家族で行くマリンアクティビティツアー、業者からの時間変更のお願いは「受けない」が吉(2020.7 子連れ宮古島旅 ♯8)

【宮古島2日目】これから、ウミガメシュノーケルツアーに出発です!(満面の笑顔ですが内心ちょっと怒っています)

宮古島ではいろいろなマリンアクテビティツアーが楽しめます

常夏のリゾート、宮古島。

宮古島でも、他のリゾート地同様、様々なマリンアクティビティが楽しめ、いろんな業者がいろんなツアー商品を販売しています。

宮古島で参加できるツアーには、船で日本最大級のサンゴ礁「八重干瀬(やびじ))にアクセスしての体験ダイビングツアー、シュノーケルツアー、ウミガメと一緒に泳げるウミガメシュノーケルツアー、その他ナイトシュノーケルツアー、サップツアー、シーカヤックツアー、鍾乳洞を訪れるツアーなど。

私たちは2020.7月の宮古島旅行で、小学校3年生の長女と保育園年中組の次女を連れて、「ウミガメシュノーケルツアー(私と長女)」と「パンプキンホールツアー(家族4人)」の2種類のマリンアクティビティツアーに参加しました。

運営会社さんは、宮古島で代表的なツアー会社さん。

「八重干瀬シュノーケルツアー」にも申し込んではいたんですが、当日、急な天候悪化でツアーが中止になり、他の日程はすでに満席で、行くことはかないませんでした・・・。

わたしたちが参加した2つのツアー、ツアーの内容自体は悪くなかったんですが、対応に問題を感じたので、今後ツアー参加を検討される皆さんの参考になればと思います。

ツアー代金は高額。でも、家族で楽しめるなら・・・。

お金がなくて、いつも節約海外旅行の私たち。国内旅行は久しぶりです。

でも、せっかく宮古島まで行くのだから、こんな機会2度とないかもしれないし、マリンアクティビティのツアーにも参加してみたい。

私たちが参加した「ウミガメシュノーケルツアー(対象:6歳~)」は2時間のツアーで1人4,500円(税込み)。私と長女の2人で参加したので2時間で9,000円。これでもビーチエントリーの安いツアーでした。

「パンプキンホールツアー(対象:4歳~)」は3時間のツアーで1人5,500円(税込み)。家族4人で参加したので22,000円。こちらも、「歩いて鍾乳洞に行ってくる」という比較的安価なツアーでした。

「八重干瀬シュノーケルツアー(対象:6歳~)」は3時間のツアーで1人9,000円(税込み)。5歳の次女はシュノーケルの最中は私かパパと船上で待機する計画で、お会計はしめて30,000円。

いずれも、それぞれのコースで最も安いレベルのツアーを選んだんですが、出て行くわ出て行くわ1万円札が・・・。私たちは家族4人で1泊1万円以下のホテルに宿泊しています。3回のツアー代金の合計61,000円。私たちの8泊分の宿泊代金に相当。体験ツアー、恐るべし・・・。

でも、家族で特別な思い出を作るため、思い切って予約しました!

2名以上で催行なので、もし他の参加者がいなければ私たちだけのプライべートツアーになります。運が良ければ、私たち家族でインストラクターさんを独占できるかもしれない、それが(ツアー旅行にはない)個人旅行の醍醐味だな、などと考えていました。

これは、宮古島のツアー業者の陰謀?でみごとに打ち砕かれました。

ウミガメシュノーケルツアーで急な催行時間の変更要請

まずは「ウミガメシュノーケルツアー」の話から。

7月某日、午前10時に指定場所に集合だったので、宮古島南部の集合場所までレンタカーを走らせていた私たち。

午前9時30分頃、私の携帯電話が鳴りました。運営会社からです。

集合まであと30分。念のための当日連絡かな? と思って電話に出ました。

インストラクターの男性:本日のウミガメシュノーケルツアー、申し訳ありませんが、午前11時からに変更していただけませんでしょうか?

私:えっ・・・、何かあったんですか?

インストラクターの男性:そういうわけではないんですが、午前11時からに変更していただけませんでしょうか?

午前10時~正午までのツアーが、午前11時~午後1時までになるということです。ツアー開始まで1時間、海で時間をつぶすくらいしかないし、私たちのツアー終了後、私たちがウミガメを見たポイントまでパパが自力でシュノーケルをして行くという野望があったのに、午後1時終了では、すぐにお昼ご飯を食べに行かなくてはいけません。

(パパに電話の内容を伝えると、「俺に代われ」、と言われ、パパに電話を代わる)

パパ:私たち、もうすぐ集合場所に着くところなんです。「10時からでは不可能だ」ということなんですか?

インストラクターの男性:そうなんです・・・。午前11時からに変更していただけませんでしょうか?

パパ:できないということであれば私たちは合わせるしかないですが(キャンセルもできるだろうけれど、キャンセルしなかった理由は後述)、遅くなる理由は何なんですか?

インストラクターの男性:すみません・・・。午前11時からに変更していただけませんでしょうか?

