ドレスデンからチェコのプリュゼニュまで列車移動。プラハ駅経由(2019.9 子連れチェコ・ドイツ旅 #46)

プラハからプリュゼニュへ向かう車内で。6人掛けのコンパートメント席を利用しました。

【23:10】ザクセンのスイスへの日帰りトリップからドレスデンのホテルに帰着。パパはシャワーを浴びてすぐに就寝。私は、部屋で洗濯をしたりして、寝るのが遅くなりました。

【23:45】パパ就寝。

【1:45】就寝。

【チェコ・ドイツ旅:6日目その1】

ドレスデン最後の朝

【5:00】私起床。

【5:15】パパ起床。

今日はドレスデンのホテルをチェックアウトする日。朝7時10分ドレスデン駅発の特急列車「EC259号」に乗ってプラハへ向かうため、ホテル出発は余裕を持って6時30分としていました。

今から1時間で、荷造りを完了させます。

まずは荷造りをある程度やってしまってから、子どもたちを起こしてサッとシャワーを浴びせ・・・。

【6:20】ホテルの部屋を出発!

予定通りの時間に、ホテルを出発! これからチェコに向かいます。

ドレスデン早朝マラソン再び

ここからドレスデン駅までは、荷物のない状態で徒歩10分。スーツケース2つを転がしていくには歩道がガタガタしていることもあり、20分かかります。

いつもの通り、スーツケース2つの移動はパパが担当。私はベビーカーに次女を乗せて押します。長女は歩きです。

朝食は、ドレスデン駅でパンを買い、列車内で食べる予定です。

ホテルから歩き出したパパ。ふとスマホで時間を確認すると・・・

「49分」

え? 6時20分に部屋を出てきたと思ったのに、49分!?

スマホの時計がデータ連携されずに遅れていたか!?

あと22分しかない!

スーツケース2個を抱えた今、ギリギリの時間です。

パパ:ママ、時間がない! 駅へ急ぐよ!

パパは、必死にスーツケースを押しだしました。

ベルリンからドレスデンへ戻る際に特急列車に乗り遅れ、その後痛い痛い目にあっているパパ。絶対に遅れられないと、ものすごい形相でスーツケース2つを押していきます。歩道に段差があって苦戦しながらも、汗びっしょりになって押すこと10分。

奇跡的なスピードでドレスデン駅に到着しました。

そこでパパは再び叫びました。

パパ:え・・・? 6時32分・・・・・。

そうなんです。駅の時計は、6時32分を指していました。パパがスマホを確認すると、やはり6時32分。特急列車は7時10分発ですので、ものすごく余裕があります。

な~~んだ、ホテルを出た時に見たスマホ表示「49分」が間違っていたのか・・・。多分、何かの不具合で5時49分と画面表示されていたのでしょう。パパはそれを6時49分と勘違い、大慌てでここまで来たという始末。

パパはがっくり。

まぁ、早く着くことは良いことです(^^)/。

6:32時点の電光掲示板。7時10分発の列車が、まだ出ていません・・・。

朝食のパンをどれにしようか

駅でパンを買いますが、私たちの選択肢は3つあります。朝6時30分、どれも開いていました。

1.「マルシェ」という、超おいしそうなパン屋さん

2.「トラディショナル カフェ」という、多分比較的リーズナブルなパン屋さん

3.コンビニのサンドイッチ

予定では、おいしそうな「マルシェ」で買うことにしていたんですが、見てみたらサンドイッチが1つ5ユーロくらいと高額。

「トラディショナル カフェ」を見てみると、1つ3~4ユーロくらいで売られていて、結構並んだりして人気のようでしたので、こちらで買うことに。

【6:50】チーズのサンドイッチ、ハムフライのサンドイッチ、チョコチップパンを購入。全部で約9ユーロでした。

パパの服がどうもかっこ悪い・・・という話をしています。
コンビニ「SPAR」。ここでもサンドイッチは売っています。
おいしそうだと目をつけていた「マルシェ」に入店します。
わお、おいそうなサンドイッチがたくさん! でも高価。
3~4ユーロの、トラディショナルベーカリーのサンドイッチ。こちらもおいしそう!
ご覧の通りの人だかり。

【6:55】あと、コーヒーも欲しい。パパと子どもたちに待っていてもらい、私が駅のコンビニ?売店?「SPAR」に買いに行きました。パパも飲みたいとのことだったので、カフェラテを2つ購入。4.38ユーロ。

どれにしようか迷ったのと、前の人が遅くて、注文に5分以上時間がかかってしまいました。このときのレシートの時刻が、7時1分でした。特急列車の発車まで、あと9分に迫っていました(私は意識せず)。

そこから店員さんがカフェラテを用意してくれます。待つこと3分。

【7:05】カフェラテ2つを両手に持ってコンビニを出ると、パパと子どもたちがいません。パパたちは先へ移動していました。

パパ:ママ、あと5分だよ! 時間ないよ! 急いで!

