4歳児と聖バルトロミェイ大聖堂の301段の階段を制覇(2019.9 子連れチェコ・ドイツ旅 #48)

2020年元旦の、我が家の年賀状に採用した写真

【14:10】お会計を済ませ、トイレに行ってからレストラン「ナ・パルカーヌ」を後にしました。

これから、プルゼニュ観光のメイン、共和国広場と聖バルトロミェイ大聖堂を目指します。

【チェコ・ドイツ旅:6日目その3】

アイスクリームを食べに

アイス星人を自称する私とその子どもたちはアイスが大好き。共和国広場方面からレストランへ歩く途中に、アイスクリーム屋さんがあるのを心に刻んでいました。

私:食後のアイスでも食べに行こうか!

子どもたち:待ってました~~!

【14:25】目をつけていたアイス屋さん「KOLOMBINA」に寄ります。長女もアイスと聞いて起きだしてきました。

こんな素敵な街角にあるアイス屋さんです。

ここでの注文は、私:ストロベリー、長女:レモン、次女:バニラ。どれも1つコーン込みで40コルナ前後(200円)。

長女はシチリア島でレモンのジェラートを食べて以来レモンのアイスが大好きで、たまに出会うと必ずレモンを注文します。

パパは初めいらないと言っていましたが、私たちがおいしそうに食べているのを見て、レモンを注文。レモンのジェラート、あんまり日本で出さないものですから・・・。

甘くなくて、素材の味そのままのすっきりした味。とってもおいしかったです(^^)/

アイスが25コルナ。コーンが10~15コルナです。
どれにしようかな~。シトロン=レモンだったんですね。
とっても自然な味! おいしいよ~~(^^)/
パパも遅れてレモンを注文。「やっぱおいしい!」

素敵な街並みを歩く

プルゼニュのこの辺の街並み、中世の雰囲気を残していて素敵です。やっぱりプラハに近いですね。ドイツとは違います。ドイツより、エストニアのタリンの街並みに似ています。

街角のどこを撮っても絵になります。

こんな建物が続きます。
トラム駅を通り過ぎます。

共和国広場のベンチで作戦会議

【16:50】ゆっくり歩いて10分ほど。共和国広場に到着。

広場中央にそびえる聖バルトロミェイ大聖堂が大迫力。この記事冒頭の写真を撮影しました。

広場ではマーケットを開催していて、メリーゴーランドも回っています。

さて・・・、大聖堂の301段の階段を登りたいのだけれど、どうするか、広場のベンチに座ってまずは作戦会議です。長女は頭痛は収まったようですが、やはりまだちょっと気持ちが悪いみたいです。

次女:私、メリーゴーランド乗りたい!

私:ちょっとフラフラするから、階段はやめとく・・・。

長女:私も階段上りはやめとく・・・。

パパ:パパは大聖堂を見に行きたい。次女とパパの2人で階段上り行くのはどう?

長女:じゃ、次女が階段上ったら、ご褒美でメリーゴーランド乗せてあげたらいいんじゃない?

パパ:それでいこう! じゃ、次女、階段上ったら、メリーゴーランド乗せてあげるから!

次女:じゃ、3回だよ?

パパ:え? 3回? お金かかるんだから~~~。1回だけ。

次女:じゃ、階段いかない~~。

パパ:わかったよ、じゃ、がんばって頂上まで行ったらメリーゴーランド3回ね!

次女:イエ~イ!

かくして、パパと次女の2人で大聖堂の301段階段上りにチャレンジしてみることになりました。

まずはベンチに座って作戦会議です。
「私、メリーゴーランド乗りたい~~~!」
次女「じゃ、3回だよ?」

聖バルトロミェイ大聖堂の何かを触る

【15:00】ベンチに座っていると、中国人のツアー客の皆さんがガイドさんと一緒に私たちのすぐ前にある大聖堂の入り口の前に集まり、金属の格子戸のある部分を触っているのが見えました。

ん? あれを触るといいことがあるに違いない!

皆さんがいなくなったので、私たちも格子戸を見に行ってみます。

ん? あの格子戸には何かあるみたい! 行ってみよう!
ツアー客の皆さんが触っていたのはこの銀色のところです。
私たちも触ってみます。さわさわ~~~。
私も触ってみた!

