スーレーパヤーでミャンマーの女の子たちと交流(2018.2 子連れミャンマー旅 ♯9)

【写真】ミャンマーの女の子たちと交流のひととき

「ユニティマネーチェンジャ―」で大量のミャンマーチャットをゲットした私たち。徒歩で10分ほどの所にある、「スーレ―パヤー」に向かいます。

【ミャンマー旅行2日目:その2】

【9:15】大きな通りに出て、もうすぐ目指す「スーレーパヤー」です。

この辺はヤンゴンの中心ど真ん中。表通りは近代的な様子です。

陽射しは結構強いです。帽子が必須ですね。

ここで、タクシーの様子をチェック。スーレーパヤーの後はタクシー移動ですので・・・。うんうん、向かいの公園の前に客待ちのタクシーがいたり、流しのタクシーも走っています。

スーレーパヤーはもう目の前です。
着きました!これがスーレーパヤーです(^^)/。横断歩道もあっていい感じ。

スーレーパヤーに入場

【9:20】スーレーパヤー入場。入口の支払い窓口で、外国人料金3人分で12,000チャットのお支払い。「地球の歩き方」では1人3,000チャットと記載されていますが・・・、値上げされているのかもしれません。レシートには、3人分で12,000チャットとの記載でした。

この他、靴を預けるのに小額のチップを払いました。

このスーレーパヤー、市街地のど真ん中にあり、ヤンゴンのダウンタウンはこのパヤーを中心に都市計画されたそうです。パヤーの敷地は昨日行ったシュエダゴォンほど広くはなく、入ってすぐ階段があり、すぐに金ぴかの空間が現れます。

おみやげなども売っていて、売り子が話しかけてきますが、買わず。

わぁぁ! 私は初めてパヤーを見るので、感激もひとしお。パパと長女は2つ目ですが、すごいすごいと言っています。

入ってすぐ、昨日夜の散歩をした2人で(^^)/
入口の様子です。屋根の装飾がきれいです。
変なお面だ~~~(^^)/
走るのも気持ちいいです。

自分の誕生した曜日の像にお水をかける

パヤーのお参りの方法はわかりませんが、どうも、誕生した曜日の動物の像に水をかけてお参りする、というものがあるようです。

中心の仏塔の周りに動物の像が並んでいて、ミャンマー語の他に英語で「Mandey」とか書いてあります。

ミャンマーの人々にとって、何日に生まれたかよりも何曜日に生まれたが重要らしくて、生まれた曜日により性格や相性などが決まるそう。血液型や星座占いみたいですね。曜日は7つに1つを足した「八曜日」で、動物の像も8種類。水曜日だけ、午前と午後の2つに分かれます。

「地球の歩き方」に、自分が何曜日に生またかを簡単に調べられるページがあり(ミャンマー2017~2018の24ページ)、私たちは事前に4人それぞれの生まれた曜日を調べて行きました。

パパは「水曜日の午前中:キバのあるゾウ」

私は「木曜日:ネズミ」

長女は「日曜日:トリ」

次女は「金曜日:モグラ」

みごとに4人バラバラ。面白いですね。

よし、自分の誕生曜日の像を探そう~~!

これは「木曜日」。私の曜日です。下の方にネズミの像があります。上の仏像と、下のネズミさんに水をかけてお参りします。
次女の「モグラ」の像のところ。次女がお参り。

次女ががんばってお水をかけます。楽しいです(^^)/

ミャンマーの人のお祈りの様子。

ミャンマーのかわいい女の子たちとしばしの交流

ひととおり見て回ったところで、同じく観光?参拝?に来ていた、ロンジーできれいに着飾ったミャンマー人の女の子たちが座っておしゃべりしているのを発見。

みんなそれぞれきれいなロンジーで、すごく写真とりたいのですが、いきなりカメラを向けるわけにはいきません。一緒に写真に写ってもらえないか、お願いしてみます。

私たちが子連れなこともあり、女の子たちも大盛り上がり(^^)/。逆に一生懸命うちの子どもたちにカメラを向けます。そうして撮影した写真が、記事冒頭に掲載した写真です。女の子たちには「ウェブサイト、OK?」とだけ了解を取りました。一応(^^;。

せっかくの機会なのに、次女は恥ずかしがってダメです(^^;皆さん、きれいですね(^^)/ ハタチくらいでしょうか。
女の子たちは携帯電話で撮影しあっています。インスタとかしているのかな?

写真を撮りあって、バイバイ。満面の笑みで手を振ってくれました(^^)/

スーレーパヤー見学

その後もしばし、スーレーパヤーをじっくり見学します。

わお!
すごいなぁ・・・。
時間と共に、人が増えてきました。
これは長女の「トリ」の像の所。どうも、像が鳥に見えませんが・・・(^^;
鐘があったので鳴らしてみます。太いこん棒でたたくようです。ごぉ~~ん、と、いい音が(^^)/
私たちが入ってきたところとは別の入口の様子です。

30分ほど見学し、外に出ます。出るときは足の裏をきれいにふかなくてはいけません。パパはさっとふいただけでしたが(^^;

パヤー見学では、サンダル履きが基本ですね。

パヤー観光後は足の裏が黒くなっているので、おしりふきやウエットティッシュできれいにふきます。
私の足の裏も、真っ黒です(^^;

マハバンドゥーラ公園前でタクシーをゲット

【10:00】スーレーパヤーを出た私たち。

次は、流しのタクシーを捕まえ、車で10分~15分位の所にあるヤンゴン動物園に向かいます。

タクシーを捕まえるついでに、隣接する、「独立記念碑」のあるマハバンドゥーラ公園をちょこっとだけ見て行きます。

マハバンドゥーラ公園の北側の入口。遠くに独立記念塔が見えます。

ここで、路上でヤンゴンのポストカードを売るお姉さんに声をかけられます。強い日差しに備えて、顔全体にタナカをばっちり塗っています。炎天下で、お仕事がんばってますね(^^)/。

そんなに高くはなかったし、炎天下でがんばるお姉さんを応援しようと、1冊、ポストカードセットを買いました。そして記念撮影をお願いしました。

そんなことをしていると、現地のご夫婦(多分)が、うちの子どもたちの写真を撮りたいと言ってきました。

もちろんウエルカムです(^^)/最後にみんなで記念撮影をしました。

ポストカード売りのお姉さんと。
声をかけてきたミャンマー人の夫婦。子どもが好きなのでしょう。
ほっぺにチューさせてあげる、やさしい長女(^^)/

さて、そろそろタクシーを捕まえねば・・・と思ったら、パパがいい手際で流しのタクシーを捕まえました。さすがパパ!

運転手はミャンマー語しか話せませんでしたが、ガイドブックの「ヤンゴン動物園」の写真を見せるとすぐわかったようで、動物園まで3,000チャットで交渉成立。早速乗り込みます。

ここから動物園までは2,000~2,500チャットが相場のようですが・・・、3,000であれば許容範囲。

この後、「ヤンゴン動物園」で、私たちは千載一偶のチャンスを逃してしまうのです・・・。

次回に続きます。