宮古島でコロナにならないレストラン(テラス席や個室があるレストラン) (2020.7 子連れ宮古島旅 ♯3)

【大神島】宮古島でコロナにならないレストラン:エントリーNO.1「おぷゆう食堂」

コロナにならないレストランとは

2020年7月中旬、8泊9日間の日程で宮古島を旅行してきました。

旅行を決めたのは6月。コロナ感染拡大が完全に落ち着いていた頃ですが、7月中旬の出発直前になって、東京を中心に急に感染者数が増えて来ていました(7月16日の新規感染者数、東京286人、全国618人)。

当時、宮古島は感染者数ゼロでしたが、感染第2波が来れば、感染者が出るのは時間の問題(実際、私たちが戻ってきてからの7月29日に1人目の感染者が明らかになりました)。

コロナにならない旅行が大きなテーマだった今回の宮古島旅行。

レストランや食堂は他の観光客との接触があるリスクポイント。食事中は皆マスクを外しますし。

私たちも含めてお客さんは全て感染者である、というつもりで、3密は絶対に避けなくてはなりません。

コロナにならない(感染リスクが限りなく低い)レストランとは、

・テラス席(屋外席)のあるレストラン

・個室のあるレストラン

・お客さんどうしが十分に離れて座ることができるレストラン

お客さんが誰もいないレストラン(笑)※ 

※ただし、途中でお客が入ってくる可能性あり。

でしょう!

宮古島の、コロナにならないレストラン

私たちが宮古島で実際に行った、コロナにならないオススメレストランを紹介します。

ここに紹介するところは、味も超おいしいですよ!!

※ここでは、あくまでも私たちが実際に行って食事をした所だけを紹介しています。この他にも、テラス席や個室があるレストランはたくさんあります。ぜひ調べてみてくださいね(^^)/

※ここに掲載しているのは2020.7月中旬時点の情報です。行かれる際は、営業時間、定休日など、最新情報をご確認ください。

【中心部】パーラー レッドドラゴン(ガーリックシュリンプ・肉巻きおにぎり) 【昼のみ】

ガーリックシュリンプ(Lサイズ)と肉巻きおにぎり2種

こちら、普段は店内とテラス席とで営業しているのですが、私たちが行った2020年7月は店内は使わず、テラス席でのみの営業でした。

おかげで、コロナになる心配なし!

ガーリックシュリンプは「ピリ辛」がお勧め。尻尾までパリパリと食べました。

豚肉の肉巻きおにぎりは、子どもたちに大好評でした。

とってもおいしいし、オススメします(^^)/

2020.7月当時はランチのみの営業。

【中心部】れすとらんジャンジャン(ステーキ・ハンバーグ)【昼・夜】

おいしいステーキとハンバーグに大満足!

こちらは街から少しだけ離れた所にあるステーキ屋さん。テラス席はないのですが、席の配置にもともと余裕があって、安心して食べられました。

宮古牛のハンバーグ、サーロインステーキ(輸入牛)、どちらもgood! おいしかったです。

夜は飲んでにぎやかにするお客さんもいるかと思います。夜は早めの時間での来店が感染予防に特にオススメ!

【中心部】喫茶レオン(ステーキ・定食)【24時間営業】

宮古島の飲み屋街にも潜入してきました!(この時、お客さんは私たちだけ)

街の飲食店街ど真ん中にある老舗喫茶店。なぜかステーキが人気メニューです。

飲んだ後の締めに、ステーキがいいのだとか・・・。

実はうちの近所にもあります、こういう「飲んだ後のステーキ店」。

夜、早めの時間に行くと空いていると思います。店内は余裕のある席配置ですが、私たちが行ったときは、お客さんは何と私たちだけ(^^;

おかげで、のびのびとステーキを食べられました。特に何か特徴的だということはありませんが、宮古島で古くから親しまれているお店でのお食事も一興。

コスパで言えば、ステーキよりも定食類がお勧め。夜でも「レオンランチ(税別750円)」を注文できます。

夜は飲んでにぎやかにするお客さんもいるかと思います。周辺に居酒屋多数、夜は飲み客と交わらないために、午後6時頃の来店を勧めます。

【中心部】め~め~麺(山羊そば・山羊刺し)【昼・夜】

レアな山羊ラーメンが食べられます。

珍しい「ヤギ料理」を出す居酒屋さん。

席の配置に余裕があり、安心できます(^^)/。

ヤギの肉を使った宮古そば「ヤギそば」がお食事のメイン。

ラーメン屋だと思って夜にうっかりビールを頼むと、お通し料金をがっつり取られます(この日はミミガーでした)。

居酒屋なので、おつまみも各種そろっています。

山羊そばはちょっと油っこくて、私はイマイチでしたが、好きな人もいると思います(子どもも食べられました)。

山羊刺しはおいしかったです! 必食!

