【6日目】シラフラ→開陽丸記念館→江差追分会館→八雲温泉→はっぴーディアーズ→ニセコ温泉→小樽ビール醸造所(小1&小5:子連れ北海道 車中泊ドライブ旅行 ♯5)

北海道の隠れた絶景スポット「シラフラ」。あいにくの曇り空でした(^^;

【これまでの旅程】
1日目:自宅から秋田港へ。【車中泊】

2日目:フェリーにマイカーを積んで、秋田港から苫小牧東港へ。ウトナイ湖観光。回転寿司「海天丸」さんで、活ホッキ貝のお寿司を食べる。【車中泊】

3日目:苫小牧で海鮮丼の朝食。アイヌ民族博物館「ウポポイ」、のぼりべつクマ牧場、登別地獄谷、大湯沼の天然足湯、登別温泉入浴とまわり、洞爺湖畔でジンギスカンの夕食、洞爺湖花火大会。夜、函館まで移動。【走行280㎞/車中泊】

4日目:水無海浜温泉、恵山地獄谷、函館市場で海鮮とイカ釣り(昼食)。その後路面電車移動にて、摩周丸、函館公園(桜)、旧イギリス領事館、旧公会堂、五稜郭公園(桜)。最凶にマズいラーメンを経て、谷地頭温泉(入浴)。夜、木古内まで移動。【走行108㎞/車中泊】

5日目:松前公園(桜)、松前武家屋敷、知内かき小屋(昼食)、横綱記念館、青函トンネル記念館&道の駅しりうち展望台、湯の川温泉 湯元 啄木亭(入浴)、ラッキーピエロ ベイエリア店(夕食)、函館山の夜景観賞。夜、江差まで移動。【走行298km/車中泊】

【2022.5 11泊12日子連れ北海道ドライブ旅行:6日目】

北海道の絶景:シラフラ

【6:30】「道の駅 江差」で起床。

【7:15】子どもたち起床。支度。

【8:00】シラフラへ。浜辺へ下りて散歩。

今日はものすごい強風です(風速10m)。気温5度。さらに、いつ雨が降るかわからない空模様。さ、寒い・・・。
下に降りると岩肌が壁になって、風を防いでくれます。砂浜を15分くらいお散歩。
シラフラへの行き帰り、小川を渡らなくてはいけません。ジャボーンといかないようにしないと・・・(^^;

【8:45】半額専門店へ

北海道をドライブしていて、よく目にしたのが「半額専門店」という名前の、コンビニのような店舗。気にはなっていたんですが、昨日の深夜12時過ぎにパパがお店の前を通ると、何と24時間営業で営業していたとのこと。

半額専門店で、24時間営業・・・。

一体、どういったお店なのだろう・・・。

近くにあったので寄ってみました。

中で売られているものは、ペットボトル飲料やお菓子などで、半額以下にできるもの。でもこれ、24時間営業にして、元取れるのかな・・・。

お菓子やお茶などを買い込みました。

開陽丸記念館

【9:15】開陽丸記念館着。

江戸時代末期、江差沖で沈没した旧幕府軍の戦艦を復元した記念館。内部には、海底から引き揚げた本物の砲弾などが、所狭しと展示されていました。

新型コロナのせいで、「大砲発射体験」ができなかったのが心残りでした・・・(^^;。

甲板では、なぜか昨日の「相撲勝負」の続きを。

昨日は相撲でしたが、今日はお尻相撲。

たくさんの大砲が並んでいます。江戸時代の戦艦って、こんな感じだったんですね~。
マストと一緒に、ハイポーズ!
タイタニックの真似事をしています。
江戸時代の勉強をしてきました!

江差追分会館

【10:55】午前11時から、江差追分の実演があるので、それに間に合うように入館。そのまま実演ステージへ。

江差追分の先生が唄ってくれました。

民謡ということで・・・子どもたちは退屈顔。ま、これも勉強です(^^)/

先生による、追分の実演。30分程度。
江差追分のビデオなど、展示物は充実していました。
隣接する江差山車会館。町内ごとに、時代の英雄などをお神輿にしているんですね。

地元の人気蕎麦店「八寶」で、にしんそばの昼食

【12:00】江差と言えば・・・、にしんそば。

昔、にしんで栄えた街と言うことで、にしんそばが名物のようです。ここは、グーグルで評判のいいお店を調べ、満を持して「八賽」さんへ。

函館の二の舞は避けなくてはいけないですから・・・(^^;

