タリン:精霊教会からラエコヤ広場へ(1歳&4歳:子連れスウェーデン・フィンランド・エストニア旅 ♯65)

家族4人で、世界遺産:タリン旧市街を進んでいきます!

【これまでの旅程】
1日目:羽田から北京経由でスウェーデンのストックホルムへ

2日目:ストックホルム市内観光。その後、夜行フェリーでフィンランドのトゥルクへ

3日目:ムーミンワールドとトゥルク市内観光

4日目:トゥルクから特急列車でヘルシンキへ。午後はヘルシンキ市内観光

5日目:ヘルシンキ市内観光。世界遺産:スオメンリナ要塞島など。

6日目:国際フェリーでヘルシンキからエストニア:タリンへ。パパと長女でタリン観光。次女が40.4度の発熱、救急車で病院へ。

7日目(今日):午前3時30分、次女39.7度の発熱。解熱剤投与。37.6度まで下がって元気に遊ぶも、遅めの朝食後の熱は再び39.6度。10時過ぎ、病院の薬と解熱剤を投与します。

11時、ホテルチェックアウト。次女の熱は37.6度。夕方のフェリーの時間まで街を観光することに。聖オレフ教会で258段の石段を上り、絶景を見て、先に進みます。

【12:30】聖オレフ教会を出発。

次女のおでこを触ると、もうお熱はないようです。

ひょっとして・・・と思って熱を測ると、36.8度!

平熱だ・・・。

今はまだ解熱剤が効いている状態だし、いつまた熱が上がるかわからないので油断は禁物ですが、本人もずっと元気な様子で快方に向かっているのは明らか。私の気持ちにも少し余裕が出て来ました。

本人は歩きたい(=遊びたい)らしく、しきりに抱っこ紐から出たがりますが、もう少し抱っこ紐に入れて運びます。

【2016.7 子連れ北欧旅行:7日目その3】

タリン旧市街の風景

ここから先は、「精霊教会」を目指し、その後は世界遺産:タリン旧市街の中心「ラエコヤ広場」に行って、旧市庁舎を観光後、ランチというプランです。

長女は塔の疲れもあってベビーカーで移動。タリン旧市街、小路に入るとベビーカーには厳しい彫りの深い石畳なんですが、メインの通りは走らせやすいです。

ベビーカーを押してタリン旧市街の中を進んでいると、長女が面白いことを言いました。

4歳:ねえねえ、いいこと思いついちゃった!

私:な~に?

4歳:明日、スウェーデンに行って、その後日本に帰るんでしょ。日本に帰る前に、スウェーデンぐるっと一周してみるのはどう?

私:スウェーデンを一周かぁ(^^;。したいけれど、すごく時間がかかるのよ・・・。

4歳:でも、サッと一周してみたら? 見てない所とか、あるかもよ~~!

私:そうだね、一周しようね・・・(^^;。

スウェーデンのこと、地方の一都市くらいにイメージしているのかもしれません(^^;。まだ4歳ですから・・・。

また、よくやってた間違い。

成田空港から、東北地方の自宅に向かう途中で。

4歳:日本まで、あとどのくらい?

私:長女、ここはもう日本なのよ~~(^^;

うちの長女、「東京=外国」だと、数年は思っていました。だって、私たちの自宅の周りと東京の景色、全然違うんですもん。かくいう私も、今でも東京に行く時は外国に行くような感覚があります。

旅行記に戻って・・・。

タリン旧市街の風景は、どこを見てもかわいく美しく、絵になる建物ばかりでした。

【12:50】休憩が終わったのか、ようやく長女がベビーカーから降りてくれました。

聖オレフ教会を出発。「ねえねえ、いいこと思いついたんだけど!」
とんがり帽子の塔が「聖オレフ教会」。日本の鎌倉時代にあたる中世に、よく作ったなあんなの。
歩道から降ろさないと。どうしようかな・・・。
「あなた、自分で歩きなさいよ~~。」
ベビーカーで小路を進みます。どうやら、昨日の午後、パパと長女で歩いた道みたい。
こちらもかわいい建物(^^)/
通りにはカフェやレストランが点在しています。本当はゆっくりしたいのですが・・・。
とある小路の風景。
ようやく長女がベビーから降りてくれました。
だから、パパのカメラに近づくんじゃありません!

精霊教会を見学

【12:50】タリンの有名な教会「精霊教会」に到着。ここは、ラエコヤ広場のすぐ近く。ここを見学します。

こちらは14世紀建立。

入場料1人1ユーロ(子どもの料金は忘れました(^^;)。

教会に入ると、パイプオルガンの音楽が鳴り響いていました。

私たちは宗教画とかバロック建築とか一切わかりませんが、こんなのが700年も前にあったかと思うと・・・。往時の様子を想像せずにはいられません。

この中世の教会に、浴衣で入場します(^^)/。

パイプオルガン、生演奏かと思ってやっているところを探しましたが見当たらず。多分CD音声か何かだと思われます。

精霊教会に入って来ました。パイプオルガンの音色が響いています。
こっちも日本の伝統衣装?で勝負だ!
一番奥の祭壇。
これは、何をするものなんだろう・・・。
細かい彫刻・像策がたくさん。
上には、キリストの像が。
ろうそくは電気仕掛けですね。
2階廊下部の腰壁に描かれた、素晴らしい絵画。
ステンドガラスがすごくきれいです。 4歳「あれ、ガラスなんだよ~!」
2階の廊下部から1階を眺めます。長女「見えない~~。ママ、抱っこ!」 
次女「あ~あ~あ~!(抱っこ紐から出て歩きたい!)」
「次女ばっかり抱っこずるい~~。私も抱っこして!」とパパに甘える長女4歳。このあともちろん抱っこになりました。
2階にあった、よくわからない彫刻の数々・・・。

【13:10】20分ほどサッと見学して、精霊教会を出て来ました。

今朝高熱だった次女も、平熱をキープ。

いよいよ、タリン旧市街の中心、ラエコヤ広場へ到着です。

残念ながら、小雨がわずかにパラパラ降ってきていました。次女は抱っこ紐から出たがって(=自分で歩きたがって)いますが、雨がパラついているのでここではやめておきます。

わぁぁ・・・。

すごい・・・・・。

これが、今にも続く、中世ヨーロッパの都市計画。

感動の次回に続きます。

ラエコヤ広場に到着しました!

ご訪問ありがとうございました! もしよろしければ、ポチっと応援クリックしていただけると嬉しいです(^^)/↓

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

私のブログを応援してくださる方、お手数ですがこちらもポチっとお願いいたします(^^)/↓


家族・子連れ旅行ランキング

※夏の北欧へ!子連れ北欧旅行記を第1話から読んでみる方はこちら(全て無料)

【その他の子連れ海外旅行記など↓】

【ドイツ】わぁぁ・・・inドレスデン

【チェコ】わぁぁ・・・inプルゼニュ

【インドネシア】わわわわ・・・inバンドン