ただし居酒屋、夜は飲んでにぎやかにするお客さんもいるかと思います。席の配置に余裕があるとは言え、にぎやかに盛り上がる飲み客と同じフロアでの飲食はどうしてもリスクが上がります。感染予防のために、夜は早めの時間帯がオススメ!

【中心部】割烹「竹」(宮古牛の炙りにぎり・沖縄郷土料理)【昼・夜】

子連れに鉄板、個室のお店!

こちらは原則全室個室の割烹。

割烹ですが、料金は良心的。特にランチはお得のようです。

私たちは夜遅めの時間(確か9時頃)に、個室が空いているか電話確認の上で来店。

宮古島では飲み屋街の居酒屋を中心に夜9時以降の子どもの入店を禁止しているお店が多いですが、こちらは大丈夫。

皆さん大変盛り上がっていますが、個室なので安心感あり。感染予防としては入店後に自分で(念のため)アルコールティッシュでテーブルをふき、トイレの時に注意したくらい。

宮古牛のにぎり、イカ墨焼きそば、グルクン(沖縄の地魚)の唐揚げ、どれも絶品でした!

中でも「グルクン(沖縄の地魚)の唐揚げ」はここでしか食べられない味だと思います。必食。

平日の昼は急に休む場合もあるので注意。

【南のほう】琉球の風(宮古そば・沖縄郷土料理)【昼・夜】

予想に反して、とってもおいしかったです! オススメ!

観光施設「琉球の風マーケットプレイス」内にあるフードコート。

いろいろなお店が出ているみたいですが、私たちが行ったときには沖縄郷土料理のお店のみが営業。全部「屋根のあるテラス席」なので開放的、3密を避けて安心して飲食できます。

こちら、観光客向けのいい加減なフードコートかと思いきや、「野菜宮古そば」や「冷やし宮古そば」が絶品! 

自信を持ってオススメします(^^)/。

【南のほう】島カフェ とぅんからや

食後、長女はマンゴーかき氷、次女はドラゴンフルーツのかき氷を注文。

テラス席と店内の席で営業中。店内の席は配置に余裕あり。

宮古牛ハンバーグがお勧めです。

るるぶに載っているだけあって、観光客に人気。オンシーズンのお昼時は並んでいます。

※ランチメニューは午後2時きっかりに提供終了になるので注意。2時前に並んでいる時は、ランチメニューの注文が大丈夫か事前確認がオススメ。ダメだと言われたら車で3分の「琉球の風」推奨。

【南のほう(来間島)】花風(宮古そば、タコライス)【昼・夜】

タコライス(手前)、豚の生姜焼き(中央)、宮古そば(奥)

おばちゃんが1人でやっている、島の小さな食堂。辺境の地?にあって夜もやっている貴重なお店。

お店は小さく、感染対策も特にありませんが、多分、連休とかでなければ夜はお客さんがいないので、大丈夫なんじゃないでしょうか

私たちが行ったときは、お客さんは私たちだけ。

お客さんがいるかどうかは、お店の前に車が止まっているかどうかで確認できます。他のグループ客がいるようなら、車で10分の「琉球の風」に向かうこともできます。

宮古そば400円、豚の生姜焼き500円、タコライス600円。激安です。私たちが行ったときは生ビールがなくて、パパはがっかりしていました(2020.7時点)。

秘境感あり(^^)/。

【北のほう(池間島)】海美来(さざえのつぼ焼きとか海の幸いろいろ)【昼のみ】

池間大橋を眺めながら、裏技の展望台2階席でランチ。

宮古島から池間島に渡ってすぐ右側にある、展望台を備えた飲食店。

サザエのつぼ焼きや海ぶどうなどの海のおつまみとビールを楽しめます。宮古そば、海鮮丼も。

お勧めは、3階建ての展望台の2階部分での飲食。

「これ、上に持って行って食べてもいいですか?」とお店の人に聞くと、お店で買ったものを持って上がって食べられます(裏技)。アイスクリームもあります。

涼しい海風に当たりながら、池間大橋を眺めてのランチ、良かったですよ~~~(^^)/

【北のほう】ハリーズシュリンプ(ガーリックシュリンプ)【昼のみ】

ここは、ぜひ行きたかったんですが時間が取れなくて泣く泣く断念した、ガーリックシュリンプのお店。

西平安名崎を散策しに行ったときにすぐ横を通りましたが、テラス席が素敵な雰囲気で、すごくいい雰囲気でした。

ここは間違いなくいいお店だと思いますので、特別に紹介しちゃいます!