天ぷらそば。見てください、この輝き。間違いなくおいしいやつです。
にしんそばも絶品。おそばのダシがおいしい~~(^^)/
長女が注文したカレーそば。あんのコシが強すぎて、そばを持ち上げようとするとブチブチ切れてしまいます。味はバッチリですが、食べにくかったです。

北海道温泉めぐり その5:八雲温泉 おぼこ荘

【14:45】江差から1時間走り、山あいの温泉「八雲温泉 おばこ荘」へ。

こちらは川沿いの大きな露天風呂が自慢。私たちも、それを目当てに寄ったのですが・・・。

あいにくの雨(^^;

パパは雨の中露天風呂を堪能したようですが、私と子どもたちは内湯のみに。

残念でした(^^;

楽しみにしていた、野趣あふれる露天風呂でしたが・・・雨が・・・(^^;

長万部のお菓子屋さん「はっぴーディアーズ」

【16:45】45分ほど走り、不思議なお菓子屋さん「はっぴーディアーズ」へ。

正直、私は何も期待していませんでしたが・・・、子どもたちはここでのお買い物が楽しかったみたい。

お菓子だけでなく、お札がプリントされたトイレットペーパーとか、楽しいグッズが所狭しと盛りだくさん。

いくつかおみやげを購入しました。

個性的なディスプレイが面白かったです! 真空パックの「いか飯」など、おみやげをたくさん買っちゃいました。

北海道温泉めぐり その6:蘭越町交流促進センター 雪秩父(ニセコ温泉)<超オススメ!>

【18:40】走ること1時間15分。ニセコの山を登っていきます。

こちらは多分「ニセコ温泉」だと思うんですが・・・。

すぐ近くに、ニセコ温泉の大湯沼があるし。

私たちが向かう途中、まさかの雪が・・。

今日は5月1日なんですけど・・・。

結構な勢いで雪が降りだしました。

大丈夫、私たちは東北地方の雪国から来ています。こんな時のために、スタッドレスタイヤを履いたままにしてきましたから!

こちらの温泉、控えめに言って、最高でした!

ここはいいでしょう・・・。

硫黄と硫化水素の混じった、超本格的な源泉かけ流し。

露天風呂の浴槽は、岩風呂とひのき風呂の2種類。

しかも、泥パックのできる泥も置いてありました(女湯のみのサービスのようです)。

この日の気温は0度。

露天風呂のまわりは雪景色。ちょうど雪も止んで、静かな山の中、いるのは私たちだけ(雪が降ったので他のお客さんは来なかったのだろうと思われます)。。。

これ、控え目に言って、最高でした(^^)/

最高のお風呂、雪秩父。泉質、ロケーション、施設共に100点満点です!

雪が・・・

【20:00】雪秩父を出てきて、びっくり!

5センチ程度、雪が積もっていました。

雪はしんしんと降り続いています。

これ、積もるな・・・。

不安があります。

私たちはここから小樽へ向かうことにしたのですが、小樽へ向かうには峠を1つ超える必要があります。

グーグルマップでも車のナビでも表示されるので、冬季閉鎖中ではなさそうです。

ただ、山道を30分~1時間は走ることはが予想され、この調子で降り積もると、あっと言う間に15cm~20cmまで積もりそうです。

そうなると、いくらスタッドレスタイヤを履いていても、進退窮まってしまう可能性があります。

例えば、山道の急な上り坂が登れないとか・・・。

チェーンを携行していれば上れないことはないのですが、チェーンまでは持ってきていませんでした。

マズイ、マズイぞ・・・。

とりあえず、グーグルマップの示す通りに走り始めました。

行き止まり

不安に思いながら、どんどん雪が積もっていく中、山道を走ります。

積雪は10cmを越えました。

15分位走ると、左側に温泉宿が見えました。

こんな山奥にも、温泉宿があるんだね~。

パパとそんな話をした次の瞬間、坂道で車が急停車。

私:パパ、どうしたの?

パパ:見て・・・。雪の壁・・・。

車の目の前の道路は、高さ2メートルほどの雪の壁で完全に塞がっていたのです!

