中国国際航空搭乗記 ~ストックホルムから北京乗り継ぎで羽田へ(1歳&4歳:子連れスウェーデン・フィンランド・エストニア旅 ♯89)

北京へ向かう飛行機にて。スウェーデン時間午前2時の機内の様子(午後7時10分離陸、離陸から約7時間後)。

【これまでの旅程】
1日目:羽田から北京経由でスウェーデンのストックホルムへ

2日目:ストックホルム市内観光。その後、夜行フェリーでフィンランドのトゥルクへ

3日目:ムーミンワールドとトゥルク市内観光

4日目:トゥルクから特急列車でヘルシンキへ。午後はヘルシンキ市内観光

5日目:ヘルシンキ市内観光。世界遺産:スオメンリナ要塞島など。

6日目:国際フェリーでヘルシンキからエストニア:タリンへ。パパと長女でタリン観光。次女が40.4度の発熱、救急車で病院へ。

7日目:午前中はホテルで待機、午後にタリン旧市街観光。夕方、ストックホルム行きのフェリーに乗船。

8日目:午前10時15分ストックホルム着、ホテルにチェックイン。ガムラ・スタン観光。

9日目(今日):朝5時起床、荷造りと朝食後、地下鉄でストックホルムの中心、T.CENTRALEN駅へ。私がおしっこ漏れそうな緊急事態に公衆トイレが閉まっているという大ピンチで、トイレを借りたカフェでぼったくりに遭いながらも、何とかトラムに乗ってスカンセン野外博物館に到着。半日堪能し、出て来ました。

トラムでストックホルム中央駅に行って、預けていたスーツケースを回収し、鉄道でアーランダ国際空港駅へ。離陸3時間前に空港に着くも、チェックインで大混乱。飛行機に乗れたのは、結構ギリギリのタイミングになってしまいました。

【18:40】搭乗口では、ちょうど午後7時10分北京行き CA912便 の搭乗が開始されたところでした。

ビジネスクラスや小さい子ども連れの優先搭乗をやっていましたので、そのまま搭乗口へ。

無事、搭乗することができました。

それにしても、離陸3時間前に空港に到着していながらこのギリギリさ。

2時間前到着だと、恐らく飛行機に間に合いませんでした。

皆さん、外国の空港では、離陸3時間前までの空港到着、鉄則ですよ!!

これから8時間半のフライトで、経由地の北京に向かいます。

【2016.7 子連れ北欧旅行:10日目その8】

まずは経由地:北京へ

【19:10】定刻通り、北京行きCA912便、北京に向けて出発!

長女も次女も、離陸時、別にどってことありませんでした。長女なんて、離陸のGがかかっているのに窓の外すら見ないでおもちゃで遊んでいる余裕ぶり。

離陸、怖くないのかな(^^;

【19:30】ウェルカムドリンクの配布です。

パパはビール(青島ビールの缶ビールでした)。冷えはイマイチだったようですが・・・。ま、機内なので仕方ないですね(ちなみに日本の航空会社だと必ずすごく冷えたやつを出してくれます)。

私と長女はオレンジジュース。

【20:20】間もなく、機内食が配られました。中国の航空会社らしく、中華です。「チキン、orビーフ?」のお決まりで、チキン2、ビーフ1を注文。

夕飯としては時間が遅めでしたが、私たちはスカンセン野外博物館で午後1時30分過ぎにお昼を食べていましたので、遅めの夕食でちょうど良かったです。

中国国際航空、日本の航空会社にはもちろん及びませんが、機内食はなかなかおいしいです。中華は外れがあまりありませんよ。

パパはここでもビールを注文。

こちらはチキン。おいしくいただきました。
午後9時10分頃の機内。もうすぐ食べ終わる所ですね。

【21:30】機内食後、私たちはぐっすり。

パパだけは起きていて、映画を見ていたようです。パパも、12時前には寝たようです。

【翌3:00】もうすぐ着陸ということで、機内の照明が明るくなります。写真記録はありませんが、確かドリンクサービスがあったと思います。私もパパも、コーヒーを注文。

【3:45(北京時間9:45、日本時間10:45)】北京国際空港着。

北京国際空港に着いて

子どもたちはずっとぐっすりです。北京はもうすぐ午前10時ですが、スウェーデン時間では朝4時なのですから・・・。

他の乗客の皆さんが降りてから、私たちは最後に降ります。これはいつものこと。

次便の羽田行きは北京時間のお昼12時50分離陸なので、3時間後。定刻に着いているので余裕は十分あります。

次女は抱っこ紐に入れ、長女はパパが抱っこしようとしますが・・・、長女が「パパはやだ」とまさかの抱っこ拒否。

しょうがない、私がおんぶしていくしかないか・・・。

パパに私のカバンも持ってもらい、私は前後に子どもたちを抱えます

その状態で、飛行機を降り、移動のバスに乗り込みます。バスの中では長女を荷台のようなものにちょっと座らせながら過ごします。

【10:05(北京時間。スウェーデン時間4:05、日本時間11:05) 】ターミナルに着いてからは、また前後に子どもたちを抱えて移動します。

羽田行きのCA167便の搭乗ゲートは、手持ちのチケットには印刷されていません。スウェーデンの時点ではまだ決まっていませんでしたので。これから確認する必要があります。

