エストニア:タリンの有名レストラン「ペッパーサック」で、安堵のディナー(1歳&4歳:子連れスウェーデン・フィンランド・エストニア旅 ♯62)

るるぶに載っている評判のお店「ペッパーサック」で。私は12時間ぶりの食事です(^^)/

【これまでの旅程】
1日目:羽田から北京経由でスウェーデンのストックホルムへ

2日目:ストックホルム市内観光。その後、夜行フェリーでフィンランドのトゥルクへ

3日目:ムーミンワールドとトゥルク市内観光

4日目:トゥルクから特急列車でヘルシンキへ。午後はヘルシンキ市内観光

5日目:ヘルシンキ市内観光。世界遺産:スオメンリナ要塞島など。

6日目(今日):深夜2時、次女が39.2度の発熱。朝4時に起きて、朝イチのフェリーでヘルシンキからエストニア:タリンへ。

午前10時頃ホテルに着いた時点での次女の熱は39.8度。ロビーで2時間休憩後、パパと長女だけでサッとタリン観光してホテルに戻ってランチ。次女の熱は40.4度まで上がり、救急車を呼んで車内で解熱剤投入、そのまま病院へ。

病院では血液検査2回と尿検査。午後8時40分にようやく処方箋をもらい、間一髪閉店間際の薬局で薬をゲット。トロリーバスに乗って、ホテル近くの旧市街まで戻って来ました。

【21:40】タリン旧市街まで戻って来ました。ここからホテルまで、徒歩で500mほどです。

私たちは、今日の夕ご飯で行くはずだったレストラン「ペッパーサック」へ行くことにしました!

私はもう無我夢中で、お昼ご飯も食べていませんでした。

【2016.7 子連れ北欧旅行:6日目その10】

1つだけでも今日の予定をこなしたかった

このブログを読む方は皆こう思うでしょう・・・。

「高熱出した1歳児を連れて、よくレストランへ行けるな」(神様の声)と。

当然の感覚ですよね。私も日本でならもちろん家で養生しています。

ただ、今はヨーロッパに来ています。

ホテルに帰っても食べるものはなく、もう夜の10時、日本のようにコンビニもありません(夜開いている商店はありません)。私たちが食事をするには、レストランしかないんですよね・・・。

また、次女の様子が明らかに落ち着いてきました。

熱を測ると37.8度。まだまだ熱はあるのですが、救急車で投入した座薬解熱剤が良く効いています。病院からそうでしたが、次女に笑顔が戻って来ていました。

レストランは、今日行こうと事前に調べておいた(と言っても、人気レストランとしてるるぶに掲載されていただけですが(^^;)「ペッパーサック」。旧市街のほぼど真ん中にあります。

何でも、15世紀に建てられた建物での午後8時から毎日行われる中世の剣を使った剣劇ショーが観光客に大人気とか。

ショーの時間を狙って行く予定だったのですが、もう午後10時。名物の剣劇ショーは見られません。

でも私は、この「ペッパーサック」に行きたかった。

営業時間は夜の12時まで。まだ開いています。

今日は、午前中にフィンランドからエストニアに渡ってきたこと以外、観光は全部断念していました(パパと長女が少し旧市街地を散策しましたが)。

次女が40度以上も熱を出したのだから当然なのですが、はるばるエストニアまで来て、全部断念していたのです。

明日も、引き続きタリン観光を断念し、夕方のストックホルム行きフェリーの時間まで、ホテルで療養していなくてはならないかもしれません。

お昼ご飯はホテルのレストランで摂って・・・。

次女の体調が予断を許さない中、私は、1つだけでもいいから、エストニアの旅行計画で予定していた行動をしたかった。

エストニアに、「私たちが来たぞ」という爪痕を残しておきたかった

私たちがペッパーサックを目指した理由はそこにありました。

旧市街に入ってきた所。ちょうど、お花屋さんが並び、いい匂い~~。もうすぐ夜10時なのにこの明るさ。
幻想的な、タリンの夕暮れ。世界遺産の風景です。

思う存分ごちそうを注文

【21:50】旧市街(世界遺産)を歩くこと10分、レストラン「ペッパーサック」に到着!

今日も1日、いろいろありました・・・。

いや、いろいろあり過ぎたでしょ・・・(^^;。

パパにとっても私にとっても、処理能力のキャパをはるかに越えていました。

知らない国(しかも旧ソ連)で救急車、乗りますか普通?

