも助かりますけど・・・。

・・・・・。

えっ地下鉄コロッセオ駅は、まさかのエレベーターなし、エスカレーターなし!?

地上まで、結構長いよこの階段!

パパがホームの端から端まで走って見に行ってくれましたが、やはり地上に出る方法は階段しかないようです。

そんな~~~、まさか、世界的観光地の地下鉄コロッセオ駅に、階段しかないなんて・・・(^^;

ここは文句言ってもしょうがない。

パパがベビーカーから長女を抱っこして出し、手に抱っこして長い上り階段を上ります。私は、次女を抱っこ紐に入れながら、畳んだベビーカーをかついで上ります。

上に上がったところで再びベビーカーを広げて長女を寝かせます。

ふ~~っ。こりゃ、車いすの人はイタリアの地下鉄は無理だわ・・・(^^;。

コロッセオに到着!

【12:05】地下鉄コロッセオ駅から地上に出ると、そこにはすぐにコロッセオが!

でで~~ん!

着いた~~!

私は学生時代以来、十数年振りのコロッセオ。以前来た時はツアーの観光バスだったから、何だか全然感じが違います。地下鉄で来ると、自分の足で来たって感じですごくいいですね!

パパは初コロッセオ。「おお~~っ! デカい!!」とか言っています。

いや~~、何回見てもいいですね。すごい迫力。

着いたので、次女を抱っこ紐から出して自分で歩かせます。

日本で立てた予定では、ここに9時に着くはずだったんですが、もうお昼の12時。予定を大幅に見直さなくてはいけません。ま、それは観光しながら考えるとして・・・。

コロッセオに到着!!

長女はぐっすりですが、ここまで元気な次女。自分の足で歩きます。
この辺の石畳はデコボコがかなり深いぞ・・・。

ここで1つ問題が。

次女は起きてくれたのですが、長女は相変わらずベビーカーでぐっすり。

今はお昼の12時(日本時間でも夜8時)。子どもがぐっすりというのは全くの想定外。

果たして、コロッセオ、ベビーカーで上れるのだろうか??

ベビーカーでは上れない次回に続きます。

ご訪問ありがとうございました! もしよろしければ、ポチっと応援クリックしていただけると嬉しいです(^^)/↓

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

私のブログを応援してくださる方、お手数ですがこちらもポチっとお願いいたします(^^)/↓


家族・子連れ旅行ランキング

※冬の南欧へ!子連れイタリア・シチリア島旅行記を第1話から読む方はこちら(全て無料)

【その他の子連れ海外旅行記など↓】

【台湾】台北郊外のぼったくりおみやげ店で見事に騙された(パパが)

【ドイツ】ベルリンで深刻な事態に

【病気】長女のウイルス性髄膜炎闘病記~体力完全回復までは半年間~