【ドイツ旅行】子連れチェコ・ドイツ旅行で行ったところをサッと紹介(前半:ドイツ編)~ドレスデン、ベルリン、ポツダム、ザクセンスイス~(2019.9 子連れチェコ・ドイツ旅 #2)

ドレスデン旧市街にある、ノイマルクト広場にて。

チェコ・ドイツ旅行で行ったところを、2回に分けて42枚の写真でサッと紹介します。今回は前半、ドイツ編の21枚です。

ドレスデンからベルリンへの移動の特急列車車内。朝食は食堂車で摂りました。前日の夕食は、プラハからドレスデンへ向かう特急列車の食堂車でいただきました(^^)/。
【ベルリン】ベルリン駅。巨大です。
【ポツダム:世界遺産】サンスーシ宮殿では、レシーバーで日本語の解説を聞きながら見学しました。
【ポツダム】美しい市街地を一巡する馬車ツアーに参加。
【ポツダム】ツェツィーリエンホーフ宮殿。1945年、連合国がポツダム宣言の内容を協議した部屋です。
【ベルリン】ブランデンブルク門。ベルリンでこれはマストですな。
【ベルリン】シャルロッテンブルク駅周辺の、ごくごく普通のドイツの街並み。ここは、私たちにとっては忘れられない場所になりました。
【ベルリン】ベルリン駅のカリーブルスト屋さん。こんなチェーン店でもすごくおいしかったです!! 子どもたちはあっと言う間に食べました。これからドレスデンへ帰ります。
【ドレスデン】フラウエン教会(聖母教会)を望む。
【ドレスデン】ノイマクルト広場のレストランで、おいしいランチ。
【ドレスデン】タイルで描いた巨大な絵「君主の行列」。
【ドレスデン】エルベ川を望む「ブリュールのテラス」で、アイスクリームを食べました。
【ザクセンスイス】ドレスデンからバスタイ橋へ向かう普通列車の車内。2階席に子どもたちは大喜び。
【ザクセンスイス】バスタイ橋へは、大自然の中を、ベビーカーなしで片道1時間の山道トレッキングに挑戦しました。
【ザクセンスイス】絶景!バスタイ橋(写真は橋の隣の展望所)
【ザクセンスイス】トレッキング後、クアオルト・ラーテン駅近くのホテルのレストランでランチ。
【ザクセンスイス】ケーニッヒシュタイン城へ向かう、2階建てシャトルバスに乗車。
【ザクセンスイス】ケーニッヒシュタイン城。城も大砲も全て本物です。
【ザクセンスイス】温泉地バートシャンダウは、渡し船で川を渡った先にあります。
【ザクセンスイス】バートシャンダウの温泉プール「トスカーナ・テルメ」に行ってきました。

今回は、丸7日間のヨーロッパ滞在のうち、2・3・4日目をドイツで、1・5・6・7日目をチェコで過ごしました。ここで紹介したのは、2・3・4日目のドイツで行った主な場所です。

私たちはベルリンはほとんど時間がなく、しっかり見たのはブランデンブルク門だけ。それより、ベルリン郊外のポツダムに時間を割きました。ポツダム、良かったですよ~~。やっぱり私、大都会よりも、郊外観光のほうが落ち着けて好きだわ・・・。

ドレスデンは素晴らしい街でした。予想以上でした。いろいろあって半日しか観光時間が取れず、メインの見どころに行けなかったので、ぜひ、いつかリベンジしたいです。

ザクセンスイスは、30分の寝坊から始まる度重なる予定変更に悩みましたが、終わってみれば充実した大成功の1日でした。

この日程中、ベルリンで私たちは大きなポカをやらかし、これまでの旅行人生で最大のピンチを迎えます。

今思い出しても泣けてきます・・・( ;∀;)。このエピソードは、旅行記の中で紹介したいと思います。

次回は、後半、チェコ編です。

※トラブル連発!子連れインドネシア旅行記の第1話はこちら