途中の電光掲示板で羽田行きの搭乗ゲートを確認できたので、まずはその付近まで移動してしまってのんびりすることにします。

前後に子どもたちを抱えながら、飛行機からの連絡バスを降り、ターミナルに入った所。北京国際空港はバス移動なのがやだ~~。
ターミナルに入って来ましたが・・・、子どもたちはまだぐっすり(^^;
着陸から1時間後、スウェーデン時間朝4時45分、北京時間午前10時45分。子どもたちは「早起き」しました。

北京国際空港での朝食

【11:00(北京時間。スウェーデン時間5:00】機内では「朝食」は出なかったので、お腹が空いてきました。

羽田行きのCA167便の離陸時間は北京時間のお昼12時50分。搭乗開始は恐らく30分前のお昼12時20分です。今は午前11時ですので、搭乗開始まで1時間以上あります。

のんびりできます(^^)/

私たちはここで朝食を摂ることに。

空港の食事は高いのですが・・・、近くの売店で、パンとバナナを購入。 値段は記録がありませんが・・・、高かったと思います。

まだ誰もいない搭乗口のベンチで、朝食にしました。

その後、搭乗開始までこの近くをウロウロ・・・。空港内をまわる車が停まっていたので、勝手に乗って記念刷遺影をしたり。

【12:50(北京時間。スウェーデン時間6:50 )】その後、 羽田行きのCA167便は予定通り離陸。

羽田行きの搭乗ゲートの近くで朝食にします。
ハムとチーズのサンドイッチ、おいしかったです。
はい、バナナ食べな~~。
ぱくっ。スプーンでバナナを食べさせています。
朝食後は、空港内をちょっと散歩。空港内を走るバギーで勝手に記念撮影。

北京から羽田へ

【12:50(北京時間。スウェーデン時間6:50、日本時間13:50 )】 羽田行きのCA167便は予定通り離陸。

羽田まで、3時間半の短いフライトです。

離陸時、長女から私にこんな質問が。

長女:これなに~~?(飛行機墜落時の対処方法を示したパンフレットを持って)

私:え・・・・っとね、中国の健康体操よ。

長女:そうなんだ~~。

そうです、中国では、飛行機の酸素吸入器で健康体操をするんです・・・。とても、飛行機が落ちるときの姿勢や酸素吸入器の使用方法だとは言えませんでした・・・(^^;)

【14:00(北京時間。 スウェーデン時間8:00、日本時間15:00 )】

機内食が配られました。

洋食か中華か選べ、どちらもおいしかったです(^^)/が、やっぱり中華の方がお勧めかな。

【16:00 (北京時間。 スウェーデン時間10:00、日本時間17:00 ) 】予定よりも早く、3時間10分で羽田空港に到着。例によって、私たちはほぼ最後に飛行機を降ります。

4歳児「ママ、これなに~~?」 私「中国の健康体操よ・・・」
機内食。中華、おいしかったです(^^)/(おいしい! というわけではないけれど、何だか落ち着きます。)
ごきげんで遊ぶ子どもたち。
私たちはほぼ最後に飛行機を降りました(後ろの男性が最後の乗客)。

母なる日本

【17:10(日本時間。スウェーデン時間10:00)】羽田空港に入ります。

着物の女性のタペストリーが飾られています。

あぁ・・・、何という安心感!! ここは、日本です!!!

私たちは、帰って来ました!!!

コンビニがあちこちにあり、物価は安く、店はちゃんとレシートをくれ、子どもが40.4度の熱を出ても安心して医療を受けられる国、ふるさと日本!

日本人であることを意識する瞬間、日本のすばらしさを再認識する瞬間です。

思えばここまでいろいろありました・・・。

あり過ぎたような気もします・・・(^^;

【17:40】荷物を受け取り、マイカーを預けてある民間駐車場に電話。迎えのバスをお願いします。

【18:00】送迎バスに乗って、民間駐車場「サンパーキング」に到着。ここで荷物をマイカーに積み込みます。

【18:30】マイカーで、「サンパーキング」を出発。

ここから東北地方の自宅まで、車で7時間かかります。

でも、ここで自宅に向かわないのが、私たちなんですよね(^^;

※明日は普通に夫婦とも仕事、子どもたちは保育園です。

羽田空港に到着! ものすごい安心感です。
民間駐車場「サンパーキング」に到着。ここからはマイカー移動です。

北欧旅行おまけの巻

【18:30】今、私たちは羽田空港の最寄りの場所にいます。

そして、主人の実家は東京都。

ここから家までは高速道路で7時間なので、今すぐ出発しても、到着予定は午前1時30分 (明日は私も主人も朝から普通に仕事です) 。

ですが、私たちは家に向かいません。

でもここからうちは、東京に住む義両親(主人の両親)と夕食を摂ることに!

