ヘルシンキ:マーケット広場はレストランがたくさんで大賑わい(1歳&4歳:子連れスウェーデン・フィンランド・エストニア旅 ♯45)

フィンランド北部から観光に来たという素敵なご夫妻と相席になりました。

【これまでの旅程】
1日目:羽田からスウェーデンのストックホルムへ

2日目:ストックホルム市内観光。その後、夜行フェリーでフィンランドのトゥルクへ

3日目:ムーミンワールドとトゥルク市内観光

4日目:トゥルクから特急列車でヘルシンキへ。午後はヘルシンキ市内観光

5日目(今日):ヘルシンキ市内観光。トラムに乗って、ハカニエミ市場、旧軍事博物館、公園遊び、ウスペンスキ寺院とまわり、マーケット広場へやって来て、遊覧船に乗りました。

【13:05】遊覧船が戻って来ました。

ちょうどいい具合にお腹が空いてきました。マーケット広場にはたくさんの屋台というか仮設レストランが10軒以上並び、お肉や魚を焼くいい匂いが立ち込めています。

さて、どのお店で食べることにしようかな~~!

【2016.7 子連れ北欧旅行:5日目その8】

どこにしよう・・・(^^;

来た時もひとまわりはしていましたが、さて、いよいよ入る飲食店を決めます。

ここで食事をする機会はただ1度だと思うと、本当にどこもおいしそうで、決め手がありません・・・(^^; 何を食べたいのかくらい考えておけば良かった(^^;

それにしても、カモメが多いです。屋台のおこぼれを狙っているのでしょう。ヘルシンキ大聖堂でも襲われましたが、本当にフィンランドはカモメの国です。

「カモメ食堂(注:日本の映画のタイトル)」とはよく言ったものです・・・。

なぜか、くーちゃん(クマのぬいぐるみ)の手をくわえている長女。
こちらは、鮮魚店ですね。
いかにも新鮮。生臭い匂いはまったくしません。
向こうに、見えるのが、さっき乗った遊覧船の乗り場です。私たちが乗った時より賑わっていました。
喫茶店のようですね。
飲み物とホットドッグ(またはサンドイッチ)がセットで4ユーロ。う~~ん。
にぎわっているホットドッグ屋さん。
ご覧の人通り。満席のお店もあります。
ハンバーガー屋さんです。10ユーロ(1,200円)は高く感じてしまうなぁ・・。
大きなサーモンを豪快に焼いています。この匂いがたまりません!
スパイスをつけて焼いています。ここもおいしそうだな~~。

シーフードグリルのお店に決定!

【13:20】いろいろ悩みましたが、私たちは遊覧船乗り場のすぐ目の前にあった、シーフードグリルのお店に入ることにしました!

せっかく港の前にいるのだし、やっぱりシーフードでしょ! 値段はどこも似たかよったか。

注文したのは、白身魚のグリル&ポテトのプレートと、サーモンのグリル&ポテトのプレート。どちらも12ユーロでした。

子どもはポテト大好きだし、ここにしよう!(メニュー表に5ユーロと出ているのはスープのお値段。ワンプレートで12ユーロ前後。シーフードはどのお店もその位でした。)
白身魚&ポテト。12ユーロ。
奥は、サーモン&ポテト。12ユーロ。
遊覧船乗り場のすぐ目の前のお店です。
荷物から、次女の飲み物(まぐまぐ)を取っています。
店内は満席。相席で何とか座れました。
次女は離乳食を食べようね~~。

魚のグリルはどちらも塩とオリーブオイルとバジルのシンプルな味付け。とってもおいしいです(^^)/

長女は丸いベイクドポテトばかりをパクパク。お魚も食べなさいよね~~!

素敵なご夫妻と相席に

混んでいる店内で、私たちの向かいに座っていたのは、やさしそうなフィンランド人の50代くらいのご夫妻。

思い切って、カタコト英語でごあいさつしてみました。

先方も英語は苦手で、お互いカタコト英語で会話(逆にそっちのほうが私は気を遣わないから助かります)。私たちが日本から来たというと、「ようこそ」という感じで喜んでくれました(^^)/。

こちらのご夫妻は地元の人ではなく、フィンランド北部の小さな町からヘルシンキへ観光に来たとのこと。国内旅行をされているのですね。

私たちの語学力ではこのあたりで限界ですが、あいさつ程度の会話ではこれで十分。

料理が来てから、一緒に写真を撮ってもらったのが、この記事冒頭の写真です。私は次女に日本から持って来たレトルトの離乳食を与えていましたが、ご主人のほうに次女を渡すと、奥様は離乳食を手に取り、次女にパクリ。

ご夫妻のお子様たちはもう大きいようで、1歳の次女を本当に懐かしい(子どもが小さかった頃が懐かしい)という様子で、離乳食を食べさせていました。

別れ際、日本のおみやげと言って、パパが日本酒の小さいパックをプレゼント。ご主人、「日本酒は飲んだことあります」と言って、喜んでくれました(パパは、何かあったときにすぐプレゼントできるように、日本酒の小さいパックを毎日2個ずつリュックの中に入れて持ち歩いているのです)。

「なかなかあげるタイミングがない~」と嘆いていましたが、ようやくフィンランドの人にあげれたね!

【13:40】フィンランド人のご夫妻は先に食事を終え、食堂を出ていかれました。お昼時を過ぎ、お店も空いてきました。その後はしばらく、私たちだけでゆっくりしました。

たまたま席が向かい合わせになった、すてきなご夫妻と。次女もおとなしく抱っこされています。
ご飯が終わり、長女は遊び始めました。店内も空き始めてきました。
支度をして出かけます。

【13:55】店を出ました。

次回は、観光のお供に、フィンランドの名物おつまみを紹介します。

その後、いよいよ渡し舟に乗って、世界遺産:スオメンリナ要塞です。

↓ご訪問ありがとうございました(^_-)-☆ 私のブログが「参考になったよ!」という方は、ポチっとお願いします。

↓もし私のブログを応援していただけるようでしたら、お手数ですが、こちらもポチっとお願いいたします。


家族・子連れ旅行ランキング

※夏の北欧へ!子連れスウェーデン・フィンランド・エストニア旅の第1話はこちら

【その他の子連れ海外旅行記など↓】

ヨーロッパへ旅立つ日、台風が成田空港直撃予報

ヨーロッパへ旅立つ日、1歳の次女が38.4度のお熱を出して保育園から電話が来た

ヨーロッパに着いたら、念のため小学生でもおむつを履かせます