ヘルシンキ:子どもと楽しめる「キアズマ国立近代美術館」(1歳&4歳:子連れスウェーデン・フィンランド・エストニア旅 ♯34)

これが美術館!? キアズマ国立近代美術館、楽し過ぎです(^^)/

テンペリアウキオ教会から徒歩でキアズマ国立近代美術館を目指すも、途中で迷ってしまい、英語での質問には心折れ、スマホの力(大金を払う羽目になってしまいました)を借りて何とか美術館へたどり着いた私たち。

【15:10】入場料大人1人12ユーロ×2人分(子ども無料)を払って中へ。ベビーカーでそのまま入れました。

【2016.7 子連れ北欧旅行:4日目その8】

楽しい美術作品がいっぱい!

きれいな館内を進むと、面白い近代美術展示が次々。近代美術というと意味不明なグロい物とかもありますが、ここのはメルヘンチック。

どの作品も面白くて、説明不要!。

企画展示として、毛糸の網? で作った、中に入って遊んだりできるアミアミハウス? の展示がありました。うわっ、ここ、面白そう~~!

今は子どもたちが2人ともぐっすりなので、子どもたちが起きたらまた来よう・・・。

北欧デザインとか、こういう遊び心から生まれてくるのかもしれませんね~~。

とにかく一風変わった展示ばかり。

何だこれ~!虫の巣みたいな・・・。
かわいい色使いですね~~(^^)/
中に入っている人もいます。体験型展示。
何だか楽しそう。子どもたちが起きたらまた来よう。
これは・・・、何だろう。ヘビ?
壊れているのではなく、こういう光の展示です。
こちらは音の展示。1本1本の小さいスピーカーから環境音みたいなのが出ていて・・・。私には難しい芸術。

回っているうちに、子どもたちが2人とも目を覚ましました。良く寝たね~~。3時間、ずっとぐっすり寝ていました。私たちは道に迷ったりして大変だったのに~~。

しばらく一緒に芸術作品? を見て回ります。

いろんな女性がおしりを振り、その脂肪の動きをスーパースローモーションで精緻に撮るという作品。際どい映像もあり、これ、大丈夫なのかしら・・・。芸術だからいいのかな。

パパ:お尻ふって、変なの~~。長女、面白い?

長女:うふふふふ・・・(^^)/。

次は、床にうんこのようなオブジェが。

パパ:あ、長女の大好きなうんこがあるよ!

長女:えへへへへへ・・・(^^)/。

だんだん子どもたちも目が覚めてきたようです。

う~~ん、それにしても、やっぱりよくわかりません。

万華鏡のような映像展示。きれいです。
女の人が次々とおしりをふります。水着とかTバックとか(^^;
「あ、うんこがあるよ!」
手前の操作盤で何かするようですが・・・、わかりませんでした。
何かのミニチュアかな?
天井がきれいだね~(^^)/

長女が復活

ここで長女が完全復活。ベビーカーから降りて、自分で歩くと言い出しました。

やった~~。私は次女を抱っこ紐から出してベビーカーへ。

これまで3時間以上、ずっと抱っこで重かった~(^^;

ここの展示はどれもよくわからないけれど面白いので、4歳児でも十分楽しめます(^^)/。

長女が歩き出したので、次女をベビーカーに入れます。重かった~~(^^;
光る砂のような展示。
ここは2階ですが、4階からカラフルな紐がたくさんぶら下がっています。この辺で、次女が抱っこを要求。再び抱っこでいきます。
これも変だね~~。
意味不明だけれど楽しい!
一緒に遊べる展示。私たちは見ただけで入らず。
人間より大きい巨大な風船で、空気を抜いたり入れたりしながら動いています。空飛ぶ豚か。
うわぁ~、台湾やベトナムみたい! カラフルですね~(^^)/
ちょっと休憩。次女はこの美術館のガイドブックをめくって遊んでいます。天井には・・・。
天井にはこんな展示が。
4人同時に乗れる、繭玉のようなハンモック。
最後は家族4人で乗って見ました。ゆらゆら揺れて、気持ちいいんです(^^)/

企画展示「アミアミハウス(私が命名)」で遊ぶ

【16:00】館内を一通り回った後、最初に目をつけていたアミアミハウス? の所に戻って来ました。

ここは子どもたちが大喜び。靴を脱いで、早速遊び始めます。私とパパも座ったりできてうれしい。

狙っていた場所でゆっくりします(^^)/ ここなら次女も1人で歩けるね。
あ~!あ~!(ねえパパ、これちょうだい!)
ん、これが欲しいのかい? 大丈夫~~??
次女が、クッションを私の所に一生懸命持ってきてくれます。
あ~! あ~!(パパ、クッション持って来たよ~~!)アミアミハウスの中にいるきれいなブロンドの保育園くらいの女の子が、次女にチュっと投げキッスをしてくれました。
2人で話しながら何かやっています。大人にはわからない世界。
奥の、小さいアミアミハウスで、おうちごっこ中。
これで何か作ろうか!
この奥にも面白いのがあるから、行ってみよう!

ヘビのベンチ(多分)

ここも靴を脱いで入るエリアです。

私たちは普通ですが、靴を脱いで入るということ自体、ヨーロッパの人にとっては新鮮なことだと思われ・・・。

これは、多分ベンチかなと思うんですが、子どもを歩かせるのにちょうど良く、誰もいなかったので歩かせてみました。

次女はキャッキャと喜んでいます。

ヘビさんの上を歩くよ~~(^^)/
長女「次女、早く行ってよね~」
オイッチニ、オイッチニ! 上手上手!
ゴール!

アミアミハウスの内部

アミアミハウスは中も面白いんです。

中には太鼓などの楽器が並べられていて、音を出すことができるんですよね~~。子どもたちも太鼓をたたいて遊びました。

2つの「窓」から、親子で顔を出しました。
太鼓、面白いよ~~(^^)/
脱いだ靴下をクッションで挟んで、ピザを作り始めた長女。
外に出る前に、みんなトイレに行っておこう。

【16:40】キアズマ国立近代美術館を出て来ました。

外は、相変わらずのいい天気!

キアズマ国立近代美術館、楽しかった~! 子連れフィンランド旅行に超オススメ!!

次は、トラムに乗って、ヘルシンキ観光のド定番「ヘルシンキ大聖堂」に向かうのですが、その前にちょっと休憩を。

長女がショックな次回に続きます。

※夏の北欧へ!子連れスウェーデン・フィンランド・エストニア旅の第1話はこちら

【その他の子連れ海外旅行記など↓】

【インドネシア】世界遺産:ボロブドゥールで格安日本語タクシーを手配する方法

【インドネシア】日本人をカモるぼったくりポーターを撃破

【インドネシア】1泊朝食付き家族4人で3,000円!神級コスパのきれいなホテル(プール付き)