夕方は6時までやっていました(私が通りがかったのは午後6時少し前。カップルがテラス席でシュリンプをラブラブでほおばっていました)。

【船で行くとこ(大神島)】おぷゆう食堂(たこご飯)【昼のみ】

人口30人の大神島で唯一の食堂。完全に観光客向けのお店ですね。

決して安くはありませんが、たこご飯は素朴でとてもおいしいです。「海の牛丼」みたいな感じ。子どもたちも大満足。

連絡船で渡って、こんなお店でランチもいいですよ(^^)/

※私たちは島をぐるっと歩いたり、展望台に登ったり、海に入ったりもしました。

「時間をずらす」という手も有効

3密を避けるために「時間をずらす」という手も有効です。

私たちの場合、早めの時間に行きます。

ランチは午前11時。正午までには食べ終わってお店を出ます。

夕食は午後5時30分。7時までには食べ終わってお店を出ます。

これ実は、毎年の海外旅行の時に、時間を無駄にしないためにいつも行っていることなんです。

海外旅行の時も人気のレストランを事前に調べて行くわけですが、いい時間に行くと満席で入れなかったり。代わりのレストランを探そうにもどこがいいのやら・・・。

英語しゃべれないので、海外旅行でレストランの予約はしたことがありません

狙ったレストランに確実に入るために、とにかく早い時間に行くようにするのです。

同じことを、宮古島旅行でも実践しました。

多くのレストランは、お昼の開店は11時とか11時30分。

11時開店のお店には11時過ぎに!

11時30分開店のお店には、10分前から並んで待つ(そのつもりで行くと、だいたい開店間際に到着します)!!

ポイントは、朝早く起きて、朝ご飯を食べてしまうことです。

「コンビニで買ってきて海で食べる」という手も有効

「コンビニで買ってきてビーチでお昼ご飯」。南の島を旅行中なら、そんなお昼があっても素敵です。

毎日これでもいいくらいですよね(^^)/

シギラビーチで、おにぎりをほおばる次女。

「スーパーで買ってきてホテルで食べる」という手も有効

「スーパーで買ってきてホテルで食べる」、これも、私たちが海外旅行の時に必ず1回入れる食事方法です。

これ、旅先だといろんな発見があって楽しいんですよね・・・(^^)/。

2020.7月の宮古島旅行では、コロナ予防の目的もあって、8泊9日間のうち夕食で3回、これを取り入れました。

2回はスーパーで。「イオンマックスバリュー」と「かねひで」に行きました。

1回はとんかつ専門店「宮古島とんかつ琉宮」のテイクアウト。

「かねひで」では、イラプチャーの刺身やマチの刺身など、沖縄ならではのお刺身が売っていて、いい思い出になりました。イオンのほうは、沖縄らしいものはゴーヤチャンプルー弁当くらいでしたが、大きなお寿司がお手頃価格でした。

旅先スーパー、ぜひお試しあれ!

宮古島のスーパーのお寿司は、とにかくネタが大きい! 本土の2倍はあります。沖縄ではみんなこうなのかしら。

もったいぶった次回予告

コロナを避ける方法はいろいろありますね。

次回は、私が独断と偏見で選ぶ「子連れで行く!宮古島のおすすめビーチベスト3」を発表します。

圧倒的No.1と圧倒的No.2は、「るるぶ 石垣・宮古」で大きく紹介していないんですよね(ちょこっと載ってはいますが)。駐車場が少ないからかな・・・。

次回、子連れで宮古島に行ったら万難を排して絶対に行くべき、神ビーチを紹介します(^^)/ 

私はウソつけないから、本当のことをバラしちゃうわ~~(^^)/

【その他の子連れ海外旅行記↓】

※トラブル連発!子連れインドネシア旅行記の第1話はこちら

※神秘の国を行く!子連れミャンマ―旅行記の第1話はこちら

※世界遺産満載!子連れチェコ・ドイツ旅行記の第1話はこちら