知らない国の病院で1歳児のおしっこ採りますか普通?

知らない国で閉店8分前に薬局に滑り込んで薬をゲットできますか普通?

ひょっとしたら、普通じゃないのかと・・・。

もう、疲れました。

疲れすぎた時って、何だか楽しくなりません?

この時の私たちは、これに近い心理状態でした。

今も大ピンチ継続中には変わりないのですが、次女の熱を測って40.4度だった時は生きた心地がしませんでしたので、乗り越えた感があります。

しかも、病院へ行き必要な検査をしてもらい、薬をゲットするという目的を完遂することができた。

疲れたけれども、ミッションは達成。

史上最大の作戦だった・・・。私たちはよくやったよ・・・。

もう、おいしいもの食べよ!!!

パパは大好きな生ビールを注文。まずはお店お勧めの「ハウスビール!」

オルヘレ(oLU HELE)生ビール500ml:5.9ユーロ(700円)

※ここは旧市街のど真ん中。観光地価格です。

エストニアの生ビールはおいしいのかな~(神様の声「お前、どこの国の生ビールもおいしいって言って飲んでるだろ!!」)。

パパ:すごい。しっかり味がある。コクがある。おいしい!! 日本のビールとは違うね。地ビールの味だ。

私:へ~~っ(お酒飲まないのでわからない)。

私は温かいカフェラテ(3.2ユーロ/400円)を頼んでまずはお互いに一服。英語メニューの解読には時間がかかるので、まず飲み物だけ頼んで乾杯。メニューはゆっくり見ます。

子どもたちは2人ともぐっすり。さっきまで起きていた次女も寝ました。長女はベビーカーで、次女は私の腕の中で寝ています。

ここは夫婦だけで楽しみます(^^)/

何にしようかな~~。
パパは、まずはお店お勧めの生ビールですね
カフェラテには、何かの絵が描いてありました。
中世を思わせる、店内の装飾。椅子もかっこいいんですよ!

静かな祝宴

【22:00】料理を注文。

お店のウエイトレスさんたちは、みんな中世の服を着ています。お店の建物とあいまって、雰囲気満点!

ニシンのタルタルソース(るるぶに載ってたメニュー):5ユーロ(600円。るるぶには3.76ユーロと書いてあったが値上がりか)

ペッパーサックおすすめ肉料理(スパイシーなビーフのグリル。名称不明):20ユーロ(2,400円)

ビーフスープ:6.6ユーロ(800円)

を注文。たくさんのパンが無料で運ばれてきました。

ニシンのタルタルは、ニシンが結構塩辛くて、ビールのおつまみに最高!

お肉料理もスープもボリューム満点で、私たちはこれだけで満腹。

パンにバターを塗って食べます。おいしい~!
料理が全部そろいました。パパは早速2杯目のビールを注文。
手前がビーフスープです。

パパとは、今日あったことを思い返して話していました。

パパは2杯目の生ビールを注文。

「ハーブビール」に挑戦!

uRDIoLU(ウルディオル?? 読み方全くわからず)生ビール500ml:6.9ユーロ(840円)

私:どう? ハーブビールは。見た目はさっきのと一緒だね。

パパ:味は全然違う・・・・一言で言うと、微妙だね(^^; 普通のビールを、ハーブで味と香り付けをしたんだね。メチャクチャハーブの味がする。多分飲み慣れないからだろうけど、日本人には微妙だな・・・。

あちゃ~、イマイチだったのね(^^;

パパ:香りもすごい。ちょっと匂いかいでごらん。

「ハーブビール、ちょっと匂いだけかいでごらん!」 ほんとだ・・・。ハーブの香りがする・・・。
今日、長女が病院でやっていたギャグの話で盛り上がっています(^^)/

この時の食事、楽しかった・・・。

子どもができて4年間、こんな時間にレストランで夫婦で食事なんて記憶になく(しかも、憧れのヨーロッパで!)、思いがけず素敵なひとときになりました。

料理も、この6日間の北欧旅行で、一番おいしかったです。

ビーフのスープも、ビーフグリル(肉が大きいビーフシチューみたいな感じだった)も、最高でした!