子どもたち:ママ~、早く~!

え!? 時間ないの?

パパは私を待ってられず、私の視界からギリギリ見える所までスーツケース2つとベビーカーを先に進めて、コンビニからいつまでも出てこない私をヤキモキして待っていたようです。

何しろ、スーツケース2個を移動させながら、列車に乗らなくてはいけないのです。あわててパパと子どもたちを追いかけました。両手にカフェラテを持って・・・。

エレベーターがない!

【7:06】出発ホームの17番線の下までやって来ました。ここから長い階段を上ればホームです。

あれ?? エレベーターやエスカレーターは?? 発車まであと4分!

パパがダッシュでエレベーターを探しに行きます

1分後、パパが戻って来ました。

パパ:エレベーターは100m向こうだ! ホームの端っこに出るし、あと3分で出発だから、この階段を上った方が確実だ!

スーツケース2個とベビーカーを上げなくてはいけませんが、私の手には温かいカフェラテが2つ。荷物を持てません。

あああ、カフェラテなんて買わなければ良かった・・・"(-“"-)" どうしてこういつもギリッギリになるのかしら・・・"(-“"-)"

あわててカフェラテを2つ持ってホームに行って下に置いて、長女にみていてもらいます。パパがまず階段の踊り場までベビーカーを持ってきたので、それをホームまでかついで上げます。

パパは1個30kgあるスーツケースを1つずつ持って階段を上がります! まずは階段途中の踊り場まで2個のスーツケースを上げます。もう必死です!

【7:08】プラハ行きの特急列車「EC259号」がホームに入線してきました。

ヤバい、急げ!

私はスーツケースをホームに上げるため、階段を踊り場まで降りようとしました。

階段の踊り場でパパが叫びます。

パパ:ここにいるんじゃない! 先に行って、ベビーカーと子どもたちと乗り込むんだ!

私:わかった!

パパがスーツケースを2個ともホームに上げた時、ちょうど乗客の皆さんが乗り込み終えたところでした。パパはギリギリでスーツケースを列車に積み込み、最後に自分も飛び乗りました。

直後、「プシュ~ッ」とドアが閉まりました。

はぁぁ・・・、またもや発車数秒前の乗車・・・。何とか間に合いました・・・。

長いホームの端っこにあったエレベーターを使っていたら、間に合ったかどうか。

長距離列車に乗る時は、発車10分前にはホームに着いていなくてはなりませんね"(-“"-)"。私達たち、何回同じ過ちを繰り返すのか・・・。とにかく間に合って良かったです。

いざ、プラハへ

【7:10】何とか予定通り、「EC259号」でドレスデンを出発。6人がけのコンパートメント席を確保。男性1人と同席です。

プラハ本駅の到着予定は午前9時26分。2時間15分の列車の旅です。

はぁぁ・・・、疲れた・・・。パパ勘違いによるドレスデン駅までの高速移動に加え、今の重労働にぐったり。ようやく安息の時間です。

さて、カフェラテを飲んで、朝食のパンを食べますか! いつしか、車窓には昨日訪れた「ザクセンのスイス」の断崖絶壁の風景。最初の停車駅は、昨日降車した温泉地「バートシャンダウ」です。

今日でドイツとはお別れ。

苦しいこともありましたが、ドイツ、いい思い出もたくさんできました(^^)/。

再訪を誓って、ドイツを後にしました。

いただきま~~す! 大きいサンドイッチです。長女撮影。
おいしそうだな~~(^^)/
キャッキャ言って遊んでいます。
何やら楽しそう(^^)/ 何をして遊んでいたのかは忘れました(^^;
ババ抜きをしています(^^)/ 「ママにこれあげるね!」と言いながらカードをくれます(^^;
プラハ本駅の1つ前の停車駅「プラハ何とか駅」。こういう駅で間違えて降りないようにしないとです。
廊下に電光掲示板があり、次の停車駅が表示されています。要チェックです。
降車前の準備の様子。ドア前に、ベビーカーとスーツケースを用意します。この列車は、トイレが汚れていて結構においがしました。
到着5分前からドアの前でスタンバイ。私たちが先頭で降りる作戦です。

ゆっくりした、いい列車旅になりました。

車内には、到着駅のアナウンスがありますが、私たちは「プラハ本駅」のチェコ語の名前が、耳で理解できません。うまくカタカナに変換できないんですよ・・・。「プラハ〇×△〇×△〇×△〇×△」としか聞き取れませんでした。電光掲示板を見ていれば大丈夫です。

