プラハ国際空港でのおみやげは、チェコビールの缶ビール一択だ!(2019.9 子連れチェコ・ドイツ旅 #67)

プラハから上海へ向かう機内での、2回目の機内食でご機嫌な子どもたち。

【9:00】プラハ国際空港のイミグレーションを通り、免税店エリアへ来た私たち。

荷物検査はないんですね・・・。

【チェコ・ドイツ旅:9日目その2】

パパがおみやげ屋さんで缶ビールを発見

免税店エリアに、おみやげ屋さんもありました。

チェコの雑貨に並んで、大量陳列されていたのが缶ビール!!

パパはチェコのビールをおみやげに持って帰りたいと瓶ビールを買って飛行機の預け入れ荷物にしましたが、ここで買って免税店の封をしてもらい、手荷物として機内に持ち込めば、ここで缶ビールをおみやげに買えるじゃないですか!

パパの目が光りました

ただし、値段は高く、市価の1.5倍程度だった気がします(レシートを紛失してしまいましたが、クレジットカードの請求金額で確認すると8本で2,147円。1本あたり270円くらい)。1缶1缶に飛行機の丸いステッカーが貼ってあります。空港販売用の特別価格の物、という意味なのでしょうか。

でも、これは日本ではなかなか買えないものだし、日本のビールと同じ値段。缶のデザインもいろいろで、飲んだ後も洗っておみやげとして置いておけそうです。

パパは、手当たり次第に1本ずつ缶ビールを購入。あまりたくさん買い過ぎても課税対象になってしまうため、リュックに入るだけ、500ml缶を合計8本購入しました。

パパのリュックは、チェコの缶ビールでぎっしり。

パパは満面の笑顔です。

買えたいものが買えて、良かったね~~(^^)/。

パパが買った缶ビール全8本。本家ブドワイザーは2本買っちゃいました(^^)/

ビールの関税については、次回の記事で紹介しますネ(^^)/。

手荷物検査は搭乗口の前

私たちの出発ゲートはB3。

中国東方航空MU708便、上海行きです。

まずは上海まで、10.5時間の空の旅です。

ここまで、手荷物検査がないな~と思っていたら、何と手発ゲートの直前に手荷物検査場が。

缶ビールは免税店で買ったものだから大丈夫よね~~~。

1人、私たちの前に、変な中国人のおばちゃんが。

空港係員に、水筒について指摘されたおばちゃん。中身が液体物ですものね。

すると、水場まで行くのが面倒だからか、水筒の中身をゴミ箱に入れようとしたんです。

中国人らしい(^^;

係員に制止され、何をするかと思ったら、水筒を持って別の方向に歩いて行き、少し遠くにあったゴミ箱に、水筒ごと投入して戻って来ました。

なんだかいでたちも品がない感じで・・・。最近お金持ちになった方でしょうかね。

【9:30】荷物検査の後は、搭乗開始まで、ゆっくりお人形遊びをして過ごしました。

子どもたちとお人形遊び。

機内では早速長女がゲーム三昧

【9:50】搭乗開始。優先搭乗を利用しました。

席に着くと、ありました、目の前にゲームができるメディアが(^^)/ 子どもたちは大喜びでゲームを始めます。

パパもやろう~~、ママもやろう~~、と言われ、同じゲームをやることに・・・。

機内、暖房が効きすぎて、とても暑い(^^;

早速ゲームを始めた長女。
まず、こんなゲームをやっていました。

中国人おばちゃんからの攻撃

ゲームをして離陸を待っていると、ちょっとした事件がありました。

乗り込んできた中国人のおばちゃん。次女を指さしながら、「ここ、私の席よ!」と中国語で怒鳴り始めます

何だ何だ、私たちは正しい席に座っているわよ。

怒り心頭のおばちゃんにチケットを見せてもらうと、次女の席は「D」席。おばちゃんの席は「C」席。

私:「ヒア イズ D!」「ユア シート イズ C!」

と、隣の席を指さして少し大きめの声で言ってしまいました(^^;