みんなで大聖堂の中へ

【15:10】それじゃ、パパと次女の2人で大聖堂の階段上りに挑戦します。一応受付まで4人で行ってみることにします。

大聖堂をぐるっと回って、入口を発見。すぐ階段になっていました。

パパ、先に行かないで~~(^^)/
階段コースの入り口で。
らせん状の階段を登ります。

20段ほど上ると、チケットオフィスがありました。大人50コルナ。4歳の次女は無料でした。

パパのリュックは私がここで預かります。

次女、パパ、がんばってね~~(^^)/

20段ほど上ると受付が。次女「がんばるぞ、エイ・エイ・オーッ!」
「パパと次女、がんばってね~~(^^)/」

私は長女とカフェでティータイム

【15:20】さてと・・・。

私と長女は、どこかでお茶をすることにします。階段の入り口の前にあった「セントラル ホテル」の中のカフェ「Cross Cafe」にすぐ入りました。外は少し肌寒いので、屋内の席に座ります。

私はアメリカンコーヒー、長女はココアを注文。ココアの上に乗せるクリームも付けて、合計105コルナ(520円)。暖かい飲み物を飲んでゆっくり。ここからなら階段の出入り口が観察できますので、階段から下りて出てくるパパを見つけられます。

20分ほどゆっくりすると元気が出てきました。長女も目が覚めて調子が良くなってきたようですので、軽く広場のマーケットを散策してみることにしました。

パパと次女で301段登頂にスタート

【15:20】一方、パパと次女は301段の階段登頂を開始。途中、次女の体力温存のため、行ける所までパパが次女を肩車していくことに。

【15:30】結構なペースで、肩車で階段を上ること10分。かなり登ったところで開けた場所に出て、石の階段から木の階段へ。ここには大きな鐘がありました。パパもこの辺で限界。けれど頂上まではもうすぐです。

ここで次女を降ろし、しばし休憩。ここからは次女を自分の足で上らせます。

おやっ、開けた場所に出て、木の階段になりました。
大きな鐘が見えます。

【15:35】そこから5分ほど上ると、最上階に到達! ぐるりと展望台になっていて、プルゼニュ市街を一望できる絶景が広がっていました!

いい景色~~!! 最高!
「パパ、こっちこっち! 探検しよう!」
とっても美しい街並み。こちらは南側です。
ロシアの教会のようなものが見えました。

最上階からは、広場の様子もよくわかります。パパと次女は、カメラやビデオの望遠機能を使って私と長女を探したようです。私と長女はこの時は屋内のカフェにいたので、見つかるわけはないのでした・・・(^^;

共和国広場の様子がよくわかります。ママはどこかな~~。
「ママ~~~!」っと叫んでみました。
最上階には椅子とテーブルもあって、休憩できます。

下りも快調

【15:45】最上階からの景色をゆっくり楽しみましたので、そろそろ下りるとしますか。下りの肩車は上りよりも危険なので、肩車は封印。手をつないで一緒に下りて行きます。

次女は絶好調。「よいしょ、よいしょ」と言いながら、10分ほどで、トコトコと先に行って自力で階段を下り切りました。

これから下りに出発します。
こんな感じのらせん階段が延々と続きます。
「光が見えた! もう少しで出口だ!」
外に出て来ました。
向こうの赤い屋根がかかっているカフェで、私と長女はコーヒーを飲んでいたんですが・・・。
ママたちがいないぞ・・・。ママはどこかな~。

【15:55】順調に301段の階段を下りきって外に出て来ましたが、ママと長女がいません。広場のマーケットでおみやげでも見ているのでしょう。マーケットのほうを探しに行ってみます。

そういや、どこに待ち合わせとか、決めてなかった・・・(パパの心の声:「決めていなかったんだから、出口が見える所で待ってるだろ普通!」)

パパたちは、ママ(私)と長女を探しに行きます。

ここでもう1つ、私たちは致命的な失敗をしてしまいました。

階段を登って最上階までは行ってきましたが、何と、まだこの聖バルトロミェイ大聖堂の本堂には入っていなかったのです。そして、本堂の開館時間は午後4時まで。なぜか塔は午後6時までなんですが・・・(^^;

時間はもう午後4時。私たちは、この大聖堂の本堂に入りそびれてしまったのです・・・(^^; 先に大聖堂の本堂に入るべきでした。てっきり午後5時までかと・・・。せっかくプルゼニュまで来たのに、やっちゃった~~"(-“"-)"

ママを探して三千里の次回に続きます。

※トラブル連発!子連れインドネシア旅行記の第1話はこちら

※神秘の国を行く!子連れミャンマ―旅行記の第1話はこちら

※世界遺産満載!子連れチェコ・ドイツ旅行記の第1話はこちら