プラハ本駅では「あれ」がお出迎え

【9:31】5分遅れでプラハ本駅に到着。

4日ぶりに戻って来ました~~~(^^)/

プラハ駅と言えば、エレベーターの代わりの長~~いスロープがお出迎え。ここを、スーツケースをごろごろ転がして下っていきます。

ホームを出るだけで一苦労(^^;

今日はこれから、駅に荷物を預けて列車を乗り換え、1時間30分ほど行ったプルゼニュに日帰り観光に行きます。プルゼニュに行く列車は10時15分発。切符もこれから買います。今からの45分間でこの2つのミッションをこなす必要があります。切符、うまく買えるかな・・・。ドキドキ。

プラハ駅の荷物預け所は初日にも利用していますので、場所や要領はわかっています。その時の記事はこちら

ドイツ旅行を終え、プラハ駅に戻って来ました!
長いホームをひたすら進みます。エレベーターはありません・・・。
出ました! プラハ駅名物「長~いスロープ」! 長女がベビーカーを押してくれました。

プラハ本駅で切符を購入

【9:45】荷物預け所でスーツケース2つとバッグ1つを預けます。列ができていて5分並びました。2度目なので慣れたもの。ここまで、長女がスーツケース1つをゴロゴロ押してくれました。1つ運んでもらえると、パパはとてもラクチンです。次女はベビーカーに乗せます。

コルナ現金で支払い。1つ60コルナ×3つで180コルナ(900円)。

【9:50】その後、駅の切符売り場へ。ベルリン駅と違い、対面販売です。

売り場はとてもきれい。5分ほど並び、私たちの番。やはり英語で話すのはドキドキ。パパががんばります。

パパ:(日本で印刷して持ってきた時刻表を見せながら)私たちはこの10:15発の列車でプルゼニュへ行きたい。大人2人、子ども2人。子どもは8歳と4歳です。

切符売り場のおばさん:片道ですか? 往復ですか?

パパ:往復です。

切符売り場のおばさん:OK・・・。全部で562コルナ(2,800円)です。

パパ:(意外と高いナ・・・)。切符を打刻する必要がありますか?

切符売り場のおばさん:大丈夫、必要ないわ。

むむむ・・・、打刻必要ないって本当かなぁ(私たちの語学力不足による勘違いはないかなぁ)・・・。

内訳は、大人往復250コルナ、子ども往復62コルナ。4歳の次女は無料。

プリゼニュまでの切符をゲット! 4歳の次女は無料でした。9:58発券。
中央の電光掲示板でホームを確認します。
私たちが乗るのはR(普通列車)の770番。10:15発。ホームは4Jです。
770番の列車。これに乗ります。行き先は「Z.RUDA-ALZB」。全く読み方がわかりません。
ホームと車両の間が結構空いていてびっくり。子どもは注意です。
「パパ、早く乗って! パーパぁ!」

【10:05】乗った車両は6人掛け個室のコンパートメント席。混んでいて、チェコ人女性2人組との相席です。車内廊下にはドイツ鉄道と同じ電光掲示板があったので、ここで次の停車駅を確認できます。

ドイツと違い、車内の案内放送は一切ないようでした。

私たちは午前9時26分着の列車でプラハ本駅に来て、10時15分発の列車でプルゼニュに向かうので、乗り換え時間は約50分。50分あれば余裕だと思っていました。ところが列車が5分遅れ、ホームの長いスロープ利用で時間がかかり、荷物預け所で5分並び、切符売り場で5分並んで、発車10分前の乗車。全然余裕はありませんでした。

何か1つトラブルがあれば(例:切符売り場で15分並ぶ)、この列車には乗れませんでした。多分にラッキーな面もありました。プラハ駅での乗り換えには、十分時間をみておく必要があると感じました。

プリュゼニュ(ピルゼン)へ出発!

【10:15】普通列車770番は定刻通り発車。

それにしても、今日のプラハは結構暖かいです。パパは来ていたヒートテックを脱いでいました(^^;

「うんチェコ」の紙人形で遊び始める子どもたち。
荷物棚が面白い(^^)/
プルゼニュに到着!

【11:40】定刻通り、プルゼニュ駅に到着。下車します。

ここで、長女が「頭が少し痛い」と言い出しました。

昨年、髄膜炎で2週間入院している長女。絶対に無理はできません。

プリゼニュは、ピルスナービール発祥の地。ビール醸造博物館に行き、ノンフィルタービール(無濾過生ビール)をランチで飲み、旧市街広場の大きい教会を見学し、トラムに乗って少し郊外へ行き、おいしいレストランで夕食・・・というのが本日のプラン。

パパがノンフィルタービールを堪能する大人向け次回に続きます。

※神秘の国を行く!子連れミャンマ―旅行記の第1話はこちら

※トラブル連発!子連れインドネシア旅行記の第1話はこちら

※世界遺産満載!子連れチェコ・ドイツ旅行記の第1話はこちら