お客に時間変更を依頼するのに、理由すら言えないようです。まさにバカの一つ覚えで、パパの聞くことには答えず、同じことだけ繰り返します。

新鮮な経験でした。

ここでツアー自体を断っても良かったんですが、クレジットカードで事前決済していたため、今度は返金されないなどといったトラブルのリスクもあり、キャンセルはしないことに(パパが1秒で判断)。

パパ:わかりました、でも、私達も予定を立てて行動しています。安くしろとは言いませんが、何らかのちょこっとサービスをお願いします! 写真をたくさん撮ってくれるとか。

インストラクターの男性:もちろん、写真はお撮りしますので・・・。

パパ:何でもいいので、何かちょっとサービスお願いしますね! 時間変更して良かったと、私たちが思えるように。

パパは、私たちのツアー後にすぐ「自分でウミガメを見に行く」という野望がつぶされたので、悔しい様子。ツアーの開始30分前に理由の説明もなく1時間遅らせてくれだなんて、まるで東南アジアの国の旅行業者みたいですこの宮古島の旅行業者は

私たちはこんな理不尽なのは海外旅行で慣れっこなのですが、まさか日本を旅行していてこんなことが起こるとは意外でした。

かくして、午前11時に運営会社が集合場所に現れました。他のお客さん2人を連れて・・・。

何だ、このお客さんが時間変更を希望したから、私たちにも時間変更を要請(=強制)したってことだったのね!!

(※インストラクターの男性が寝坊したせいでツアー時間が遅くなったという可能性もあります)

こんなことってありえますか?

顔には出しませんでしたが、心の中で怒ってました。

結局、特に写真をたくさん撮ってくれるわけもなく(全部でたった5枚だけ)、シュノーケル中も特に楽しい案内もなし。これは仕方のないことですが、ウミガメとも会えなくて、それもがっかり。

私が参加したことのあるツアーでは、最低のツアーでした。

ただただ宮古島の海が素晴らしく、お魚をたくさん見れて、長女は大喜び。それだけで救われました。

パンプキンホールツアーでも催行時間変更の要請(=強制)

私たちは、同じ運営会社に、別の日のパンプキンホールツアーも申し込んでいました。

7月某日の午後1時~で参加希望、とネットでリクエスト申し込みをすると、干潮時間の都合で、午後2時~ならお受けできます、とメールで返事が来ました。

OK、ということで、7月某日の午後2時~で申し込み完了。

当日を楽しみにしていました。

催行日の前日、私の携帯電話が鳴りました。

運営会社の男:明日のパンプキンホールツアー、申し訳ありませんが、午後1時からに変更していただけませんでしょうか?

私:(あれ? 私たちは午後1時からを希望していたのが、干潮の都合で午後2時からならと言われ、午後2時からになったのに・・・。ま、私たちは都合は大丈夫だけど・・・)わかりました。

ウミガメシュノーケルの時のように開始30分前ということではなく、前日の予定変更だったのでそれほど急な感じはありません。ただ、気になったのが変更理由。また、特に理由の説明はありませんでした

今回は特に急だったわけでもないので、こちらからも特に変更の理由は聞かず。

パパと話します。

パパ:それにしても、うちらは午後1時からを希望していたのが、干潮の時間の都合で午後2時からならできると言われて午後2時になったのに、なんでまた午後1時からやるんだろうね。

私:そうよね・・・。ひょっとして、午後2時に行くと他のツアーとかち合って鍾乳洞が混むから、3密を避けるために、あえて1時間早く出発するのかも!

パパ:そうか、そういう理由だといいね・・・。けど、どうもそんなお客さん目線の理由ではないような気がするなぁ・・。

果たして、当日。

集合場所で待つ私たちに、運営会社の人が説明します。

運営会社の男:お集りの皆さんの他に、団体の皆さんが来ます。そしたらツアー出発です。

そうなんです。

日時変更の理由、それは、3密を避けるためではなく、真逆の発想。団体客の時間に私たち個人客を合わせることで、団体と一緒にまとめて処理するためだったんです。

やっぱりそういうことだったのか・・・。

宮古島のツアー業者が直前で時間を変更する理由

宮古島のツアー業者が直前で時間を変更する理由、それはもうおわかりのように、「お客をまとめて処理する」ためです。

私たちも安くないツアー参加料を支払っています。パンプキンホールツアーなんて、歩いて鍾乳洞に行くだけの3時間のツアーで家族4人で22,000円。個別に案内したって十分利益ベースに乗ります。

それをさらに時間を変更させてまで団体客の中にぶち込むとは・・・。利益率を上げるために、お客の予定やサービスの内容は平気で犠牲にする風土があるように思いました。

皆さん、宮古島で、業者からのツアー時間の変更要請があった場合、変更理由を聞いて、合理的な理由がなければ「断る」ことが一番です。

他の客や団体客とまとめて処理されるだけです!

これから宮古島へ行く皆さん、高い参加料を払いながら団体ツアーにぶち込まれた私の無念を、私の代わりに晴らしてください。

問題の業者名

さて、ここまで、あたかも宮古島のツアー業者全部が悪いみたいなように書きましたが、もちろん私が経験したのは1社のみ。その会社の名前は・・・、ここでは伏せることにします。

特に口コミで悪い評判がある業者ではありません。昔から、宮古島でツアー営業をしている会社。

そんな会社がこのような対応ということは、全体としてそんな風土があるに違いない(と私は確信している)、という話です。

いや、違いますね、きっと平気でそんなことをしているのは私がお世話になった〇〇〇〇〇〇〇〇さんだけですきっと。

他の宮古島のツアー業者は、皆いい業者さんたちに違いありません!

ツアーの前日や当日に、急な時間変更を言われて団体客の中にぶち込まれるなんて、私たち以外にそんなこと起こるわけがありませんよ。

次回、子連れパンプキンホールツアーの落とし穴について紹介します。

【その他の子連れ海外旅行記↓】

※英語話せない人に絶対オススメ!子連れ台湾周遊旅行記第1話はこちら。

※トラブル連発!子連れインドネシア旅行記の第1話はこちら

※妊娠中の海外旅行記第1話はこちら