怒鳴っていたおばちゃん、黙って通路を隔てたCのシートに座り、隣の友人と楽しそうに話し始めました。

ちょっと、誤解で人にイチャモンつけておいて、「ごめんなさい」はどうした「ごめんなさい」は。

本当に中国人(特におばちゃん)は・・・。

飛行機のシート、この列はAの隣がCになっているので、勘違いしてしまうのはわかります。

でもいきなり4歳児を指さして怒鳴り始めますか普通。子どもがびっくりするでしょうが"(-“"-)"。

【10:20】定刻通り、上海へ向かい離陸。

離陸の瞬間は寝てしまっていたらしく、気が付いたら空の上でした。パパも同じだったようです。隣を見ると、次女はぐっすり。離陸前、「つまんない、つまんない」などと言って騒いでいたと思ったら、眠かったんですね。

今日も4時前に起きてますし、昨日は3時間も寝ていませんので、さすがに眠い・・・。

もうすぐ機内食ですので、1回目の機内食を食べたら寝ようかな。

1回目の機内食

【11:00】1回目の機内食。

長女はずっとゲームをしていました。次女はぐっすりです。

ライスorヌードル、とのことでしたので、私と次女はどちらもライスに。

パパと長女は1つずつ頼みました。パパはビール、長女はスプライト。私はコーヒー、次女にはオレンジジュース。

ヌードルはかなり辛いものでしたので、パパが食べることにします。

パパが青島ビールを飲んでこう言いました。

パパ:いや~、今までチェコで散々おいしいビール飲んできたじゃん、この青島ビール、ものすごくまずい。

私:そんなに違うの?

パパ:いや~、こんなにマズイかっていうくらいマズイわ。

私はお酒の味はわかりませんが・・・。日本のビールやチェコのビールは青島ビールよりかなりおいしいってことですね(パパの基準では)。

チキンの中華定食、おいしくいただきました。ライス久しぶりでしたし、

ピーナッツがうれしい(^^)/

1回目の機内食です。
青島ビールがあまりおいしくないようです(パパいわく)
ヌードルはかなり辛いけれどおいしかったようです。

オモシロ写真を激写

面白い図で盛り上がったことが2つありましたので紹介します。

まずは、寝グセが激しい人。笑ってしまいました(^^)/。

激しい寝グセです(^^)/

また、あれっ、次女の足が短い! と思ってよく見たら、次女が靴下を手袋代わりにして寝ていました(^^;

離陸前、機内がとても暑かったので、靴下を脱いで、手でいじって遊んでいたんですねきっと。そして、手にはめたまま寝てしまったようです。

あれっ! 次女の足が短い、と思ったら(^^;

食後、私もパパもぐっすり。

パパは、ひと眠りの後、映画「七つの会議」と「マスカレードホテル」「響」の3本を制覇したそうです。新作が見られるなんて素敵ですね(^^)/

私は「七つの会議」だけ見ました。

2回目の機内食

【18:30(チェコ時間)】2回目の機内食です。夕食ですね。

チャーハンか、ヌードルか。

私たちは2つずつもらい、味見をしてみますが・・・。これは、チャーハンのほうがおいしいようです。

昼食の時と言い、ごはんと麺だと、全体的にご飯のほうが無難なようです。

ヌードルは私とパパで食べることにして、子どもたちにはチャーハンを与えます。

飲み物は、今回はパパもコーヒーにしました。

チャーハン。クセがなく無難な味。
ヌードル。八角の味がして微妙。
次女はお腹空いています

食後、長女が、機内で描いた絵をビデオで紹介。猫や犬の絵を書いていたようです。

何かを見て書くのなら私も描けますが、長女は何も見ないで動物の絵を書きます。好きなんですね(^^)/

猫の絵。親猫と、子猫だそうです。
つながれている犬。犬の割には足が細いような(^^;
にぎやかな家の絵。

着陸90分前の緊急放送! 緊急着陸・・・。

【19:30(チェコ時間)】2回目の機内食が終わった後。

チェコ時間午後8時55分到着予定ですので、到着まであと1時間30分。

そこで、英語と中国語で何やら機内放送があり、シートベルト装着が指示されました。

アナウンスを聞いたパパは、怖いことを言いました。

パパ:怖いことを言うようだけれど、今、アナウンスで、「エマージェンシー(緊急)」「エレクトリックトラブル(電気系統の故障)」と言ったと思う。到着までまだ1時間30分もあるし、まだ中国内陸部だろう。どこかに緊急着陸するつもりなのかもしれない。

私:えっ・・・・・・。

様子をうかがっていると、飛行機はどんどん高度を下げています

別に、気流が乱れているわけでも、雷が鳴っているだけでもありません。

そして大きく弧を書いて方向を変えます

えっ? 到着までまだ90分もあるのに、ここで方向転換はおかしい!