あれっ、。グーグルマップでは行けることになってるのに・・・( ;∀;)

まさかの、冬季閉鎖中だったのです。

迂回できるか

山道を突き抜けられないのだから、戻って山を迂回しないといけません。

ただ、グーグルマップのナビに頼り切っている私たち。いきなり迂回と言われても・・・。

グーグルマップは、雪の壁の向こうを指し示すだけです。

ここは、紙の地図だ!

「るるぶ北海道」は持っていましたが、どう行ったらいいんだ。。。

まごまごしている間に、雪はどんどん降り積もっています。

マズイ・・・。

雪は、振る時は、1晩に50cm以上積もることもあります。

ここでそんなことになったら・・・スタッドレスを履いていても動けなくなってしまう・・・。

とにかく、この山を下りないと。

とりあえず、雪秩父の所まで戻り、その間に私がスマホの地図をにらめっこして迂回ルートを探します。

戻るまでの時間で、私が何とか迂回ルートを理解して、パパを誘導!

山を下りるごとに道路に降り積もる雪が薄くなっていって・・・安心しました( ;∀;)

まだ雪は降っていますが、厚く積もっていたのは山の上の方だけでした。

小樽倉庫No.1(小樽ビール醸造所)

【22:00】2時間走り、小樽の「小樽倉庫No.1」へ。

次女はぐっすり寝てしまったので寝袋に入れて車に残し、長女を連れて店内へ。

こちらは地ビール「小樽ビール」が飲めるレストラン。もちろん、運転で疲れたパパの鼻息はマックスです。

パエリアとカリーブルストを注文。
カリーブルスト。ドイツで食べたのとは随分味が違いました・・・。
小樽ビールをいただきます! 甘みの強い、クセのある地ビールだということです(パパ談)。
親戚へのおみやげに、大量の小樽ビールを購入。車に載せて持ち帰ります。

【23:30】小樽市郊外で車中泊(私が運転)。気温は5度でした。

6日目の行程まとめ

【6日目の行程】
【6:00】起床

【7:15】子どもたち起床<車内で朝食>

【8:00】シラフラ<観光>

【9:15】開陽丸記念館<観光>

【10:55】江差追分会館<観光>

【12:00】「八寶」で、にしんそば<昼食>
 ~1時間走行~

【14:45】八雲温泉 おぼこ荘<入浴>
 ~45分走行~

【16:45】はっぴーディアーズ<買い物>
 ~1時間15分走行~

【18:40】蘭越町交流促進センター 雪秩父<入浴>
 ~2時間15分走行~

【22:00】小樽ビール醸造所<夕食>

【23:30】小樽市郊外<車中泊>

6日目の走行距離は289km、走行時間5時間半でした(実際はもっとチョコマカしています)。

今日は1日中小雨が降り続く天気でしたが、たまたま屋内施設まわりが多い「雨天に強い日」だったので、予定通り日程をこなすことができました(^^)/。

1点変更した点は、当初、夕食はニセコで札幌ラーメンを食べるつもりが、あまりお腹空いてないということで、一気に小樽まで2時間走って小樽ビールへ行ったところ。

これは、4日目に函館ビールでの夕食を断念していたことから、パパの希望もあってそうしました。

そして、まさかの山中雪道ドライブ・・・。短時間にどんどん積もっていくしナビの示す道路は冬季閉鎖で遠回りを余儀なくされ、山中で道に迷って立ち往生したら本気でヤバいと思いました(^^;

※スタッドレスタイヤを履いていましたが、それでも山中だと急な上り坂などで進退窮まる場合があります。

さて、今日は1日中雨でした。昨日だって、ほぼ1日雨。

明日の天気は・・・。

明日こそは・・・

やっぱり雨だぁ・・・( ;∀;)

最高のジンギスカンを食べる次回に続きます。

雨なら雨なりのプランで攻めますよ~~(ホントはいい加減晴れてほしかった)。

ご訪問ありがとうございました! もしよろしければ、ポチっと応援クリックしていただけると嬉しいです(^^)/↓

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村

私のブログを応援してくださる方、お手数ですがこちらもポチっとお願いいたします(^^)/↓


家族・子連れ旅行ランキング

【その他の子連れ海外旅行記など↓】

【イタリア】子連れで犯罪都市ナポリの中心を歩く

【ミャンマー】保育園児2人連れて夜行バスで10時間

【0歳児】0歳児連れて海外旅行行きまくった話