“ゾウに乗れる動物園”ヤンゴン動物園(2018.2 子連れミャンマー旅 ♯10)

【写真】ヤンゴン動物園の北側の入口にて

スーレーパヤーの付近で流しのタクシーを捕まえ、ヤンゴン動物園に向かった私たち。

【ミャンマー旅行2日目:その3】

ヤンゴン動物園に到着

【10:20】10分ほどで、ヤンゴン動物園に到着! 結構暑いです(^^;。

本当は動物園で1日ゆっくりしてもいいくらいなんですが、プランが詰まっていて、滞在予定時間は1時間30分。広い動物園をサッと見て回ります。

入場料は1人3000チャット(260円)。激安です(^^)/

早速、いくぞ~~~(^^)/

まずは園内マップで現在地を確認・・・したいのですが、タクシーで乗り付けたので、現在地がわかりません(^^; 南のスーレーパヤーから来たから、南口だとは思うのだけれど・・・。パパもわからない様子。

動物園から出るときは、次の目的地(ランチ)の関係で、北側の出口から出たいのです。

ミャンマーの他のお客さんに聞いてみましたが、看板を指さすばかり。英語はまったくダメなようでした。

とりあえず、歩いてみましょう。

子供向けの風船売り。
中心には池があり、ボート遊びなどもできるようです。
変なキャラクターたちもいます(^^)/ 中にいる人、相当に暑いはずです。
ドラゴンのような像が。
私も一枚。良く撮れたのでつい載せました(^^)/

どんなに原始的な動物園かと思って来てみたら(失礼!)、意外ときれいに整備されています。動物の展示は日本やシンガポールの動物園と比べると、ただそこにいるだけ、餌付けショーなどもなし、というシンプルなものですが、子どもと楽しむには十分。

蚊を心配していましたが特に気にならなく、日本と変わらない感じでした。

自分たちの現在地を把握するため、展示されている動物と、たまにある園内の案内図を見比べるんですがなかなか特定できず・・・(^^;

結局、私たちは北側の入口から入ったことがわかりました。北側から出たいのだから、来たところから出ればいいということですね。南のスーレーパヤー方面から来たので、てっきり南から動物園に入ったと思っていました。

ふぅ・・・。結構暑い(^^;
意外ときれいに整備された園路を散策します。

動物園を見学していると、長女が寝てしまいました(^^; ベビーカーに乗せて寝かせます。せっかく動物園に来たのに、寝るなんてもったいない。・・・でも朝5時に起きているし、眠くなる頃でしょうかネ・・・(^^;

カナダのトーテムポールみたいですね。木の精霊でしょうか。(長女は就寝中)
木の精霊たち、かわいい顔をしています。
親子3世代で来園していた方と一枚。(長女は就寝中)

ゾウに乗れる動物園

ヤンゴン動物園では、何と、ゾウのえさやりはもちろん、ゾウに乗ることができます!!

あっ! ゾウだ!!(長女は就寝中)

ゾウに乗るのは、普通は多額のお金がかかりますが、ここでは激安みたいです(料金の確認はしませんでしたが・・・。雰囲気的に、500円以内だと思われました)。

それに、ゾウ乗りをしている動物園自体、珍しいです。

これは大チャンス! ベビーカーで寝ている長女を起こそうとしましたが、ゆすり起こしてゾウを見せても起きません(^^;

次女に「ゾウさん、乗る?」と勧めてみても、「怖い~~」との返事。う~~ん、長女は2歳になる前にインドでゾウに乗ったのに・・・(^^;。

ゾウ乗り場には5組ほどの列が。長女よ、インドでゾウに乗って以来、またゾウに乗れる大チャンスなのだ、寝ている場合じゃないぞ~~!

5分ほどかけ長女をたたき起こし、長女を抱っこして乗り場へ。

階段で上った先が乗り場のようで、長女を抱っこして上っていったのですが・・・、次に待っている人はいなかったのに、私がまごまごキョロキョロしている間に、ゾウは行ってしまいました。お昼休憩のようです。

私はすごすごと階段を下りて行きました。

私:像乗り、お昼休憩みたいで、乗れなかった(^^;

パパ:「乗れなかった」じゃないよ! 乗りたいアピールしなきゃ! 乗りたいって言えば、並んでいたのは君たちだけだったんだし、絶対乗せてもらえたと思うよ! もう・・・(要領が悪いなぁ・・・)」

私:そんなこと言われても・・・。パパに行ってもらえばよかったな・・・。

ここは外国。黙っていてもお客さんの希望を忖度してくれる日本とは違い、やりたいことをアピールするのは大事なことです。次は私たちの番で、後に待っている人もいなかったし、ゾウ乗り体験、私がぜひ乗りたいとアピールすれば乗せてもらえたかもしれません。・・・失敗しました(^^;

この点、うちのパパは上手なんです。上手と言うか、オーバーアクションと言うか。タクシーを止めるときなんて、ジャンプして手を振ってますから( ;∀;) ここで何とかタクシーを止めないと、止めるまで動けないという危機感もあるんですが(^^; 私たちは言葉を話せないし、やりたいアピールが大事なんですよね・・・。

何と、ゾウに乗れます~~(^^)/(私たちは逃してしまいましたが)
ゾウ乗り場はこんな感じです。左手前の小屋がチケット売り場かと思われます(未確認)。

ゾウ乗りには失敗しましたが、気を取り直して、ゾウのえさやりをします。

専用のコーナーがあり、エサは1カゴ1,000チャット(85円)で販売しています。

安っ!

シンガポール動物園では、1カゴ5ドル(600円)でしたので・・・(^^;。

長女の分と次女の分の2パック買って、えさやりスタートです。

サトウキビとバナナを、各1,000チャットでゲット!
ゾウのえさの販売所の様子。

早速エサやりをします。

せっかくなのに、次女は怖がって、やりませんでした(^^;。が、長女と私たち夫婦で次々とエサを消化。合計4パック楽しみました(^^;

ゾウのえさやり、楽しい~~!合計4パックいきました。

動物園を後に

【12:20】本当ならゆっくりしたかったヤンゴン動物園ですが、時間の関係でこの辺で切り上げます。暑くて子どもたちも疲れ気味なので、これはこれでいいかも。

暑いので、ジュースを飲んで休憩です(^^)/
サッと回って、後にします。暑いしね(^^; 汗をかきました。

お腹もすいてきたし、事前に調べておいた湖畔のおいしいレストラン「ガーデンビストロ(Garden Bistro)」へ向かいます。

動物園の北側出入り口からガーデンビストロまではわずか300m。建物が向こうに見えます。

ただ、暑かったので、ここはぜいたくにタクシーで行くことにしました。動物園前にはタクシーが止まっていましたので・・・。当然、外国人基本料金の2,000チャットで行くはずです。

この選択は・・・・大失敗でした(^^;

次回に続きます。