せっかく東京に来たんだから、北欧みやげも渡したいということで・・・。

明日は普通に仕事ですが、どうせ運転するのはほとんど主人だし・・・。無茶なのは百も承知。私は主人の判断にお任せです。

空港に到着してすぐに、(私と相談後)主人が義両親に電話していました。

【19:30】待ち合わせていたレストランに到着。調布市にある「ステーキけん」にお邪魔しました。

久しぶりの日本の食事、そして久しぶりのおじいちゃん・おばあちゃん。子どもたちは喜んでいましたし、わざわざ立ち寄ってくれたと、義両親も喜んでくれたようです(^^)/。

【21:00】義両親や東京に住む親戚用のおみやげをたくさん渡して、私たちは帰路につきました。

北欧旅行の帰り、羽田から調布に足を延ばして、東京のおじいちゃん・おばあちゃんと楽しい夕ご飯。
「ステーキけん」さんにお邪魔しました。私たちは大好きです(^^)/

車に乗ると、子どもたちは車内でぐっすり。私も眠いのですぐに寝ました。

日付が変わります

ここで、また日付けが変わります。

正確に言えば、 【2016.7 子連れ北欧旅行:11日目】ってとこでしょうか。ま、行きの時も車中泊していますので、それも入れれば「12日目」ということになるのですが。

東京や大阪、名古屋、福岡などの大都市圏に住んでいる人がうらやましい・・・。空港から家まで7時間かかるって、旅行行程を考えるうえでかなりのハンディになります。

【翌3:30】途中2時間くらい私が運転を担当しながら、調布市の「ステーキけん」から高速道路をほぼ休憩なしでぶっ飛ばすこと6時間半。東北地方の自宅に到着。

普通なら7時間かかるところを、6時間半での到着。

子どもたちは午後9時過ぎからずっとぐっすり。私も12時以降はずっと寝ていました。

【4:00】最低限の荷物整理だけして、私・パパ就寝。

今、スウェーデン時間では前日の夜9時。

ストックホルムを出発したのは前々日の夜7時でしたので、26時間かかって、自宅に到着しました!

スウェーデン時間の夜9時なので、眠れそうですね。

3時間後のスウェーデン時間夜12時に起きて、仕事に行くのですが

【7:00(スウェーデン時間24:00)】私・パパ起床。

強烈に眠たいのをこらえ、出勤準備、子どもたちの保育園準備です。子どもたちは機内・車内で十分寝ているので、お目目パッチリ。

パパはともかく、私はどうしてこんなに眠たいの・・・。私は夜12時から車内で寝させてもらってるのに・・・。

パパも、私が高速道路を運転した夜10時~12時までは寝ているので睡眠時間は合計5時間、少ないながらも最低限の睡眠はとっているはずですが、この日は強烈に眠かったそうです。

時差のせいか・・・・。

保育園にお迎えの時、保育園の先生に聞いてみると、4歳の長女は眠そうにしていた時間帯があった、とのことでした。一方で、1歳2か月の次女は元気いっぱいだった、とのこと(^^;

次女は基本抱っこ紐だし、眠たいときに寝ていたわけだから、日本の生活とあまり変わらなかったのかも(^^;

「無事、帰ってきたよ~!」早朝に自宅に着き、保育園に行って帰ってきたときの写真。次女は、目の下を蚊に刺されてしまいました(^^;

これで、私たちの北欧旅行は終わりになります。

面白かったですか?

北欧旅行記の方は、もう3話だけ続けます。

次回は、今回の北欧旅行で楽しかった所ベスト選を紹介します。

ご訪問ありがとうございました! もしよろしければ、ポチっと応援クリックしていただけると嬉しいです(^^)/↓

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

私のブログを応援してくださる方、お手数ですがこちらもポチっとお願いいたします(^^)/↓


家族・子連れ旅行ランキング

※夏の北欧へ!子連れ北欧旅行記を第1話から読んでみる方はこちら(全て無料)

【その他の子連れ海外旅行記など↓】

【プラハ】空港シャトルバスで命の危機

【ヤンゴン】殺人エレベーターで命の危機

【ジャカルタ】狂人タクシーで命の危機