【23:05】お店を出ます。

お会計は、注文したものに20%の税金が加算されて、合計金額47.6ユーロ(5,700円)。

レシートに「SERVICE IS NOT INCLUDED!」と書いてあったので、その他にチップ5ユーロをテーブルに置いてきました。

夜11時過ぎに食事が終了。子連れ旅行にはあるまじき食事時間です。
次女が目を覚ましました。ホテルの方向はどっちかな~。
夜11時過ぎだと言うのにこの明るさ。この季節、空が真っ暗になることはありません。
それぞれのお店が、電飾を施したりしていてきれいです。
夜のタリンの風景。夜もいいですね~~(^^)/
港の方向にあるホテルを目指して、この道を進みます。

本日一番の功労者

【23:20】夜のタリン旧市街を歩くこと15分。ホテルに帰って来ました。

救急車に運ばれてホテルを出たのが夕方5時30分だったので、5時間後の帰還。

このホテルのロビーにも、次女を抱っこして7時間くらいいたなぁ(^^;

フロントのスタッフは交替し、救急車を呼んでくれた女性スタッフではなくなっていました。

今日一番の功労者は・・・間違いなく、長女です!

【長女の貢献】

・構ってあげられなかったことも多かったですが、決してグズらず。私たちが相談中は静かに1人遊び。

・病院では、場を明るくするためか? ギャグを連発!!

・特に、採尿を1時間以上がんばったときは、靴下持って踊りだし、次女を退屈させなかった!

長女の将来の夢は「保育士さん」。

周りを気遣って振舞える長女は、きっといい保育士さんになれるよ・・・。そう思いました。

部屋に入って次女の熱を測ると、37.6度まで下がっていました。

この分なら、明日はタリン観光に行けそうです!(とこの時は思った。)

パパはビール2杯で酔っ払い、部屋に着くとすぐソファ(ソファベッド)にごろん。10秒で寝てしまいました

薬の瓶の蓋が開かない!

【23:25】薬局でもらった薬を次女に与えなきゃ。

薬の瓶を開けようとしますが・・・。

この瓶の蓋、開け方がまるでわからない!!

えっ!? こんな蓋、見たことない・・・。

誤飲防止のためなのか密閉のためなのか特殊な構造の蓋で、5分間いじってみても、本当に開け方がわかりません。

私:パパ! 薬の瓶の蓋が開かない! 開けられる?

パパ:ううん・・・(目を開けて、瓶を取った)

パパ:ううん・・・(瓶の蓋をカチャカチャし、無理矢理開けようとしてみるけれどビクともしない)

パパ:・・・・・(静かになったと思ったら、薬の瓶を持ったまま、また寝た)

ダメだこりゃ!!

※この時のことを、翌朝パパに聞いてみましたが、全く覚えていないということでした。

ここは、また、エストニアの人の力を借りよう!

私は瓶を持って1階のフロントに行きます。

私:すみません、この薬の瓶、開けられますか??

フロントの女性:どうかな・・・。あ、こうやって・・・。開きました!

私:ありがとうございます!

見たら開け方がわかりました! ここでは説明できませんが、独特! 薬局で水と調合してもらっているので、開かないはずはないんですが・・・(^^;。開いて良かった~~(^^)/。

【23:30】次女にスポイトで薬を与えます。

処方してもらったのは、「ジンナット」という薬。ホテルに無料wifiがあるのでスマホで調べてみたら、広範囲の細菌に効く抗生物質で、細菌性感染症の治療に使う薬だとのこと。

水で溶かしてあるので、赤ちゃんにも飲ませやすいし、錠剤に比べ吸収(=効き)もいいでしょう。

やはり、(多分ヘルシンキの公園で土を食べた時に)何かの細菌に負けてしまったのだと思われました。

【24:00】私就寝。

シャワーは明日の朝にします。

日付変わって、午前3時30分。

う・・・ん、う・・・ん、う・・・ん・・・

次女がウンウンうなっている声ではっと目を覚ましました。

39.7度の次回に続きます。

ご訪問ありがとうございました! もしよろしければ、ポチっと応援クリックしていただけると嬉しいです(^^)/↓

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

私のブログを応援してくださる方、お手数ですがこちらもポチっとお願いいたします(^^)/↓


家族・子連れ旅行ランキング

※夏の北欧へ!子連れ北欧旅行記を第1話から読んでみる方はこちら(全て無料)

【その他の子連れ海外旅行記など↓】

【ノウハウ】子連れ海外旅行、大荷物で行く方法

【スウェーデン】ストックホルムでおしっこまみれ

【インドネシア】世界遺産でパパとマジはぐれ