キャビンアテンダントさんは、閉めてあった機内の窓を開けて回っています

これは、緊急着陸するつもりなのかも!

それにしても、周りの中国人たちが騒ぎださないのがおかしい・・・。さっきのアナウンス、中国語で聞いていただろうに。それとも、中国人はすぐパニックを起こすから、機長が正確なアナウンスをしなかったとか・・・。

電気系統の故障って何だろう。まさか、エンジンが止まってしまうとか・・・。

胴体着陸とか・・・。

中国の山の中に不時着したら、墜落です。生きてはいられません。

飛行機は、どんどん高度を落としています。

まずは高度2,000メートルくらいの低い所を飛びながら、不時着できそうな場所を探すのかも・・・。

川とか

緊急着陸時の姿勢って、確かこうだよね。

次女のことはどうしよう。

パパと一緒に、小さい声でそんなことを話していました。

何かメモとか残した方がいいのかな。

最後の言葉。

や、メモだと飛行機と一緒に燃えてしまう。機内wifiがあるから、ここは親にメールしておこうか。

Lineで、文面を作り始めます。「私たちは今、プラハから上海行きのMU708便に乗っています。飛行機のトラブルで、・・・」

外が見たいけれど、私たちは窓際に座っていないため、外の様子を見れません。

中国も今では進んでいるから、救助にも来てくれるに違いない。病院もいい病院でしょう。

それにしても、到着までまだ1時間以上もある中でのこの状況、誰か異変に気付いても良さそうですが、中国人たちは大人しく乗っています。

無事、上海に着いてくれればいいのですが・・・。

ひょっとして、故障じゃなくてハイジャックなのかな?

胴体着陸よりも、他の空港に連れて行かれるほうがいい・・・。

親にLineで連絡しようとしましたが、機内wifiの使い方がわからず断念。

それから1時間、ずっとシートベルトをしたままの飛行が続き、終わって見れば無事上海国際空港に到着したのでした。

・・・・・・・。

焦っていたのは私たちだけ・・・・。

もう、パパ~~~~~~~(私も英語わからないので人のこと言えません(^^;。

ドキドキして損しました・・・"(-“"-)"。

いやもう、ものすごくドキドキして勝手に消耗しました・・・"(-“"-)"

※機内wifiは、着陸態勢ということでoffになっていたのかもしれません。

【21:00(チェコ時間)】定刻どおり、上海国際空港に到着。

着陸後、英語を話す日本人の方がいたので、緊急放送の内容について聞いてみました。

パパ:到着90分前に緊急放送があってシートベルトの装着サインが出ましたが、あれは何だったかわかりますか? 電気系統のトラブルと聞こえたような気がしたんですが・・・。

女の人:いや、別にそういったことはなかったですよ。確かに着陸準備はえらく早かったですよね・・・。恐らく、着陸態勢に入るため、電子機器のご利用はおやめください、電気系統のトラブルの原因になりますので、という放送だったのではないでしょうか。

パパ:そうなんですね・・・。聞き違えてしまったみたいです(^^;

パパが、聞き取れたわずかな単語で勘違いしてしまったようです。

今後は、他のお客さんの様子から、まずい状況かそうでないか、判断しようと思います(^^;

深夜の上海トランジットの難

チェコから中国に入ったので、ここからは中国時間で記載していきます。

【3:00】定刻どおり、上海国際空港に到着。

そうなんです、今は、翌日の深夜3時なんですよね・・・。

次の飛行機は、午前9時5分発の成田行き。6時間後です。

空港でひと眠りできると思っていた私たちに、中国の厳しい対応が待っていました(^^;。

また、成田空港では人生初のロストバゲージ・・・・。

次回、ロストバゲージのその後も含めて紹介します。

※トラブル連発!子連れインドネシア旅行記の第1話はこちら

※神秘の国を行く!子連れミャンマ―旅行記の第1話はこちら

※世界遺産満載!子連れチェコ・ドイツ旅行記の第1話はこちら